S-MAX

アプリ・サービス

定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のアプリ累計ダウンロード数が2000万件を突破!バージョン3.0.0でiPhoneでも「LINE着うた」にも対応


LINE MUSICの累計アプリDL数が2000万突破!iPhoneでもLINE着うたが可能に

LINE MUSICは24日、同社が運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me )においてスマートフォン(スマホ)などアプリ(Android・iOS対応)の累計ダウンロード数が2000万件を突破したと発表しています。

またLINE MUSICアプリ内で友だちが設定している楽曲を確認できたり、時間帯やシーンに合わせたプレイリストをおすすめしてくれたりなど大規模アップデートをしたVersion 3.0.0を1月18日にリリースし、さらにこのバージョンではiPhone向け「LINE着うた」の提供もスタートしたということです。

続きを読む

ソニーネットワークコミュニケーションズ、スマホなど向けニュース&RSSリーダーアプリ「ニューススイート」のiPhone版を提供開始!S-MAXも選ぶだけで簡単に購読可能


ニュースアプリ「News Suite」のiPhone版がリリース!

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は23日、スマートフォン(スマホ)など向けのニュースアプリ「ニューススイート(News Suite)」のiPhone向けを2017年1月23日(月)に提供開始したとお知らせしています。Android向けについては以前より提供済み。

利用料はAndroid向けもiPhone向けも無料。すでに対応OSはiOS 9.0以降およびAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降。Android向けアプリが世界70か国で配信され、すでにインストール総数5000万、月間利用者数が700万だとのこと。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」もチャンネルが登録されており、アプリ起動後のトップ画面のタブから「お気に入り」→「カテゴリ/URL」を選び、下にスクロールして「テクノロジー」→「ガジェット」の中にある「S-MAX(エスマックス)」の右側の「+」ボタンを押すと購読できます。

続きを読む

カプコン、ロックマン1〜6を収録したスマホなど向けゲームアプリ「ロックマン モバイル」シリーズを配信開始!AndroidとiPhoneなどのiOS向けが各360円


ロックマン1〜6がスマホなど向けにリリース!

カプコンは6日、8bitアクションの名作ゲーム「ロックマン」シリーズのスマートフォン(スマホ)など向けゲームアプリ「ロックマン モバイル」シリーズ6作品を一斉配信開始したとお知らせしています。

原作のロックマン1〜6がそれぞれ「ロックマン モバイル」および「ロックマン2 モバイル」、「ロックマン3 モバイル」、「ロックマン4 モバイル」、「ロックマン5 モバイル」、「ロックマン6 モバイル」としてアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にて配信されています。

価格は各360円。対応OSはAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich)以降およびiOS 6.0以降。なお、ロックマンの情報を発信している無料のスマホなど向けアプリ「ロックマンユニティ」も提供されているので合わせてチェックしてみてください。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」で年末年始イベント!12月26日から1日1個「ふかそうち」プレゼント&トゲピーなどの新ポケモンが出やすく、12月31日から「ルアーモジュール」が60分に


ポケモンGOにてホリデーシーズン向けキャンペーンが実施!

Niantic(ナイアンティック)は24日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において年末年始のホリデーシーズン向けキャンペーンイベントを実施するとお知らせしています。

内容は主に2つ。1つは12月26日から1日1個ポケストップで「ふかそうち」がプレゼントされ、トゲピーやピチューなどの最近になって発見されたジョウト地方のポケモンのタマゴがポケストップから多く見つかるとのこと。

また、もう1つは12月31日から「ルアーモジュール」がいつもの30分より長い60分間有効になるほか、カントー地方の「旅立ちの仲間」フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメとその進化したポケモンがいつもより多く見つけられるということです。

続きを読む

スマホなど向け人気ゲーム「Pokémon GO」がスマートウォッチ「Apple Watch」に対応!ただし、ポケモンは捕まえられず――対応アプリの最新バージョン0.51.2・1.21.2もリリース


ポケモンGOがApple Watchに対応!

Niantic(ナイアンティック)は22日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてスマートウォッチ「Apple Watch」(Apple製)に対応したとお知らせしています。

Apple Watchでできることは、ゲーム内の歩数などがアクティビティーのデータとして追加されるほか、近くに出現したポケモン通知や近くにあるポケストップ通知、回すことで道具を手に入れること、タマゴをかえすためおよび相棒ポケモンがアメを見つけるために一緒に歩いた距離のカウントなど。

ただし、公式アクセサリー「Pokémon GO Plus」とは違ってポケモンを捕まえることはできないということです。なお、Apple Watchを利用するにはアプリを合わせてリリースされた最新バージョン(iOS向けはVersion 1.21.2)にする必要があります。

続きを読む

Pokémon GOアプリがアップデート!最新バージョンはAndroidが0.51.0、iPhoneが1.21.0で誤った振動通知の修正など――サービス開始から地球を20万周超え


Pokémon GOのアプリがバージョンアップで昼夜の状態が場所に反映されるように!

