S-MAX

イベント・レポート

ファーウェイのダブルレンズカメラ搭載SIMフリースマホ「honor 9」をじっくりと写真と動画で紹介!オンライン専売の「HUAWEI P10」とも言える高性能が魅力【レポート】


ファーウェイのダブルレンズカメラを搭載するSIMフリースマホ「honor 9」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「新製品発表会」を開催し、美しいガラスボディーで背面にダブルレンズカメラを搭載したSIMフリースマートフォン「honor 9」(Huawei Technologies製)を2017年10月12日(木)に発売すると発表した。

主なスペックとしてハイエンドチップセット「Kirin 960」(2.4GHz×4コア+1.8GHz×4コア CPU)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDカード(最大256GB)、3200mAhバッテリー、USB Type-C端子などと高性能となっている。

希望小売価格は53,800円(税別)だが、日本ではこれまで「楽天モバイル」と公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」のみで販売されてきた「honor」シリーズだが、今回は新たに「IIJmio」および「イオンモバイル」、「NTTコムストア by gooSimseller」が追加され、SIMカードとのセットなら税込でも3万円台後半から販売されている。

すでに発表会のプレゼンテーションの模様はレポートしているので、今回は発表会に併設された展示会場にて実際にhonor 9の実機に触れることができたのでじっくりと写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ファーウェイがダブルレンズカメラ搭載スマホ「honor 9」を10月12日に発売!次期最上級スマホ「HUAWEI Mate 10」の年内日本投入も明らかにされた発表会を紹介【レポート】


勢い増すファーウェイが特有の光沢感が美しいSIMフリースマホ「honor 9」を発表!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は10日、都内にて「新製品発表会」を開催し、前面だけでなく背面もガラス製で特有の光沢感が魅力となっているスマートフォン(スマホ)「honor」シリーズの最新モデルとなる「honor 9」(Huawei Technologies製)を発表しました。

主な仕様はディスプレイに約5.15インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶、チップセットにハイエンド向け「Kirin 960」、4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応(nanoSIMカード×2)、microSDカード(最大256GBまで)、3200mAhバッテリー、USB Type-C端子などとなっています。

日本市場では仮想移動体通信事業者(MVNO)の販路のみでの販売となっており、現時点では「楽天モバイル」および「IIJmio」、「イオンモバイル」、「NTTコムストア by gooSimseller」から販売されます。市場想定売価は53,800円(税別、以下同)で、発売日は10月12日(木)となっています。

今回は筆者も発表会に参加してきたので、さっそく会場の様子をプレゼンテーションの内容を中心にご紹介します。

なお、発表会ではレゼンテーション後に同社デバイス・プレジデントを務める呉波氏の囲み取材にて海外で10月16日に発表予定の次期プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」についても日本で年内に投入することが明らかにされました。

続きを読む

IFA 2017:Sony、最新5.2インチスマホ「Xperia XZ1」を展示!Motion EyeカメラやSnapdragon 835や4GB RAMなどのフラッグシップモデルを写真で紹介【レポート】


IFA 2017に展示されていたソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」をチェック!

既報通り、Sonyがドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」およびその小型モデル「Xperia XZ1 Compact」(ともにSony Mobile Communications製)などを発表した。

すでにXperia XZ1およびXperia XZ1 Compactは海外では販売が開始されており、日本でもこれまで通りに恐らくNTTドコモなどの携帯電話会社から冬モデルとして登場すると予想される。価格はイギリスではXperia XZ1が599ポンド(約89,000円)、Xperia XZ1 Compactが499ポンド(約74,000円)。

そこで今回は、IFA 2017でのSonyブースで前回のXperia XZ1 Compactに続いてXperia XZ1の実機を実際にの試した模様を写真を交えて紹介する。Xperia XZやXperia XZsとどう変わったのか、新機能「3Dクリエイター」はどういったものなんかを中心にお伝えする。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(後編)【レポート】


TGS 2017のコンパニオンのおねいさんたち!後編です

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間にわたって国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズ、関連ソリューションなどが出展される展示会の「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

これまでにスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連を中心にレポートをお伝えしてきましたが、本記事では前回のTGS 2017のブースや会場を彩ったコンパニオンのおねいさんとその他いろいろ記事の前半に引き続いて後編をお送りします。それでは後編をどうぞ!

続きを読む

東京ゲームショウ2017:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(前編)【レポート】


展示会レポート恒例!?おねいさんたちのお写真のお時間です

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間にわたって国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

TGSを含む大規模な展示会レポートのお約束、今回はTGS2017会場内のブースを彩ったコンパニオンのおねいさんとモデルのおにいさんとかメカとかの写真を前後編に分けてお送りします。それではまずはさっそく前半にまいりましょっ!

続きを読む

ワイヤレス充電だけじゃない!新スマホのiPhone X・8・8 Plusは急速充電にも対応ーーUSB PD対応ACアダプターなら30分で50%まで充電可能【レポート】


iPhone 8・8 Plus・XはUSB PD対応の急速充電に対応!

