S-MAX

レビュー・ハウツー

こだわり抜かれたデュアルカメラを搭載した「HUAWEI Mate 9」と「iPhone 7」のカメラ画質を比較!頂上決戦の行く末は!?【レビュー】


注目の2機種「HUAWEI Mate 9」と「iPhone 7」で写真の撮り比べ!

日本でも先月発売され、高い評価を獲得することに成功したHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のフラグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」(以下、Mate 9)。エレガントなデザインや第2世代に進化した"ダブルカメラ"など、これまでの記事ではその魅力を余すことなくご紹介してきました。

その機能の中でもMate 9の真骨頂と言えば、やはりカメラの撮影性能でしょう。ファーウェイは世界的に権威のあるレンズメーカー「ライカ(Leica)」と協業しており、ダブルカメラのうちの1つはカラー、もう1つはモノクロのセンサーを利用することで、より明るく鮮明な写真を撮影することが可能になっています。

一方で、日本では圧倒的な人気を誇る「iPhone」シリーズも、新しい製品になるたびに飛躍的にカメラ性能が向上し、最新の「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」ではMate 9にも充分対抗することができるだけの性能を有しています。

そこで、今回はMate 9とiPhone 7で撮影した写真を比較しながら、その性能の差を比較していきます。なお、Mate 9のウォーターマーク機能によって「HUAWEI Mate 9」のロゴがある写真がMate 9で、ロゴがない写真がiPhone 7で撮影した写真となっており、特に記述のないものについてはオートモードで撮影しています。

続きを読む

Continuumをまるごと持ち出せ!ノートパソコンのように使えるWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(前編)【レビュー】


動画も作業もバッチリ!Windowsスマホ「HP Elite x3」専用オプション「ノートドック」を紹介

日本HPから昨年9月に発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」。

現時点における国内向けWindows 10 Mobileスマホとしては頂点の性能を持ち、パソコン(PC)のWindowsと同じユーザーインターフェース(UI)でOfficeファイルの編集操作やブラウジングなどが可能になるWindows 10 Mobileスマホの目玉機能である「Continuum」を搭載し、無線・有線のどちらの接続によるContinuumに対応しています。

今回、Elite x3と同時発売された専用の周辺機器、「ノートドック」を購入しましたので、接続の手順や使い方、便利な機能などを2回に渡って紹介していきたいと思います。まず、前編として最初にノートドックの概要と同梱品の紹介、そしてElite x3との接続手順を解説していきます。


続きを読む

2000万画素超のカメラに自撮りがキレイに撮れるフラッシュも搭載!au向け小型スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」を写真でチェック【レポート】


au向け4.7インチスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」を紹介!

既報通り、KDDIは11日、都内にて「au発表会 2017 Spring」を開催し、OSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、CPUにはオクタコアのQualcomm製「Snapdragon 617」、3GB内蔵メモリー(RAM)や約2000万画素超のリアカメラ、消費電力に優れる4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」(シャープ製)を発表しました。

発売は2月上旬以降を予定。すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を実施中。価格(税込)は本体価格48,600円(分割2,025円/月×24回)で実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)から。

今回、発表会の会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて一足早くAQUOS SERIE miniをチェックすることができましたので、写真でレポートをお送りいたします。なお、au向けのシャープ製小型モデル「AQUOS SERIE mini」シリーズを冠する製品は「2016年春モデル」の「AQUOS SERIE mini SHV33」以来、およそ1年ぶりの登場です。

続きを読む

文字入力マシンも自分色に染めてより使いやすく!ポメラ初心者による「ポメラ DM200」体験記 第2回:メニュー項目の紹介とカスタマイズなど【レビュー】

dm200-201
設定を変更して自分好みのポメラにしよう!

前回に引き続き、キングジム製のデジタルメモ帳「ポメラ DM200」(以下、DM200)の体験記、第2回です。購入から1ヶ月ほど経過し、仕事に趣味にとさまざまに活用するほどにその使いやすさに惚れ込んでしまい、見事に「ポメラニアン(ポメラ愛好家)」として育ちつつある今日この頃です。

DM200にはシンプルなインターフェイスとは裏腹に非常に豊富で便利な設定が用意されており、それらの設定を自分の使い方や用途に合わせてカスタマイズすることでより快適な文章入力が可能になります。今回はそういった細かな設定項目と設定時の注意点などを中心にレビューしたいと思います。

続きを読む

コミックマーケット91:スマホを便利に使うお役立ちグッズ紹介や気になるあのキャラの機種特定本など!入手した濃すぎるモバイル関連本を紹介(後編)【レポート】


これぞ同人!バラエティ豊かな個性的過ぎるモバイル系薄い本を続けて紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってゲームやアニメ、その他のあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

本記事では前回に引き続き筆者が会場にて入手したモバイル(今回はそうでないのもありますが)関連同人誌や関連グッズ紹介の後編をお送りします。なお、サークル出展者に配慮し、誌面の内容についてはおおまかな掲載までとさせていただいておりますので、ご了承ください。


続きを読む

下り最大440Mbpsの高速通信にも対応したau向けスティック型モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を写真でチェック【レポート】


au向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を写真で紹介!

