S-MAX

イベント・レポート

スマホ向けシミュレーションRPG「ファントム オブ キル」の五大都市ツアーファイナルを開催!劇場でしか見ることができなかったコンセプトフィルムと新企画の動画が公開【レポート】

01
ファントム オブ キルの五大都市ツアーファイナルをニコ生で放送!

Fuji&gumi Gamesは26日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にてスマートフォン(スマホ)など向け本格シミュレーション・ロールプレイングゲーム(RPG)アプリ「ファントム オブ キル」の大型プロジェクト「プロジェクトZERO」の五大都市ツアー『プロジェクトZERO 五大都市ツアーfinal東京』を開催した。

このイベントのメインとなるProduction I.G制作によるコンセプトフィルム「ファントム オブ キル -ZEROからの反逆-」の上映は、3月に六本木で開催したレッドカーペットイベントを皮切りに、名古屋、大阪、札幌、福岡を巡った。そして、ファイナル地となる東京ではこれまで劇場に集まったファンだけしか観られなかったコンセプトフィルムを、ニコニコ生放送とTOKYO MXテレビでも放送。

今回はニコニコ生放送と連動した「ファンキルベースinニコ生 プロジェクトZERO 五大都市ツアー ファイナル 特別号」のイベントの様子をレポートしていく。




続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(後編)!KDDIなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-201
無線通信技術の裏側、知ってますか?

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

前回の前編ではNTTドコモと共同開発を行うパナソニックや三菱電機といった通信機器メーカーによる「5G」への取り組みを中心にレポートしましたが、後編ではNECやKDDIによる災害対策や通信機器認証を行う企業であるTUV SUD(テュフズード)を中心にレポートします。

続きを読む

シャープがモバイル型ロボット電話「RoBoHoN」の発売を記念してタッチ&トライのできるカフェを期間限定オープン!愛嬌のあるロボホンを写真と動画で紹介【レポート】

期間限定、RoBoHoNに会えるCAFEが誕生!

シャープは26日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」の発売に合わせ、RoBoHoNに触れられるカフェ「RoBoHoN CAFÉ」を東京・港区の「ロイヤルガーデンカフェ青山」(営業時間11時~23時)に2016年5月26日(木)から6月7日(火)までの期間限定でオープンした。

RoBoHoNは2足歩行が可能な小型のヒューマノイドロボット(身長約19.5cm)の形状をし、モバイル通信(LTE・3G)による通話やメールが利用可能な携帯電話だ。また、カメラやプロジェクターを内蔵し、音声によってこれらをコントロールする。さらにRoBoHoNの機能は専用アプリによって追加することができる。

価格は本体価格198,000円、月額980円の「ロボホン+ココロプランベーシック」もしくは月額2,480円の「ロボホン+ココロプランモバイル」(+開通事務手数料3,200円)のどちらかのプラン加入が必須となる(すべて税別)。

RoBoHoN CAFÉの営業期間中は、店内にRoBoHoNの世界観を表現した展示を行うほか、デモンストレーターによるRoBoHoNのデモも行われる。なお、デモンストレーター在店時間限定の11時~19時まで。

加えて、RoBoHoN CAFEオリジナルメニュー3品目を提供する。さらにRoBoHoNオーナー(購入者)がRoBoHoNを連れて来店すると、オリジナルメニューのひとつティラミスフレッシュベリーとホイップクリーム添えの無料券を配布するという。

今回は、このRoBoHoN CAFÉで行われたRoBoHoN発売記念レセプションを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:Salom Japan、世界初の入出力両方とも急速充電「Quick Charge 3.0」対応のモバイルバッテリーなどの周辺機器を多数展示【レポート】


多彩な充電アイテムが初登場したSalom Japanブースをレポート!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)~27日(金)の3日間に渡って通信技術やモバイル関連の展示会「ワイヤレスジャパン2016」(併催イベントとして「ワイヤレステクノロジーパーク2016」や「運輸・交通システムEXPO」、「ドローンソリューション&技術展」も同時開催)が開催されました。

何回かに分けてレポートしていますが、今回はスマートフォン(スマホ)やタブレット向けのUSBチャージャーやケーブル類などの周辺機器を開発・販売しているSalom Japanのブースにて現在開発中という新型のモバイルチャージャーなどを展示していましたので紹介します。

続きを読む

iPhoneやAndroid、固定電話の留守電が文字で読める!ソースネクストがスマホなど向け新サービス「スマート留守電」を提供開始ーー剛力彩芽さんも登場した発表会を紹介【レポート】

ソースネクストの新イメージキャラクター剛力彩芽さんも登場!留守電が文字で読める

ソースネクストは23日、都内にて「ソースネクスト 新製品発表会」を開催し、留守電が文字で"読める"スマートフォン(スマホ)など向けアプリ「スマート留守電」を発表した。

スマート留守電は、これまで固定電話機の時代から使われてきた留守番電話を進化させ、スマホやパソコンなどを利用して、文字と音声で留守番電話の内容を確認できる次世代のサービスだ。発表会が行われた2016年5月23日より提供開始しており、2017年末までにユーザー数100万人をめざすという。

対応プラットフォームはAndroid 4.1(開発コード名:JellyBaen)およびiOS 9.0以降で、価格(税込)はアプリ自体は無料なものの利用料としてAndroid向けが月額290円、iOS向けが月額360円。今回は、この新しい留守番電話サービス スマート留守電の内容を紹介していく。