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」の新機能として注目されている「ワイヤレス充電」がありますが、もう1つ新たに「急速充電」に対応したことも挙げられます。これは11月に発売予定の「iPhone X」も同様で、それぞれ“30分で最大50%”の充電が可能となっています。

ただし、ワイヤレス充電が「Qi(チー)」規格に対応した充電器を別途用意する必要があるのと同様で、急速充電もiPhone 8・8 Plusに付属するACアダプターでは利用できません。急速充電するには「USB PD(Power Delivery)」対応ACアダプターが必要となります。

2015年以降のMacBookなどに付属するUSB Type-C端子のACアダプターがUSB PDに対応しており、これらを持っている人は使いまわすことができまるが、持っていない場合にはUSB PD対応ACアダプターを購入しないと急速充電は利用できません。

iPhone 8シリーズの発売以降に各所で実際に急速充電で30分間で50%の充電ができるのか試されていますので、筆者もいくつかのUSB PD対応を含むACアダプターでiPhone 8を充電してみましたのでその模様と合わせて紹介したいと思います。

続きを読む

IFA 2017:Huawei、日本発売も近い新スマホ「honor 9」や次世代チップセット「Kirin 970」などを展示!最上級スマホ「Mate 10」シリーズは10月16日発表予定【レポート】


IFA 2017におけるファーウェイブースを紹介!honor 9やKirin 970など

既報通り、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)がドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催されていた世界最大級の家電見本市「IFA 2017」の基調講演にてAI(人工知能)の処理を高速化する専用ハードウェアユニット「NPU(Neural Network Processing Unit)」を内蔵した新しいハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 970」(HiSillicon製)を発表した。

同社では合わせてKirin 970を搭載した最上級のプレミアムスマートフォン(スマホ)「Mate」シリーズの次期モデル「HUAWEI Mate 10」シリーズ(仮称)を2017年10月16日(月)にドイツ・ミュンヘンで発表する。

そこで今回は少し遅くなったが、そんなKirin 970などが展示されていたIFA 2017におけるファーウェイブースの様子を日本投入も予想されるスマホ「honor 9」と含めて写真で紹介していく。

続きを読む

IFA 2017:最新フラッグシップスマホ「LG V30」が展示!縦長6インチほぼ全画面デザインやF1.9ガラスレンズのデュアルカメラ、クアッドDAC、防水・防塵・耐衝撃など【レポート】


IFA 2017で展示されていた新スマホ「LG V30」を紹介!

既報通り、LG Electronics(以下、LG)がドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催されていた世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、同社のフラッグシッププレミアムスマートフォン(スマホ)「V」シリーズの最新モデル「LG V30」を発表した。

すでに韓国では2017年9月21日(金)に発売され、アメリカやアジア、ヨーロッパ、アフリカ、中東などの主要な国・地域で順次販売される予定。現時点では日本への投入については明らかにされていないが、昨年は前機種「LG V20」の派生モデルとしてNTTドコモ向け「V20 PRO L-01J」やau向け「isai Beat LGV34」が日本で発売されているだけに期待したいところだ。

今回は少し遅くなったが、IFA 2018でのLGブースで実際にLG V30の実機を試した模様を写真を交えて紹介したいと思う。なお、LG V30は内蔵ストレージ(UFS 2.0)が64GBモデルで、128GBモデルに増量した「LG V30+」も用意されている。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:落とすだけの簡単操作!ジョイントメディア、ふわふわもちもち「いやしましゅまろ」のスマホなど向けパズルゲーム「ましゅまろどろっぷす」を展示【レポート】


狙って落とすだけの簡単操作で誰でも簡単に遊べる癒し系パズル!遊んで癒されてみませんか?

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました(9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日)。

今回の記事では会場内のスマートフォン(スマホ)アプリゲームゾーン内に出展していたジョイントメディアのブースにて、現在配信中のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けゲームアプリ「いやしましゅまろ~ましゅまろどろっぷす~」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

IFA 2017:Lenovo、日本でも発売される“スター・ウォーズ”の世界観が楽しめるARヘッドセット「Star Wars Jedi Challenges」やMotorolaブランドの防水スマホ「Moto X4」を展示【レポート】


IFA 2017のレノボ・モトローラブースを紹介!

Lenovoがドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催されていた世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、ARヘッドセットとライトセーバー・コントローラーなどによって映画「スター・ウォーズ」の世界観を楽しめる「Star Wars Jedi Challenges」や傘下のMotorola Mobilityから新しいスマートフォン(スマホ)「Moto X(第4世代)」(以下、Moto X4)などを発表した。

すでに既報通り、日本法人のレノボ・ジャパンからStar Wars Jedi Challengesについては10月中旬より日本にて予約販売開始し、11月中旬以降に出荷されることが発表された。価格は30,800円(税別)。

今回は少し遅くなったが、Star Wars Jedi ChallengesやMoto X4を中心にIFA 2017のLenovoブースの模様を写真を交えて紹介する。MotorolaブランドではSIMフリースマホ「Moto G5S Plus」が10月6日に発売されるが、デュアルカメラ搭載でさらに防水にも対応したMoto X4の日本投入も期待したい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。