S-MAX

イベント・レポート

期待のあの「8」の付くスマホの話やスレスレの危険なトークが飛び出す!?九州発のガジェットイベント「めんたいガジェットフェス2017」紹介(後編)【レポート】


期待度MAXなあのスマホの話など、普通のイベントではなかなか聞けない話題がてんこ盛りなめんたい3の会場レポート後編をお届け!

既報通り、福岡・博多のリファレンス駅東ビルにて福岡発のスマートフォン(スマホ)などのモバイルガジェット関連ファンイベント「めんたいガジェットフェス2017」(通称:めんたい3)が3月19日に開催されました。

本イベントではメーカーや企業などが主催する大規模なイベントと異なり、普段のイベントなどでは聞くことのできないディープな話題や裏話的な貴重なエピソードを直接聞くことができたり、といった点も本イベントの魅力となっています。

前回に続く後編となる本記事では、前々回の第1回以来の参加となるASUS JAPANとめんたい初参加のGalaxy(サムスン電子ジャパン)の登壇の様子をお伝えします。

続きを読む

話題のSIMフリースマホ「NuAns Neo [Reloaded]」が一般向けに初披露!楽しい登壇が盛り沢山だった九州発イベント「めんたいガジェットフェス2017」を紹介(前編)【レポート】


九州から発信するガジェットイベント“めんたい3”が開催!ディープな話題も飛び出した!?

既報通り、福岡・博多のリファレンス駅東ビルにて福岡発のスマートフォン(スマホ)などのモバイルガジェット関連ファンイベント「めんたいガジェットフェス2017」(通称:めんたい3)が3月19日に開催されました。

一昨年8月、昨年1月と開催されてきた「めんたいガジェットフェス」も今回で3回目となり、1回目に参加していた「ZenFone 3」シリーズも好調なASUS JAPANや、新スマホ「NuAns Neo [Reloaded]」を発表したばかりで毎回参加しているトリニティ、そして初参加のGalaxy(サムスン電子ジャパン)など、今回も注目のメーカーによる登壇や展示が行われました。

今回も引き続いて当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」もメディアサポーターとして参加してきましたので、イベントの模様を前後編の2回に分けてお伝えしていこうと思います。前半となる本記事ではオープニングセッションとNuAns Neo [Reloaded]を発表したトリニティのトークセッションについて紹介していきます。

続きを読む

東日本大震災から6年でようやくドコモショップも完全復旧!ICT活用で街づくりからサッカー教室まで幅広い東北復興支援を紹介ーーなでしこジャパン佐々木則夫前監督も登場【レポート】

docomo01
NTTドコモが新たに東北大とも協定を結び震災後の街づくりを支援!

NTTドコモ東北支社は8日、東日本大震災以降毎年恒例となっている「NTTドコモ東北復興支援の会2017」を同社東北ビル14階大会議室にて開催しました。NTTドコモは同震災以降、2011年12月に東北復興新生支援室を立ち上げ、自治体などと連係し、同社のICT技術を利用した街づくりの支援活動を行っています。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも昨年8月の仙台市との連携協定締結今年2月に行われたドローンを用いた遠隔の災害救助活動の実証実験など、さまざまな取り組みを紹介してきました。

また社内募金を募り、さまざまな自治体に寄付を行ったり、昨年からはなでしこジャパンの佐々木則夫前監督によるサッカー教室の支援など、復興に向けて多岐に渡る支援活動を行っています。

今回の東北復興支援の会は活動報告のみならず、前述の佐々木則夫氏の講演や新たに東北大学災害科学国際研究所とNTTドコモによる「防災・減災」に関する連携協定の締結・調印式が行われるなど、盛りだくさんの内容でした。イベントの様子を紹介します。

続きを読む

ハイエンドスマホ「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ版とau版がAndroid 7.0 NougatへOSバージョンアップ!Always On Display機能拡張や解像度変更などの気になる点をチェック【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが2016年夏モデルのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」に最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年3月16日より配信開始した。

またauでも3月15日より「Galaxy S7 edge SCV33」に同様のソフトウェア更新を提供しており、開発・製造メーカーのサムスン電子ジャパンではこれらの2機種のソフトウェア更新についての更新内容について案内している。

更新すると、Android 7.0 Nougatになるだけでなく、HDR動画再生対応やAlways on Display機能拡張、設定メニューがシンプルでより使いやすくなるなどの多くの変更が実施されている。今回は、更新後に特に気になった点について簡単に紹介しておく。

続きを読む

NTTドコモと未来シェアが共同開発するモビリティサービス「AI運行バス」を写真と動画で紹介!交通や物流などを効率化&最適化【レポート】


ドコモと未来シェアがSmart Access Vehicle(SAV)でバスやタクシーの効率化を狙う!