続きを読む

最新スマホ「Galaxy S7 edge」や「Gear VR」を体験できる「Galaxy Studio」が6月8日まで開催中!東京駅のすぐ近くのKITTE内ーースタンプラリーで豪華プレゼントも【レポート】

開催中のGalaxy Studioを写真と動画で紹介!最新スマホ「Galaxy S7 edge」などが体験可能

NTTドコモとauから最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)が発売された。その日本での発売日である2016年5月19日(木)から6月8日(水)までの期間限定で、サムスン電子ジャパンが東京・丸の内の商業施設「KITTE」においてGalaxy S7 edgeやVR(ヴァーチャルリアリティー)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Gear VR」などの体験イベント「エンターテインメントパーク『Gear Studio』」を開催中だ。

オープン時間は11時~21時(日曜日は20時まで)で、ブースを回ってスタンプを集めるとGalaxy S7 edgeなどの豪華賞品がもらえるスタンプラリー「Galaxy Challenge」など、得するイベントも行われている。すでに昨日までにGalaxy S7 edgeが2台プレゼントされているというなかなか熱いイベントなのだ。

今回は、オープン日にこのGalaxy Studioを訪れて取材してきたので、展示内容を写真と動画で紹介していく。特にGear VRと動くシートによる「4D VR Theater」などの記事では伝わらないブースもあるので是非、現地に行ける人は生で確かめてみて欲しい。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2016:移動体通信のキーワードは「5G」と「災害対策」(前編)!NTTドコモなどが高速・大容量通信を支える新技術を展示【レポート】

wj2016-101
無線通信技術の高度化は止まらない!WIRELESS JAPAN 2016の5Gへの取り組みを紹介

東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)から27日(金)まで無線通信技術を中心とした技術展示会「ワイヤレスジャパン2016(WIRELESS JAPAN 2016)」が開催されました。

ITおよびIoT関連企業が出展し、モバイル機器やワイヤレスソリューション、ネットワークインフラなどのさまざま展示が行われましたが、モバイル分野での注目はやはり「5G」です。2020年前後の導入を目途に策定が進められている新たな通信規格に向け、大手通信キャリアや通信機器メーカーが高速・大容量広域通信を実現させようと様々なアプローチを展開しています。

また5Gとともに目立っていたのが災害対策です。今年4月の熊本地震の影響もあり、災害対策への関心度はさらに高まっています。継続的な広域通信はもとより、そういった通信網が壊滅的なダメージを受けた場合の対策などにアプローチした製品なども参考展示されるなど、これまでよりも一段深く掘り下げた製品が多数紹介されていました。

本記事は前編と後編の2回に分け、前編では主に5Gへの各社の取り組みを、後編では主に災害対策への取り組みなどをまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、Android開発者もパーソナルロボット「Pepper」の開発ができる「Pepper meets Android」を7月より販売開始!発表会を写真で紹介【レポート】

スターウォーズのようだけど!?AndroidアプリがPepperでも動くようになる

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクは19日、都内にて「Pepperの新たな展開に関する記者発表会」を開催し、人型ロボット「Pepper」がGoogleのAndroidに対応したことを発表した。

Androidに対応したPepperは、2016年7月より開発者向けモデルが先行販売され、Androidのプラットフォーム上でロボアプリが可能になる「Pepper SDK for Android Studio」のβ版も同日に提供開始となった。

今回はこのAndroidに対応したPepperはどのようなものとなるのかを発表会のプレゼンテーションを中心に紹介していく。

続きを読む

2万9900円ながらアルミ製フルメタルボディーで質感高い指紋認証対応のSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を写真と動画でチェック【レポート】

佐々木希さんがイメージキャラクターを務めるSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を写真と動画で紹介!

既報通り、プラスワン・マーケティングは17日、都内にて発表会「FREETEL 新スマートフォン・新TVCM発表会」を開催し、同社のSIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」において新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を2016年5月27日(金)より順次発売すると発表した。

カラーは全5色ですでに予約ははじまっており、まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、その後1ヶ月前後で「メタルブラック」および「シャンパンゴールド」、「ピンクゴールド」、「スカイブルー」が発売される予定だ。

価格は29,900円(以下、すべて税別)ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶搭載を搭載したアルミ製のフルメタルボディーで質感も高く、ディスプレイの下に新たに搭載された「FREETEL ボタン」には指紋センサーが内蔵され、ホームボタンや戻るボタン、タスクボタン、検索ボタン、指紋認証といった5つの機能が備わっている。

また、SAMURAI REI向けのプレミアムバリュープランを提供し、本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用でき、さらに他社から乗り換え(MNP)の場合にはのりかえ割適用で1年間800円引きになるという。

前回は佐々木希さんもゲストとして登場した発表会のプレゼンテーションの模様を紹介したが、今回は発表会のタッチ&トライコーナーで実際にSAMURAI REIの実機を触ることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

2016 Japan IT Week 春:モバイル系の出展はまだまだあるぞ!これまで紹介しきれなかったブース展示の様子をまとめてチェック【レポート】


2016 Japan IT Week 春紹介しきれなかった展示をまとめて紹介!

東京・お台場にある「東京ビッグサイト」にて2016年5月11日(水)~13日(金)の3日間に渡って開催されたIT技術やサービスなどに関連する12つの展示会が合同で行われるイベント「2016 Japan IT Week 春」。

このイベントでは最後のレポートとなる今回は、これまで紹介しきれなかった多くのブースの展示の様子をまとめて紹介していこうと思います。期待のアイテムも見つかるかもしれませんよ!?


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。