S-MAX

ニュース・解説・コラム

Mozilla、広告ブロックなどのプライバシー保護に力を入れて高速・軽快に動作するWebブラウザーアプリ「Firefox Focus」のAndroid版が提供開始!iPhoneなどのiOS版で好評を受けて開発


プライバシー保護に力を入れたWebブラウザーアプリ「Firefox Focus」のAndroid版が開発中!

Webブラウザー「Firefox」などを開発する非営利団体のMozilla Foundation(以下、Mozilla)は20日(現地時間)、これまでiPhoneやiPadなどのiOS向けに提供してきたプライバシー保護に力を入れたWebブラウザーアプリ「Firefox Focus」のAndroid版を開発し、新たにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて配信開始したと発表しています。

iOS向けと同様に広告をブロックしたり、クッキーやセッションの追跡を防ぐことでプライバシー保護をするほか、動作も軽快で高速になるとしています。なお、公開されているAndroid向けアプリはVersion 1.0で、動作要件はAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以上となっています。

続きを読む

NTTドコモ、富士通製スマホ「arrows NX F-01J」および「arrows SV F-03H」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoのarrows NX F-01Jとarrows SV F-03HにAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは22日、同社が昨冬に発売した「arrows NX F-01J」および昨夏に発売した「arrows SV F-03H」(ともに富士通コネクテッドテクノロジーズ製)の2機種のスマートフォン(スマホ)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年6月22日(木)より提供開始するとお知らせしています。

それぞれスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間はarrows NX F-01Jが約49分、arrows SV F-03Hが約45分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

主なアップデート内容
1)マルチウィンドウの追加
2)アプリ利用中に、手軽にメッセージへの返信ができます。
3)省電力機能の強化
4)スグ電(音声終話機能)対応(arrows NX F-01Jのみ)
5)パネルスイッチの強化
6)改善される事象
・ビデオコール時、「自画像を非表示」の設定が正常に動作しない場合がある。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

前面QWERTYキーボードを搭載したAndroid 7.1.1 Nougat採用のSIMフリースマホ「BlackBerry KEYone」が日本で6月29日に発売!日本正規代理店のFOXから6万9800円で販売


前面QWERTYキーボードを搭載スマホ「BlackBerry KEYone」が発売!

BlackBerryの日本正規代理店であるFOXが前面QWERTYキーボード搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEYone(型番:BBB100-6)」の日本国内で2017年6月29日(木)に発売するとお知らせしています。なお、日本向けに技術適合証明・工事設計認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているとのこと。

価格はオープンながら同社が運営する公式Webストア「caseplay」では69,800円(税込)で、本日6月22日より事前予約受付を開始しています。また、大手Webストア「Amazon.co.jp」でも販売されており、こちらは価格が現時点で68,277円(税込)となっています。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けおサイフケータイ対応のAndroid Oneスマホ「X1」を6月30日に発売!実質約3万5千円からで、機種変更手数料無料キャンペーンも実施


ワイモバイル向けスマホ「Android One X1」が6月30日に発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は22日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの「2017年夏モデル」のうちの「Android One」シリーズにおける約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「X1」(シャープ製)を2017年6月30日(金)に発売すると発表しています。

公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」では現時点ではまだ予約や販売を開始していませんが、価格(税込)は本体価格が70,524円(頭金540円+分割2,916円/月×24回)、月間割引がスマホプランSなら972円/月×24回(総額23,328円)、スマホプランM・Lなら1,512円/月×24回(総額36,288円)、実質負担額がスマホプランSなら47,196円、スマホプランM・Lなら34,236円。なお、ワイモバイルショップなどの店頭でも販売されます。

また同日、ソフトバンク コマース&サービスから公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」にてライフウェアブランド「malamute」とコラボレーションしたケース「malamute Design Soft Case」や「malamute Design Stand Flip」なども販売されます。

さらに発売に合わせてワイモバイルではAndroid Oneシリーズのスマホへ機種変更する個人契約者を対象に機種変更手数料(通常税別3,000円)を無料とする「Android One 機種変更手数料無料キャンペーン」を6月30日から9月30日まで実施します。対象機種はX1以外にも507SHおよびS1、S2も含まれます。

その他、X1を購入した場合に「Google Play」で使うことができる1,000円分のクーポンコード、Google PlayやGoogleサービスでAndroid Oneをより楽しむ方法が記載された冊子「Google サービスの便利な使い方ガイド」、Android Oneの設定方法などが記載された冊子「Android One X1 活用ガイド」をプレゼントするとしています(在庫がなくなり次第終了)。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser ZC551KL」とタブレット「ZenPad 3S 10 LTE Z500KL」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのスマホ「ZenFone 3 Laser」とタブレット「ZenPad 3S 10 LTE」がAndroid 7.0 Nougatに!

