S-MAX

レビュー・ハウツー

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(人物編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!最後は人を撮ってみた

ここ最近はスマートフォン(スマホ)におけるカメラの性能がまた一段と向上し、特に背面に2つ以上のカメラを搭載するデュアルカメラやトリプルカメラによってこれまでのデジタルカメラにもない独自の進化が見られる。

そこでここまで2018年夏モデルを含む今注目の機種におけるカメラ性能比較を第1回(UI・風景編)および第2回(食べ物編)第3回(お花編)第4回(夜景編)と続けてきたが、最終回となる第5回目の今回は人物をテーマとした。

デュアルカメラやトリプルカメラを搭載することで、暗所での撮影がこれまでよりも明るく撮影できる機種が増えていることは前回の夜景編でも触れたが、実は複眼化によって暗所に強いだけでなく、人物撮影時に背景をボカすという機能もマルチレンズカメラ搭載機種ではウリにしている機種もあるのだ。そこで今回は、人物撮影で各機種の画像の仕上がりを比較してみたいと思う。

使用する機種はこれまでと同じくシャープの「AQUOS R2」、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、ファーウェイ製の「HUAWEI P20 Pro」に加え、アップルの「iPhone X」、OPPO(以下、オッポ)の「OPPO R11s」の7機種だ。

なお、引き続き、Xperia XZ2 Premiumについては開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるのであらかじめ了承いただきたい。

続きを読む

個性的なデュアルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を試してみた!異なる用途を持つ2つのカメラを使いこなそう【レビュー】


ユニークなアプローチのデュアルカメラスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を使ってみた!

NTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話会社から6月8日に発売されたシャープの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2」。筆者もすでに紹介したようにNTTドコモ版「AQUOS R2 SH-03K」を購入しました。

本機はフラッグシップに恥じない流行りの画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 845などとハイスペックな本体性能を持っていますが、その中でも特徴となっているのはやはり背面に2つ搭載されたデュアルカメラでしょう。

最近はデュアルカメラこそそれほど珍しいものではありませんが、それらの多くは2つのカメラを使って背景のぼかしや片方をモノクロセンサーのカメラとすることでよりクッキリとした写真が撮れるようになっていたり、または片方が超広角レンズでよりワイドな写真が撮れるといったものが一般的です。

ところがAQUOS R2ではそれらとは異なり、背面に搭載された2つのカメラがそれぞれ「写真撮影に特化した標準カメラ」と「動画の撮影に特化した動画専用ワイドアングルカメラ」となっており、シャープでは写真と動画の撮影にはそれぞれ適したセンサーやレンズ、チューニングがあるため、それらを個別に搭載したとしてこれを「ツインカメラ」と呼んでいます。

また例えば、動画撮影用カメラで動画を撮影しながら標準カメラで高精細な写真撮影を行うといった機能も搭載されており、昨今の動画利用の広がりを素早く取り入れた製品と言えると思われます。そこで今回は、AQUOS R2のカメラアプリを紹介しつつ、独自のアプローチで搭載されているカメラ機能を紹介していきます。

続きを読む

加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」のヒートスティックが利用できる互換デバイス「jouz(ジョウズ)」を試す!7月20日発売で、先行予約割引販売中【レビュー】


7月発売の加熱式たばこデバイス「jouz」を試してみた!

スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けの製品を手がけるアンカー・ジャパンの代表取締役を務める井戸義経氏が同様に代表を兼任するジョウズ・ジャパンは20日、高温加熱式たばこデバイス「jouz 20」と「jouz 12」を2018年7月20日(金)に発売すると発表した。

このjouz 20およびjouz 12は、加熱式たばこで国内シェアトップの「IQOS(アイコス)」のヒートスティック(たばこスティック)が利用できる製品となっており、いわゆるIQOSの互換製品となる。なお、ジョウズ・ジャパンが独自のたばこスティックを発売することは少なくとも現時点ではないという。

価格は、連続最大20本吸引できるjouz 20が6,980円(すべて税込)、連続最大12本吸引できるjouz 12が6,680円。またjouz 20についてはすでに7月19日(木)までの期間に先行予約購入するとさらに1,000円引きの5,980円で販売している。いずれも12カ月の保証付きで、カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開となる。

今回はそんなjouz 20およびjouz 12について発表会の模様と、実際に試してみたのでその使用感などを紹介する。

続きを読む

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(夜景編)【レビュー】


最新スマホのカメラ性能を徹底比較!第4回は「夜景」を撮影

2018年夏モデルを含む今注目の機種におけるカメラ性能比較第4回目のテーマは、今回の企画で目玉ともいえる夜景だ。夏の時期、夏祭り、花火など、夜の景色を撮影する機会も増える。そして、何よりも、今夏注目モデルでは夜景が明るく撮影できる機種が数多くある。

前回の「お花編」でも暗所撮影の画像を紹介したが、夜景はただ暗いだけでなく、明るい部分もあるのでその辺り、機種によってどのように違うのかを見てもらいたい。

第1回第2回第3回と同じく使用する機種はシャープの「AQUOS R2」、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の「Xperia XZ2 Premium」、エイスースの「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、ファーウェイの「HUAWEI P20 Pro」に加え、アップルの「iPhone X」、オッポの「OPPO R11s」の7機種だ。

なお、これまで同様、Xperia XZ2 Premiumについては開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるのであらかじめ了承いただきたい。

続きを読む

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(お花編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!第3回目は花を撮ってみた

2018年夏モデルを含む今注目の機種におけるカメラ性能比較第3回目のテーマは「花」だ。得に女性は花を撮影する機会も多いのではないかと思い、各機種で花壇の花を撮影してみた。

また日中の撮影はもちろんだが、暗めの室内や夜など、暗所撮影にも強い機種がいくつかあるので、そのテストも兼ねて、夜の光源の少ない暗い環境でも撮影してみたので、まとめて紹介する。

第1回第2回と同様に使用する機種は、シャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種

なお、撮影条件は第1回目や第2回目と同じく初期状態のままでオートにて撮影している。またXperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。