S-MAX

Wi-Fi

日本航空、JAL・JTAの国内線における「JAL SKY Wi-Fi」を無料すると発表!国内では唯一の期間限定なしでずっと無料の機内インターネットサービスに


国内線のJAL SKY Wi-Fiが無料に!

日本航空(以下、JAL)は20日、JALグループ国内線においてより便利で快適な航空移動の実現に向けて機内における無線LAN(Wi-Fi)サービスに接続できる機内インターネットサービス「JAL SKY Wi-Fi」を期間限定なくこの先ずっと無料にすると発表しています。

これまでJAL SKY Wi-Fiは有料で、使った容量に制限のない時間制プラン(30分400円)や1フライトごとに時間制限なしのフライトプラン(距離や機器によって異なり、例えば、最安は羽田=伊丹などの450マイル以下で500円から)となっていました。

そういった中で、今年2月からはこれらの利用料がかからない無料で使える「国内線機内インターネット無料キャンペーン」を実施し、当初は2017年8月1日までの期間限定キャンペーンでしたが、今回の発表によってずっと無料になるとしています。

続きを読む

Jリーグ開幕直前!J1ベガルタ仙台のホームユアテックスタジアム仙台で毎日使える無料Wi-Fi「VEGALTA FREE Wi-Fi」がスタート、一足早く体験してみた【レポート】

sendai01
J1ベガルタ仙台のホームスタジアムが高密度Wi-Fi化!

日本プロサッカーリーグ「Jリーグ」の2017シーズンが2月25日(土)にJ1リーグ戦8試合を皮切りに開幕します。今シーズンのJリーグは昨年からサービスを始めたスポーツ映像インターネット配信サービス「DAZN」での生配信が始まるという大きな改革があります。

また先日、NTTドコモではより低価格に利用できる「DAZN for docomo」サービスを発表し、NTTドコモの利用者はdアカウントでDAZNにログインできるようになり、通常月額1,750円(税別)のところ、NTTドコモユーザーは月額980円(税別)で使えるようになりました。

DAZNでの中継が始まることもあり、JリーグはスタジアムのWi-Fi化を推進しています。この度、J1ベガルタ仙台のホームスタジアムである宮城県仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台が「Jリーグスマートスタジアム事業」の第1号に認定され、スタジアムとその周辺で365日24時間無料で使える高密度公衆無線LANサービス「VEGALTA FREE Wi-Fi」を2月23日より運用開始しました。

VEGALTA FREE Wi-FiはフリーWi-Fiとして利用できるだけでなく、試合情報コンテンツ「VPORT」がこのWi-Fiエリア内だけで見られます。VPORTは試合開始4時間前から試合終了3時間後まで見られるのですが、VEGALTA FREE Wi-Fiの運用が開始された2月23日にVPORTも含めてメディア向けに体験会が行われました。筆者も体験会に参加してきましたのでさっそく利用方法などを含めてレポートします。

続きを読む

スターバックスの"フリーWi-Fi"サービス「at_STARBUCKS_Wi2」が事前登録だけでなくSNS認証もいらなくなったので試してきた!ただし、暗号化されていないので注意【レポート】


スターバックスの無料公衆無線LANサービスをレポート!

既報通り、スターバックス コーヒー ジャパンが昨年10月26日から全国のコーヒーチェーン「スターバックス」店舗で提供している無料で使える公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「at_STARBUCKS_Wi2」をリニューアルして利用規約に同意するワンタップ・ワンクリックだけで使えるようになっています。

当初はメールアドレスの事前登録が必要だったものの、その後、事前登録不要のSNSによる認証に変わっていましたが、新たにSNS認証も必要なくなりました。同時に同社ではこれまでにat_STARBUCKS_Wi2を使った人が約80万人であると発表。

スターバックス コーヒーを使っている人は多いように思っていましたが、at_STARBUCKS_Wi2はそれと比べるとかなり少ない印象で、同社でもSNSアカウントやメールアドレスといった個人情報を送信せずに楽に使えるようにしてより多くの人が使うサービスにしたいのだと思われます。

