S-MAX

イベント・レポート

東京の真ん中に水族館が出現!銀座ソニーパークにて開催している「Sony Aquarium 2019」のスマホでの撮影ポイントを写真と動画で紹介【レポート】


銀座を泳ぐナポレオンフィッシュに会いに行こう!Sony Aquarium 2019を紹介

ソニーが東京・銀座にて運営する「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」で沖縄美ら海水族館の監修するイベント「Sony Aquarium 2019」を7月26日より開催しており、都会の真ん中に約30種類1000匹の色彩豊かな海の生き物が泳ぐ巨大水槽を設置し涼を呼び景色を作り出している。

開催期間は今週末の8月18日(日)までで、営業時間は10時から22時までとなっており、入場無料で沖縄美ら海水族館からやってきた色とりどりの熱帯魚やその見た目のインパクトと大きさが魅力的な「ナポレオンフィッシュ」(メガネモチノウオ)やオオテンジクザメが悠々と泳ぐさまを観賞できる。もちろん、写真や動画も撮影可能だ。

会期中は沖縄美ら海水族館の研究員によるオープンカレッジや地下4階の“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERYでは、沖縄の食材を使用した期間限定メニューや沖縄のシークヮーサーを使ったドリンクを提供する。今回はSony Aquarium 2019の紹介と、スマートフォン(スマホ)での撮影ポイントを紹介していく。

続きを読む

AnkerがAndroid TV内蔵モバイルプロジェクター「Nebula Capsule II」を発売!大画面でYouTubeやHuluなどが大画面で楽しめる【レポート】


Android TV内蔵のモバイルプロジェクターが便利!

アンカー・ジャパンが都内にて「Anker Power Conference - ‘19 Summer」を6月6日に開催し、モバイルバッテリーやオーディオ、ロボット掃除機など各ブランドの新製品を発表した。

発表された新製品は周辺機器ブランド「Anker」から「Anker PowerPort III 60W」、家電ブランド「Eufy」から「Eufy RoboVac G10」、「Eufy RoboVac +70」、音響ブランド「Soundcore」から「Soundcore Wakey」、カー用品ブランド「Roav」から「Anker Roav Bolt」、映像関連ブランド「Nebula」から「Anker Nebula Capsule II」の6製品だ。

アンカー・ジャパンと言えば、モバイルバッテリーや充電器などのAnkerブランドのイメージが強いかと思うが、実はロボット掃除機やスピーカー、ワイヤレスイヤホン、ドライブレコーダー、プロジェクターなどといったさまざまなブランド製品を展開しており、2018年には日本市場において目標として掲げた売上高100億円達成し、なおも急成長中の企業でもある。

今回は、この新製品群の中から持ち運びにも便利なモバイルプロジェクター「Capsule」シリーズの最新モデルであるAnker Nebula Capsule IIを紹介したいと思う。特徴は本体に「Android TV」(バージョン9.0)を搭載し、アプリの追加で「Hulu」や「Netflix」と言った動画配信サービスの視聴が可能であることだ。その機能について詳しく紹介していこう。

続きを読む

Appleストア仙台跡地のキャリアショップひしめく仙台のケータイ銀座に「楽天モバイル仙台一番町店」がオープン!東北ゴールデンエンジェルスもお祝い【レポート】


仙台のアーケード街に楽天モバイルが出店!

楽天モバイルは12日、宮城県仙台市のアーケード街「ぷらんど~む一番町商店街」内に同社の携帯電話サービス「楽天モバイル」の専門ショップ「楽天モバイル仙台一番町店」をオープンさせ、開店前にオープン記念セレモニーを行いました。開店したのは今年1月に閉店したAppleの直営店で“Appleストア仙台”として利用者も多かった「Apple仙台一番町」の跡地。

この商店街はNTTドコモやau、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルのキャリアショップがひしめき合っているので「ケータイ銀座」の異名を取っており、特にauは旗艦店「au SENDAI」を出店しています。開店した楽天モバイル仙台一番町店の真正面にはワイモバイルショップがあるという立地です。

セレモニーでは、仙台を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスのチアリーディングを行っている東北ゴールデンエンジェルスが登場し、華やかなパフォーマンスでオープンを盛り上げました。オープン記念セレモニーの様子と店内の様子、出店の意図などについて取材しました。

続きを読む

モバイルPCの先駆け“バイオノート505”シリーズを再定義!897g以下の12.5インチ新製品「VAIO SX12」を写真と動画で紹介。5周年記念勝色モデルも【レポート】


