S-MAX

ニュース・解説・コラム

iPhone、本体代13万円越え最新モデルを買うか?実質0円のiPhone 8を買うか?価格に加え、ホームボタンやTouch ID、サイズ難民はどれを選ぶのか


shimajiro@mobiler

今年の“iPhone祭り”は盛り上がりに欠ける……そう感じている人もいるようで、その原因はやはり新機種「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の最安モデルでも本体価格が約13万円(iPhone XS Maxは約14万円)と従来のiPhoneと比べても割高な価格設定な上に、長らくiPhone・iPadに採用されていたホームボタンが廃止され、操作方法もこれまでのホームボタンを軸にしたモデルとは異なっているため、最新モデルの購入に戸惑っている方も少なくないことがあるように思う。

もちろん、この2つの話は「iPhone X」でもそうだったわけだが、昨年は従来の流れを受けた「iPhone 8」シリーズが発売されていたのは大きいように思う。そんな中、NTTドコモは2017年モデルのiPhone 8を9月に入ってから月々サポートによる割引額を増額するなどして値下げしている。

これにより、NTTドコモでは契約変更および他社から乗り換え(MNP)では本体価格が64GBモデルで一括約10,000円に、256GBモデルは一括約28,000円、新規契約および機種変更では64GBモデルが実質約19,000円、256GBモデルも実質約38,000円とお手頃な価格になっている。

さらに、ヨドバシカメラなどの家電量販店では、iPhone 8の64GBモデルを対象に店舗独自の割引を適用することで機種変更でも実質0円で購入できるキャンペーンを開催している。なお、トップの写真は写真はヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにおけるiPhone 8の64GBを2台購入で実質0円のポップで、1台購入なら実質約5,000円となっていた。

続きを読む

ガラスボディーは割れるのが心配!?新スマホ「iPhone XS」や「iPhone XS Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 4」の保証サービス「AppleCare+」や保証対象外修理価格を公開


iPhone XS・XS PlusやApple Watch Series 4の保証外修理価格をチェック!

日本ではNTTドコモやau by KDDI、SoftBankのほか、アップルの直営店「Apple Store」や公式Webサイト内にあるオンラインショップにて9月21日に発売されたスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Plus」、そしてスマートウォッチ「Apple Watch Series 4」。なお、アップルが販売するものはSIMフリー版で、各携帯電話会社から販売されているものについてはSIMロックに対応しています。

すでにこれらのiPhone XやiPhone XS、iPhone XS Plus、Apple Watch Series 4に加えて、価格が改定された既存機種もアップルが販売するSIMフリー版やGPSモデルにおける価格やAppleCare+料金は紹介してきました。

予約する際にもApple Storeなどでは注文になるので保証サービス「AppleCare+」に入るかどうか選択する必要があり、AppleCare+についてもまとめているようにiPhone XSおよびiPhone XS Plusが22,800円、Apple Watch Series 4(Cellular+GPSモデル)が7,800円から、Apple Watch Series 4(GPSモデル)が7,800円であることが案内されます(価格は記載がない限りはすべて税抜)。

一方、Appleの公式WebサイトにはAppleCare+に加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。例えば、AppleCare+に未加入の場合における保証対象外の画面割れならiPhone XSで31,800円、iPhone XS Plusで37,400円の修理代金がかかります。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:今こそ検討したいワイヤレス充電。対応端末の確認から充電方式の違い、充電器の選び方と注意点まで重要なポイントをお教えします【コラム】


ワイヤレス充電のイロハとノウハウを徹底解説!

21日にAppleからiPhone XS/iPhone XS Maxが発売されました。筆者の手元にも無事SIMフリー版のiPhone XSの256GB・ゴールドモデルが届き、ひとまずホッとしているところです(まだ開封できていない)。iPhoneを新調するにあたり、どうせならワイヤレス充電器(無接点充電器)も新しくしようとオンラインショップで検索してみたところ、現在は実にさまざまな種類の充電器が発売されているようです。

数年前であれば安くても5,000円以上、急速充電に対応したタイプになると1万円近くもする製品が主流でしたが、現在では急速充電に対応したものでも1,000円台がほとんどで、3,000円台ともなると高級品と言えるくらいにコモディティ化しています。その牽引役となっているのがサムスン電子のGalaxyシリーズやAppleのiPhoneシリーズといったスマートフォン(スマホ)であり、現在国内で販売されているワイヤレス充電器の多くはそれらのスマホの仕様に対応しています。

しかし、ワイヤレス充電器には細かな仕様の違いや急速充電に対応させる場合に電源で気をつけるべき点があるなど、若干分かりづらい部分がいくつかあります。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんな少し難解なワイヤレス充電器の選び方や注意点、購入前に確認すべきポイントなどを解説します。

続きを読む

話題の新スマホ「iPhone XS」と「iPhone XS Max」がiFixitによって分解!初の4GB RAMやバッテリー容量などのスペックが判明。通信チップはIntel製に


新スマホ「iPhone X」と「iPhone XS Max」が分解でより詳細な仕様が判明!

日本ではNTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月21日に発売された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」。発売直後の恒例とも言えるiFixitなどの修理業者を中心に両機種の分解がさっそく行われています。

Appleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しているので紹介したいと思います。なお、iFixitでが分解したのはオーストラリア版です。

続きを読む

グーグルが次期スマホ「Google Pixel 3」シリーズを日本投入決定!ティザーサイトを公開し、最新情報を順次案内。発表会は日本時間10月10日0時からでライブ中継もあり


Googleが次期Pixelスマホを公式に日本投入表明!

グーグル(以下、Google Japan)は19日、Googleのスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズの次期モデルがまもなく日本で販売されることを明らかにし、ティザーサイト( https://g.co/pixeljp )を公開しています。ティザーサイトではメールアドレスを登録することでいち早く新Pixelの情報が得られるということです。

なお、次期モデルは「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」(仮称)となると見られており、すでに海外向けティザーサイト( https://store.google.com/us/product/three )や報道関係者向けにアメリカ・ニューヨークにて現地時間(EDT)の2018年10月8日(火)に発表会を行うことが案内されています。

また発表会の模様はGoogleのハードウェア製品を扱うMade by Googleの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/madebygoogle )にて10月8日11時(EDT)よりライブ中継も実施されるとのこと。日本時間では10月10日(水)0時から。その他、直近ではNieuwe Mobielによって公式レンダリングと見られる画像がリークされています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。