筆者は最近あまりスターバックス コーヒーを使うこともなくなってきていたのでかなり遅くなりましたが、改めて認証が不必要になったということで使ってみたのでレポートしたいと思います。

続きを読む

ドン・キホーテ、格安Androidタブレット第3弾「かんたん Pad3」を発売!価格は6980円と据え置きで、スペックアップかつ初のGoogle Play対応に


ゼロから始めるスマートフォン

ドン・キホーテは24日、低価格なAndroidタブレット「かんたん Pad」の新商品「かんたん Pad3(型番:RM-AT703-WH)」を2016年11月25日(金)より全国のドン・キホーテ店頭で販売開始したと発表しています。価格は6,980円(税抜)。

昨年3月に発売された前モデル「カンタン Pad2」から価格はそのままで、CPUがデュアルコアからクアッドコアへ、内蔵メモリー(RAM)が512MBから1GBへスペックアップし、処理性能が強化されました。背面カメラも新たに搭載。

またシリーズで初めてGoogle Playに対応し、アプリ配信マーケット「Google Playストア」からアプリや音楽など、利用できるコンテンツが大幅に増えました。

さらに従来からあるソースネクストのアプリ使い放題サービス「アプリ超ホーダイ」(月額388円)の1カ月無料版も継続してプリインストールされています。

続きを読む

スターバックスの無料で使える公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」が事前登録やSNS認証も不要なワンタップで利用可能に!これまでに80万人が利用


公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」がリニューアル!

スターバックス コーヒー ジャパンは26日、全国のコーヒーチェーン「スターバックス」店舗で提供している無料で使える公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「at_STARBUCKS_Wi2」をリニューアルして2016年10月26日(水)よりワンタップでの認証サービスを開始したと発表しています。

これにより、利用規約に同意するだけでSNSアカウントやメールアドレスといった個人情報を送信せずにワンクリック・ワンタップで利用できるようになったということです。

これまでの方式で約80万人がat_STARBUCKS_Wi2を利用していたとのこと。なお、今回のリニューアルに伴い、従来のSNS認証およびメールアドレスによる認証サービスは終了しています。

続きを読む

東京モノレールにて誰でも使える無料Wi-Fiサービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」が10月1日より開始!モバイルSuicaでJR東日本経由で羽田空港に行くと最大1万円分がもらえるキャンペーンも


東京モノレールが無料Wi-Fiサービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」をスタート!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)および東京モノレールはが羽田空港アクセスとしての「東京モノレール」および「モバイルSuica」の利用促進を目的として「モバイルSuicaで東京モノレールに乗ろう!」キャンペーンを2016年9月1日(木)〜10月31日(月)まで実施すると発表しています。

キャンペーンではモバイルSuicaを利用して、JR東日本の駅と東京モノレールの羽田空港各駅を浜松町駅経由で利用すると、抽選で合計150人にモバイルSuicaチャージ(100人に5,000円分、50人に10,000円分)をプレゼントします。さらに同日にモバイルSuicaで400円(税込)以上の買い物をすると、当選確率が2倍になります。

また、東京モノレールでは2016年10月1日(土)より全駅および全車両で無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「TOKYO MONORAIL Free Wi-Fi」(SSID::00_Monorail_Free_Wi-Fi)を提供開始しています。通信事業者はワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)。

なお、TOKYO MONORAIL Free Wi-Fiは、外国人観光者だけでなく国内の人も含めてすべての人が利用でき、すべての人が対象とした無料公衆無線LANの整備が完了するのは、国内の鉄道事業者では初とのこと。利用方法は、メールアドレスもしくはSNSアカウントの入力による認証。

続きを読む

宮城県仙台市の無料公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」が大幅拡充!仙台市営地下鉄南北線と仙台市内のサンクスで利用可能にーー実際に使ってみた【レポート】

sendaiwifi01
仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」をモチーフとしたマークが目印!

KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は7月27日、仙台市内における無料の公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」を仙台市営地下鉄南北線全駅構内と、仙台市内50店舗のコンビニ「サンクス」にて8月1日より提供することを発表しました。

SENDAI free Wi-Fiは2015年3月5日より、主に観光客向けに宮城県仙台市で提供されてきたフリーWi-Fiサービスです。今までは仙台城址・伊達政宗騎馬像周辺や観光客向けバス「るーぷる仙台」、観光案内所など、限られた場所での提供でした。

今回は仙台市営地下鉄南北線全17駅構内(改札口周辺・駅ホーム)、仙台市内約50店舗(全店舗ではない)のサンクスと非常に広範囲での提供となり、より利便性が向上しました。実際にスマホやパソコンで使ってみました。

続きを読む

NTTグループが熊本県を中心に公衆無線LANサービスや公衆電話を無料化!Wi-Fiは九州地方の稼働状況を確認できるエリアマップも公開


00000JAPANだけでなく、自治体・地域Wi-Fiや公衆電話も無料開放!

NTTグループ各社が4月14日からの「熊本地震」の発生を受けて熊本県を中心に九州地域における公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを無料開放しているほか、熊本県と大分県の全域で公衆電話を無料で使えるようにしています。

すでに紹介しているように、NTTドコモの「docomo Wi-Fi」が災害用無料Wi-Fiサービス「00000JAPAN」として利用できるほか、NTTメディアサプライが提供するWi-Fiサービス「DoSPOT」や自治体のWi-Fiサービス、NTTブロードバンドプラットフォーム(以下、NTTBP)が運用する地域Wi-Fiサービスなどが無料開放されています。

その他、これらのNTTグループが無料開放しているWi-Fiサービスの稼働状況をGoogleマップ上にプロットした「九州地方 公衆無線LAN稼働状況」をNTT空間情報が公開しています。

続きを読む

災害時に無料で使えるWi-Fiサービス「00000JAPAN」を試してみた!契約不要・事前設定不要で利用可能――ホテルやコンビニ、飲食店などで使えた【レポート】


shimajiro@mobiler

熊本地震の発生を受けて運用が開始された災害用の無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「00000JAPAN」は、NTTドコモおよびKDDi、ソフトバンクなどの携帯電話会社のWi-Fiサービスを契約していない場合でも"一切の事前準備不要"で無料でWi-Fiが利用可能だ。これにより、被災地やその周辺において災害に関する情報収集や安否情報の確認・登録などに活用することができる。

今回、筆者は最大震度7を記録した4月14日の地震の翌日4月15日の朝から福岡県内(主に博多など中心部)に滞在する機会があったので、実際に00000JAPANを試してみたので紹介する。

なお、00000JAPANが利用可能な施設などを調べて回ってみたところ、コンビニエンスストアや飲食店などでも00000JAPANが利用できるようになっていた。ただし、バックボーンは固定回線に限らず、モバイル回線をバックボーンとするスポットも少なくなかった。

続きを読む

訪日外国人で日本の無料Wi-Fiに満足度が低いのは台湾と韓国!東アジア以外の旅行者には交通手段の情報がより重要


shimajiro@mobiler

2020年に開催される東京オリンピックに向けて海外からの訪日外国人用が無料で使える公衆無線LANサービス、いわゆるフリーWi-Fiの整備が進められている。先日も都営地下鉄東京メトロの駅だけでなく、車内でも利用できるようになることが発表されていた。

一方で、現時点では「海外と比べて、日本はフリーWi-Fiが少ないので外国人旅行者が不便を感じているる」という趣旨の発言を目にすることが多い。そこで、観光庁および総務省が発表しているデータを確認してみた。

観光庁が公開している「訪日外国人消費動向調査(平成26年1-3月期)[PDF]」では、東アジア(韓国・台湾・中国・香港)以外のエリアに関しては「フリーWi-Fiよりも交通手段に関する情報が不足している」というデータが公開されている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。