小さい、軽い、ハイパフォーマンス、そして使いやすさでモバイルPCを再定義!VAIO SX12が発表

バイオは9日、都内にて「5周年記念 新製品発表会」を開催し、OSに「Windows 10」を搭載した12.5インチモバイルノートパソコン(PC)「VAIO SX12」を発表した。発売は2019年7月19日(金)で、すでに予約受付を開始している。また個人向けのVAIO SX12のほか、法人向けの「VAIO Pro PJ」も同時発売となる。

さらにキーボード刻印なしのカスタマイズ可能な「VAIO SX12|ALL BLACK EDITION」とVAIO 5周年記念の台数限定モデル「VAIO SX12|勝色特別仕様」モデルも発表となった。勝色特別仕様モデルには昨年発売の「VAIO SX14|勝色特別仕様」も同じく7月19日に発売される。

販売価格はオープン価格ながらオンラインショップ「ソニーストア」などのソニーマーケティングが取り扱う個人向けカスタマイズモデルが119,800円(価格はすべて税抜)から、VAIOが取り扱うオリジナルSIMバンドルモデルが141,800円から、家電量販店モデルは194,800円からとなる。

またALL BLACK EDITIONのソニーマーケティング取り扱うモデルが201,800円から、バイオが取り扱うオリジナルSIMバンドルパッケージが223,800円から。勝色特別仕様モデルは、ソニーマーケティング取り扱いモデルが216,800円から、バイオが取り扱うオリジナルSIMバンドルパッケージが262,800円からとなる。

今回はメインマシンの最小形をコンセプトとするVAIO SX12を、記者発表会の前に行われた内覧会での取材をもとに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

10倍ハイブリッドズームとノッチなしフルスクリーンを実現!最新プレミアムスマホ「OPPO Reno 10x Zoom」を写真と動画で紹介【レポート】


ハイブリッド10倍ズーム対応のSIMフリースマホ「OPPO Reno 10x Zoom」が7月12日に発売!

オッポジャパンは3日、都内にて『新スマートフォン「Reno 10x Zoom」記者発表会』を開催し、10倍ハイブリッドズームに対応したフルスクリーンパノラマディスプレイ搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO Reno 10x Zoom(型番:CPH1919)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を発売すると発表した。

発売日は2019年7月12日(金)で、価格は希望小売価格99,880円(以下、すべて税抜)。販路は家電量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で取り扱われ、楽天モバイルでは新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合には99,880円だが、オンラインにおける機種変更なら89,892円、NifMoでは新規契約およびMNPなら97,778円、機種変更なら93,800円となっている。

最大の特徴は背面にペリスコープレンズを採用したハイブリッド10倍ズームやAI(人工知能)を活用したウルトラナイトモード2.0などに対応するトリプルカメラを搭載している点だ。構成は約4800万画素CMOS/F1.7レンズ+約1300万画素CMOS/F3.0望遠レンズ+約800万画素CMOS/F2.2超広角レンズ(画角120°)となる。

またノッチやパンチなどの切り欠きのないフルスクリーンデザインを実現した「OPPO Find X」に続き、フロントカメラとLEDフラッシュを本体に収納して飛び出す仕組みを採用し、切り欠きのない約6.6インチFHD+(1080×2340ドット)有機ELのフルスクリーンパノラマディスプレイも魅力となっている。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855(SDM855)」や8GB内蔵メモリー(RAM)、256GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大512GB)、4065mAhバッテリー、USB Type-C端子、ステレオスピーカー、NFC Type A/B、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0(SBC・aptX・aptX HD・LDAC対応)など。

センサー類は磁気センサーおよび光センサー、近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、レーザーフォーカスセンサー。サイズは約162.0×77.2×9.3mm、質量は約215g、本体カラーはジェットブラックとオーシャングリーンの2色展開。画面はCorning製強化ガラス「Gorilla Glass 6」で覆われており、画面内指紋認証や顔認証に対応する。

携帯電話ネットワークの対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でFDD-LTE Band 1および2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、28、29、32、66、TD-LTEでBand 34および38、39、40、41、3GのW-CDMA方式でWCDMA Band 1および2、4、5、6、8、19、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHzとなる。

またnanoSIMカード(4FF)スロット×2を搭載し、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しており、VoLTEはauおよびY!mobileをサポートする。なお、1つのスロットはnanoSIMカードとmicroSDカードの共用となっており、同時使用不可だ。今回はそんなOPPO Reno 10x Zoomを写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。