S-MAX

NTTドコモ

NTTドコモ、手軽に立てかけられる「grip edge」採用のハイスペックな10.5インチAndroidタブレット「arrows Tab F-04H」を7月29日に発売!気になる価格をチェック


NTTドコモが10.5インチAndroidタブレット「arrows Tab F-04H」を7月29日に発売!

NTTドコモは26日、今夏に発売する「2016年夏モデル」のうちの約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)有機ELディスプレイや64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」、3GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2016年7月29日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、発売日発表に合わせて価格も案内されていましたので紹介します。

なお、富士通コネクテッドテクノロジーズではarrows Tab F-04Hなどの発売を記念して2016年9月30日(金)までLINEギフトコード最大2,000円分がもらえる「arrowsを体感して当てよう!LINEギフトコードプレゼントキャンペーン」を実施しています。

続きを読む

NTTドコモ、2015年の冬スマホ「arrows Fit F-01H」と夏スマホ「ARROWS NX F-04G」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始



NTTドコモがarrows Fit F-01HとARROWS NX F-04GにAndroid 6.0を提供開始!

NTTドコモは25日、同社がすでに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たに2015年冬モデル「arrows Fit F-01H」と2015年夏モデル「ARROWS NX F-04G」(ともに富士通製)に対してAndroid 6.0.1 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年7月25日(月)より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびXi、FOMA)のみで直接更新する方法が用意されており、更新時間はそれぞれ約48分および約36分で、利用する回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとしています。

ビルド番号はarrows Fit F-01Hの更新後が「V10R041A」、更新前が「V14R065A」または「V15R068C」、「V16R071A」で、ARROWS NX F-04Gの更新後が「V13R50A」、更新前が「V14R36F」または「V15R38A」、「V16R41G」、ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」から確認可能。

続きを読む

NTTドコモ向けVoLTE対応フィーチャーフォン「F-02J」がFCC通過!今秋以降は末尾「I」ではなく「J」に、冬モデルで「arrowsケータイ」として投入か


NTTドコモ向けVoLTE対応ケータイ「F-02J」がFCC通過!写真は「ARROWSケータイ F-05G」

米連邦通信委員会(FCC)は21日(現地時間)、NTTドコモ向け富士通コネクテッドテクノロジーズ製フィーチャーフォン(従来型携帯電話)と見られる機種「F-02J」(FCC ID「VQK-F02J」)が通過したことを公開しています。

資料にはバッテリーカバーを外した背面や各種認証情報などが記載されたラベルが示されており、NTTドコモの製品であることや機器名称がF-02Jになることなどが明らかになっています。ペットネームは不明ですが、順当なら「arrowsケータイ F-02J」となると見られます。

形状は折りたたみ型と見られ、現行機種「ARROWSケータイ F-05G」と同様にOSにはAndroidを採用し、FDD-LTE方式にも対応していることからNTTドコモの新社長に就任した吉澤 和弘氏が投入を示唆したVoLTE対応フィーチャーフォンになると予想されます。

なお、NTTドコモの型番は9月を切替時期として1年ごとに末尾がアルファベット順になっており、現在(2015年9月から2016年8月)の末尾「H」の次(2016年9月から2017年8月)は「I」になるはずですが、Iを飛ばして「J」になる模様。

続きを読む

NTTドコモ、dポイントクラスの「ステージ特典ポイント」を付与!シルバー・ゴールドステージなら3000ポイントがもらえているーー利用期限は9月末までなのでご注意を


shimajiro@mobiler

NTTドコモが提供する会員サービス「dポイントクラブ」の「ステージ特典ポイント」のdポイントが付与されているのが確認できた。ステージ特典ポイントは昨年12月に同社のポイントサービス「dポイント」が開始されたのに合わせて5月末まで実施されていたもの。

対象期間中にdカードなどを利用した場合にdポイントクラブのステージに応じてdポイントがプレゼントされ、レギュラーステージなら500ポイント、ブロンズステージなら1,500ポイント、シルバーステージおよびゴールドステージなら3,000ポイントが付与されている。

今回、筆者は同社のクレジットカード「dカードGOLD」を契約しているのでゴールドステージの3,000ポイントが付与されていた。

続きを読む

ビックカメラやソフマップ、コジマの各店舗で格安スマホやiPhoneも対象の最大20%ポイント還元が実施中!NTTドコモへMNPなら下取りのさらなる増額でiPhone 5やXperia Z3などが3万2千円に


ビックカメラグループ、格安スマホも対象の最大20%ポイント還元!ドコモへのMNPならiPhone 5、Xperia Z3、GALAXY S5が下取り3.2万円も | shimajiro@mobiler

ビックカメラグループのビックカメラおよびソフマップ、コジマの各店舗にて複数商品の同時購入によって通常の+最大10%ポイントで最大20%ポイント還元するキャンペーンを開催中だ。

対象となる商品は特別な制限はなく、スマートフォン(スマホ)とアクセサリーを複数組み合わせた場合でも最大20%ポイント還元の対象となる。キャンペーン期間は不明で、事前の予告なしに終了となる可能性もあるので、スマホやパソコンなど、単価の高い商品を購入予定の場合はこのキャンペーンを活用することをおすすめする。

店頭でスタッフに確認したところ、スマホでは各携帯電話会社のiPhoneについても同時購入でポイント+最大10%の対象になるとのこと。ただし、iPhoneについては通常時のポイント還元が5%のため、5%+10%で最大15%ポイント還元となる。また、残念ながらiPadについてはポイント還元対象外だとのこと。