ASUS JAPANは22日、昨年11月26日より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」および昨年12月9日に発売したSIMフリータブレット「ZenPad 3S 10 LTE(型番:Z500KL)」(ともにASUSTeK Computer製)の2機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年6月23日(金)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号はZenFone 3 Laser ZC551KLが「JP_21.40.105.16-20170512」、ZenPad 3S 10 LTE Z500KLが「V5.3.7_20170526」。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

日本航空、JAL・JTAの国内線における「JAL SKY Wi-Fi」を無料すると発表!国内では唯一の期間限定なしでずっと無料の機内インターネットサービスに


国内線のJAL SKY Wi-Fiが無料に!

日本航空(以下、JAL)は20日、JALグループ国内線においてより便利で快適な航空移動の実現に向けて機内における無線LAN(Wi-Fi)サービスに接続できる機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を期間限定なくこの先ずっと無料にすると発表しています。

これまでJAL SKY Wi-Fiは有料で、使った容量に制限のない時間制プラン(30分400円)や1フライトごとに時間制限なしのフライトプラン(距離や機器によって異なり、例えば、最安は羽田=伊丹などの450マイル以下で500円から)となっていました。

そういった中で、今年2月からはこれらの利用料がかからない無料で使える「国内線機内インターネット無料キャンペーン」を実施し、当初は2017年8月1日までの期間限定キャンペーンでしたが、今回の発表によってずっと無料になるとしています。

続きを読む

Google、Android 2.1 Eclair以下における「Android Market」のサポートを6月30日に終了!以降は接続できず、Android Marketでのアプリのインストール・アップデート不可に


Android 2.1 Eclair以下のAndroid Marketが6月30日にサポート終了!

Googleは20日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の開発者向け公式ブログ「Android Developers Blog」にてAndroid 2.1(開発コード名:Eclair)以下におけるアプリ配信マーケット「Android Market」のサポートを2017年6月30日(金)に終了するとお知らせしています。

これにより、Android 2.1 Eclair以下においてこれ以降はAndroid Marketにアクセスできなくなるため、Android Marketでのアプリのインストールやアップデートが行えなくなるとしています。

なお、理由としてはAndroid Marketアプリの技術的な制限によるものと案内されており、対象製品への通知などは行われずに実施されるとのことなので、常用している人は少ないとは思いますが、ご注意ください。

続きを読む

ソフトバンクがSoftBank向けスマホ「AQUOS R 604SH」の事前予約受付をスタート!シャープのHDR対応5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶搭載フラッグシップの気になる価格をチェック


SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R」の価格を紹介!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」において今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶などを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:604SH)」(シャープ製)の予約を開始したとお知らせしています。

予約はソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われており、発売時期は2017年7月上旬以降を予定。今回は価格も案内されていたので合わせて紹介します。

続きを読む

次世代Pixelシリーズはカスタムチップに!?AppleでiPhoneやiPadなど向けチップセット「A」シリーズの開発に携わってきたSoCアーキテクトエンジニアであるManu Gulati氏がGoogleに移籍


GoogleがAppleのSoCアーキテクトエンジニアであるManu Gulati氏を採用へ!

Appleで8年間に渡ってチップセット(SoC)の設計エンジニアとして働いていたManu Gulati氏がGoogleに移籍したがLinkedinのプロフィールから明らかになったとAndroid Policeが伝えています。

同氏がAppleへもたらした功績はすさまじく、Appleの代表製品となったスマートフォン(スマホ)「iPhone」やタブレット「iPad」などに搭載されているチップセット「A」シリーズを手がけてきました。

AシリーズのチップセットにおけるCPUは、ARMプロセッサーをベースにAppleがカスタマイズしたもので、そのパフォーマンスは他社を圧倒してきました。そんなManu Gulati氏がGoogleで働き始めたのは、非常に大きなニュースだと言えるでしょう。

続きを読む

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」のAndroid向けアプリがバージョンアップで、標準アシスタントに設定可能に!ただし、日本ではまだ利用できず


AndroidデバイスのデフォルトアシスタントにCortanaが設定可能に!写真はWindows 10 Mobileのもの

Microsoftは15日(現地時間)、音声認識や機械学習などを利用したアシスタントサービス「Cortana」のAndroid向けアプリの最新バージョン2.8.0をリリースし、新たにCortanaをAndroidのデフォルトアシスタントに設定できるようになっています。

通常、Androidではデフォルトのアシスタントサービスに多くの製品ではGoogleの「Google Now」(直近に「Google アシスタント」に順次変更中)ですが、Galaxyでは独自サービス「Bixby」を導入しており、他にも「Amazon Alexa」もAndroid向けアプリがリリースされているなど、多数のアプリが利用できます。

今回、GoogleのライバルでもあるMicrosoftが主にWindows向けに提供しているCortanaがAndroidのデフォルトアシスタントに設定できるようになったことで、パソコン(PC)でWindowsを使っているような場合にはより便利に使えるケースも出てきそうです。

なお、Google Playストアで案内されているバージョン2.8.0の変更点は以下の通り。デフォルトに設定できるほか、PCとスマートフォン(スマホ)などのカレンダーにおける整合性を改善しているということです。

新機能

What’s new in Cortana 2.8.0:
· Now you can set Cortana as your default assistant on Android!
· Improved calendar consistency across PC and phone
· Improved app performance
Thanks for using Cortana!


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。