S-MAX

レビュー・ハウツー

ファーウェイの最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10 Plus」を購入したので開封して同梱品や外観を写真でチェック!合わせてベンチマーク結果も紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」を買ってみた!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から6月9日に発売された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)の上位モデル「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(Huawei Technologies製)を購入したのでざっくりと開封して同梱物や外観を写真を交えて紹介し、合わせて簡単にベンチマークをした結果も掲載する。

HUAWEI P10 Plusは同時に発売された「HUAWEI P10(型番:VTR-K29B)」や「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」といったHUAWEI P10シリーズの最上位機種で、昨年発売された「HUAWEI P9」や「HUAWEI Mate 9」で好評だったライカダブルレンズカメラがより進化している。

また日本で販売されているファーウェイ・ジャパンの製品では初のWQHD(1440×2560ドット)の高解像度ディスプレイを搭載し、画面サイズは約5.5インチ、画素密度は約534ppi、そして、HUAWEI P10と比べると赤外線リモコン搭載や防滴(生活防水)に対応するなどの違いがある。

価格(税込)はオープンながら希望小売価格が78,624円だが、すでに公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では73,224円となっており、大手Webショップ「Amazon.co.jp」ではさらに安い69,980円からとなっている。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の実力をベンチマークと動画でチェック!特にグラフィックス性能が高く、操作もサクサクで快適に【レポート】


最新スマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」をベンチマーク!

NTTドコモとauから6月8日に「2017年夏モデル」として発売されたサムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+」と「Galaxy S8」。NTTドコモからは「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」、auからは「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」として販売開始され、早くも1ヶ月近くが経ちました。

Galaxy S8・S8+はともにまるで液晶画面だけを手に持っているような縦横比18.5:9と縦長の大画面ディスプレイ「Infinity Display」が大きな特長となっており、さらに今夏最高スペックと言って良い高性能に加え、日本市場で需要の高いおサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵、ワンセグ・フルセグなどにも対応しています。

これまで購入・開封レポート従来機種との操作性の違いなどを紹介してきましたが、今回はベンチマークアプリ使ってその高い性能を確認し、他の機種と比べつつどういった点が優れているのか評価してみたいと思います。

続きを読む

トリニティのSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!AndroidとWindows 10 Mobileの違いだけでなく、かなりバージョンアップしてる【レビュー】


SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!

トリニティから6月9日に発売されたおサイフケータイ(FeliCa)にも対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」。前回の購入&開封レポートから少し間が空いてしましましたが、今回は前機種のWindows 10 Mobileを搭載した初代「NuAns NEO」と比較してみたいと思います。

そもそもNuAns NEO [Reloaded]とNuAns NEOはOSがWindows 10 MobileからAndroidになって各種仕様がFeliCaだけでなく、指紋センサーによる生体認証が追加され、ディスプレイやカメラ、CPUなども各々向上していますが、外観はほぼ同じではあります。

ほぼ同じではありますが、細かな点でNuAns NEO [Reloaded]は初代から変化しており、そういった点も含めて紹介していきます。とはいえ、デザインはほぼ変えずに背面カバーの「TWOTONE」と「FLIP」が共通で使えてというのはとても良いですね!

続きを読む

利用料が毎月1500円割引になる「docomo with」対象のエントリースマホ「arrows Be F-05J」は旧世代の同スペック機と比べて結構違う!性能をベンチマークでチェック【レビュー】


実は結構頑張ってる!カタログスペックだけではわからないarrows Be F-05Jの本当の姿を見よ

NTTドコモの「2017年夏モデル」の目玉となる割引施策「docomo with」対象モデルの第1弾として6月1日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

前回は同梱品紹介として、開封レポートをお送りしましたが、今回はarrows Be F-05Jをベンチマークアプリで性能をチェックしつつ、ほぼ同等のスペックとして販売されている他のスマホと比較してみました。ほぼ同じのスペックでもメーカーや世代が違うと、どういった結果が出てくるのかに注目してご覧ください。

続きを読む

光学2.3倍ズームに対応!ダブルレンズカメラを搭載するSIMフリースマホ「ASUS ZenFone Zoom S ZE553KL」を写真と動画で紹介【レビュー】


25mmと59mmのデュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「ZenFone Zoom S」が発売!

