S-MAX

au by KDDI

最上もがさんがINFOBARをまとって登場!INFOBARをモチーフにした「衣食住」作品が公開された「“Inspired by INFOBAR”発表会」を写真と動画で紹介【レポート】


デザインケータイ「INFOBAR」にインスパイアされたアートの世界!

KDDIが都内にて「“Inspired by INFOBAR”発表会」( https://adp.au.com/inspired-by/ )を11月30日に開催し、今も多くの人に愛されるデザインケータイ「INFOBAR」シリーズのファンを公言している3組のクリエイターによって製作した作品が公開された。

発表会はINFOBARの15周年を記念した最新の4G LTEケータイ「INFOBAR xv」が11月29日に発売されたものに合わせて開催。同機はINFOBARらしい配色とフレームレススタイルキーを実現するなど、15年の進化が感じられる最新のデザインをまとったモデルである。

公開された作品は、INFOBAR xvの3色のカラーで「衣食住」をテーマとしたもので、ファッションデザイナー小野原誠氏、フードコーディネーターCRAZY KITCHEN、バルーンアーティト神宮エミ氏が手がけた作品となる。

そこで本記事ではこれらのINFOBARにインスパイアされた衣食住をテーマにした作品に加え、ゲストとして登壇したタレントの最上もがさんを交えたトークなどを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

UQ専売なSIMフリースマホ「OPPO R17 Neo」を購入したので外観や同梱品、プリインアプリ、ベンチマーク、カメラなどをまとめて紹介【レビュー】


画面内指紋認証や水滴型ノッチ採用の大画面など!UQモバイル向けスマホ「OPPO R17 Neo」をレビュー

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けのAndroidスマートフォン「OPPO R17 Neo(型番:CPH1893)」(オッポジャパン製)の販売を11月22日に開始しました。

本機は購入時にSIMロックがかかっていないSIMフリー製品ながら日本ではUQ mobileのみが取り扱う専売モデルとなっており、日本初の画面内指紋認証に対応するほか、4万円を切る本体価格でありながら他社が販売している同価格帯のミッドレンジクラススマホを大きく上回る数々のアドバンテージや機能を備える1台となっています。

筆者に後述する“見逃せない理由”から注目していたのですが、今回、かなり良い案件があったので購入しました。そこでこれからOPPO R17 Neoについて外観や同梱品、プリインストールアプリ、使ってみて気が付いたポイントなどを紹介していこうと思います。

続きを読む

KDDIが御殿場市と「スマートドローン山岳救助支援システム 実証実験」で包括連携協定を締結! 概要とともに同社のドローン戦略について解説【レポート】


KDDIが4G回線による「スマートドローン山岳救助支援システム」実証実験を実施!

KDDIは11月15日、都内にて「スマートドローン山岳救助支援システム 富士山実証実験」に関する記者説明会を実施。4GLTEのモバイル通信ネットワークを活用した自立飛行する山岳ドローンと、位置情報通知・監視サービスや高精細気象予測システムを活用した、ドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功しました。

これに伴いKDDIは静岡県御殿場市と地域活性化を目的とした包括連携協定を締結し、2019年より富士山開山期間に本システムの実運用を目指して取り組んでいくことを発表しました。

ドローンを活用した災害対策などはNTTドコモなども取り組んでいますが、パートナー企業と協業での山岳救助での活用は国内ではKDDIが初となります。記者説明会の模様ととともに本システムとその展望について解説します。

続きを読む

個人型確定拠出年金サービス「auのiDeCo」を徹底解説!スマホだけでできるシンプルなiDeCoサービスからKDDIの長期経営戦略を読み解く【レポート】


「auのiDeCo」からKDDIの長期経営戦略を読み解く

KDDIが都内にて「新金融サービス説明会」を10月24日に開催し、国の「個人型確定拠出年金(iDeCo)」制度を使った独自サービス「auのiDeCo」を発表しました。本サービスは同日より開始されています。

iDeCoは積立型の個人年金として各金融機関等からもサービスが提供されていますが、KDDIではスマートフォン(スマホ)のみで運用管理が完結する点を最大のメリットとしています。通信関連企業がこういった金融商品サービスの運用に直接乗り出すのは珍しい印象ですが、同社の意図や目的はどのような点にあるのでしょうか。

同サービスの紹介や解説とともに、同社の長期経営戦略や通信業界のトレンドを読み解きます。

続きを読む

KDDI、au向けシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R SHV39」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を12月18日から提供


auスマホ「AQUOS R SHV39」がAndroid 9.0 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、au向け「2017年夏モデル」として昨年7月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2018年12月18日(火)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新はAQUOS R SHV39本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約35分、アップデートファイルサイズは約1.67GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 9.0.0」、ビルド番号は「03.00.00」で、主な変更点は以下の通り。

○主な改善内容
1)マナーモード:シンプルな構成に変更
2)電話アプリ:新しい連絡先の作成方法変更/ダイヤルボタンの追加
3)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
4)クイックパネル:デザインや表示内容の変更
5)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
6)マルチウィンドウ:操作方法の変更
7)通知パネル:デザインや表示内容の変更
8)文字入力:キーボード表示機能の改善
9)ナビゲーションバー:新しい操作方法の追加
10)画面回転機能の追加
11)AQUOS Home:アプリ一覧画面での「検索」機能追加
12)コンテンツマネージャー:名称変更および機能追加

○主な削除項目
13)OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
・クイックパネル/クイック設定パネル切り替えアイコンを削除
・クイック設定パネル:各機能ボタン直下の「▼」、機能ボタンから「BrightKeep」を削除
・時計アプリ:「通常マナー中の鳴動」を削除

その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12MB)[PDF]


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。