S-MAX

ソフトバンク

子どもの頃からスマホが当たり前な世代ならソフトバンクが常識に!?広瀬すずさんと大原櫻子さんが出演するSoftBankの新CM「SUPER STUDENT」を発表【レポート】

ソフトバンクが学割の新CMを発表!

既報通り、ソフトバンクは16日、都内にて新サービス発表会「SoftBank 2017 Spring」を開催し、18歳以下を対象とした新しい学割サービス「学割モンスター U18」を発表、これに伴って従来の学割を「学割モンスター U25」と改めた。

ソフトバンクは発表会をしばらく行っていたため新商品の発表などにも期待したのだが、今回は春商戦に向けた学割と新サービスの発表のみ。発表された学割や新サービスの内容についてはすでに公開しているレポートを参照して欲しい。

とはいえ、ソフトバンクとしても「スマートフォン(スマホ)」を初めて持つ人を獲得できる春商戦はしっかりとその存在をアピールしておきたいところだ。一般的にクレジットカードを持つ大学生であれば”格安料金”の仮想移動体通信事業者(MVNO)を自ら選択するという機会もあると思うが、契約の決定権がある親にある18歳未満を対象とした料金プランを打ち出したことにその意図が読み取ることができる。

さて、この発表会にて公開された新CMには「スマホが当たり前の世界に生きている学生」というテーマで描かれている。ここからはゆる~く、新CM発表に合わせて行われた広瀬すずさんや大原櫻子さんらが登壇したゲストトークセッションについて紹介していく。

続きを読む

ヤング割であなたもスマホデビュー!ピコ太郎さんのコラボダンスも披露されたワイモバイルの新商品・新サービス発表会「Y!mobile 2017 Spring」を写真で紹介【レポート】

ymobile-2017-spring-001
桐谷美玲さんやピコ太郎さんの登場で盛り上がった発表会の模様を紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、Android Oneスマートフォン(スマホ)「Android One S1」(シャープ製)および「Android One S2」(京セラ製)などの新製品とともに学生向け割引施策「ヤング割」や「Pocket WiFi学割」、さらにY!mobile契約者を対象としてYahoo!プレミアムの利用料を無料とする「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」などを発表しました(対象となるプランなどは後述)。

また発表会には2016年末に「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」で一大旋風を巻き起こしたピコ太郎さんや女優の桐谷美玲さんがゲスト登壇し、往年の名曲「ヤングマン」をテクノアレンジしたTVCMソングとともにコラボダンスを披露するなど大変な盛り上がりを見せました。

仮想移動体通信事業者(MVNO)を含めた格安スマホ市場の中でも一際勢いを感じさせるY!mobileが2017年春に向けて打ち出す施策とは一体どのようなものなのでしょうか。発表会の模様とともにまとめてご紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「Xperia XZ」と「Xperia X Performance」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ソフトバンクのXperia XZとXperia X PerformanceがAndroid 7.0 Nougatに!

ソフトバンクは20日、同社が販売中の製品において新たに2016年冬モデルの「Xperia XZ(型番:601SO)」および2016年夏モデルの「Xperia X Performance(型番:502SO)」のスマートフォン(スマホ)2機種に対して「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」のOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年1月20日(金)より提供開始するとお知らせしています。

NTTドコモやauではAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧を案内していますが、ソフトバンクでは公開していませんでした。ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ」と「Xperia X Performance」についてはNTTドコモが1月12日から、auが1月18日からAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを配信中。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G・3G回線によるOTA(ネットワーク経由)が用意されており、更新にかかる時間はどちらの方法でもXperia XZとXperia X Performanceでともに最大80分。なお、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があります。

追記(2017/01/20 23:55:12)
その後、両機種ともにソフトウェア更新後に不具合が見つかったとして現在はソフトウェア更新が一時停止されています。

【2017年1月20日更新】
テレビ視聴時、画面の一部に不要な情報が表示される事象が確認されましたので、ソフトウェア更新を停止いたしました。
現在お使いのお客さまについては別途ご案内させていただきます。
本件に関しましてはご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません。


続きを読む

ソフトウェアはシンプルに、ハードウェアは頑丈に!OSやセキュリティーのアップデートが保証されたワイモバイル向けスマホ「Android One S2」を写真で紹介【レポート】

s2-001
シンプルに必要機能を凝縮!京セラ初のAndroid oneスマホ「S2」登場!