Niantic(ナイアンティック)は20日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリをバージョンアップしたとお知らせしています。

最新バージョンはVersion 0.51.0となっており、0.49.1で起きていた誤った振動通知の修正や、昼夜のモードをよりトレーナー(プレイヤー)がいる場所の時間に沿った内容になるようにしたとしています。

また同社は翌21日(現地時間)、トレーナーの歩いた距離が12月7日時点で87億kmに達し、地球を20万周以上、飛行機でも1000年かかるような距離だとしています。さらにトレーナーが捕まえた総ポケモン数も880億匹以上となり、1日当たり約5億3300万匹を捕まえている計算になるということです。

続きを読む

年末のGoogle社内にゴングが鳴り響く!恒例のライトニングセッションも行われた「Google 2016年末懇親会」を写真と動画で紹介【レポート】

google2016-001
Google懇親会に今年も参加してきました!

Google(グーグル)は15日、都内にて1年の総決算を祝う「Google 2016年末懇親会」を開催しました。この年末懇親会は毎年恒例の行事となっており、立食パーティ以外にも1年間の成果や現在進めているプロジェクトの内容を2分間で発表する「ライトニングセッション」などが披露されます。

Googleにとって2016年はどのような年だったのでしょうか。また2017年はどういった年にしていくのでしょうか。ユーモアたっぷりで笑いの絶えなかったライトニングセッションの様子を中心に懇親会の模様をご紹介したいと思います。

続きを読む

任天堂、iPhoneなどのiOS向けスーパーマリオなゲーム「SUPER MARIO RUN」を配信開始!基本プレイ無料の1200円の売切型――Android版も開発中


iPhoneなど向けゲームアプリ「SUPER MARIO RUN」がリリース!

任天堂は15日(現地時間)、iPhoneやiPadなどのiOS搭載機種向けのアクションゲーム「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオ ラン)」のiOS版を配信開始しています。価格は基本プレイ無料で、すべての機能を利用するには1,200円(税込)で、その他の追加課金はありません。

すでに発表していたように日本を含む151の国と地域で2016年12月15日(太平洋標準時)より順次中。対応OSはiOS 8.0以降。iPhone、iPad、iPod touchに対応。なお、Android向けも開発中とされていますが、配信時期は発表されていません。

続きを読む

2016年を象徴するベストアプリ・ベストゲームは?グーグルが日本で人気のアプリとゲーム「Google Play Best of 2016」を発表【レポート】

グーグルが2016ベストアプリ・ベストゲームを発表!

Google Japan(以下、グーグル)は8日、都内にて「Google Play Best of 2016授賞式」を開催し、今年日本で人気を集めた「2016年ベストアプリ」および「2016年ベストゲーム」を発表した。

2016年ベストアプリは「ベストトレンドアプリ部門」および「ベストイノベーティブアプリ部門」、「ベストシェアアプリ部門」、「ベストデザインアプリ部門」、「ベストローカルアプリ部門」、「ベストエンターテインメントアプリ部門」、「ベスト自己改善アプリ部門」、「ベストファミリー部門」にノミネートされたタイトルから選出。

一方、2016年ベストゲームは「ベストトレンドゲーム部門」および「ベスト対戦ゲーム部門」、「ベストイノベーティブゲーム部門」、「ベストインディーゲーム部門」、「ベストエキサイティングゲーム部門」、「ベストアトラクティブゲーム部門」、「ゲストグラフィックゲーム部門」にノミネートされたタイトルから選出された。

今回は、これらの各部門の大賞を受賞したアプリと、2016年ベストアプリ、2016年ベストゲームをGoogle Playのリンク付きで紹介していく。各部門で大賞を受賞した気になるタイトルを体験してみて欲しい。

続きを読む

人工知能サービス「Google アシスタント」が日本語に対応!AndroidとiPhoneなどのiOS向け新世代のメッセンジャーアプリ「Allo」で利用可能


GoogleのAIサービス「Googleアシスタント」の日本語版がリリース!

Google Japan(以下、グーグル)は13日、新開発の人工知能(AI)サービス「Google アシスタント」の日本語版を提供開始したとお知らせしています。Google アシスタントで補助が受けられる新世代のメッセージング(チャット)アプリ「Allo」にて利用できるようになっています。

補助だけでなく、Google アシスタントとの会話で路線検索や天気予報、各種検索などで情報を得られるほか、ゲームもできるようになっています。なお、Alloの対応プラットフォームは、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 9.1以降。利用料は無料。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。