S-MAX

NTTドコモ

スター・ウォーズモデルの「赤いSペン」はライトセーバー風!NTTドコモが発売する限定スマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」を紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を記念してペン入力に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+ SC-01M」の限定モデル「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」(サムスン電子製)を2019年12月13日(金)に2000台限定で発売する。

販売拠点は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびGalaxyの旗艦店「Galaxy Harajuku」のみで、ドコモオンラインショップが1980台、Galaxy Harajukuで20台販売予定となっており、ドコモオンラインショップでは12月13日10時より購入手続きが開始される。なお、東京23区内で試験提供されている当日届く「エクスプレス配送」は対象外となるという。

価格(金額はすべて税込)は171,864円(4,774円/月×36回)となっており、36回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額は114,576円(4,774円/月×24回)から。通常モデルが121,176円なので、限定モデルは約50,000円ほど価格が高く設定されていることになる。

同モデルは背面にはスター・ウォーズのロゴとファースト・オーダーのデザインをあしらいつつ、カメラデコやボタンのカラーリング、そして本体から取り出すとライトセーバーの起動音が鳴るSペンでスター・ウォーズの世界観を体現しているとのこと。そんなGalaxy Note10+ Star Wars Special Editionの実機をいち早く見てきたので簡単にご紹介。

続きを読む

NTTドコモ、スター・ウォーズスマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」を発表!限定2千台で価格は17万1864円の実質11万4576円から


docomoからスター・ウォーズスマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」が登場!

NTTドコモは6日、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を記念してSペンに対応したプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+ SC-01M」(サムスン電子製)の限定モデル「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」を発表しています。

発売日は2019年12月13日(金)で、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびGalaxyの旗艦店「Galaxy Harajuku」のみにて限定2000台が販売されるとのこと。なお、ドコモオンラインショップが1980台、Galaxy Harajukuで20台販売予定となっており、ドコモオンラインショップでは事前予約は実施せず、12月13日10時より購入手続きを開始し、エクスプレス配送は対象外となるとのこと。

価格(税込)は171,864円(4,774円/月×36回)となっており、36回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額は114,576円(4,774円/月×24回)から。

続きを読む

NTTドコモとソニーが「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を実施!FeliCaやUWB、Bluetoothを活用。2020年1月開催のイベントで一般公開


タッチしなくて良くなる!?スマホをポケットやかばんなどに入れたままで使えるおサイフケータイへ

NTTドコモおよびソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(以下、ソニー)は5日、高精度な測距技術の1つである「UWB」や従来からスマートフォン(スマホ)に搭載されているBluetoothなどの無線通信規格とキャッシュレス決済などで利用されるソニーの「FeliCa」技術方式を組み合わせることによってかざさなくても決済などを行える「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を実施すると発表しています。

実証実験は2019年12月10日(火)から2020年1月末(予定)まで実施され、2020年1月23日(木)から2020年1月24日(金)の期間に東京ビッグサイトで開催されるNTTドコモのイベント「DOCOMO Open House 2020」にて一般公開するとのこと。なお、UWBの導入においては世界的な半導体メーカーのNXP Semiconductorsの技術協力を得ているとしています。

続きを読む

NTTドコモ、携帯電話回線契約を伴わずにスマホなどの製品を購入する場合にSIMロック解除した状態(=SIMフリー)で販売開始!ガイドライン改正で


docomoが携帯電話回線契約を伴わない場合はSIMロックせず販売!

NTTドコモが同社の携帯電話回線契約を伴わずにスマートフォン(スマホ)などの製品を購入する場合に「SIMロック解除」した状態、つまりはSIMフリーで販売していることを案内しています。そのため、購入後にSIMロック解除の手続きは不要だとのこと。

同社では総務省が「移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関するガイドライン」を11月22日に改正し、携帯電話回線を伴わない製品単体での販売についてのSIMロック解除への対応が厳格化されたことによる対応だとしています。

ただし、都内にある数店のドコモショップに「NTTドコモの携帯電話回線契約を伴わずにスマホを購入できるか?」と問い合わせたところでは各店ともに「できない」と回答されたため、実際にどの店舗でも携帯電話回線契約を伴わない製品購入ができるというわけではないので注意したいところです。

一方で都内にあるNTTドコモの製品を取り扱っている量販店では「できる」として実際に購入もできており、多少の頭金(手数料)がかかるものの、こうした店舗では今回の対応によって購入時点でSIMロック解除が行われているものと見られます。

なお、NTTドコモ広報部では「(同社の製品を取り扱う)各店舗ともに携帯電話回線契約を伴わずに購入できる」のだと認識しているものの、実際に「できない」と回答があったこともあり、具体的にどのように店舗に伝えているかについては現時点では「回答待ち」となっています。

続きを読む

NTTドコモが月税別700円を12ヶ月割り引く「『ギガホ』『ギガライト』&『ディズニーデラックス』セット割」キャンペーン」を12月から実施


docomoが『ギガホ』『ギガライト』&『ディズニーデラックス』セット割」キャンペーン実施!

NTTドコモは25日、スマートフォン(スマホ)など向け料金プラン「ギガホ」または「ギガライト」を契約している場合に上質な映像配信サービスを楽しめるように同社がウォルト・ディズニー・ジャパン(以下、ディズニー)とともに提供するディズニー公式動画配信サービス「Disney DELUXE」を契約すると、月々の利用料金からDisney DELUXEの月額利用料に相当する700円(税抜)を12か月間割り引く「『ギガホ』『ギガライト』&『ディズニーデラックス』セット割」キャンペーンを2019年12月1日(日)から実施すると発表しています。

条件はギガホもしくはギガライト(ともに定期契約あり/定期契約なし)で契約しているdポイントクラブ会員がDisney DELUXEに申込み、キャンペーン専用Webページ( https://service.smt.docomo.ne.jp/site/deluxe/src/campaign_index.html )にてエントリーした場合。なお、すでにギガホ・ギガライトやDisney DELUXEを利用している場合も対象となります。

またDisney DELUXEにて12月5日(木)から従来のストリーミング視聴に加え、コンテンツダウンロードも利用できるように機能を拡充するほか、映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の劇場公開を記念して12月26日(木)からスター・ウォーズ シリーズでは初となる実写ドラマ「マンダロリアン」の国内独占配信を開始するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。