S-MAX

au by KDDI

UQ WiMAX向けモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」とホームルーター「WiMAX HOME 02」が1月30日に発売!価格はどちらも1万6500円


UQ WIMAX向けモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06」とホームルーター「WiMAX HOME 02」の発売日が決定!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX 2+」向けの新製品として下り最大440Mbpsに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX06(型番:NAD36)」ホームルーター「WiMAX HOME 02」(ともにNECプラットフォームズ製)を2020年1月30日(木)から順次発売すると発表しています。

なお、販売拠点はUQスポットや量販店などのUQ WiMAX取扱店および公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」および公式Webサイト内にある「機種変更受付ページ」、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社となっており、価格(税込)はUQ WiMAXオンラインショップでは両機種ともに16,500円となっています。

UQ WiMAXオンラインショップおよび機種変更受付ページでは1月30日9:00から販売を開始し、発売に先立って「UQお客さまセンター」では予約受付を実施しています。なお、同社では旧WiMAXサービスを2020年3月31日(火)に終了するため、WiMAX 2+サービスへの移行キャンペーン「おトクに機種変更」を実施しています。

続きを読む

サムスン電子の次期フォルダブルスマホは「Galaxy Z Flip」に!6.7インチの縦折りでコンパクトに持ち運び。au向け「SCV47」がFCC通過で日本でも発売へ


次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」がauから「SCV47」として発売へ!写真はサムスン電子によるコンセプト

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SM-F700F」が2020年1月13日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF700F」。同製品は公開された資料から追加型番として「SM-F700F/DS」および「SCV47」も掲載されています。

SM-F700は次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)の型番として知られており、海外メディアでは製品名は「Galaxy Z Flip」(開発コード名:Galaxy Bloom)となると伝えており、型番ルールからSCV47はau向けとなると見られ、日本でもau向け「Galaxy Fold SCV45」と同様に発売されることになりそうです。

なお、Galaxy Z Flipは現地時間2月11日(火)11時からアメリカ・サンフランシスコにて開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」にて発表される見込み。発表会は日本時間(JST)では2月12日(水)4時からとなり、発表会の模様は公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどでライブ中継も行われます。

続きを読む

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月22日10時より提供


auスマホ「AQUOS R3 SHV44」がAndroid 10に!

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として昨年5月から販売しているフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3(型番:SHV44)」(シャープ製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年1月22日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および4G(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間はWi-Fiなら約20分、4Gなら約35分、アップデートファイルサイズは約1.7GBとなっており、アップデートファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

なお、更新を実施するには内蔵ストレージに約2.2GB以上の空きがあり、50%上の電池残量が必要となっているほか、更新前にソフトウェア更新によってビルド番号を「01.00.13」にしておく必要があります。更新後のビルド番号は「02.00.05」。主な更新内容は以下の通り。その他、更新は提供開始後に手動で行えますが、提供開始時刻より順次、各対象製品向けにアップデートのお知らせが通知されます。

○主な機能追加・変更内容
1)通話画面から音量を設定する時の表示が変更
2)電話アプリの「クイックアクセス」および「履歴」、「連絡先」の位置が変更
3)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
4)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
5)電話帳アプリにおける連絡先の削除方法が変更
6)カメラの機能が改善
7)ファイル管理アプリが「コンテンツマネージャー」から「Files」へ変更
8)黒基調の画面になる「ダークテーマ」が追加
9)テーマ「自動(壁紙連動)」は削除

○主な削除項目
10)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
・電話帳で連絡先詳細画面の「履歴を一緒に表示」機能(電話履歴、SMS履歴、予定など)が削除

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
  OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(6.1MB)(PDF)


続きを読む

KDDI、au向けプレミアムスマホ「Galaxy Note10+ SCV45」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月22日10時より提供


auスマホ「Galaxy Note10+ SCV45」がAndroid 10に!

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として昨年10月から販売しているペン入力「S Pen」に対応した大画面&高性能な最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+(型番:SCV45)」(サムスン電子製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年1月22日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および4G(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)のほか、スマホをUSBケーブルでパソコン(PC)に接続して実施する方法が用意されており、更新にかかる時間は本体のみで約20分、PCを使って約150分、アップデートファイルサイズは本体のみで約2.2GB、PCを使って約5.1GB。

なお、更新を実施するには内蔵ストレージに約2.2GB以上の空きがあり、50%上の電池残量が必要となっているほか、更新前にソフトウェア更新によってビルド番号を「SCV45KDU1ASK4」にしておく必要があります。更新後のビルド番号は「QP1A.190711.020.SCV45KDU1BTA5」。また更新するとAndroidセキュリティパッチレベルが「2020年1月1日」となります。

主な更新内容は以下の通り。その他、更新は提供開始後に手動で行えますが、提供開始時刻より順次、各対象製品向けにアップデートのお知らせが通知されます。なお、アップデートファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

○主な機能追加・変更内容
1)「Androidの設定」に関する通知が表示される機能が追加(この通知のみ背景は水色)
2)「カメラ」に機能が追加
・「モーションフォト」機能が「カメラ設定」画面からファインダーの上にアイコンで表示に
・「カメラ設定」配下の「カメラモード」項目が非表示に
3)アプリフォルダのデザイン変更
4)「壁紙」に機能が追加

○主な削除項目
5)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
・「Office Mobile」アプリが削除されます。
 ※Android 10にバージョンアップする前に「Office Mobile」アプリを最新バージョンにアップデートすることで、Android 10にバージョンアップしても、アプリとデータを引き続きご利用いただくことができます。
・「カメラ設定」画面にて「撮影アシスタント」および「クイックビュー」、「保存オプション」配下の「自分撮りの輪郭を補正」が削除されます。
・「クイックパネル」にて「ナビゲーションバー」アイコンや右上メニューの「ボタングリッド」、「明るさ」設定画面にの「明るさ調節を常に表示」ボタン、「パワーモード」の「標準省電力モード」設定画面における「バックグラントデータを制限」機能が削除されます。
・ロック画面にて、通知表示スタイルの「簡略」スタイルが削除されます。
・「接続」画面にて「NFC/おサイフケータイ設定」画面の「Android Beam」が削除されます。
 ※「Android Beam On/Off」機能が「Reader/Write,P2P On/off」機能に統合されるようになります。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(5.8MB)(PDF)
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV45をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、データ容量上限なしのau向け料金プラン「auデータMAXプランPro」を1500円値下げして月額4480円からに!テザリング時の制限も30GBまでに緩和


auデータMAXプランProが2月利用分から値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、携帯電話サービス「au」における月間データ容量上限のないスマートフォン(スマホ)など向け「auデータMAXプランPro」の利用料金を2020年2月1日(土)より月額1,500円値下げすると発表しています(金額はすべて税別)。

これにより、通常9,150円/月だったauデータMAXプランProが通常7,650円/月となり、2年契約Nで月額170円OFF、家族割プラスで2人なら月額500円OFF、3人なら月額1,000円OFF、auスマートバリューで月額1,000円OFF、スマホ応援割プラスで月額1,000円OFF(申込翌月から6カ月間)によって4,480円/月からとなります。

また「auの学割」をauデータMAXプランProで加入すれば、さらに月額1,000円OFFとなって3,480円/月から使えます。さらにauデータMAXプランProにおける「テザリング」や「データシェア」、「国際ローミング通信」を利用する場合の月間データ容量上限を10GB増量して30GBとするとのこと。

なお、また月間データ容量に上限がなく動画配信サービス「Netflix」の「ベーシックプラン(通常800円/月)」がセットで月額4,880円から利用できる「auデータMAXプラン Netflixパック」も引き続き提供するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。