S-MAX

レビュー・ハウツー

撮影時のシャッター音の無音化にも対応!指紋認証対応でフルメタルボディーのSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のカメラ機能を紹介【レポート】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のカメラはシャッター音が消せる!

プラスワン・マーケティングから5月27日より順次発売されるSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)。前回は購入して開封し、外観や同梱物を紹介しつつ、iPhone 6sなどとサイズ比較を行いました。

順次使い勝手なども紹介していきたいと思いますが、カメラの撮影テストをしていたらシャッター音が消せることに気づいたのでまずは簡単に新たに独自アプリになったカメラ機能について紹介したいと思います。

なお、SAMURAI REIの本体価格は29,900円(以下、すべて税別)で、同社では仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供することから本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用できるSAMURAI REI向けプレミアムバリュープランも提供しています。なお、他社から乗り換え(MNP)ならのりかえ割適用で1年間800円引きに。

またはじめに発売された「メタルシルバー」に続いて、6月3日に「スカイブルー」、6月17日に「シャンパンゴールド」、6月24日に「ピンクゴールド」、6月下旬に「メタルブラック」がそれぞれ発売される予定です。

続きを読む

2万9900円で指紋認証対応やフルメタルボディーのSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入!開封して同梱物や外観を写真でチェック【レポート】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入したので開封レビュー!

プラスワン・マーケティングがSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を販売開始しました。まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、続いて、「スカイブルー」が6月3日、「シャンパンゴールド」が6月17日、「ピンクゴールド」が6月24日、「メタルブラック」が6月下旬にそれぞれ発売されます。

価格は本体価格が29,900円(以下、すべて税別)で、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供する同社では、本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用できるSAMURAI REI向けプレミアムバリュープランも提供します。なお、他社から乗り換え(MNP)の場合にはのりかえ割適用で1年間800円引きとのこと。

比較的に低価格ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどの基本性能を備え、新たに同社としては初のフルメタルボディーを採用するほか、ディスプレイの下中央に指紋センサーを内蔵した多機能キー「FREETELボタン」も搭載するなど、コストパフォーマンスの高い製品になっています。

そんなSAMURAI REIを購入してみたのでまずは開封して同梱物や外観を写真で紹介したいと思います。なお、ヨドバシカメラの公式Webストア「yodobashi.com」でメタルシルバーの発売日先日5月26日に予約し、発売日5月27日に受け取りました。上記価格に消費税を加え、ヨドバシポイントは10%還元でした。

続きを読む

カード型で極薄&軽量なdodocool製モバイルバッテリーを試してみた!microUSBでAndroidやWindowsだけでなく、MFi取得でiPhoneでも充電可能ーー30%OFFクーポンも配布【レビュー】


dodocool製の薄型・軽量なモバイルバッテリーを写真でレビュー!AndroidやiPhoneなどを充電可能

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどが普及し、電池持ちが心配で「モバイルバッテリー」を常時持ち歩いているという人も多く、モバイルバッテリーはスマホなど向け周辺機器(アクセサリー)の中でも人気商品となっています。

一方、最近ではスマホなどの電池持ちもかなり良くなっていて出番が少なくなっているというケースもあり、そういったときにはできるだけ容量の少ない軽量なモバイルバッテリーが良いかと思います。

今回紹介するdodocool製「Portable Charger Power Bank Ultra Thin 2500mAh(モバイルバッテリー ポータブル充電器 極薄 2500mAh)」は薄いカード型でmicroUSB端子だけでなく、Appleが定めるMFi認証を取得したLightning端子でも充電できる軽量なモバイルバッテリーです。

実際に使ってみてその外観や薄さ、軽さといった携帯性に加え、microUSB端子とLightning端子がどうなっているのかなども含めて写真を交えてチェックしていきたいと思います。また今回、販売元から

続きを読む

長いページも1枚で保存可能!最新スマホ「Galaxy S7 edge」の進化したスクリーンショット機能を紹介【ハウツー】


Galaxy S7 edgeのスクリーンショット機能を紹介!

左右にエッジスクリーンを配置したことで約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイと大画面ながら本体サイズが持ちやすい大きさにまとめられている最新スマートフォン(スマホ)の「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)。

日本でもNTTドコモおよびauから5月19日に発売され、Android6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、4GBの大容量内蔵メモリー(RAM)搭載したハイスペックな性能なほか、前機種の「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6」では非対応になっていた防水・防塵やmicroSDカードスロットが復活したこともあり、予約から販売初期は好調な出だしとなっているようです。

そんなGalaxy S7 edgeでは、表示している画面を画像として保存できるスクリーンショット機能として新たにWebブラウザーで見ている長いページを1枚でキャプチャすることができる「スクロール画面キャプチャ」に対応しています。今回は、これらの新機能を含めたGalaxy S7 edgeのスクリーンショットを撮る方法や便利な機能について紹介します。

続きを読む

通話設定はどこにある?最新スマホ「Galaxy S7 edge」の通話機能やドコモの新サービス「スグ電」などをチェックしてみた【レビュー】


新しいGalaxyスマホの通話設定はどこ?新サービス「すぐ電」も試した

左右にエッジスクリーンを配置した約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」がついに日本でもNTTドコモおよびauから発売されました。

OSには最新のAndroid6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」では「2016年夏モデル」で導入された簡単な動作で発着信操作ができる新サービス「スグ電」機能が搭載されています。しかしながら、少し操作していると、Galaxy S7 edgeの通話設定が若干分かりにくいところにあり、設定に手間取ってしまいました。

そこで今回は、電話機能に関する設定の方法とスグ電について紹介していきたいと思います。

続きを読む

世界的にピンク人気!?最新スマホ「Galaxy S7 edge」のピンクゴールドと人気の「iPhone 6s」のローズゴールドなどのピンクを比較してみた【レビュー】


Galaxy S7 edgeのピンクゴールドとiPhone 6sのローズゴールドを比較!