NTTドコモは9日、都内にて「NTTドコモ×未来シェア」によるモビリティサービスプラットフォーム開発に向けた共同会見を開催し、乗合バス路線廃止などの交通課題への取り組みと、未来シェアが開発したAI(人工知能)による配車システムを搭載した「AI運行バス」の疑似体験デモを公開した。

会見にはNTTドコモ 取締役常務執行役員 法人ビジネス本部 部長の古川浩司氏、法人ビジネス本部 IoTビジネス部部長の谷直樹氏、未来シェア 取締役会長の中島秀之氏、代表取締役社長の松原仁氏が登壇。

NTTドコモの「リアルタイム移動需要予測」技術と未来シェアの配車システム「SAV(サブ)」技術を組み合わせ、効率的な交通社会を実現するモビリティサービスプラットフォームを2018年度中に実用化をめざすとしている。

本記事では今回発表されたモビリティサービスプラットフォームの仕組みを写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

実売3万円半ばで買えるコスパ高のSIMフリースマホ「HUAWEI nova」のパッケージや外観などを紹介!CAやDSDS、au VoLTEなどの新機能を5インチメタルボディーに【レビュー】


SIMフリースマホ「HUAWEI nova」を開封レポート!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から2月24日に発売された新しいHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova」。同社が昨年秋に新たに若者などに向けて立ち上げた「nova(新星)」ブランドのベースモデルを春商戦に投入してきました。

同時に発売された廉価モデル「HUAWEI nova lite」は表裏の両面ガラスと樹脂製の側面フーレムのボディーですが、HUAWEI novaはより質感の高いメタルボディーを採用し、5インチサイズに収めたミドルハイレンジモデルとなっています。

ちょうど昨春に発売されたメタルボディーでコストパフォーマンスが高いと人気となった「HUAWEI GR5」に似た製品カテゴリーではありますが、さらにキャリアアグリゲーション(CA)やデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、au VoLTEなどに対応。

それでいて価格も希望小売価格で税抜37,800円(税込40,824円)とより上位モデルの「HUAWEI P9」や「HUAWEI Mate 9」と比べるとかなり抑えられており、実売価格でもすでに紹介したようにAmazon.co.jpでは税込33,336円となるなど、コストパフォーマンスの高い製品となっています。

そこで今回は、少し発売から経ちましたがファーウェイ・ジャパンより製品版を貸し出してもらいましたのであらためてパッケージや外観などを紹介したいと思います。

続きを読む

格安SIM「UQ mobile」でSIMフリー版やSIMロック解除した人気スマホ「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」を使ってみた!現状ではプロファイルのインストールが必要で、表示はauに【レポート】


UQ mobileでiPhone 7・7 Plusを使うには!?

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」を使う機会があったので紹介します。

というのも、気にしていませんでしたが、UQ mobileの公式Webサイトに掲載されている「動作確認端末一覧」には現時点ではiPhone 7およびiPhone 7 Plusは掲載されていなかったんですね。

親会社のKDDI(au)に遠慮しているのか何なのか理由は不明ですが、動作確認端末にはありませんが、SIMフリー版やNTTドコモ版をSIMロック解除した場合で一応使えており、恐らくそろそろ開始されるau版やSoftBank版でもSIMロック解除を行えば使えるものと見られます。

この春にiPhone 7・7 PlusとUQ mobileをセットで使い始めようという場合にはご参考までに。

続きを読む

CP+2017:最新のカメラやスマホアクセサリーなどをざっくりと写真と動画で振り返る!ニコンやキヤノン、ソニー、パナソニックなど主要ブースを中心に【レポート】


カメラ関連展示会「CP+2017」をざっくり振り返る!

