S-MAX

イベント・レポート

NTTドコモのシンプルスマホ「MONO MO-01K」を写真と動画で紹介!2年間利用で実質負担額がマイナス1万円以上となる圧倒的な高コスパを実現【レポート】


NTTドコモのハイコストパフォーマンススマホ「MONO MO-01K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しました。

昨年末に発売された同社初のオリジナルスマホ「MONO」シリーズにおける第1弾製品「MONO MO-01J」(以下、初代)は「端末購入サポート」を適用して一括購入価格が648円(税込)という衝撃的な低価格であったことが話題となり、必要十分な性能とシンプルなデザインが好評でした。

シリーズ2代目となる今回の機種では「docomo with」の対象機種となったことでさらに値引額が進み、本体価格は25,272円(1,053円/月×24回)で、2年間利用した場合の実質負担額がマイナス13,608円(税込)となるなど、圧倒的なコストパフォーマンスを獲得しています。

当然ながら性能面でも初代からブラッシュアップされており、「性能よりもまずは価格」という層には注目の機種に仕上がっています。発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。

続きを読む

ついに発表されたNTTドコモの「2017-2018冬春モデル」を東京と名古屋の直営店で先行展示中!さっそくXperia XZ1・XZ1 CompactやGalaxy Note8、V30+などを試してきた【レポート】


ついに発表されたdocomoの2017-2018冬春モデルをひと足早く体験!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」としてスマートフォン(スマホ)11機種とタブレット2機種の合計13機種を新たに発売することを発表しました。発売時期は機種ごとによって異なり、早い製品では10月下旬より順次販売が開始されます。

発売に先駆けて、同社では「ドコモショップ丸の内店」(東京)および「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」(愛知)の直営の旗艦店2店舗では発表されたばかりの新製品を先行展示しています。

そこで筆者もさっそくこれらの先行展示されている新製品をドコモショップ丸の内店にて試してきたので、写真多めでご紹介します。

続きを読む

Galaxy Note8の発売に合わせて「Galaxy Studio Tokyo」が本日リニューアル!前夜祭としてユーザーイベント「Galaxy Fan Party!」が開催されたので参加してきた【レポート】


Galaxy Note8が試せるイベント「Galaxy Fan Party!」を紹介!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」シリーズのスマートフォン(スマホ)を利用している人を対象に国内発売が決定した話題の最新モデル「Galaxy Note8」や日本初上陸のコンテンツをいち早く体験できる特別イベント「Galaxy Fan Party!」を開催しました。

場所は本日10月19日にリニューアルオープンする「Galaxy Studio Tokyo」(東京・原宿「BANK GALLERY」)で、イベントではGalaxy Studio Tokyoで体験できる最新のVRアトラクションなどを一般オープンに先駆けていち早く楽しめるほか、この日限りのプログラムやGalaxyオリジナルグッズのプレゼントも用意されていました。

平日でしたが、夜の時間帯でしたので筆者も参加してきましたのでどういったイベントだったのか紹介したいと思います。

続きを読む

ポイント最大21倍やPepperの特別セール、ふてニャンがまぐちプレゼントなどソフトバンクの「いい買物の日」キャンペーンを紹介【レポート】


小島瑠璃子さんとピコ太郎さんも登場し「いい買物の日」イベントを盛り上げる!

「いい買物の日」実行委員会は16日、都内にて「2017年『いい買物の日』キックオフイベント」を開催し、流通⼩売事業者、E コマース事業者、飲⾷事業者など、さまざまな領域の94社(192ブランド)によるリアル・ネット双⽅の各店舗・サービスにおいて⼤規模セールなどを順次展開する国内最⼤級の“お買物の祭典”「いい買物の⽇」キャンペーンを2017年10月17日(火)から開催すると発表した。

「いい買物の⽇」実⾏委員会は2015年より11月11日をいい買物の日とし今年で3回目となる。期間中は、⼤規模セールや企業の枠を越えたキャンペーンを開催し、国内の消費マインドの向上に貢献することを狙いとしている。また10月17日から11月13日の期間中に「メルセデス・ベンツ CLA180 AMG Style」など豪華賞品が当たる「いい買物の⽇くじ」(Yahoo! JAPAN IDで1⽇1回)を開始する。

今回は、いい買物の日参画企業のひとつであるソフトバンクおよびウィルコム沖縄が実施するキャンペーンを紹介していく。

続きを読む

IIJmioの中の人が格安SIMのサポートについて解説!人気の携帯電話系ユーザーイベント「IIJmio meeting 17」における初心者向けセッションと展示ブースを紹介【レポート】


格安SIMのことがわかるユーザーイベント「IIJmio meeting 17」を紹介!

NTTドコモなどの大手携帯電話会社(MNO)から回線を借りて携帯電話サービスを提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)ではシェア争いのトップ集団にいる「IIJmio」などを展開するインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)。

毎月の携帯電話利用料を安く抑えることができる「格安SIM」が話題となっていますが、その多くがMVNOであることからIIJの注目度も高くなっており、同社は格安SIMやMVNOなどの理解を深めてもらうためにユーザー向けイベント「IIJmio meeting」を年4回開催しています。

その第17回目となる「IIJmio meeting 17」が大阪と東京で開催されました。筆者もこのうちの2017年10月14日(土)に東京・飯田橋にあるIIJ本社にて行われた東京会場に参加してきましたので、今回は主に初心者向けセミナーと展示ブースについて紹介したいと思います。

続きを読む

iPhone 8のカメラで60fpsの4Kムービーを試し撮り!スマホゲームは縮小傾向、e-Sportsが盛り上がりを見せた「東京ゲームショウ2017」を写真と動画で振り返る【レポート】


東京ゲームショウ2017を写真と動画で振り返る!

