S-MAX

イベント・レポート

2018年12月スタートの新4K衛星放送に対応!復活したシャープの新しいテレビ「AQUOS 4K」を写真と動画で紹介【レポート】

4K大画面でHDR対応の最新液晶テレビAQUOSが登場!

シャープは9月27日、都内にて「新製品発表会」を開催し、12月1日開始予定の新4K衛星放送に対応する液晶テレビ「AQUOS 4K」および、4K放送に対応するチューナー、Blu-rayを搭載したレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」を発表した。

液晶テレビAQUOS 4Kは、60インチの4T-C60AN1、50インチの4T-C50AN1、45インチの4T-C45AL1の3モデルをラインナップ。60インチと50インチモデルが11月17日発売、45インチモデルが12月22日に発売となる。市場想定価格は60インチモデルが28万円前後、50インチモデルが20万円前後、45インチモデルが15万円前後(全て税抜)を予定している。

また、既存の4Kテレビでも4KチューナーおよびAQUOS 4K レコーダーを組み合わせることで、新4K衛星放送が楽しめるようになる。4Kチューナー4S-C00AS1の市場想定価格は3万2,000円前後、4TB HDDを搭載したレコーダー4B-C40AT3の市場想定価格は14万円前後、2TB HDDを搭載した4B-C20AT3の市場想定価格は11万円前後としている。

今回は、AQUOS 4Kの昨日および、家電やスマートスピーカーと連携するAIoT機能について紹介していく。

続きを読む

10月1日より全国一斉発売!VAIOが組み立てる完成版「コミュニケーション・ロボットATOM」を写真と動画で紹介【レポート】

クラウドと連携して雑談も可能となったコミュニケーション・ロボットATOMが10月1日販売開始

講談社は9月10日、パートワーク「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」最終号の発売に先立って、ATOM完成披露&「完成版」発売記者発表会を開催した。

70号で完成したコミュニケーション・ロボットATOMが、10月1日からVAIOが組み立てた完成版として家電量販店、百貨店のロボット売り場、講談社ONLINE STOREなどで発売となる。

今回は昨年3月に紹介したコミュニケーション・ロボットATOM(以下、ATOM)について新機能を含め改めて紹介したいと思う。

続きを読む

eスポーツとゲームリバイバルが新たなマーケットを生んだ?!歴代最多来場者数となった「東京ゲームショウ2018」を「Nikon Z7」で撮った写真で振り返る【レポート】


歴代最多の遊女者数を記録した東京ゲームショウ2018を振り返る!

千葉県・幕張メッセで「東京ゲームショウ2018(TGS 2018)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が2018年9月20〜23日まで開催された。今年の会期4日間の総来場者数は歴代最多の29万8690人を記録した。中でも最終日は12万3063人の来場者があり、低調だった昨年の9万160人を大きく上回った。

今年のテーマは「新たなステージ、開幕。」を掲げ、家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど様々なプラットフォームに向けたゲームや周辺機器などの多彩な展示や体験だけではなく、ゲームタイトルのステージイベントやeスポーツイベントそして物販など、魅力的な内容となった。

例年通り、東京ゲームショウ2018を写真で振り返ってみたいと思う。なお、今回は人物撮影に9月28日に発売となったニコンのミラーレスカメラ「Nikon Z7」で試写を行っているので撮影サンプルとしても参考にして欲しい。

続きを読む

東京ゲームショウ2018:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(後編)【レポート】


TGS2018のおねいさんたちのお写真コーナー!後編をお届け

千葉県・幕張メッセにて2018年9月20日(木)から23日(日)の4日間に渡ってにて国内最大規ゲームやその関連サービスや製品などが集う展示会「東京ゲームショウ2018(TGS 2018)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

本記事では大規模展示会レポートの恒例行事、ブースや会場を盛り上げてくれていたコンパニオンのおねいさんやおにいさん、キャラクターたちのお写真コーナーの後編となります。

前回のTGS 2018のおねいさん写真記事の前編と合わせてご覧くださいませ!それでは後編いってみましょう!!

続きを読む

東京ゲームショウ2018:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(前編)【レポート】


TGS取材恒例!おねいさんたちのお写真をお届け

千葉県・幕張メッセにて2018月年9月20日(木)から23日(日)の4日間に渡って国内最大のゲーム関連展示会「東京ゲームショウ2018(TGS 2018)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

今回は展示会イベントを彩る会場の花、ブースコンパニオンのおねいさん(とか各種クリーチャー)やマスコットキャラクターたちの写真を撮ってきましたので、前後編の2回に渡ってお送りしていきます。

大規模展示会取材恒例のお約束企画!と言ってますが、前回は昨年のTGSで1年ぶりでした……頑張ります。それではさっそく前編をどうぞ!!

続きを読む

プロサッカー・フットサル選手をめざす東北の子どもたちの成長を支え続け15年。NTTドコモ東北支社が「第15回ドコモ東北少年少女フットサル大会」を開催【レポート】

futsal01
東北の少年少女のフットサル大会をドコモが支援


NTTドコモ東北支社は9月8日、東北各県より選抜された少年少女チーム16チームを集めた「第15回ドコモ東北少年少女フットサル大会」を宮城県仙台市泉区のシェルコムせんだいにて開催しました。

この大会は2004年よりNTTドコモ東北支社の主催で15年間社会貢献活動の一つとして行われているフットサル大会です。小学生年代のサッカー・フットサル大会は男女混合チームの大会が多いのですが、今大会は少年リーグ、少女リーグに分かれており、女子だけのチームが出場するのも特長です。

