S-MAX

イベント・レポート

ついに登場!大画面でスリムな最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」にワクワクした【山根康宏の“世界のモバイル”】


満を持しての登場となるGalaxy S8とS8+を体験してきた!

3月29日に発表されたサムスン電子(以下、Samsung)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」。昨年秋の「Galaxy Note7」が販売中止になったことから、Samsungとして1年ぶりのフラッグシップモデルの登場となる。

Galaxy Note 7ショックを乗り越え、さらには昨年5月に日本でも発売された「Galaxy S7 edge」をどのように置き換えるモデルになるのか。発表前から数々のリーク情報は流れていたものの、現物を実際に手に取ってみると、これこそが次世代のスマートフォンと言える製品に仕上がっていた。

最大の特長である18.5:9のディスプレイは画面サイズの大型化と本体のスリム化という、相反するユーザー要求を見事に実現している。しかもどちらのモデルもエッジディスプレイ化でその細さは数字以上だ。エッジディスプレイに関しては誤操作があるなど反応は分かれているところで「非エッジディスプレイ版も欲しい」という声があるかもしれない。

続きを読む

Cerevoが発売する「1/8タチコマ」を写真と動画で紹介!価格は約17万円で、動く、情報を並列化する、玉川砂記子ボイスで会話する【レポート】


AIで会話できる1/8タチコマが発売!

Cerevo(セレボ)が3月23日に都内にて新製品発表会を開催し、アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」(製作:攻殻機動隊製作委員会)に登場する多脚戦車「タチコマ」の1/8モデル「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ」(以下、1/8タチコマ)を発売すると発表した。

1/8タチコマは、同社のアニメやゲーム、映画に登場するアイテムを、家電のテクノロジーを用いて現実世界に可能な限り再現する「S2R(From screen to the real world)」プロジェクトの第2弾となる。

21個のモーターによって自律動作するほかスマートフォン(スマホ)からの操作、そして音声による会話も可能としている。またカメラによる物体認識と音声認識からタチコマ同士の「並列化」も実現する。

1/8タチコマは直販ストア「Cerevo official store」での販売価格は税抜157,400円(税込169,992円)で同日より予約販売が開始となっており、今年6月の出荷を予定している。今回は発表会の模様と1/8タチコマの動作を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

格安スマホ「もしもシークス」が浅草ROX 3Gに新店舗をオープン!月25GBまでの「ギガ放題」や新製品も追加され、東海地方ではTVCMも放映開始【レポート】


もしもシークスがかけ放題のガラホをついに取扱い開始!写真は木野社長

仮想移動体通信事業者(MVNO)として実店舗でのサービスに強みを持つ携帯電話サービス「もしもシークス」を展開しているエックスモバイル。同社は3月31日に東京・浅草の商業施設「浅草ROX 3G」の1階に都内初出展となる「もしもシークス浅草店」をオープンしました。

また同日に取り扱うSIMフリーの新製品「AQUOS ケータイ SH-N01」や「Hello Kitty FIGURINE KT-01(以下、ハローキティーフォン)」など、そしてサービス「ギガ放題」の発表やテレビCMの告知などを目的とした内覧会を開催しました。今回は筆者も参加してきたのでさっそくその様子をレポートしていきます。

続きを読む

DSDSブームはgooスマホが牽引する!IGZO液晶を採用した「g07+」やAIによる行動支援サービスなどが発表された「NTTレゾナント・メディアカンファレンス」を写真とともに解説【レポート】


「goo」20周年を記念したスマホ「g07+」も発表されたNTTレゾナントのメディアカンファレンスを紹介!

NTTレゾナントは27日、インターネット検索サービス「goo」の20周年を記念した報道向け説明会『NTTレゾナント「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催しました。

カンファレンスではgooが取り組んできた検索サービスの振り返りや現在研究と検証試験を行っている「AIによる行動支援サービス」の概要などが発表されたほか、gooのスマホブランドのDSDS対応SIMフリースマートフォン(スマホ)「g07+」などが発表されました。

g07+は2016年12月より発売が開始されているSIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版という位置付けで、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とセットで3月27日より予約が開始されています。

セット販売時の価格は19,800円。カラーはホワイトパネルとブラックパネルの2種類でホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定となっています。今回はこのメディアカンファレンスの模様を写真を交えて解説していきます。

続きを読む

訪日外国人向けの観光用「ロボホン」レンタルサービスを羽田空港国際線ターミナルでスタート!レンタルは観光客だけではなく誰でもOK【レポート】


観光案内をするロボホンのレンタルサービスをスタート!

京浜急行電鉄、シャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズは22日、都内にて「コミュニケーションロボット『ロボホン』を活用したインバウンド向け観光サービスに関する発表会」を開催し、日本初の多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボットレンタルサービスを2017年4月25日(火)より開始することを発表した。

このサービスは訪日外国人観光客向けに英語・中国語に対応したシャープが開発・販売する「RoBoHoN(ロボホン)」をビジョンが展開する「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」でレンタルし、ロボホンを通じて日本文化に触れ合って思い出作りをするというコンセプトだ。

ロボホンは「ロボてなし」アプリで、位置情報からオススメのスポットや写真撮影などを案内する。ロボホン本体のレンタル料金は24時間で1,500円、48時間で3,000円、72時間で4,000円、以降12時間ごとに500円(すべて税抜)としている(Wi-Fiルーターのレンタル料金は別)。

グローバルWiFi羽田空港店カウンターでは、ロボホンのプラモデルなどのお土産も販売。日本人向けにもロボホンのレンタル・販売も行う。今回はこの新サービス発表会をレポートしたいと思う。

続きを読む

ハイエンドクラスのカメラ機能を搭載するSIMフリースマホ!モトローラ「Moto G5 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


低価格ながらGalaxy S7 edgeにも採用されているデュアルピクセルオートフォーカスを搭載!

