S-MAX

au by KDDI

UQモバイルも泡ボディーソープで洗えるタフネススマホを3月上旬発売!京セラのVoLTE対応「DIGNO W」を写真と動画で紹介【レポート】

UQ mobileも泡ソープで洗えるスマホDIGNO W発売

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が1月25日に仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」についての記者説明会「UQコミュニケーションサロン」を都内で開催した。

説明会ではUQ mobile向け新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「DIGNO W」(京セラ製)などを販売すると発表した。DIGNO Wは3月上旬に発売予定で、最新OSの「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」を採用し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載している。

同じく3月上旬発売予定のau向け「rafre KYV40」と仕様上同じ部分が多い兄弟機。内蔵アプリがそれぞれUQ mobile向け、au向けで違う点と、カラーバリエーションがパステルカラー3色で女性をターゲットとしてrafre KYV40に対して、DIGNO Wは明るいブルーのモデルをブラックベゼルと濃い色合いの「ブルー」に置き換え、男性でも手に取りやすいカラー展開としている点が相違点だ。

今回はタッチ&トライコーナーにてDIGNO Wの実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む

auのiPhone 7・7 PlusやXperia XZなどの購入時に最大1万円分のキャッシュバックがもらえるクーポンを配布中!新規・機変・MNPとも対象で、au WALLETプリペイドカードへチャージで還元


auが最大1万円キャッシュバッククーポンを配布中!

KDDIがau向け「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」、「Xperia XZ SOV34」などの4G LTE スマートフォンや4G LTE ケータイ、4G LTE タブレットの購入時にau WALLETプリペイドカードへ最大10,000円キャッシュバック(チャージ)するクーポンを2017年2月1日(水)より配布しています。

手元に届いていない場合でもいくつかのサービスでオンライン配布しているため、例えば、ナビタイムの公式Webページ「NAVITIME×au おトクなau割引クーポンプレゼント!」などから取得できるようになっています。

キャッシュバック金額は新規契約および他社から乗り換え(MNP)で最大10,000円、機種変更で最大5,000円となっており、機種・モデルによって5,000円や500円、対象外となるとのこと。詳細はKDDI公式Webページ「クーポンをご利用のお客さまへ | au」をご参照ください。MNPではタブレットは対象外。

クーポン利用可能エリアは沖縄を除く日本全国で、公式Webストア「au Online Shop」で購入される場合は、条件が異なる場合があるとしています。なお、機種変更の場合は利用中のau携帯電話を6ヶ月目以上使っている場合に限るということです。

続きを読む

UQ WiMAX 2+で変更になった夜間(18〜26時)の「直近3日間10GB」を超えた際の速度制限を回避する方法を紹介【ハウツー】


shimajiro@mobiler

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が高速通信サービス「WiMAX 2+」における通信速度制限を従来の「3日3GB越えで終日制限」から「3日10GB越えで夜だけ制限」へと2月2日に変更した。

速度制限対象となる条件(容量・時間帯)は制限が緩和される一方で、制限時の速度は従来の「YouTubeのHD動画が見られる程度」とする4〜6Mbps(実測)から「1Mbps程度」へと制限時の速度は大幅に低速化する。

そこで今回は「通信量を減らす」以外の回避として「ノーリミットモード」対応機種で使う方法を紹介する。

続きを読む

月面探査の賞金レースに挑む「HAKUTO」の月面探査機の操縦を体験できる!通信技術部分でサポートするKDDIがオープンしたばかりの旗艦店「au SENDAI」で体験イベントを開催【レポート】

auHAKUTO01
月面探査機操縦をau SENDAIで体験できる!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介しています。イベントも多く開催され、先月にはVR体験イベントも行われました。

そしてau SENDAIでまたまた2月4日(土)と5日(日)「au×HAKUTO MOON CHALLENGE 月面探査ローバー操縦体験イベント」が開催されています。

KDDIは人類初の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑む日本唯一のチーム「HAKUTO」を通信技術面でバックアップしています。今回は月面を走る車両「月面探査ローバー」の試作機を実際にタブレットを使って操縦できるイベントを行い、「HAKUTO」の挑戦を広くアピールしました。

続きを読む

au回線の格安SIM「UQ mobile」のエントリーパッケージがアマゾンで販売中!初期費用が500円になって最大1万円のキャッシュバックがもらえる――au版iPhone 6・6 Plusも利用可能


UQ mobileのエントリーパッケージで最大1万円キャッシュバック!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において通常3,240円(税込)がかかる初期費用を500円(税込)に抑えられる「【Amazon.co.jp限定】BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージ」が販売されています。

少しわかりづらいですが、新たにKDDIグループになったビッグローブが販売する同じKDDIグループのMVNO(いわゆる「格安SIM」)のUQ mobileの新規および他社から乗り換え(MNP)の契約ができるエントリーパッケージになっています。

このエントリーパッケージを用いると、初期費用が500円になるだけでなく、2017年2月21日(月)までに料金プラン「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」を契約すれば10,000円、「データ高速+音声通話プラン」を契約すれば5,000円がキャッシュバックされます。

すでに紹介したようにUQ mobileでは今年に入ってau版とSIMフリー版の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」でも使えるVoLTE非対応のCDMA 2000・LTE対応SIMカードもUQ mobileのオンラインショップで販売開始されており、同時にこれらの機種も動作確認機種に追加されています。

iPhone 6・6 Plusは2014年9月に発売され、今年の春に丸2年を迎える人も多いかと思われ、SIMロック解除しなくてもそのままau版のiPhone 6・6 Plusも使えるので新機種に乗り換えなくていいという場合や、自分の分は新機種に乗り換えつつ、余ったiPhone 6・6 PlusをUQ mobileにして利用料を抑えるなどのときに良さそうです。

続きを読む

au Online Shopにて人気スマホ「Xperia XZ SOV34」と「Galaxy S7 edge SCV33」の新規契約が値下げ!誰でも割適用でMNPと同様に実質1万6200円から


auスマホ「Xperia XZ SOV34」と「Galaxy S7 edge SCV33」が値下げ!

