S-MAX

アプリ・サービス

ワイヤレスジャパン2017:ナビタイム、交通規制情報など大型車向け機能に特化したカーナビアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を展示【レポート】


大型車ドライバーの仕事にとっても便利な大型車向け機能充実のNAVITIMEのトラックカーナビアプリを紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月24日(水)から5月26日(金)の3日間に渡ってネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品、サービスの展示会イベント「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

同展示会はリックテレコムおよび日本イージェイケイが主催し、併催展示会イベントとして「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」や「ワイヤレスIoT EXPO2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が同時に実施されました。

モバイルに関する技術展示やソリューションなどが展示されるということで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」も毎年取材していますが、今年もさっそく行ってまいりましたので、会場内のブースレポートを数回に分けてお送りいたします。

本記事ではスマートフォン(スマホ)や携帯電話向けのナビゲーションアプリなどでお馴染みの「NAVITIME(ナビタイム)」のブースにて展示されていました運送用トラックなどの大型車両向けに特化したカーナビゲーションアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を紹介します。

続きを読む

GoogleアシスタントやGoogleフォトで使える画像認識・検索技術「Google Lens」を発表!AIによる画像認識率はすでに人間超えに、Cloud TPUがGoogle Compute Engineで利用可能に


GoogleがAI(人工知能)+ML(機械学習)の活用を拡大!

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、新たな検索技術「Google Lens」を発表しています。

スマートフォン(スマホ)などのカメラに映し出された画像に含まれる情報を検索する技術で、同社が以前に提供していた「Google Goggles」に似ているものの、Google Gogglesでは人力で検索していたのに対し、Google Lensでは人工知能(AI)による機械学習技術を利用しているとのこと。

まずはサポートサービス「Google Assistant」やクラウドフォト・ムービーストレージサービス「Google Photos」にて利用できるようにするとし、例えば、Google Assistantでは目の前にある花がどんな種類なのかというのをカメラで写すと答えが返ってくるなどといった使い方になるということです。

続きを読む

人工知能サービス「Google Assistant」が日本語にまもなく対応し、家電コントローラー「Google Home」が今夏日本発売へ!iPhoneなど向けiOS向けアプリもリリース


GoogleはAIを活用したサービスを拡大!Googleアシスタントが日本語に対応

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、人工知能(AI)による機械学習を利用したサポートサービス「Google Assistant」が日本語を含む4言語にまもなく対応すると発表しています。

対応言語は日本語のほか、フランス語およびドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)。また2017年末までにはさらにイタリア語およびスペイン語、韓国語の3言語にも対応予定だとのこと。

さらにGoogle Assistantが日本語に対応することに伴って、Google Assistantを利用した家電コントローラー「Google Home」が今夏に日本で販売開始されることも合わせて発表されました。価格は現時点では未定。またGoogle Homeがハンズフリー通話に対応したり、新たに「Spotify」などにも対応するとのこと。

その他、Google AssistantのiOS向けアプリもアメリカでリリースされ、iPhoneなどでGoogle Assistantによるサポートサービスが利用できるようになるほか、Google Assistant APIが提供されてソニーやパナソニック、LG、ONKYO、B&O、Ankerなどのスマートテレビやスマートスピーカーなどでも利用できるようになるということです。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」にて5月19日からアドベンチャーウィークを開催!ポケストップで道具が多く出たり、モンスターボール半額やアメ4倍、いわタイプポケモン出現率向上など


キャンペーンイベント「Pokémon GO アドベンチャーウィーク」が実施!

Niantic(ナイアンティック)は16日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において日本時間の2017年5月19日(金)早朝から5月25日(木)までキャンペーンイベント「Pokémon GO アドベンチャーウィーク」を実施するとお知らせしています。

期間中はポケストップにおいて通常より多くの「どうぐ」がもらえるようになるほか、「ショップ」では「モンスターボール」を半額で販売し、「相棒ポケモン」がいつもの4倍の早さで「アメ」を見つけてくれるとのこと。

またオムナイトやカブトなどの化石から復活したと言われている「いわタイプ」のポケモンがいつもより多く出現する可能性があるほか、新しいきせかえアイテム「探検家の帽子」も登場するということです。

続きを読む

ソースネクストが「ロゼッタストーン」を30万本限定81%OFFの4980円で発売!今後はさまざまなデバイスで学習できるプラットフォーム化とスマート留守電のアップデートも発表【レポート】


ロゼッタストーンを4,980円で販売!

ソースネクストは4月26日に都内にて「ソースネクスト新規事業戦略発表会並びに ロゼッタストーン CEO 来日共同記者発表会」を開催し、国内独占販売権を取得した言語学習プログラム「ロゼッタストーン」を30万本限定4,980円(通常価格27,593円)で販売することを発表した。

発表では、ロゼッタストーンの国内無期限商標使用権、独占販売権およびデジタルダウンロード製品の改変権を取得したことを報告。これによって、ユーザーの要望に合わせた独自機能の企画・開発することが可能となった。あわせてアメリカ・ヴァージニア州に本社を置くロゼッタストーンを通じて世界中で販売することも可能となったという。

今回は発表会で語られた、ロゼッタストーンを軸とする今後の製品について紹介していく。なお、価格はすべて税抜。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」にて5月6〜8日までくさタイプのポケモンが出やすくなるイベントを開催!GWに合わせたマクドナルドでのルアーモジュールコラボも実施中


ポケモンGOにてくさタイプのポケモンイベントを実施!