既報通り、ASUS JAPANは23日、光学2.3倍ズームを可能にするデュアルレンズカメラ搭載のAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)採用SMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」(ASUSTeK Computer製)を発売した。

昨年発売の光学3倍ズームに対応した「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」の後継機種だが、屈曲光学ユニットやズームユニットなどを廃し、アップルの「iPhone 7 Plus」のような2つの焦点距離が異なるレンズ+カメラを背面に搭載した構成としている。

主なスペックとしてCPUに約5.5インチFHD(1080×1920ドット)有機ELディスプレイやQualcomm製2.0GHzオクタコアCPU「Snapdragon 625」、4GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大2TB対応)、5000mAhバッテリー、USB Type-C端子(USB 2.0)、2.4GHzのみに対応したIEEE80211b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2など。

カメラは背面が約1200万画素(ソニー製「IMX362
」)が2つ、前面が約1300万画素(ソニー製「IMX214」)のセンサーを1つ搭載する。販売価格は公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」で59,184円(税込)。

今回はそんな海外では「ZenFone 3 Zoom」として販売されているiPhone 7 Plus対抗のZenFone Zoom Sの外観と、気になるカメラ機能を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

いきなりSIMロック解除も実施!docomo with対応第1弾の安価なエントリースマホ「arrows Be F-05J」を購入したので開封して同梱品などをチェック【レビュー】


NTTドコモ注目の新割引サービス「docomo with」対応初製品となる「arrows Be F-05J」を購入&開封!

NTTドコモから「2017年夏モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として6月1日にに発売された「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助がない代わりに、利用料金から毎月1,500円(税別)をずっと割り引く新しい料金割引「docomo with」が適応される対象製品第1弾となります。なお、docomo with対象製品としてはすでにもう1つ「Galaxy Feel SC-04J」も6月15日から販売開始されています。

arrows Be F-05Jは前機種「arrows SV F-03H」からスペックの変更はないものの、arrows SV F-03HをベースとしてOSをAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)へと刷新するなどのバージョンアップがされています。

NTTドコモから販売されるスマホとしてもdocomo with対応の2機種は比較的安価で、arrows be F-05Jについては本体価格(税込)が28,512円(分割1,188円/月×24回)という安価に購入可能というのもポイントで、これまでの月々サポートと同じ考え方をするならば、2年間で実質0円以下となります。

筆者も利用料が安く抑えられるようになるため、docomo with対応機種はどちらかは買おうと思っていたのですが、購入理由の上位となる「レッドがある」ということで、今回はarrows Be F05Jを全額dポイント支払いにて購入しました。

そこで本記事では恒例の開封レポートとして同梱物などを紹介するほか、arrows Be F-05Jの「購入前後に準備しておくこと」をまとめて紹介したいと思います。


続きを読む

自動ペアリングが快適なSoundPEATSのBluetoothヘッドセット「D4」を徹底チェック!実売2千円台のハイコストパフォーマンスモデル【レビュー】


自動ペアリングが使いやすいハンズフリーヘッドセット「D4」を徹底レビュー!

Bluetoothヘッドセットと言えば、Bluetooth機器の中でも非常に歴史が古く、携帯電話の周辺機器としては10年以上前から存在しています。当時は1万円~2万円前後もしたBluetoothヘッドセットですが、今やその価格は5,000円以下が主流となり、運転中の通話手段として広く普及するまでになりました(条件や条例により利用できない場合があります)。

今回、SoundPEATSより提供いただいた「D4」もそういった安価なBluetoothヘッドセットの1つです。Amazon.co.jpなどオンラインショップでは実売2,000円台で販売されており、Bluetoothヘッドセットの中でも低価格帯の製品ですが、その実力はどの程度のものなのでしょうか。実際の使用感を写真とともに徹底レビューします。

続きを読む

実売5千円前後で購入できるハイコストパフォーマンスなSoundPEATSの左右分離型イヤホン「Q16」を徹底チェック!イヤーフックタイプでスポーツシーンにも最適【レビュー】


安価で使いやすい左右分離型Bluetoothイヤホン「Q16」を徹底レビュー!