熱戦が繰り広げられた大会の模様を紹介します。

続きを読む

デルがゲームコンソールとハイエンドゲーミングPCの間を埋めるカジュアルゲーマー向けゲーミングPC「New Dell G3 17」を発表【レポート】

01
PCメーカーは今、新たなPCゲームユーザーを掘り起こそうと画策している

デルは9月4日、都内にて「デル ゲーミング製品ラインナップおよびALIENWARE 新施策に関する発表会」を開催し、ゲーミングとグラフィックス向けの薄型17インチ ハイエンドノートPC「New Dell G3 17」の商品説明を行った。

同社のゲーミング製品には「eスポーツ」向けとも言うべきハイスペックブランド「ALIENWARE」がラインナップされているが、「Dell G」シリーズはもっと手軽にPCゲームを楽しみたいというユーザー向けのシリーズである。とはいえ、ただ単にPCが動くだけというスペックではなく、PCゲームが快適に動くところに重点を置いたまさにゲーミングシリーズである。

最小構成で109,980円(税抜)からととなっており、ゲーミングPCとしては安く、一方で一般的なPCとしては高いと感じるかも知れない。今では、スマートフォンでも「PUBG」や「Fortnite」が楽しめるなどゲームの楽しみ方はさらに広がっている。

また、ゲームコンソロールも4~5万円台で購入できることから、性能が低い低価格PCをゲーミング用途で選ぶことはない。

この10万円台のPCは、ハイエンドゲーミングPCとゲームコンソールの間を埋める製品群であり、PCメーカー各種が力を入れているゾーンでもある。特に、ゲーミングPCの性能を外に持ち出せることから、据え置き型のゲームコンソールや、画面の小さいスマートフォンにはない魅力があると言って良いだろう。

今回は、デルのゲーミング向けPC Gシリーズについて紹介していく。

続きを読む

NTTドコモのネットワークオペレーションセンターを紹介! 平時のインフラ監視から大災害の緊急対策までを担うモバイル通信の「要塞」を解説【レポート】


ドコモネットワークオペレーションセンターの役割と取り組みについて解説!

NTTドコモは8月29日、東京・品川にある「ドコモネットワークオペレーションセンター」にて報道関係社向けの見学会を開催しました。本見学会は同社が毎年8月に行っているもので、同社の災害への取り組みや平時より通信網の管理と制御をどのように運営しているのかを公開するものです。

ここ数年、広い地域が壊滅的罹災に遭う大規模災害が頻発していますが、残念ながら2018年も9月現在までに地震や洪水、台風、またそれらに伴う土砂崩れなど、副次的災害も含めて数多くの災害が発生しました。

記憶にあたらしいところでは 北海道南西部地方を震源とし震度7を記録した「北海道胆振(いぶり)東部地震」がありますが、この地震の際もNTTドコモの通信網は停電や土砂災害の影響で多くの基地局が停止し、日本史上初となる大ゾーン基地局の稼働を行わざるを得ない状況にまで追い込まれました(大ゾーン基地局の詳細については後述)。

モバイル通信が社会の基幹インフラとなって久しい現在、同社はどのようなインフラ制御と災害対策を行っているのでしょうか。普段は知られることのないオペレーションセンターの仕事や取り組みについて解説します。

続きを読む

hugmoが午睡管理用クラウドサービス「Hugsafety」を発表! 空気圧の変化を利用したマット型IoTセンサーで子どもたちを午睡事故から守り保育士の業務負担を軽減【レポート】


hugmoが幼児の午睡クラウド管理サービス「hugsafety」を発表!

ソフトバンクグループで保育クラウドサービス「hugmo(ハグモー)」を提供するhugmoは19日、都内にて「IoTを活用した新サービスに関する記者説明会」を開催し、幼児の午睡をクラウド上で管理する法人向けサービス「hugsafety」を発表しました。同サービスは10月1日から提供予定です。

日本では近年慢性的な保育施設の不足や保育士不足による待機児童の増加が大きな問題となっていますが、今回同社が発表したサービスは保育士の業務活動を効率化し負担を軽減するサービスとして注目されるものです。

hugsafetyで提供されるサービスは幼児の午睡管理に用いるタブレット向けアプリと午睡中の幼児の状態を監視する「マット型IoTセンサー」(バイオシルバー製)で、アプリは無料で利用できるほか、クラウドサービス「hugsafety」は初期費用3万円(以下、全て税抜)および月額費用15,000円、モバイルWi-Fiルーターレンタル費用は無料、マット型IoTセンサーは一括購入の場合118,000円(月額払いのリースプランあり)となっています。

続きを読む

KDDIが「iPhone XS・XS Max発売イベント」を開催!松本穂香さんがまさかのVtuberデビュー!? iPhone専用の新サービスなども発表されたイベントの様子を写真や動画で紹介【レポート】


auショップにてAppleの新型スマホ「iPhone XS/XS Max」のカウントダウンイベントを開催!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は12日、Appleの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」の発売を記念し、発売解禁時間である午前8時に合わせて「iPhone XS/iPhone XS Max発売イベント」を新宿にある直営のauショップ旗艦店「au SHINJUKU」にて開催しました。

会場には予約を行った方の中から先着で5名がイベントに招待され、KDDI 代表取締役社長の高橋 誠氏や同社CMでお馴染みの俳優である神木隆之介さん、松本穂香さんらとともに新製品の発売を盛り上げました。

iPhone XS・XS Maxでは主に前機種となるiPhone Xから顔認識技術であるTrueDepthカメラ機能やその処理エンジン性能が強化されており、壇上でもこれらの顔認識技術を用いたVRキャラクターを用いたデモンストレーションや3Dモデルを利用したARショッピングアプリの実演などが行われ、先進性が強くアピールされました。

そのほか各種キャンペーンや新サービスの内容も含め、iPhone XS/XS Max発売イベントの様子を写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。