NTTドコモおよびauから5月19日に発売された最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」は、左右にエッジスクリーンを配置し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量の4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルです。

また、前機種「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6」で見送られていた防水・防塵やmicroSDカードスロットにも対応したことで、そのさらに前の「Galaxy S5」などから買い替えを検討する人も多いのではないでしょうか。

今回、Galaxy S7 edgeには海外向けも含めて新色のピンクゴールドが追加されましたが、AppleのiPhoneやiPadなどのローズゴールドをはじめ、世界的にもピンクが用意される機種が増えてきました。

名称こそ微妙に違いますが、同じピンク系ということでよく見かけるiPhoneなどのローズゴールドを連想する人も多いのではないかと思いますが、今回は実際にGalaxy S7 edgeのピンクゴールドとiPhone 6sのローズゴールドを写真で比較してみたいと思います。

続きを読む

注目の新色ピンクゴールドはどう?NTTドコモのハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入!開封して外観や同梱品をチェック【レビュー】


最新スマホ「Galaxy S7 edge」を購入!注目の新色ピンクゴールドはどう?

NTTドコモおよびauから本日5月19日に注目のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用した最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)が販売開始されました。

左右にエッジスクリーンを配置することでスタイリッシュで手になじむフォルムを実現し、アプリや電話帳のショートカットを設定できる便利な機能も備えているほか、4GBという大容量の内蔵メモリー(RAM)を搭載し、前機種「Galaxy S6 edge」では見送られていた防水・防塵やmicroSDカードスロットも再び採用されるなど、隙のないハイスペックモデルとなっています。

発売日前日の5月18日までに事前予約して購入することで、Galaxy S7 edgeを装着してヘッドマウントティスプレイ(HMD)として楽しめる「Gear VR」またはdポイント7,000ポイントがもらえるキャンペーンをしていますが(auの場合はGear VRのみ)、予約をしなくても6月30日までに購入すれば5,000ポイントをもらうことができます。なお、特典を受けるには指定のWebサイトからの申し込みが必要なのでご注意ください。

筆者は当初、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入しようと公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で事前予約していたのですが、出遅れてしまったこともあり、発売日に間に合いませんでした。

そこで、ドコモオンラインショップ以外で購入することで徴収される機種変更手数料と特典のdポイント数は若干損しますが、家族がGear VRをゲットする見込みなのもあり、予約をキャンセルしてドコモショップでGalaxy S7 edge SC-02Hのピンクゴールドを購入しました。さっそく開封したので今回は同梱品や外観などを写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

ドコモオンラインショップで買った最新スマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を受取前にSIMロック解除してみた!オンラインなら24時間受付可能で手数料無料【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモ(以下、ドコモ)とauから本日5月19日に発売されるサムスン電子製最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」。今回はドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」のピンクゴールドを公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて購入した。

また、海外に渡航した際にも利用したいと思い、SIMロック解除に対応しているため、今回はまだ手元に届いていないが(上記写真は発表会時のもの)、さっそくSIMロック解除を実施ていてみたので紹介する。

なお、ドコモでは購入後180日(約半年)後の例外として購入した回線契約で前回にSIMロック解除をしてから180日経っていれば購入直後に実施できる仕組みを利用している。

続きを読む

3辺狭額縁「EDGEST」から卒業!メタルボディーと薄型化で洗練されたドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOS ZETAが思いっきりイメチェン!ドコモスマホのSH-04Hを写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を発表した。

発売時期は2016年6月上旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を開始しており、価格は実質負担額で新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で5万円台後半の見込み。

今回はタッチ&トライコーナーに展示されていた試作機を写真と動画で紹介していく。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を発表!5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 820、3GB RAM、下り最大337.5Mbpsなど - S-MAX」も参照して欲しい。

続きを読む

キリン「午後の紅茶 Google Playクーポンプレゼントキャンペーン」のWeb抽選から当選したクーポンコードチャージまでを試す【ハウツー】

午後ティー買ってGoogle Playクーポンをゲッしよう!

キリンが対象商品を購入しWeb抽選に参加できる「午後の紅茶 Google Playクーポンプレゼントキャンペーン」( https://www.k-gc.jp/)を2016年6月30日(木)まで実施している。

自動販売機で購入できる同社の商品を対象にコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」で利用できるクーポンが合計8万1000人に当たるキャンペーンだ。

今回はこのキャンペーンのWeb抽選からGoogle Playクーポンのチャージ方法を紹介する。なお、Google PlayストアはアプリこそAndroidのみだが、映画や電子書籍などはiPhoneやiPad、パソコンでも利用できるので是非チェックしてみて欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。