S-MAX

レビュー・ハウツー

モトローラのSIMフリースマホ「moto g8 plus」をファーストインプレッション!外観や基本機能を写真で紹介【レビュー】


高コスパなSIMフリースマホ「moto g8 plus」をチェック!

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンがSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8 plus(型番:XT2019-1)」(Motorola Mobility製)を2020年3月20日(金)より順次発売します。価格はオープンながら希望小売価格およびモトローラ公式オンラインストアでは税抜35,273円(税込38,800円)。

販路は公式オンラインストアのほか、ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)からそれぞれ販売されるとのことで、すでにモトローラ公式オンラインストアなどでは事前予約受付を実施しており、Amazon.co.jpではすでに値下げされて税込35,273円の1%(353ポイント)で予約販売しています。

購入しやすい価格帯におけるエントリー向け「moto g」シリーズとして8世代目となるmoto g8 plusですが、初のクアッドピクセルテクノロジーを採用したトリプルリアカメラによるシリーズ最高のカメラ性能を搭載し、手頃な値段を維持しています。そんなmoto g8 plusについて発売前にお借りしたので写真を交えて外観や基本機能を紹介したいと思います。

続きを読む

シャープ初の5G対応!新フラッグシップスマホ「AQUOS R5G」を写真と動画で紹介。6.5型QHD+液晶や8K対応のクアッドカメラなど【レポート】


新フラッグシップスマホ「SHARP AQUOS R5G」を写真と動画でチェック!

既報通り、シャープが5G(第5世代移動通信システム)や8Kワイドカメラによる写真やムービーの撮影に対応した新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R5G」を発表した。日本における移動体通信事業者(MNO)が今春から開始する5Gの商用サービスに合わせて販売開始されるという。

すでにソフトバンクが5G対応の携帯電話サービス「SoftBank 5G」を3月27日に開始することを発表しており、その第1弾製品としてSoftBank向け「AQUOS R5G(型番:908SH)」が開始に合わせて3月27日に発売されることが発表された。価格は公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」では129,600円(税込)となっており、現在、事前予約受付中だ。

この他、恐らく同じく3月に5Gサービスを開始予定となっているNTTドコモやauからも販売されるものと予想される。本記事ではそんなシャープ初の5GスマホとなるAQUOS R5Gを写真と動画を交えて紹介する。

続きを読む

楽天モバイルの「eSIM」がiPhoneで使えた!独自スマホ「Rakuten Mini」からeSIMを移行する方法を紹介【ハウツー】


shimajiro@mobiler

既報通り、いよいよ楽天モバイルが自社回線を構築して移動体通信事業者(MNO)として提供する携帯電話サービス(以下、携帯キャリアサービス)を正式に2020年4月8日(水)より開始する。

現在、そんな楽天モバイルの携帯キャリアサービスを「無料サポータープログラム」にて利用しているのだが、無料サポータープログラムで提供されている楽天モバイルのeSIMを「iPhone」シリーズで利用できたのでその方法を紹介する。

なお、楽天モバイルのeSIMは独自スマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini」のみに提供されており、購入時に店舗で発行されたもののみとなっているが、正式サービスでは申込時に物理カードのnanoSIMカード(4FF)のほか、eSIMも選べるようになっている。

また楽天モバイルのeSIMは対応製品がRakuten Miniのみとされているため、当然ながら公式にiPhoneで使えるとアナウンスがされているわけではないので、動作保証の対象外になる点は注意して欲しい。

続きを読む

スマートモバイルコミュニケーションズが月額3480円でデータ通信無制限の「THE WiFi」を開始!サービス内容とモバイルルーター「U2s」を写真で紹介【レビュー】


極楽とんぼの加藤浩次さんがCMキャラクターを務めるTHE WiFi

格安SIMの「スマモバ(Smart Mobile Phone)」を展開するスマートモバイルコミュニケーションズは4日、クラウドSIM技術を採用したモバイルWi-Fiルーターで、国内外を問わず通信が可能な「THE WiFi(ザ ワイファイ)」のサービスを開始した。

同日、都内で報道陣向けの発表会を開催し、CMキャラクターを務めるお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さんを迎え、同社の代表取締役社長 鳥越洋輔氏が、サービス内容について説明した。

本記事ではサービス内容に加え、報道陣向けに貸し出されたTHE WiFi専用のモバイルWiFiルーター「U2s」について写真を交えて紹介する。

続きを読む

auの新しい折り畳み型スマホ「Galaxy Z Flip SCV47」の良い点はここだ!予約好評で発売日分は完売に【レポート】


普通のスマホとして使えるフォルダブル型「Galaxy Z Flip」の魅力をチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは17日、携帯電話サービス「au」向けの新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip(型番:SCV47)」(サムスン電子製)を2020年2月28日(金)に発売すると発表した。価格はau SHINJUKUや公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では179,360円(税込)となっている。

また新たに導入された残価設定型の端末購入施策「かえトクプログラム」の対象となっており、残価は本体価格の3分の1となる59,760円に設定され、分割24回払いのうちの23回まで支払った後に返却して次の製品を購入した場合、実質負担額が119,600円(5,200円/月×23回)である。

高価なモデルではあるが、auでは2月25日に発売日初日引き渡し分の受付が終了したことを発表しており、好調なスタートダッシュを切っているようである。なお、引き続き、auショップや量販店などのau取扱店およびau Online Shopなどで予約受付中で入荷次第引き渡しになるとのこと。

すでにauが実施した発表会での展示会場にてタッチ&トライした記事『au向けフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip SCV47」を写真と動画で紹介!普通に使え、持ち運びはコンパクトに【レポート】 - S-MAX』を掲載しているが、今回はこのGalaxy Z Flipの新しい折り畳み機能についてじっくりとチェックしてみたいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。