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」の登場以来、モバイル市場では左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンが静かなブームとなっていますが、左右分離型イヤホンは価格が高めという難点があります。

しかし最近では実売5,000円前後のかなり安価なモデルも登場しており、お試し的に購入しやすくなってきています。

今回、SoundPEATSより提供いただいた「Q16」もまた低価格と高音質が売りの左右分離型イヤホンで、Amazon.co.jpなどのオンライン通販サイトでは実売5,000円程度で販売されています。

左右分離型イヤホンとしては最安値に近い製品だけにその品質や音質なども気になるところです。そこで、実際に試してみて、その音質や使用感などを徹底レビューしたいと思います。

続きを読む

おサイフケータイに対応したSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」を購入!開封して同梱品や外観をチェックし、まずはソフトウェア更新を実施してみた【レビュー】


SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の開封レポート!

トリニティからようやく6月9日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」。筆者も公式Webストアで予約していたので発売日に到着し、さっそく開封したので同梱品や外観などを紹介したいと思います。

NuAns NEO [Reloaded]は昨年発売されたWindows 10 Mobile搭載スマホ「NuAns NEO」と外観はほぼ同じで背面カバーは共通の取り替えられる「TWOTONE」と「FLIP」に対応し、OSがAndroidになったことでおサイフケータイ(FeliCa)への対応のほか、高音質通話サービス「au VoLTE」にも対応しました。

またサイズもほぼ同じながら画面が約5.2インチに大型化したほか、Qualcomm製2.0GHzオクタコアCPU「Snapdragon 625(MSM8939)」や3GB内蔵メモリー(RAM)などとスペックアップしているのも嬉しい点でしょう。

一方で2月の発表からかなり時間が経ってしまい、タイミングとして同時期に「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」、「HUAWEI P10」、「HUAWEI P10 Plus」などの大手メーカーのフラッグシップスマホも発売となり、話題性としてはやや落ちてしまったようにも思えますが、NTTドコモなどの大手携帯電話会社に供給していないメーカーとしては初のおサイフケータイ対応ということでじっくりとチェックしたいところです。

続きを読む

縦長18.5:9のInfinity Displayでワクワクが止まらない!最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を購入したのでさっそく開封してパッケージや同梱品、外観をじっくり紹介【レビュー】



5.8インチ大画面なのに持ちやすい!最新ハイエンドスマホ「docomo Galaxy S8 SC-02J」を購入

いよいよ日本ではNTTドコモとauから「2017年夏モデル」として6月8日に発売されたサムスン電子製の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+」と「Galaxy S8」。NTTドコモからは「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」、auからは「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」として販売開始されましたが、筆者はこのうちのNTTドコモ向けの小さいほう、Galaxy S8 SC-02Jを購入しました。

Galaxy S8・S8+はCPUにQualcomm製「Snapdragon 835」を搭載し、内蔵メモリー(RAM)が4GB、内蔵ストレージが64GBとハイスペックモデルで、まるで液晶画面だけを手に持っているような縦横比18.5:9と縦長の大画面ディスプレイ「Infinity Display」が大きな特長となっています。

余談ですが、筆者がメインスマホとして「Galaxy」シリーズを選ぶのは「Galaxy SⅢα SC-03E」以来なので実に4年ぶり。かなりわくわくしながら公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で予約・購入し、届くのを待ちました。きちんと発売日に届きましたので、今回は開封レポートとしてパッケージと同梱品、そして本体外観についてご紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。