続きを読む

ドコモオンラインショップで「Wi-Fi STATION HW-01H」を機種変更後、買取価格が増額されている他社「iPhone 5」の下取りで本体価格が一括0円以下相当に


ドコモオンラインショップで「Wi-Fi STATION HW-01H」を機種変更→他社iPhone 5下取りで本体代が「一括0円」以下に | shimajiro@mobiler

先日紹介したように公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて3.5GHz帯TD-LTE方式による下り最大370Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を購入した。

一方、NTTドコモではそれまで使っていたスマートフォン(スマホ)などの製品を買い取る「下取りプログラム」を実施しており、現在はこの下取りプログラムの買取価格を普段より増額している。そこで今回、Wi-Fi STATION HW-01Hを機種変更した回線で、他社(au)の「iPhone 5」を下取りに出してみた。

ドコモオンラインショップでのWi-Fi STATION HW-01Hの価格(税込)は一括の本体価格20,736円(実質負担額10,368円)、他社のiPhone 5の買取価格は現在、2016年7月末までの期間限定で22,000円に増額されているため、iPhone 5を下取りに出せば、Wi-Fi STATION HW-01Hを一括0円相当で購入することが可能になる。

続きを読む

NTTドコモ、人気のエレクトリカルパレードをイメージしたディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-02H」を7月8日に発売!気になる価格をチェック


NTTドコモがディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-02H」を7月8日に発売!

NTTドコモは5日、今夏に発売する「2016年夏モデル」のうちのOSにAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したミッキーマウスとミニーマウスのラインアートが背面に描かれたディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-02H」(LGエレクトロニクス製)を2016年7月8日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、発売日発表に合わせて価格も案内されていましたので紹介します。

なお、Disney Mobile on docomo DM-02Hを購入してディズニーマーケットに登録すると背面と同じアートが入ったオリジナルアクセサリートレイをプレゼントするキャンペーンや過去のディズニー・モバイル・オン・ドコモ製品から買いかえした場合にディズニーアーティストが特別に描きおろした限定アートのモバイルポーチをプレゼントするキャンペーンが実施されています。

続きを読む

3.5GHz帯TD-LTE方式に対応!下り最大370MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」をドコモオンラインショップで購入!頭金・手数料不要で店頭よりもお得


shimajiro@mobiler

NTTドコモから6月29日に発売された最新のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」(Huawei Technologies製)。同社では初のFDD-LTE方式とTD-LTE方式のキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大370Mbpsに対応する。

また、すでに紹介しているが、NTTドコモではTD-LTE方式の運用ははじめてとなり、Wi-Fi STATION HW-01Hが利用する3.5GHz帯のTD-LTE方式はKDDIやソフトバンクも提供を予定しているものの、国内では初の提供となる。

さらに現在発表されている製品では唯一の3.5GHz帯におけるTD-LTE方式対応製品のため、当面はそのエリアであればWi-Fi STATION HW-01Hの利用者が独占的に利用できるため、無線区間が空いているというメリットが得られそう。

そんなわけで今回は、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でこのWi-Fi STATION HW-01Hを購入した。なお、購入はXiからXiへの機種変更にしてみた。

続きを読む

NTTドコモが下取りプログラムの高額買取を7月1日以降も継続!MNPならiPhone 6sの64GBやXperia X Performanceなど、機種変更ならiPhone 6sの16GBなどが実質0円相当


NTTドコモが下取りプログラムの高額買取を継続!iPhone 6sなどが実質0円相当に

NTTドコモは1日、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて使っている製品などを買い取る「下取りプログラム」を大幅増額した6月24日以降の買取価格で継続するとお知らせしています。

当初は高額買取が6月30日までと案内されていましたが、7月1日以降も同額となっており、現在の買取価格の終了時期も案内されていませんので、しばらく継続されそうです。

これにより、他社のiPhone 5やAndroid搭載機種の下取りを最大22,000円と大幅増額しているほか、NTTドコモの2013年夏モデル以降のAndroid搭載機種の下取りを大幅増額し、2014年夏モデル以降なら最大22,000円、2013年夏〜冬モデルなら最大11,000円とちょうど機種変更するタイミングの古めの製品でも高額で下取り可能です。

その他、同社では6月末で終了予定だったシェアパック15〜30を契約した場合にdポイントを5,000ポイント(5,000円分)プレゼントする「エンジョイ♪15ギガキャンペーン」も延長し、2016年7月31日(日)までとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、Google Play対応Androidスマホ・タブレットを購入でPlayストアで使える最大1万円分クーポンがもれなくもらえる「サマーキャンペーン2016」を実施


NTTドコモが「Google Play サマーキャンペーン2016」を実際!最大1万円のクーポンがもらえる

NTTドコモは1日、同社のGoogle Playに対応したAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットを対象期間に購入した場合にもれなく最大1万円分のGoogle Playで使えるクーポンをプレゼントする「Google Play サマーキャンペーン2016」( https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/google_play_summer2016/ )を実施するとお知らせしています。

対象店舗は全国のドコモショップおよび量販店となっており、キャンペーンの対象者には購入時に店頭でキャンペーンサイトが記載されたリーフレットが手渡されるとのこと。

購入期間は2016年7月1日(金)から8月31日(水)、リーフレットに記載されているシリアルコードの有効期限およびクーポン発行期限は2016年9月19日(月)23時59分まで。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。