S-MAX

イベント・レポート

高コスパスマホ「Galaxy A20」を写真と動画で紹介!本体価格が約2万円で、NTTドコモやau、UQモバイルから割引によって一括1円などで販売中【レポート】


docomoやau、UQ mobileから発売された高コスパスマホ「Galaxy A20」をチェック!

すでに紹介しているように最新の今冬モデルの中でも低価格なエントリー向けスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20」(サムスン電子製)が一部の店舗では“一括1円”などで販売されている。現時点では本体価格が2万円程度より安く設定されているため、総務省が定めるガイドラインに沿った最大2万円(税別)という範囲内の割引施策で実施できているわけだ。

Galaxy A20は海外向けに販売されている「Galaxy A10e」をベースに日本向けに防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)、ストラップ穴といったニーズの高い機能に対応し、さらにFMラジオにも対応しているのでインターネットラジオ「radiko」とともに利用できるハイブリッドラジオ「ラジスマ」に対応しているコストパフォーマンスの高いモデルだ。

販売はまずauから「Galaxy A20 SCV46」が昨年10月25日、続いてNTTドコモから「Galaxy A20 SC-02M」が11月1日、そしてKDDI傘下の仮想移動体通信事業者(MVNO)であるUQ mobileから「Galaxy A20 SCV46-u」が11月15日に発売され、現在の各社の直営店などにおける価格(税込)はauが22,000円、NTTドコモが21,384円、UQ mobileが11,880円となっている。

特にauやUQ mobileでは発売当初はそれぞれ25,920円および23,760円だったが、早々に本体価格が値下げされた。また公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも一括1円とまではいかないが、機種変更(Xi→Xi)なら「Welcome特典」で5,000円分、新規契約や契約変更(FOMA→Xi)、他社から乗り換え(MNP)なら「端末購入割引」で16,500円分のdポイントが還元され、実質5,000円程度からで購入できるようになっている。今回はそんなGalaxy A20について外観などを写真と動画で紹介しておく。

続きを読む

木製雑貨店「Hacoaダイレクトストア 東急プラザ渋谷店」がオープン!越前漆器の技術を使ったスマホケースやキーボードなどビジネスシーンでも使える製品を紹介【レポート】


上質な木製雑貨を取り揃える「Hacoaダイレクトストア 東急プラザ渋谷店」に行ってきた!

木製のデザイン雑貨ブランドを展開するHacoa(ハコア)は5日、「東急プラザ渋谷」(東京・渋谷)の3階に直営店「Hacoaダイレクトストア 東急プラザ渋谷店」をオープンした。

2019年12月5日(木)に開業した商業施設「東急プラザ渋谷」ではオープンに先立ち、メディア向けの内覧会を3日に実施した。今回はその内覧会から、Hacoaダイレクトストア 東急プラザ渋谷店で取り扱う製品などを紹介する。

続きを読む

Pepperが接客してくれる大型カフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」が東急プラザ渋谷にオープン!ロボットと人の共働を写真と動画で紹介【レポート】


Pepperが並ぶ近未来(??)カフェ「Pepper PARLOR」に行ってきた!

ソフトバンクロボティクスは5日、「東急プラザ渋谷」(東京・渋谷)の5階にPepper(ペッパー)をはじめとしたロボットと人が共に働くカフェ「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」をオープンした。

2019年12月5日(木)に開業した商業施設「東急プラザ渋谷」ではオープンに先立ち、メディア向けの内覧会を3日に実施した。今回はその内覧会から、Pepper PARLORの店内の様子や取り扱いメニュー、グッズなどについて画像と動画で紹介する。さらに、説明会で語られたPepper PARLORを立ち上げることになったきっかけやコンセプトやなどもまとめて伝えていく。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:時をかける電脳少女!プログラミング教育必修化を目前に控えた今、その教育方針の意義と子どもたちに託すべき未来について考える【コラム】


プログラミング教育必修化の意義と子どもたちの未来について考えてみた!

今月5日、とある公開授業が神奈川県相模原市にある「相模女子大学中学部」の3年生のクラスで行われました。その公開授業の表題は「IoTについて考える」。政府が提唱する未来社会のコンセプト「Society 5.0」を題材としてソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」と教育機関向けマイコンボード「micro:bit」を連携させ、先進的なプログラミング授業を行うというものでした。

2020年度から小学校から高校までプログラミング教育が必修化されます。本コラムでも何度か取り上げている話題ですが、2017年あたりから教育機関や教材メーカーを中心にその取り組みが徐々に盛り上がりつつあります。

今回取材した相模女子大学中学部では、ロボットとマイコンボードを使った非常に高度なプログラミング授業が行われましたが、それは非常に重要な意味を持つ一方、プログラミング教育が持つ「1つの側面」に過ぎません。

プログラミング教育とは一体何なのか。プログラミング教育によって日本はどう変わろうとしているのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はプログラミング教育が持つ意義と、子どもたちに託すべき未来について考えます。

続きを読む

スター・ウォーズモデルの「赤いSペン」はライトセーバー風!NTTドコモが発売する限定スマホ「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」を紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を記念してペン入力に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+ SC-01M」の限定モデル「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」(サムスン電子製)を2019年12月13日(金)に2000台限定で発売する。

販売拠点は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびGalaxyの旗艦店「Galaxy Harajuku」のみで、ドコモオンラインショップが1980台、Galaxy Harajukuで20台販売予定となっており、ドコモオンラインショップでは12月13日10時より購入手続きが開始される。なお、東京23区内で試験提供されている当日届く「エクスプレス配送」は対象外となるという。

価格(金額はすべて税込)は171,864円(4,774円/月×36回)となっており、36回払いで購入して25ヶ月目以降に返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担額は114,576円(4,774円/月×24回)から。通常モデルが121,176円なので、限定モデルは約50,000円ほど価格が高く設定されていることになる。

同モデルは背面にはスター・ウォーズのロゴとファースト・オーダーのデザインをあしらいつつ、カメラデコやボタンのカラーリング、そして本体から取り出すとライトセーバーの起動音が鳴るSペンでスター・ウォーズの世界観を体現しているとのこと。そんなGalaxy Note10+ Star Wars Special Editionの実機をいち早く見てきたので簡単にご紹介。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。