カメラ映像機器工業会(CIPA)は2月23日(木)から26日(日)に渡ってパシフィコ横浜にてカメラと写真映像のプレミアムショー「CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2017(CP+2017)」を開催した。今年の登録来場者数は6万6665人と昨年より減少したものの、いち早く新製品に触れるということもあり30分以上待ちとなるブースもあった。

またCP+初展示となるワールドプレミア製品に来場者が投票する「ワールドプレミアアワード」は、レンズ交換式カメラ部門がキヤノン「EOS M6」、レンズ一体型カメラ部門に富士フイルム「FUJIFILM X100F」、交換レンズ部門にシグマ「SIGMA 135mm F1.8 DG HSM |Art」、フォトアクセサリー部門に東芝「EXCERIA PRO SDHC/SDXC UHS-Ⅱメモリカード」が選ばれた。

次回、来年の「CP+2018」は2018年3月1日(木)から4日(日)にかけて開催予定で、会場は同じくパシフィコ横浜だ。今回は個別のブースレポートとは別にさまざまなカメラやアクセサリー展示が行われた会場内をざっくりと写真と動画で紹介していく。


続きを読む

ソニーストア銀座で「劇場版ソードアート・オンライン」とコラボした「Xperia Ear」やハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホンを展示中!どんな感じか見に行ってみた【レポート】


ソニーストア銀座で「劇場版ソードアート・オンライン」とのコラボモデルを展示中!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)とソニーマーケティングは2月22日に現在上映中の映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(以下、劇場版SAO)とコラボレーション(コラボ)した製品を発表している。

ソニーモバイルが「劇場版ソードアート・オンライン」とイヤホン型ウェアラブル「Xperia Ear」のコラボを発表!アスナのボイスやスペシャルパッケージセットの販売を開始
ソニーマーケティングが「劇場版ソードアート・オンライン」モデルのハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンを期間限定で販売中

ソニーモバイルでは昨年11月に発売したイヤホン型のウェアラブル「Xperia Ear」において、アシスタント音声を同作ヒロインの結城明日奈/アスナ(CV:戸松遥)の声に変更できるプラグインアプリを2017年3月17日(金)からGoogle Play ストアで配信する予定だ。

さらに「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-× Xperia Earコラボレーション スペシャルパッケージセット」(型番:XEA10SAOJP/B)をソニーストアで販売中。こちらは2017年4月28日(金)11時までの期間限定販売となっている。

一方、ソニーマーケティングは劇場版SAOとコラボしたハイレゾ音源対応のウォークマンおよびワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットを販売している。こちらの製品も2017年4月28日(金)11時までの期間限定販売。

いずれの製品もリリース時点で、ソニーストア 銀座・名古屋・大阪・福岡天神での展示がアナウンスされている。そこで、今回はソニーストア銀座での展示をレポートする。

続きを読む

高音質ワイヤレスイヤホンやLED照明、ゲームに最適な体感デバイスも登場!ソフトバンクの「+Style」発表会を写真と動画で紹介【レポート】

スマートフォンと自転車を連携させるIoTデバイスも登場

ソフトバンクは8日、消費者と一緒にものづくりができるプラットフォーム
+Style」に新たに4製品を追加した。同社では、今回発表された製品やショッピングカテゴリーで取り扱っている製品(一部を除く)を東京・銀座の「三越銀座店」9階で2017年3月21日(火)まで展示・販売を行うという。

追加された製品は、クラウドファンディングカテゴリーとして低音を迫力の振動で楽しめる「SUBPAC S2 BACKPACK SET」(SUBPAC)、ショッピングカテゴリーとしてスマートフォン(スマホ)と連携する自転車向けデバイス「SmartHalo」(CycleLabs Solutions)およびワイヤレスイヤホンながら高音質再生を可能とする「Air」(crazybaby)、「Nanoleaf AUROLA」(NANOLEAF.)だ。

今回は同日行われた発表会に参加してきたので、新規追加されたスマホと連携する4製品と、三越銀座店に展示された製品を写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。