今年も千葉・幕張メッセにて9月21日(木)から14日(日)の4日間に渡って開催された国内最大のゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ 2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)。

今年は過去最多となる609企業・団体(うち海外317)が出展。一方で、来場者数は254,311人と昨年よりも16,913人減となった。なかでもビジネスデイ初日が26,564人と昨年より4,835人減となるなどビジネスやメディア来場者の減少や、一般公開の最終日が10万人を下回る90,160人となり、昨年よりも17,957人減となった。しかし、一般公開初日は昨年を上回る10万人を超える来場者があるなど、人の動きにも変化があったようだ。

さて、今年のゲームショウも昨年同様新しい「iPhone」の発売だけではなく、様々な発表会が重なったこともあり、まとまった時間での取材ができなかった。そこで例年通り東京ゲームショウを写真で振り返ってみようと思う。なお、iPhone 8で撮影した4K60P動画も紹介しておく。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2017:ロボット遠隔操作技術「テレイグジスタンス」やIoTと5Gを活用した「コネクティッドAR」などを展示したKDDIブースを写真と動画で紹介【レポート】


CEATEC JAPAN 2017に出展したKDDIブースを紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年10月3日から6日までの3日間に渡って開催されたエレクトロニクスとITテクノロジーの展示会「CEATEC JAPAN 2017」にKDDIが出展し、遠隔モーショントレース技術「テレイグジスタンス」の実演やIoT機器を映像情報と関連させ直感的な情報利用を可能とする「コネクティッドAR」など、KDDIが推し進める5G技術を活用した複数の新技術の展示が行われました。

KDDIをはじめ、NTTドコモやソフトバンクなどの大手移動体通信事業者(MNO)は、次世代の通信規格となる「5G」の技術的確立とその実用化を最大の焦点として研究開発を行っていますが、その中でもKDDIは5Gの活用技術に積極的に投資している印象があります。

今回の展示でもアンテナ技術や5Gそのものの応用例ではなくデバイスを中心とした展示となっており、5Gは飽くまでも「高速応答性」や「大容量通信」のための1つの手段といった内容でした。

KDDIがめざす5Gの世界とはどういったものなのでしょうか。展示ブースの模様をテレイグジスタンスやコネクティッドARの解説を中心に写真と動画にて紹介します。

続きを読む

3辺狭額縁デザイン「EDGET」が進化して復活!シャープが攻めのプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R compact」を発表ーー実機を写真と動画で紹介【レポート】


シャープが進化した3辺狭額縁デザインスマホ「AQUOS R compact」を発表!

既報通り、シャープは13日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、2年ぶりとなる3辺狭額縁デザインのスマートフォン(スマホ)「AQUOS R compact」と、すでにauが発表しているミッドレンジクラスのスタンダードスマホ「AQUOS sense」の2機種を発表した。

同社が今夏にフラグシップモデルとして刷新したスマホ「AQUOS R」に続く、プレミアムコンパクトモデルという位置付けのAQUOS R compactは、販路や価格は明らかにされていないが2017年冬モデルとして製品化する。またAQUOS senseについてもシャープの新しいスタンダードラインシリーズの名称として展開し、au以外からも販売される予定だ。

新製品発表会でそれぞれの実機に触れることができたので、今回は注目のAQUOS R compactを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

au向け新スマホ「Xperia XZ1」や「Galaxy Note8」、「AQUOS sense」が予約&先行展示開始!発表直後の2017年秋モデルをau SHINJUKUでひと足早く試してきた【レポート】


発表されたばかりのau向け「2017年秋スマホ」をひと足先に体験!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2017年秋モデル」のスマートフォン(スマホ)として「Xperia XZ1(型番:SOV36)」および「Galaxy Note8(型番:SCV37)」、「AQUOS sence(型番:SHV40)」の3機種を発表しました。

それぞれ発売時期はXperia XZ1 SOV36が11月中旬、Galaxy Note8 SCV37が10月26日、AQUOS sence SHV40が11月上旬となっており、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて10月12日(木)より事前予約受付が実施されています。

また発表直後の新機種を直営店である「au SENDAI」(宮城・仙台)および「au SHINJUKU」(東京・新宿)、「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)の5店舗にて10月12日より先行展示を開始しています。

そこで筆者もさっそく東京・新宿にあるau SHINJUKUに足を運んで実機を試してきましたので、まずは3機種のファーストインプレッションをお届けします。なお、先行展示は10月12日以降順次、全国のauショップでも実施される予定となっています。

続きを読む

ファーウェイのダブルレンズカメラ搭載SIMフリースマホ「honor 9」をじっくりと写真と動画で紹介!オンライン専売の「HUAWEI P10」とも言える高性能が魅力【レポート】


ファーウェイのダブルレンズカメラを搭載するSIMフリースマホ「honor 9」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「新製品発表会」を開催し、美しいガラスボディーで背面にダブルレンズカメラを搭載したSIMフリースマートフォン「honor 9」(Huawei Technologies製)を2017年10月12日(木)に発売すると発表した。

主なスペックとしてハイエンドチップセット「Kirin 960」(2.4GHz×4コア+1.8GHz×4コア CPU)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDカード(最大256GB)、3200mAhバッテリー、USB Type-C端子などと高性能となっている。

希望小売価格は53,800円(税別)だが、日本ではこれまで「楽天モバイル」と公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」のみで販売されてきた「honor」シリーズだが、今回は新たに「IIJmio」および「イオンモバイル」、「NTTコムストア by gooSimseller」が追加され、SIMカードとのセットなら税込でも3万円台後半から販売されている。

すでに発表会のプレゼンテーションの模様はレポートしているので、今回は発表会に併設された展示会場にて実際にhonor 9の実機に触れることができたのでじっくりと写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。