既報通り、KDDIは1月11日にau発表会 2017 Springを開催し、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、下り最大440Mbpsに対応したHuawei Technologies製モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04(型番:HWD35)」(以下、W04)を2017年2月中旬以降に発売すると発表しています。

W04はUQコミュニケーションズ(以下、UQ)が2016年12月からスタートした高速通信サービス「WiMAX 2+」における4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに対応した「Speed Wi-Fi NEXT」シリーズの最新機種です。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてW04を試すことができましたので、本体外観や専用クレードル、主な特長について写真を交えてレポートしたいと思います。

続きを読む

コミックマーケット91:どこかで見たようなパロディ誌からガチの技術本まで!濃すぎる入手したモバイル関連本を紹介(前編)【レポート】


きっとキミも欲しくなる!同人ならではの超ディープなモバイル系薄い本を紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年の12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

当ブログメディア「S-MAX」ではこれまでにも取材へ赴き、会場にて入手したアイテムの紹介を行ってきましたが、今回も取材へ行ってきましたので、モバイル系同人誌を2回に分けて紹介していきたいと思います。

まずは会場にて入手した実際のアプリ開発に役立つ濃ゆい専門書クラスのものから見覚えのあるデザインの雑誌調のものといったバラエティー豊かなものをお送りします。なお、紹介に当たって誌面内の画像掲載はおおまかにわかる程度のものとさせていただいておりますのでご了承ください。

続きを読む

ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で注目のau VoLTE+DSDSを試す!ZenFone 3シリーズの対応状況や注意点などもまとめ【レビュー】


SIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」で話題のDSDS機能を紹介!

日本のSIMフリー市場において人気のあるASUSTeK Computer(以下、エイスース)。その最新モデル「ZenFone 3」シリーズでは、上位の「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」や「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」、そして大型の6.8インチスマホ「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3製品ではauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)におけるLTE対応SIMカードを使える「au VoLTE」と、3Gと4Gの同時待受に対応した「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に両対応しています。

特にDSDSについては昨年夏に「Moto G4 Plus」が日本初対応として発売されて以降、SIMフリー市場では話題の機能となり、ZTEの「AXON 7」や「AXON 7 mini」、FREETELの「SAMURAI KIWAMI 2」、そしてDSDSに注目して投入されたgooのスマホ第7弾「g07」など、多数の製品が発売されています。

そこで今回はすでにDSDSについてはMoto G4 PlusやAXON 7などで紹介していますが、ZenFone 3シリーズにおけるau VoLTEと両対応した点なども含めて紹介していきたいと思います。

続きを読む

Googleが開発する3Dカメラ「Tango」に世界初対応!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」の実力は?内蔵アプリなどの基本機能やベンチマークを紹介【レビュー】


レノボのSIMフリースマホ「Phab 2 Pro」を1週間ほど利用してみました!

Googleが開発を進める3Dカメラ機能「Tango」に世界初対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)がレノボ・ジャパンから12月2日に予約販売開始されました。

筆者も購入してこれまでに開封レポートやTangoアプリのユーティリティー編ゲーム編を紹介してきました。Tangoアプリは特にゲームではまだまだこれからといった感じで今後に期待したいところです。

さて、それとは別に早くもPhab 2 Proを手に入れてから1週間以上経ち、その間、毎日持ち歩き、紹介したTangoアプリを含めて楽しんできましたが、一方で使っていて気づいたこともありました。そこで今回は「SIMフリースマホとしての実力は?」ということで基本機能や性能などに触れておきたいと思います。

続きを読む

世界初の3Dカメラ「Tango」対応のゲームアプリを紹介!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」で遊んでみた【レビュー】


Tangoを活かしたゲームって?Lenovo Phab 2 ProでAR以外のアプリを紹介

レノボ・ジャパンから12月2日に予約販売が開始された世界初の3Dカメラ機能「Tango」に対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)。これまでに開封レポートで外観や同梱物を紹介し、前回は注目のTangoアプリのユーティリティー編として実用系アプリを紹介しました。

しかし、Tangoの技術の汎用性はわかりやすい実用系のみにはとどまりません。そこで今回は、Tangoにより性能向上が見込まれるAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活かしたゲームアプリを紹介していきたいと思います。

開封レポート時からARやVR、そしてMR(複合現実)の要素技術としてTangoがよりそれらの分野における性能(主にトラッキング)を向上させることについて触れましたが、では同分野で現在主流のアプリやゲームではどう活かされているのか、以下に3つほど試したアプリを紹介させていただきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。