S-MAX

ソフトバンク

ソフトバンク、SoftBank向け2017年夏スマホ「Xperia XZs 602SO」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向けエクスペリアスマホ「Xperia XZs 602SO」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」として昨年5月に発売したソニーブランドのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年2月13日(火)より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4G/3G/無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料ですが更新ファイルサイズが大きいためにWi-Fiでダウンロードすることが推奨されています。

更新後のビルド番号は各機種共通で「41.3.D.0.227」で、更新にかかる時間は最大80分程度、主な変更点は以下の通り。なお、本体の内蔵ストレージに空き容量が約1.5GB以上必要となっています。

・Android 8.0 アップデート
・カメラアプリに静止画の歪みを補正する機能の追加
・セキュリティの向上

※ 更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は <<よくある質問>>をご覧ください。
※ Xperia XZs最新バージョンの詳細については <<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

ソフトバンク、法人向けスタンダードスマホ「AQUOS sense basic」を2月16日に発売!発売時からAndroid 8.0 Oreoを搭載し、防水・防塵・耐衝撃などに対応


SoftBank向けビジネススマホ「AQUOS sense basic」が2月16日発売!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」の法人向け新商品として防水(IPX5およびIPX8)および防塵(IP6X)、耐衝撃などの米国国防総省基準「MIL-STD-810G」の8項目の耐性に対応のスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense basic」(シャープ製)を2018年2月16日(金)に発売すると発表しています。

同社では画面に水滴がついても快適に利用できる法人向けとしており、ソフトウェアも法人向けにカスタマイズされているとのことで、音声アシスト機能「エモパー」は非搭載となっています。なお、SoftBank携帯電話の法人窓口などで販売されます。

続きを読む

ワイモバイルのiPhone SEが一括1円、SIMフリースマホ「HUAWEI P10」が一括1万9800円などのセールをヨドバシカメラで実施中!オンラインでもSIMカード契約で最大2万円キャッシュバック


shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供する携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において小型4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」(Apple製)の32GBモデルが「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」にて一括1円で販売されていた。

また同店舗ではワイモバイルの契約とSIMフリースマホのセット販売でも大幅割引を行なっており、例えば、人気のハイエンドモデル「HUAWEI P10」がおよそ4万円の割引で一括19,800円(通常60,440円)などとなっており、その他の機種でも15,000〜20,000円の割引が実施されていた。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製Android Oneスマホ「X1」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開!セキュリティー向上も実施


Y!mobileスマホ「Android One X1」のAndroid 8.0 Oreoへのアップデートが再開!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに昨年6月に発売した「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X1」(シャープ製)に対する最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2018年2月6日(火)より順次再開しているとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)でネットワーク経由によるOTAが用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「S1004」。主な変更点は以下の通り。

ビルド番号がS1002から
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

ビルド番号がS1002以外から
・Android 8.0へのOSバージョンアップ
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<操作手順>>をご覧ください。
※ シャープ Android One X1サポート情報はこちらをご覧ください。


続きを読む

ソフトバンクとワイモバイルの「海外パケットし放題」が2月1日からモバイルWi-Fiルーターも対象になり、現地で手動設定の不要に!167の国・地域で利用可能


SoftBankとY!mobileの海外パケットし放題がPocket WiFiも対象に!

ソフトバンクは1日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」にて提供している海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」について2018年2月1日(木)から定額サービス対象の国・地域においてデータ通信可能なすべての通信事業者で海外パケットし放題を利用できるように変更しています。

また今回の変更に合わせて海外パケットし放題の対象機種に「Pocket WiFi」シリーズなどのモバイルWi-Fiルーター(一部のY!mobile向け製品除く)を追加。なお、同社では海外パケットし放題が利用可能な国・地域は167となっているとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。