S-MAX

レビュー・ハウツー

SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 5 ZE620KL」を購入!開封して外観や同梱品、基本機能などを紹介。ノッチを隠すソフトウェア更新も実施してみた【レビュー】


SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 5 ZE620KL」を購入したのでファーストインプレッション!

既報通り、ASUS JAPANから5月18日に発売されたASUSTeK Computer(以下、ASUS)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5(型番:ZE620KL)」。6月下旬以降に発売される上位モデル「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」と外観やカメラ機能などといった多くの共通仕様ながら希望小売価格は税抜52,800円(税込57,024円)となっています。

ZenFone 5Z ZS620KLもQualcomm製ハイエンドチップセット(SoC)「Snapdragon 845」や128GB内蔵ストレージを搭載しつつ、希望小売価格は税抜69,800円(税込75,384円)とお得感があるのですが、SoCこそ少し下の「Snapdragon 636」、内蔵ストレージも64GBとなっているものの、その他の6GB内蔵メモリー(RAM)などは同じなのでさらに割安感があります。

ASUSと言えば、2014年に発売した初代「ZenFone 5」がそれなりに使える性能で低価格だったこともあり、日本のSIMフリー市場で一躍トップシェアに躍り出たわけですが、そんな同じ「ZenFone 5」を冠した同機がまさに「#Back To 5」として戻ってきたという印象を受けました。

今回、ASUS JAPANが発表に合わせて実施していたキャンペーン「ASUS愛(AI)を見せつけろ!」を利用して公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」にてZenFone 5 ZE620KLを購入してみましたので、開封して外観や同梱品、基本機能を写真や画像を交えて紹介したいと思います。

なお、ASUS JAPANではZenFone 5 ZE620KLに対して発売日よりピクトエリアの色を黒くすることでノッチを見えにくくする「ノッチを隠す」機能を追加するソフトウェア更新を提供開始していますので、実際にノッチを隠す機能を使うとどうなるのかもチェックしていきます。

続きを読む

Googleのスマホなど向け次期OS「Android P」をSIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」で試してみた!技適マークも表示され、日本でも安心して実機確認が可能【レポート】


SIMフリースマホ「Essential Phone PH-1」でAndroid Pを試す!

既報通り、Googleは8日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにて開発者向けイベント「Google I/O 2018」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android P」についての詳細を説明し、新たにGoogle製スマホ「Pixel」シリーズ以外の一部メーカー製品でAndroid Pを試せる「Android P Beta Devices」が発表されました。

Android P Beta DevicesはSony Xperia XZ2(型番:H8216・H8266・H8296)」および「Xiaomi Mi Mix 2S」、「Nokia 7 Plus」、「OPPO R15 Pro」、「vivo X21」、「vivo X21UD」、「OnePlus 6」、「Essential Phone PH-1」の8機種で、これらの機種でAndroid Pが利用できるとのこと。

すでにこれまで提供されてきた「Pixel 2」や「「Pixel 2 XL」、「Pixel」、「Pixel XL」と同様に同日より開発者向けプレビュー版「Android P Developer Preview」のベータ版となる「Android P Developer Preview 2(incremental update)」が提供開始されています。

この中では日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているのは「Essential Phone PH-1」のみということで、ようやく日本でも安心してAndroid Pが実機で試せる環境が整いました。

そこで今回は手持ちのEssential Phone PH-1に実際にAndroid Pを導入してみましたので、やり方とざっくりと現状のベータ版におけるAndroid Pの紹介をしたいと思います。なお、導入にはWindowsやMac、Linuxといったパソコン(PC)が必要となりますのでご注意ください。

続きを読む

複数台持ち歩きユーザー注目!山根博士考案のスマホ&タブレット用ガジェットバッグ最新作「スマポーチ2018」と「タブスマポーチ9」を紹介【レビュー】


スマホがちょー入る!2ケタ台数持ち歩きユーザー必見なスマポーチの新作が登場

今ではスマートフォン(スマホ)の複数台持ちユーザーなんてのもそれほど珍しいものではなくなりましたが、みなさまは何台くらいのスマホを普段持ち歩いているでしょうか?

人によってはケータイ(いわゆる「ガラケー」や「ガラホ」など)とスマホというように用途に分けて複数台を使い分けるといった方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな「いろいろと使い分けているからスマホやケータイをたくさん持ち歩きたい!」という超ヘビーユーザー必見のスマホがなんと11台収納可能なガジェットバッグ「スマポーチ2018」と「タブスマポーチ9」を紹介します。

続きを読む

これが良いよりこれでイイ!Facebook傘下のオキュラスが発売した約2.4万円からの低価格な単体で使えるVRヘッドセット「Oculus Go」を購入【レビュー】


スタンドアローン型VR HMD「Oculus Go」を買ったので紹介!

既報通り、Facebook傘下のOculus(以下、オキュラス)が税込23,800円からという驚異的に安価なスタンドアローン型のVRヘッドセット「Oculus Go」を販売開始しました。

Oculus Goは昨年に発表されていましたが、Facebookの開発者向けイベント「F8 2018」の基調講演にて販売開始が案内され、現地時間5月1日(日本時間5月2日深夜)より日本を含む各国で購入できるようになりました。

筆者も基調講演の間に直販Webサイトにて64GBモデルを注文し、2日後の5月4日には香港から手元に届きました。もちろん日本で利用するための認証(いわゆる「技適マーク」)などはクリアされています。

筆者は他のVRデバイスも所有しますし、アプリ開発もしていますが、ここでは少し一般向けに「Oculus Goは何か」や「何ができるのか」などをVR初心者の方でも理解しやすいような解説を交えてレビューしたいと思います(※なので、VRに詳しいよ!という方は既知の部分は読み飛ばしてください)。


続きを読む

おサイフケータイや防水・防塵に対応したフラッグシップスマホ「HTC U11」がSIMフリー版で登場!日本では限定色のソーラーレッドをじっくりと紹介【レビュー】


フラッグシップスマホ「HTC U11」のSIMフリー版(ソーラーレッド)をレビュー!

既報通り、HTC NIPPONがフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」(HTC製)のSIMフリー版を2018年3月16日(金)に発売しました。価格は税別69,000円(税込74,520円)で、公式Webストア「HTC e-shop」のほか、一部の仮想移動体通信事業者(MVNO)で販売されています。

HTC U11は昨年7月にau向け「HTC U11(型番:HTV33)」とSoftBank向け「HTC U11(型番:601HT)」が発売されていましたが、新たにクリスマスキャンペーンとして同社の公式Twitterアカウントのフォロワー数が目標に達したため、SIMフリー版が販売されることになりました。

SIMフリー版はauやSoftBankからは販売されていなかった本体カラー「ソーラーレッド」が日本では限定色として販売されていることも特徴となり、auなどの日本向けと同様におサイフケータイ(FeliCa)にも対応したSIMフリーハイエンドスマホとして注目に値する製品となっています。

そこで今回はもうすぐ夏モデルが発表されるタイミングではありますが、このHTC U11のSIMフリー版ソーラーレッドを実際に使ってみましたので、外観や使用感などを中心に写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。