Niantic(ナイアンティック)は13日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において日本時間の2017年5月6日(土)早朝より「くさタイプ」のポケモンがいつもより多く出現するイベントを実施するとお知らせしています。

期間は5月8日(月)まで。また日本ではすでに案内されているようにゴールデンウィークに合わせて4月29日(土)から5月7日(日)まで国内のマクドナルド約2500店舗の「ポケストップ」に常に「ルアー」が刺さっている状態になる「ルアーモジュールコラボイベント」が開催されています。

同社では今週末にくさタイプのポケモンをたくさん捕まえて、その結果をARカメラで撮影してTwitterなどで #PokemonGO のハッシュタグを利用して共有して欲しいと案内しています。

続きを読む

iPhoneやAndroidなどのスマホ・タブレット向け軽量版「Twitter Lite」が提供開始!データ通信量を抑え、読込速度が早く――リストや検索結果も一発表示できる方法も紹介


スマホなど向け軽量Webアプリ「Twitter Lite」がスタート!

Twitter(以下、ツイッター)は4月6日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )においてスマートフォン(スマホ)やタブレット向けの軽量版Webサービス「Twiter Lite」( https://mobile.twitter.com )を2017年4月6日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

Twiter LiteはWebブラウザーで利用するWeb版で、データ通信速度が遅かったり、利用料を抑えるためにデータ通信量を抑えたい場合に簡単にTwitterを利用できるスマートフォンやタブレット向けサービスです。Twitterの基本的な機能であるタイムライン閲覧やツイートの投稿、ダイレクトメッセージ(DM)、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知などに対応しています。

またデータ通信量が少なく、読込速度が早いため、動作が軽快なだけでなく、Webブラウザーで使うため、特定のユーザーやリスト、検索結果などのURLをブックマークしたり、ホーム画面に貼り付けたりすることですぐに閲覧できます。

もちろん、これらは公式Twitterアプリ以外のサードパーティー製Twitterアプリを利用すればできたりもしますが、より手軽にアプリを入れずに利用できるのでヘビーに使わないのであればこれで良いという人も多そうです。

そこで今回は、Twitter Liteの基本的な使い方やデータセーブ機能、特定のユーザーやリスト、検索結果などをホーム画面に貼り付けて素早く閲覧する方法を紹介したいと思います。

続きを読む

Android向け軽量版アプリ「Facebook Lite」と「Messenger Lite」が日本でも利用可能に!サイズも小さく、低速通信やロースペックスマホなどでもより快適に


軽量版アプリ「Facebook Lite」と「Messenger Lite」が日本でも使えるように!

Facebookは27日(現地時間)、同社が提供するメッセンジャーサービス「Facebook Messanger」のAndroid向け軽量版アプリ「Messenger Lite」を日本を含む世界150カ国以上のほぼすべての国と地域での使用が可能となったとお知らせしています。

なお、公式のお知らせではMessenger Liteのみが記載されていますが、ソーシャルコミュニケーションサービス(SNS)「Facebook」のAndroid向け軽量版アプリ「Facebook Lite」についても日本を含む国・地域で新たに利用できるようになっています。

Facebook LiteおよびMessenger Liteは通常版のFacebookおよびMessengerのアプリよりもスリム化し、インターネットの通信速度が低速の地域や、最新のデバイスを持っていないユーザーも快適に使うことができます。

Lite版であっても主要な機能をそのまま利用でき、Messenger Liteについては2016年10月に初めてローンチされて以来対象国を広げてきましたが、比較的通信速度が速い日本でも使えるようになりました。

続きを読む

もう試した?キリンがスマホなどの「LINE」をかざすとポイントが貯まる自販機「Tappiness」サービスを開始!使い方を写真と動画で紹介【レポート】


キリンとLINEがお得な自動販売機「Tappiness(タピネス)」をスタート!

キリンビバレッジバリューベンダーとLINE Corp.は13日、新自動販売機サービス「Tappiness(タピネス)」の発表会を開催し、スマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」をかざすとポイントがたまる自動販売機サービスを開始することを発表した。

タピネスは自動販売機に取り付けられた「LINE Beacon」がLINEアプリと接続し、購入ごとに1ドリンクポイントが付与される。15ドリンクポイント貯まると自動販売機で好きな飲料と無料交換が可能な特典チケットが付与される。この特典チケットはLINEの友だちへプレゼントすることも可能だ。

また、電子マネー非対応の自動販売機では「LINE Pay」による決済を可能としている。現在、首都圏・近畿圏を中心にサービスが開始されており、2017年夏以降は全国主要都市部でも順次展開、サービス開始から1年で2万台の展開を見込んでいる。

今回は発表会でデモンストレーションが行われた、タピネスの使い方を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Amazon.co.jpでマーケットプレイス詐欺を回避するチェック項目・対応方法を紹介!極端に安かったり、取引件数が少ない出品者などには注意が必要


shimajiro@mobiler

アマゾン ジャパンが運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にて同社以外の業者がAmazon.co.jpで商品を販売する「マーケットプレイス」に悪意ある出品者が商品を出品し、商品未着による金銭的被害と購入者情報が搾取される詐欺が横行している模様だ。

金銭的な被害に関しては「Amazon マーケットプレイス保証」を申請することで返金されるケースも多いものの、悪意ある第三者に渡った個人情報(購入者の住所・氏名など)に関しては一度流出すると保護されないため注意が必要となる。

そこで今回は、詐欺出品と思われる出品の実例および詐欺被害を防ぐための対応方法を紹介しておく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。