S-MAX

NTTドコモ

2画面スマホが帰ってきた!NTTドコモ×ZTEのデュアルディスプレイ搭載折りたたみ型スマホ「M Z-01K」を購入したので気になる同梱品や外観などをじっくり紹介【レビュー】


あれから約5年待っていた!NTTドコモとZTEが送る超個性派スマホ「M Z-01K」をレポート

既報通り、NTTドコモが2月9日に約5.2インチの画面を2つ搭載した折りたたみ型Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を発売しました。このM Z-01Kは過去にNTTドコモ向けに発売された2画面スマホ「MEDIAS W N-05E」のコンセプトを引き継ぎ、NTTドコモが企画してZTEと共同開発した製品となっています。

また日本国外でもZTEの「Axon M」としてアメリカや中国などの一部地域では販売が開始されていおり、珍しいスタイルの製品ということで良い意味でも悪い意味でも“変態端末”ということで注目を浴びています。

もちろん、個性派端末が大好きな筆者もMEDIAS W N-05Eから約5年ぶりの実質的な後継機種の登場ということで、さっそく購入しました。そこで、今回から数回に分けてレビューをお届けしていこうと思いますが、まずは初回となる本記事にて開封レポートと特徴的な外観を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

子どものインターネット被害防止へ!宮城県警察とNTTドコモ東北支社が連携覚書に調印し、「みやぎポリス・ドコモネット教室」を開催【レポート】

mp01
宮城県警察・NTTドコモが子どものネット被害防止へタッグを組む!

NTTドコモ東北支社は2月13日、宮城県警察と合同で行うインターネット・スマートフォン利用教室「みやぎポリス・ドコモネット教室」連携覚書に調印し、同日宮城教育大学附属中学校にて「第1回みやぎポリス・ドコモネット教室」が開催されました。

NTTドコモは2004年よりスマートフォンや携帯電話の利用に関連した危険やトラブルを未然に防ぐために対応方法を啓発する「スマホ・ケータイ安全教室」を全国各地で実施しています。東北支社が宮城県内で行った回数は2016年度は175回、2017年度(4~12月まで)は168回と、実に2日に1回ペース(実際は夏休み・冬休み期間は行えないので、それ以上のペース)で頻繁に開催しており、スマートフォンやインターネット利用方法の啓発に努めています。

今回、宮城県警察と合同でスマートフォン・インターネットの利用についての講座を開くことにより、双方の専門性を生かし、より効果的な啓発を目指すとのことです。

調印式の模様と、実際に行われた「みやぎポリス・ドコモネット教室」の様子を紹介します。

続きを読む

Qualcommの次世代通信チップ「Snapdragon X50 5G Modem」でSprintなどが2019年に5G商用サービスを開始!NTTドコモやauも実証実験で使用――次期ハイエンドSoCは「Snapdragon 855」に



Qualcomm傘下のQualcomm Technologiesは8日(現地時間)、次世代移動通信システム「5G(第5世代)」向け通信モデムチップ「Snapdragon X50 5G Modem」を日本のNTTドコモやKDDIを含む、VerizonやVodafone、China Mobileなどの世界の主要な通信事業者が5Gのトライアルにて使用すると発表しています。

同社では2019年にも5Gの商用サービスがスタートするとしており、富士通やシャープ、ソニーモバイルなどを含めた各メーカーが対応製品を開発しており、さらにソフトバンクグループでは2月7日に開催した「2018年3月期 第3四半期 決算説明会」にて傘下のSprintがこのSnapdragon X50 5G Modemを利用して2019年に5Gの商用サービスを開始することを明らかにしています。

またこの説明会においてソフトバンクグループではSnapdragon X50 5G Modemを搭載したQualcommの次期ハイエンド向け統合チップセット(SoC)が「Snapdragon 855(SDM855)」になることを示しています。

続きを読む

NTTドコモの「子育て応援プログラム」がWeb申込に対応!12歳以下の子どもがいる親向け施策で、子どもの誕生月に毎年3千ポイント付与などのお得な特典を用意


shimajiro@mobiler

NTTドコモが12歳以下の子どもを育てる世帯向けに子どもの誕生月に毎年3,000ポイントのdポイントをプレゼントする「ドコモ 子育て応援プログラム」がWebサイト( https://nes.nttdocomo.co.jp/PINQ01/inquiryinput.do )からの申し込みに対応した。

従来はドコモショップ店頭のみにて申込受付されていたが、オンラインでもドコモ 子育て応援プログラムに申し込むことができるようになったため、必要書類などを事前確認の上、自宅や仕事場などから好きな場所や時間で申込手続きが行えるようになった。

続きを読む

無料の「スマホ教室」がドコモショップ全店舗で2018年1月より実施中!2月からは青少年・保護者向け教室も――さらに特設Webページ「親のための子どもスマホ“必須”講座」も公開


ドコモスマホ教室がドコモショップ全店舗で実施中!2月からは子どもとその親向けも開催

NTTドコモは2日、子どもとその親などの保護者がスマートフォン(スマホ)の使い方について考えるための特設Webページ「親のための子どもスマホ“必修”講座」を公開しています。

また同社は1月30日に実施した2018年3月期第3四半期決算説明会において無料の「スマホ教室」を2018年1月より「ドコモショップ」の全店舗にて実施しており、2018年2月からは青少年・保護者向け教室としてフィルタリング・SNSの適切な利用について説明することを明らかにしています。

スマホ教室は公式Webサイト内のドコモショップ( https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/ )の各店舗のページから「実施予定のドコモスマホ教室を確認する」にて教室の内容やスケジュールを確認しており、参加を希望の場合には直接店舗まで問い合わせるよう案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。