KDDIが1月27日より公式Webストア「au Online Shop」にて人気スマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「Galaxy S7 edge SCV33」(サムスン電子製)の2機種における新規契約・他社から乗り換え(MNP)を値下げしたとお知らせしています。

今回の改定は「誰でも割」を適用した場合に本体価格から21,600円を割り引くというもの。これにより、月々の利用料から割り引く「毎月割」を提供後の実質負担額は、両機種ともに16,200円(分割675円/月×24回)からとなっています。

続きを読む

工事要らず、その日から下り最大440Mbpsの高速通信でネットが利用できるauやUQ向けホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を写真でチェック【レポート】


au向けホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、都内にて「au発表会 2017 Spring」を開催し、下り最大440Mbpsの高速通信に対応した据置型ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01(型番:HWS01)」(Huawei Technologies製)を発表しました。

Speed Wi-Fi HOME L01はauが2016年12月からスタートした4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、下り最大440Mbpsおよび上り最大30Mbpsに対応し、auとして初の据置型のWiMAX 2+対応ルーターです。

発売日はすでに2月3日(金)と発表されており、auショップなどのau携帯電話取扱店では事前予約受付を実施中。公式Webストア「au Online Shop」では販売予定はないものの、au公式Webサイトにてauショップでの受け取りによるオンライン予約・購入ができるようになっています。なお、UQコミュニケーションズやその仮想移動体通信事業者(MVNO)からも2月中旬以降に販売されることが発表されています。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて一足早くSpeed Wi-Fi HOME L01をチェックすることができましたので、本体や専用クレードル、そして主な特長について写真でレポートをお送りいたします。

続きを読む

KDDI、au向け4.7インチ小型スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」を2月3日に発売!2100万画素リアカメラやAQUOSシリーズ初のフロントフラッシュライト搭載などカメラが強化


au向けスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」が2月3日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今春に発売する「2017年春モデル」のうちの約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」(シャープ製)を2017年2月3日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)もすでに紹介しているように本体価格が48,600円で毎月割や誰でも割を適用後の実質負担額が16,200円(分割675円/月×24回)から。

また合わせてau公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からカバーを閉じたまま小窓での時計表示やカメラ撮影ができるAQUOS SERIE mini SHV38専用「小窓付きブックタイプケース」などが販売されます。

続きを読む

KDDI、au向け下り最大440Mbpsの4G対応据置型Wi-Fiホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」を2月3日に発売!2.4GHzと5.xGHzで同時接続数最大40台に


au向けホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」が2月3日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、au向け「2017年春モデル」のうちの下り最大440Mbpsに対応した据置型Wi-Fiホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01(型番:HWS01)」(Huawei Technologies製)を2017年2月3日(金)に発売すると発表しています。なお、上りは最大30Mbps。

基本料金は現在、auが提供しているWi-Fiルーター向け料金プラン「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」および「WiMAX 2+ フラット for DATA」が利用可能。また合わせて実施している「WiMAX 2+ おトク割」にて最大25ヶ月間は月々500円が割引されます。

なお、すでにauショップなどのau携帯電話取扱店では事前予約受付を実施しています。公式Webストア「au Online Shop」では販売予定はないものの、au公式Webサイトにてauショップでの受け取りによるオンライン予約・購入ができるようになっています。

続きを読む

魔裟斗さんも楢崎智亜選手の身体能力と体幹に驚き!KDDIが開催したスポーツクライミングイベント「au CLIMBING FES」を写真と動画で紹介【レポート】

楢崎智亜選手、魔裟斗さん、朝比奈彩さんがスポーツクライミングにチャレンジ

KDDIは2017年1月19日から22日の4日間、東京・二子玉川ライズにて「au CLIMBING FES」を開催した。初日にはキックオフイベントとしてスポーツクライミング「TEAM au」所属でボルダリングワールドカップチャンピオンの楢崎智亜選手、そして魔裟斗さん、朝比奈彩さんが登壇し、スポーツクライミングにチャレンジした。

昨年KDDIは、日本山岳協会のスポーツクライミングのオフィシャルスポンサーとして契約を締結。今回のイベントは、日本のスポーツクライミングシーンを盛り上げる活動の一つ。なお、スポーツクライミングは、2020年の東京オリンピックの正式種目に決定している。

実のところ筆者は、今回のイベントの取材を行うまでスポーツクライミングというものにあまりピンと来ていなかったのだが、楢崎選手の人間離れした技を目の当たりにし、身体能力と判断力・反射神経を必要とする凄いスポーツであることを実感した。今回はこのイベントの様子を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。