既報通り、モトローラ・モビリティは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、メタルボディーでAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus」および「Moto G5」、さらに「Moto Z」シリーズ用機能モジュール「Moto Mods」として「ビークル・ドック」など4種類の発売を発表した。

Moto G5 Plusは3月31日発売を予定しており販売価格は35,800円、Moto G5も3月31日発売予定で販売価格は22,800円、ビークル・ドックは2017年春以降の発売予定で販売価格は9,800円だ(価格はすべて税抜)。

今回は発表会のタッチ&トライコーナーでMoto G5 Plusの試作機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

LINEモバイルはTVCMと実店舗でタッチポイントを増やす次のステップへ!ビックカメラに女優のんさんが登場した「即日受渡しカウンターイベント」を写真と動画で紹介【レポート】


LINEモバイル即日受渡しカウンターを家電量販店に開設!

LINEモバイルは15日、同社が運営する仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )の即日受渡しカウンターをビックカメラ、ヨドバシカメラ全10店舗に開設した。

ビックカメラ 有楽町店では、LINEモバイルの親会社であるLINE Corp. 取締役CSMOの舛田淳氏、ビックカメラ 執行役員 有楽町店 店長の佐藤壮史氏、そしてテレビCMに出演する女優の「のん」さん(以前は「能年玲奈」として活動)が登壇し、店頭イベントが行われた。

イベントには報道陣のほか、早朝にもかかわらず一般の観覧者も多いものとなっていた。同日に即日受渡しカウンターが設置された店舗は、ビックカメラ 有楽町店、ビックロ、ラゾーナ川崎店、名古屋駅西店、なんば店、ヨドバシカメラ 新宿西口本店、マルチメディアAkiba、マルチメディア横浜、マルチメディア川崎ルフロン、マルチメディア梅田の10店舗。

イベントの挨拶にて舛田氏は「リアルなタッチポイントは今後数百規模で展開をしてまいります」と意気込みを見せた。今回はこのLINEモバイルの即日受渡しカウンターイベントおよび店内を紹介していく。

続きを読む

テレビCMにのんさんを起用する格安SIM「LINEモバイル」の発表会を写真と動画で紹介!今夏までに通話定額や音楽のカウントフリーサービスを拡大へ【レポート】


LINEモバイル初のTVCMは女優のんさんを起用!

LINEモバイルは14日、都内にて「『LINEモバイル』記者発表会」を開催し、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )についての今後の展開について発表を行った。

登壇した同社代表取締役社長の嘉戸彩乃氏は昨年9月にソフトローンチしたLINE MOBILEの半年間を振り返り、「申込件数」および「平均月額基本利用料」が大きく成長、また「コミュニケーションフリー」が好調であると話す。

さらに「音声通話SIM」の申し込み比率も伸びており、メイン回線として選ばれているという。利用者が拡大する一方でユーザー満足度は93%と高いことや解約率が1.2%と低いことを挙げ、プランや回線速度、サポートのそれぞれがLINE MOBILEの強みだと明らかにした。

これまでネットでの申し込みのみだったLINE MOBILEは、次のステップへ進むべく「サービス」および「タッチポイント」、「プロモーション」の3つに注力する。今回はそんなLINEモバイルが注力する3つの柱について紹介していく。

続きを読む

110名の一般参加者がピコ太郎さんや大原櫻子さんとソフトバンク「学割ってるダンス」を公開収録!PPAPやお父さんも飛び出したイベントの様子を写真と動画で紹介【レポート】


ピコ太郎さん大原櫻子さんが学割ってるダンスを踊りきった!

ソフトバンクは14日、都内にて一般参加者とともにテレビCM「学割ってるダンス」の公開収録する「学割ってる?フェス ~みんなで踊って公開収録!~」を開催した。

イベントには事前募集を行った中学生以上25歳以下の一般参加が110名参加し、タレントのピコ太郎さんや大原櫻子さんと学割ってるダンスを撮影した。

また撮影終了後はサプライズゲストとして“お父さん”が登場して場内を沸かせていた。なお、今回撮影した映像はソフトバンクのYouTubeチャンネルに「『学割ってるダンス』(公開収録ver.)」として公開されている。

本記事では、この収録の様子を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

期待のあの「8」の付くスマホの話やスレスレの危険なトークが飛び出す!?九州発のガジェットイベント「めんたいガジェットフェス2017」紹介(後編)【レポート】


期待度MAXなあのスマホの話など、普通のイベントではなかなか聞けない話題がてんこ盛りなめんたい3の会場レポート後編をお届け!

既報通り、福岡・博多のリファレンス駅東ビルにて福岡発のスマートフォン(スマホ)などのモバイルガジェット関連ファンイベント「めんたいガジェットフェス2017」(通称:めんたい3)が3月19日に開催されました。

本イベントではメーカーや企業などが主催する大規模なイベントと異なり、普段のイベントなどでは聞くことのできないディープな話題や裏話的な貴重なエピソードを直接聞くことができたり、といった点も本イベントの魅力となっています。

前回に続く後編となる本記事では、前々回の第1回以来の参加となるASUS JAPANとめんたい初参加のGalaxy(サムスン電子ジャパン)の登壇の様子をお伝えします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。