既報の通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、Android Oneスマートフォン(スマホ)「Android One S2」(京セラ製)を発表しました。発売時期は3月上旬以降を予定しています。

Googleが提唱する事実上の「スマホのリファレンスデザイン」である「[[Android One]]」ブランドに、新たな機種が追加されました。本機は京セラ初となるAndroid Oneとなります。

同時発表されたシャープ製の「Android One S1」が5インチフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイやオクタコアCPUなどを搭載したメインストリームを意識した仕様であるのに対し、本機は5インチHD(1280×720ドット)ディスプレイやクアッドコアCPU(MSM8917 1.4GHz×4コア)を搭載するなど、よりエントリー向けの仕様となっています。

販売価格は未定ながらもかなり安価に設定されるであろうことが予想されますが、どういった層をターゲットとした端末になるのでしょうか。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

ソフトバンクとワイモバイルの「2016-2017冬春モデル」をまとめて紹介!重複が多いものの、Xperia XZや新Android Oneなどそれぞれのブランドのみの製品も


SoftBankとY!mobileの「2016-2017冬春モデル」を一挙にチェック!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile」の今春向けの新商品やキャンペーンなどの施策を発表しました。

またソフトバンクではすでに昨年10月に携帯電話ブランド「SoftBank」とY!mobile向け「2016 Winter - 2017 Spring Collection」として昨冬から今春にかけて発売する新商品を発表しており、SoftBankブランドについてはさらに1月16日に発表会「SoftBank 2017 Spring」を実施し、学割などの今春向けの施策を発表しています。

それ以外にも「みまもりケータイ4」も個別に発表されているため、今回はこれらのSoftBankおよびY!mobile向けの「2016-2017冬春モデル」をまとめて紹介したいと思います。

なお、昨年10月には発表会を実施しませんでしたが、SoftBank 2017 SpringおよびY!mobile 2017 Springの2つの発表会については録画動画が公式Webサイトにて配信されているので、ライブ配信を見逃した人で興味がある人はチェックしてみてください。

続きを読む

ソフトバンク、プリペイド「シンプルスタイル」にて5インチタフネススマホ「DIGNO U」をアウトレット販売!価格は1万800円で、1万円チャージ付の実質800円に


SoftBankのタフネススマホ「DIGNO U」がプリペイドのアウトレットで販売中!

ソフトバンクは19日、公式Webストア「ソフバンクオンラインショップ」にてプリペイド式携帯電話「シンプルスタイル」のアウトレットにAndroidスマートフォン(スマホ)「DIGNO U」(京セラ製)を追加したとお知らせしています。

販売価格は10,800円(税込)ながらプリペイドの10,000円分がチャージされているので実質800円となります。DIGNO Uはシンプルスタイルの通常品で10,000円分チャージを含み22,140円(税込)なので特に箱破損などのアウトレット品であることにこだわらなければお得に購入可能となっています。

続きを読む

ワイモバイル、量販店や公式オンラインショップでのSIMフリースマホなどの割引施策は「お役所のガイドラインの範囲内」と説明!格安スマホの勢いに乗る


shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの春商戦施策や新商品などを発表した。

発表会の囲み取材では、登壇したソフトバンク執行役員 プロダクト&マーケティング統括 Y!mobile事業推進本部 本部長の寺尾 洋幸氏への囲み取材も行われた。

その中で家電量販店などでは、Y!mobileの新規契約(MNP含む)時にSIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品を同時購入すると、SIMフリー機の本体代金が割引されており、実質的なキャッシュバックが行われていることについて「お役所のガイドラインの範囲内」であるとコメントしている。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けにVoLTE対応ストレート型ケータイ「603SI」を発表!今夏以降に発売予定で、OSはAndroidをベースに


ワイモバイルからストレート型ケータイ「603SI」が今夏登場へ!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile」向けにシンプルを追求したストレート型ケータイ「603SI」(セイコーソリューションズ製)を発表しています。

詳細は明らかにされていませんが、2017年夏以降に発売予定。Y!mobileではPHSも販売していますが、603SIはPHSには対応せず、OSにAndroidをベースにし、高速通信サービス「4G LTE」や高音質通話サービス「VoLTE」に対応しているということです。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け4G対応10インチAndroidタブレット「MediaPad T2 Pro 606HW」を発表!SoftBank向けと同じく3月上旬に発売予定


Y!mobile向け10インチタブレット「MediaPad T2 Pro」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに約10インチWUXGA(1920×1200ドット)IPS液晶搭載のAndroidタブレット「MediaPad T2 Pro(型番:606HW)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

MediaPad T2 ProはすでにSoftBank向けにも「MediaPad T2 Pro(型番:605HW)」として発表されていましたが、新たにY!mobileからも発売されます。発売時期はともに3月上旬以降を予定。

MediaPad T2 Proは日本でWi-Fiモデルも販売されていますが、SoftBankおよびY!mobile向けはOSがAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)になったLTEモデルとなります。

続きを読む

ソフトバンク、下り最大612Mbpsに対応した新モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」を発表!SoftBank向け602HWとY!mobile向け603HWを2月中旬に発売


ソフトバンクとワイモバイル向け下り最大612Mbps対応Pocket WiFiが登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」シリーズにおいて下り最大612Mbpsに対応した新製品を発表し、2017年2月中旬以降に発売すると発表しています。新Pocket WiFiはSoftBank向け「Pocket WiFi 602HW」とY!mobile向け「Pocket WiFi 603HW」(ともにHuawei Technologies製)の2製品。

キャリアアグリゲーション(CA)と4×4 MIMO、256QAMによって下り最大612Mbpsを実現。すでにNTTドコモが発表している同じくCAと4×4 MIMO、256QAMによって下り最大682Mbpsに対応するモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)が3月発売予定なので一時的に日本国内最速になると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。