S-MAX

ニュース・解説・コラム

アップルジャパン、京都ゼロゲート1Fに直営店「Apple 京都」を8月25日にオープン!iPhoneやiPadなどのApple製品の購入やサポートなどが可能に


Apple 京都が4月7日に開店!

アップルジャパンは13日、京都に直営店「Apple 京都」を2018年8月25日(土)10時にオープンするとお知らせしています。場所は「京都市下京区立売中之町四条通高倉東入83-1」で京都ゼロゲートの1階にあり、最寄駅は阪急京都線 烏丸駅または地下鉄烏丸線 四条駅です。

直営店「Apple Store」は「Apple 銀座」や「Apple 表参道」、「Apple 新宿」、「Apple 渋谷」(休業中)「Apple 仙台一番町」、「Apple 名古屋栄」、「Apple 心斎橋」、「Apple 福岡天神」に続く9店舗目。

続きを読む

オッポが日本でSIMフリースマホを2機種発表!おサイフケータイや防水に対応したフラッグシップ「OPPO R15 Pro」と高コスパ「OPPO R15 Neo」。発売日や価格は後日案内


OPPOがSIMフリースマホ「R15 Pro」と「R15 Neo」が発表!R15 ProはFeliCaや防水に対応

オッポジャパンは14日、事前に予告していた日本市場向け第2弾としてSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」の2機種を発表しています。発売時期や価格などの詳細については後日、発表会を実施する2018年8月22日(水)に案内すると見られます。

OPPO R15 Proは同社のフラッグシップモデルで、アスペクト比9:19の縦長で画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約6.28インチFHD+有機ELディスプレイを搭載した“ほぼ全画面デザイン”で、Snapdragon 660および6GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX7準拠)にも対応しているという。

また一方のOPPO R15 Neoは「OPPO R15」シリーズの廉価モデルで、縦長でノッチのある約6.2インチHD+液晶を搭載し、コストパフォーマンスを重視した低価格ながらほぼ全画面デザインやデュアルカメラ、DSDVとmicroSDカードを併用できる3カードスロットなどとなっています。

続きを読む

オッポジャパンが日本市場向け第2弾スマホを近く発表へ!ティザー公開で、フラッグシップモデル「OPPO R15 Pro」を投入か


OPPO Japanが日本向け第2弾スマホをそろそろ投入へ!R15 Proか

オッポジャパンは13日、同社の公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )において「#OPPO Japan、そろそろ、第2弾。」とティザー画像を公開し、日本市場向けに第2弾スマートフォン(スマホ)を近く投入すると明らかにしました。

同社は今年2月に「OPPO R11s」で日本市場に参入しましたが、早くも次の機種が発表されることになりそうです。なお、報道関係者など向けには2018年8月22日(水)13:30より新製品発表会を開催すると案内されています。

公開されている画像に示されているスマホの側面などからすでに海外で発表されている「OPPO R15」または「OPPO R15 Pro」ではないかと見られますが、果たしてどういった機種が発売されるでしょうか。楽しみですね!

続きを読む

Sony、IFA 2018にて8月30日13時よりプレスカンファレンスを開催!次期スマホ「Xperia XZ3」と「Xperia XZ3 Compact」などを発表か?


ソニーがIFA 2018に合わせてプレスカンファレンスを開催!写真は過去のIFAにおけるブース

Sony(ソニー)がドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)までに開催される予定の世界最大級の家電見本市「IFA 2018」に合わせて前日の現地時間(CEST)8月30日(木)13時からプレスカンファレンス「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催するが明らかになりました。

IFAの公式Webサイトにて各社のプレスカンファレンスの開催予定が掲載されており、ソニー以外にもLGやTCL、Wiko、シャープ、Acerなども開催する予定とのこと。ソニーは昨年と同じMesse Berlin内の「Hall 20」にてブースの展示およびプレスカンファレンスを実施します。

ソニーのプレスカンファレンスは日本時間(JST)では8月30日20時から。毎年、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)のスマートフォン(スマホ)およびタブレット「Xperia」シリーズの下期のフラッグシップモデルが発表されているIFAだけに今年も戦略製品が発表されると見られます。

またソニーモバイルでは公式Webサイトにて「H8416」「H9436」「H9493」という3つのスマホのUser Agent Profile(UAProf)を新たに掲載しており、近く少なくとも3機種が投入される計画であることが示されています。恐らく噂などから次期フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」(仮称)シリーズなどが発表されるのではないかと見られます。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:嗚呼、アップルよ何処へ行く。iPhoneやiPadなどのiOS端末のシェアの変遷や現在のブランド戦略から同社がめざす未来を占う【コラム】


アップルの世界シェアやiOS製品の現在から同社の未来を考えてみた!

先日、OSアップデートすらもまともに機能しなくなった壊れかけのRadioならぬ壊れかけの「iPad mini 2」に見切りをつけ、9.7インチの「iPad(第6世代)」を買ってきました(トップ画像の一式がそれ)。発売から数ヶ月が経過しての購入となり「モバイルガジェットライター的にはなんともネタにならんタイミングだなぁ」と呑気に考えつつも、iPad mini 2を持ち歩かなくなったあたりから「持ち歩かないなら動画が観やすい10インチがいいなぁ」とずっと思い続けてそのまま数年が経っていただけに、あまり購入時期などは気にもせずサクッと買ってきたという次第です。

今日そのスタートセッティングなどをしていて、手持ちのiPhoneを近づけるだけでアクティベートが完了するさまなどを見て「おおー、すごい……」とモバイルガジェットライターらしからぬ感動を覚えていましたが、こういったデバイス同士の連携やシームレスな利用を可能としている点がアップルの強みである半面、ユーザーの囲い込みが強すぎて他のデバイスへ移行しづらかったり、その逆でAndroid搭載製品といった他社のデバイスからの移動が難しいことを改めて感じました。

そんな独自のエコシステムを10年以上も続けているアップルとiOSですが、2018年1~3月期では純利益などで過去最高を記録するなど絶好調を見せる一方、世界シェアに関しては苦戦を強いられている様子があちこちのニュースで散見される点は相変わらずです。アップルとしてもこういった状況を快く思っているわけではないはずですが、果たして同社のシェア戦略や販売戦略とはどういったものなのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はアップルの世界シェアやブランディングの視点から同社の未来を考えます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。