S-MAX

au by KDDI

KDDI、au向けスマホなどの製品における修理受付終了機種および終了予定機種を案内!すでにXperia Z UltraやGALAXY Note 3、HTC Jは終了し、Fx0も近く終了に


auの修理受付終了機種および終了予定機種が更新!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au(エーユー)」におけるスマートフォン(スマホ)やフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)、タブレット、データ通信端末などの製品について修理受付終了機種および終了予定機種をお知らせしています。

目に付いたところでは、すでにGALAXY Note 3 SCL22やXperia Z Ultra SOL24が2018年2月28日に修理受付が終了しているほか、直近ではHTC J ISW13HTやXperia Z1 SOL23が2018年8月31日、Xperia acro HD IS12SやXperia ZL2 SOL25、G'zOne TYPE-L CAL21、ARROWS Tab FJT21、isai FL LGL24、AQUOS PHONE SERIE ISW16SH、AQUOS PHONE CL IS17SHが2018年9月30日に修理受付を終了しています。

また今後、近いところではARROWS Z FJL22やAQUOS SERIE SHL25が2018年11月30日、Fx0 LGL25やURBANO L03、VEGA PTL21が2018年12月31日、Xperia Z3 SOL26やAQUOS SERIE mini SHV31、AQUOS K SHF31が2019年4月30日に修理受付を終了する予定となっています。

続きを読む

KDDIと楽天が提携!楽天のMNO参入はauとローミングし、楽天ペイを利用した決済サービス「au Pay」を2019年4月より順次提供開始


auとRakutenが決済・物流・通信で提携!

KDDIおよび沖縄セルラー電話と楽天は1日、決済および物流、通信ネットワーク分野において各社の保有するさまざまなアセットを相互利用し、それぞれの事業領域におけるサービス競争力を一層強化することで利便性向上を推進していくことに合意したと発表しています。

これにより、楽天が2019年10 月より開始予定の移動体通信事業者(MNO)としてFDD-LTE方式による第4世代移動通信サービス(以下、4G)に対してauへローミングする協定を締結したほか、楽天の決済サービス「楽天ペイ」のプラットフォームを利用して「au Pay」を2019年4月に提供開始するなどするとしています。

続きを読む

UQ mobileおよびUQ WiMAX向け「2018年秋冬モデル」が発表!AQUOS sense2やOPPO R17 Neo、Speed Wi-Fi NEXT WX05、WiMAX HOME 01の4機種をラインナップ


UQ mobileおよびUQ WiMAX向け「2018年秋冬モデル」をまとめてチェック!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は30日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」および高速データ通信サービス「UQ WiMAX」向け「2018年秋冬モデル」を発表しています。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)では「AQUOS sense2(型番:SHV43)」(シャープ製)および「OPPO R17 Neo(型番:CPH1893)」(オッポジャパン製)の2機種、データ通信端末ではモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05(型番:NAD36)」およびホームルーター「WiMAX HOME 01」(ともにNECプラットフォームズ製)の2機種の合計4機種となっています。

それぞれUQスポットや量販店などのUQ mobileまたはUQ WiMAX取扱店店頭および公式Webストア「UQオンラインショップ」、公式Webサイト内機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)にて2018年11月下旬より順次取り扱いを開始するとしています。

なお、スマホの2機種は購入時からSIMロックのかかっていないSIMフリー製品として販売され、OPPO R17 Neoについては日本国内ではUQ mobileの独占販売となるということです。本記事では各機種の個別記事へのリンクをまとめて紹介するほか、プレゼンテーションの模様を写真で紹介します。

続きを読む

内部はアンテナだらけ!小型なのにハイパワーなUQ WiMAX向けホームルーター「WiMAX HOME 01」を写真と動画で紹介【レポート】

WiMAXのホームルーター「WiMAX HOME 01」をチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は30日、都内で「UQ新端末タッチ&トライ会」を開催し、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)に対応したNECプラットフォームズ製のホームルーター「WiMAX HOME 01」を2018年12月上旬に発売すると発表した。

価格(税別)は公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」では、2年プランで3,800円、3〜4年プランが800円、機種変更受付ページ販売分ではWiMAXからの移行の場合には0円、WiMAX 2+からの移行の場合には2,000円からとなる。

WiMAX HOME 01は下り最大440Mbpsの高速通信や、送信パワーを上げて通信品質を向上させる「WiMAXハイパワー」にも対応する。Wi-Fi通信における最大同時接続台数が20台までに対応しているのに加え、有線LANの2ポートを合わせて最大22台を接続可能だ。

本記事ではタッチ&トライ会の会場においてWiMAX HOME 01の実機が用意されていたので、写真と動画で仕様や特徴をレポートする。

続きを読む

下り最大440Mbpsの高速通信とWiMAXハイパワーに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を写真と動画で紹介【レポート】

WiMAXハイパワーに対応した「Speed Wi-Fi NEXT WX05」をチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は30日、都内で「UQ新端末タッチ&トライ会」を開催し、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)に対応したNECプラットフォームズ製のモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05(メーカー型番:NAD35)」(以下、WX05)を2018年11月8日(木)に発売すると発表した。

価格(税別)は公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」では、2年プランで3,800円、3〜4年プランが800円、機種変更受付ページ販売分ではWiMAXからの移行の場合には0円、WiMAX 2+からの移行の場合には2,000円からとなる。

WX05はWiMAX 2+とau 4G LTEに対応しており、4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大440Mbpsの高速通信に対応。また新たに送信パワーを上げて通信品質を向上させる「WiMAXハイパワー」に、WiMAX 2+通信としては初めて対応する。

本記事ではタッチ&トライ会の会場においてWX05の実機が用意されていたので、仕様や特徴、そして実際に試してみた模様を写真と動画でレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。