S-MAX

レビュー・ハウツー

au向け5G対応ミドルレンジスマホ「ZTE a1 ZTG01」のカメラ機能やベンチマークによる性能をチェック【レビュー】

01
カメラ機能が充実した5G対応ミドルレンジスマホ「ZTE a1 ZTG01」を紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向けの新商品として価格を抑えた5G対応ミドルレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1(型番:ZTG01)」(ZTE製)を8月5日に発売する。

現在、auショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて予約受付が行われており、本体価格は59,980円(金額はすべて税込)で、かえトクプログラムによって残価が23,640円に設定されており、適用すると実質負担額1,580円×23回(総額36,340円)となる。

またZTE a1 ZTG01の購入・応募でもれなくau PAY残高10,000円(不課税)相当をキャッシュバック(チャージ)する「ZTE a1 購入キャンペーン」や機種変更で5,500円割引となる「5G夏トク機種変更キャンペーン」、新規契約で11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)で22,000円割引となる「au Online Shop お得割」なども実施される。

これらの各キャンペーンを利用すれば5Gスマホながらかなりお得に購入可能だ。今回はそんなZTE a1の実機によるカメラ機能やベンチマーク結果を紹介したいと思う。


続きを読む

au向け5G対応スマホ「ZTE a1 ZTG01」を写真で紹介!本体価格5万9980円で最大2万2千円割引の低価格モデル【レビュー】


5G対応スマホ「ZTE a1 ZTG01」の外観などを写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今年3月に発表した携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1 ZTG01」(ZTE製)を2020年7月以降に発売する。価格(金額はすべて税込)は本体価格が59,980円となっている。

また「かえトクプログラム」の対象で、残価が23,640円に設定されており、適用すると実質負担額1,580円×23回(総額36,340円)となり、すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されている。

さらに機種変更では「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引されるほか、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっている。本記事ではauが開催した製品体験会にて撮影したモックの写真を交えて製品の特徴や実際に実機をタッチ&トライした印象を紹介していく。

続きを読む

シャオミの日本市場参入第2弾!SIMフリースマホ「Mi Note 10 Lite」をファーストインプレッション。外観や基本機能を紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「Xiaomi Mi Note 10 Lite」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)が日本市場向け第2弾製品として新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mi Note 10 Lite(型番:M2002F4LG)」(Xiaomi Communications製)を6月9日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格では6GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージが39,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージが44,800円となっています。

また販路もこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOでは6GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgoo Simseller(OCN モバイル ONE)が取り扱っています。

なお、販路によってどちらかのモデルのみが販売されており、6GB RAM+64GB内蔵ストレージは上記のMVNOの他にAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとなっています。

今回は発売から少し時間が経ちましたが、シャオミからMi Note 10 Liteの6GB RAM+64GB内蔵ストレージモデルのネビュラパープルをお借りしましたので、まずは外観や同梱品、基本機能などを中心にファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

QWERTYキーボード搭載のクラムシェル型Androidコミュニケーター「Cosmo Communicator」を紹介!実際に使って気になった点など【レビュー】


QWERTYキーボード搭載の個性派スマホがお得になって再登場!魅惑のキーボード端末を使ってみませんか?

リンクスインターナショナルがQWERTYキーボードを搭載したクラムシェル型Androidコミュニケーター「Cosmo Communicator」(Planet Computers製)に画面外部出力用の専用HDMIケーブルをセットにした「Cosmo Communicator with HDMI」を6月27日に販売開始しました。価格は据え置きの市場想定価格88,000円(税別)。

Cosmo Communicatorは日本市場でも昨年12月に発売され、折りたたんだ状態では携帯電話として利用でき、開くと文字入力がしやすくハンドヘルドコンピューターのように使える製品で、新たにこれまでは別売りで販売していたHDMIケーブルがセットになりました。

このHDMIケーブルを利用することで、手軽にプロジェクターやモニターなどに接続して大画面でコンテンツを楽しんだり、画像や資料を表示させることができるのが特徴です。今回、リンクスインターナショナルよりレビュー用に同製品を用意していただいたので、さっそく実際に使ってみた感想などを紹介します。

続きを読む

2万円台とは思えない性能を備えた高コスパ!シャオミのSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」の外観や基本機能などを紹介【レビュー】


Xiaomiの低価格かつ高性能なSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)が日本市場向け第2弾製品として新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)を6月9日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格ではRedmi Note 9Sの4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージが24,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージが29,800円となっています。

また販路もこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOでは4GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgooSimseller、LINEモバイルが取り扱っています。

なお、販路によってどちらかのモデルのみが販売されており、4GB RAM+64GB内蔵ストレージは上記のMVNOの他にAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとなっています。

今回は発売から少し時間が経ちましたが、シャオミからRedmi Note 9Sの6GB RAM+128GB内蔵ストレージモデルをお借りしましたので、まずは外観や同梱品、基本機能などを中心にファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。