S-MAX

ニュース・解説・コラム

AppleがiPhoneシリーズの旧機種でバッテリー劣化時に性能を落としている問題で、次期iOSでオフにできるように!ティム・クックCEOがインタビューで明らかに


次期iOSではiPhoneの旧機種で電池劣化時に性能を落とさないようにできる機能が追加へ!

現時点で最新のiOS 11.2以降にした場合に「iPhone 6」シリーズから「iPhone 7」シリーズまでの旧機種でバッテリーが劣化している場合、高負荷がかかる状態における性能を自動的に低下させている問題で、今後、AppleではiOSのアップデートによって無効にできる機能を提供する予定であることを明らかにしました。

ABC Newsは17日(現地時間)、同社CEOのTim Cook(ティム・クック)氏へのインタビューを公開し、その中で同氏がこのバッテリー問題について質問され、2月に提供予定のiOSの次期開発者向けベータ版において性能低下機能をオフにできる機能を導入すると回答しています。

従来通りのスケジュールであれば、一般ユーザー向けの正式版は3月頃に配信されると見られ、同社ではすでに問題に対して保証外の場合にバッテリー交換費用を割り引く施策を行なっていますが、さらに問題を沈静化させるべく、無効化機能を追加するようです。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて人気スマホ「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が2月15日より販売!日本向けSIMフリー版を独自調達で価格は8万4240円から――mineoアプリも提供予定


マイネオでiPhone 7・7 Plusが販売へ!HUAWEI MediaPad M3 Liteなども

既報通り、ケイ・オプティコムは18日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )における「事業説明会」を都内で開催して「100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン」や「倍増!紹介キャンペーン」などの施策を発表しました。

また説明会ではmineoで取り扱う新製品についても発表され、新たに人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」(ともにApple製)を2018年2月15日(木)より販売します。

mineoが販売するiPhone 7・7 Plusは独自にメーカー認定ルートより調達した日本向けSIMフリー版(新品)とのことで、iPhone 7の128GBモデル(レッド)および256GB(シルバー・ローズゴールド)、iPhone 7 Plusの128BB(レッド)および256GB(ブラック)の5種類とのこと。

さらに同じく2月15日からはタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite」(Huawei Technologies製)も販売し、説明会ではこれらに加えて価格が2万円台前半を予定するスマホも投入することが明らかにされ、後日正式に発表する予定だということです。

その他、これまでも残りの高速データ通信容量などが確認できるスマホなど向けアプリ「mineoスイッチ」を提供していましたが、新たに“パケットコミュニケーション”をテーマとしたデータ容量の確認といった基本機能をはじめ、パケットギフトやフリータンクなどをもっと便利に利用できる「mineoアプリ」を2018年3月末より提供を開始するとしています。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にてギフト券2千円分がもらえる「倍増!紹介キャンペーン」や音声通話プランが半年間月額410円で使える「100万回線ありがとう!キャンペーン」などが実施


格安SIMのマイネオが100万契約に向けてラストスパート!春商戦向けキャンペーンなどを発表

ケイ・オプティコムは18日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において今後の施策を発表する「事業説明会」を都内で開催しました。

説明会では月額基本料金を410円で6カ月間利用できる「100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン」を2018年1月19日(金)から2018年5月8日(火)まで実施するなどの施策が発表されました。

また同じく1月19日から5月8日までの期間に日本経済新聞が提供する日経電子版とデータ通信をパッケージにした「日経電子版+SIM(プラスシム)」についても月額料金を最大12カ月間、980円割り引く「新生活ギガコミキャンペーン」を実施します。

さらに2018年1月19日(金)~2018年3月28日(水)の期間にはギフト券2,000円分を紹介元と紹介先それぞれにプレゼントする「倍増!紹介キャンペーン」や「『mineoでんわ 10分かけ放題』最大2カ月無料キャンペーン」も実施するとのこと。

その他、mineoの利用者などが情報交換したりできるコミュニティーWebサイト「マイネ王」にて『HAPPY METER』を活用した社会貢献活動「mineo green project」を実施し、初回の100万HAPPYについては2017年11月22日に達成したため、「桜の植樹」および「ごみ拾い」を2公園にて実施するということです。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けおサイフケータイ対応タフネススマホ「Android One X3」を1月25日に発売!1月19日予約開始で、本体価格6万7932円の実質1万8684円から


Y!mobile向け低価格スマホ「Android One X3」が1月25日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は11日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 630(SDM630)」、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Android One X3」(京セラ製)を2018年1月25日(木)に発売すると発表しています。

また発売に先立ってワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店舗および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて1月19日(金)より予約受付を実施するとのこと。価格(税込)は本体代67,932円の実質負担額が新規契約および機種変更で31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)から、他社から乗り換え(MNP)で18,684円(頭金540円+分割756円/月×24回)からとなっています。

またソフトバンク コマース&サービスは公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」からAndroid One X3向けなどの周辺機器を発売に合わせて1月25日に発売し、1月18日から予約開始する予定。周辺機器は好きな角度に調整できて快適な動画視聴を楽しめるスタンドフリップケースをはじめ、液晶画面を破損から守る衝撃吸収フィルムなど4アイテムを用意。

続きを読む

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SOV36」と高コスパスマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」をAndroid MNPau購入サポートに追加!最大5万9400円引


Android MNPau購入サポートに「Xperia XZ1 SOV36」と「HUAWEI nova 2 HWV31」が追加!

KDDIは12日、携帯電話サービス「au(エーユー)」において他社から乗り換え(MNP)時に本体価格を割り引く「Android MNPau購入サポート」の対象機種に「Xperia XZ1 SOV36」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「HUAWEI nova 2 HWV31」(Huawei Technologies製)を追加するとお知らせしています。

Xperia XZ1 SOV36は1月12日から、HUAWEI nova 2 HWV31は1月下旬以降の発売日からとなっており、割引額はXperia XZ1 SOV36が59,400円、HUAWEI nova 2 HWV31が16,200円となっており、それぞれ本体代が31,320円および16,200円となります(金額は特に記載がない場合は税込)。

なお、auショップや量販店などのau携帯電話取扱店のほか、公式Webストア「au Online Shop」でも「Android MNPau購入サポート | au Online Shop」は実施されている模様です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。