S-MAX

アプリ・サービス

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」にて6月14日からイベント「熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!」が開催。NiceなどのボーナスXPがアップするほか、協力プレイもまもなく導入へ


ポケモンGOにてキャンペーンイベント「熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!」が実施

Niantic(ナイアンティック)は12日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において日本時間の2017年6月14日(水)早朝から6月20日(火)までキャンペーンイベント「熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!」を実施するとお知らせしています。

期間中はポケモンを捕まえる時にモンスターボールを精確に投げることで得られる「Nice!」や「Great!」、「Excellent!」、「カーブボール」、「ワンショット」などのボーナスXPがいつもよりもアップし、さらにタマゴが孵ったときに得られるXPも通常より多く得られます。

またショップでは「しあわせタマゴ」の半額セールも実施されるので、今回のイベントで得られるXPを倍増させることが可能です。さらに期間中に「ほのおタイプ」のヒトカゲやヒノアラシ、 ガーディ、デルビル、ポニータ、ブーバー、ロコンやその進化系などのポケモン、「こおりタイプ」のニューラやウリムー、パルシェンなどのポケモンがいつもより多く出現するようです。

続きを読む

Interop Tokyo 2017:ネット回線とFM波の併用で安定した番組聴取可能に!radikoがFM波とインターネットラジオを自動で切り替えて受信する「ハイブリッドラジオ」を展示【レポート】


音質の良いFM波と地下でも利用できるネットワーク接続を併用したradikoのデモンストレーションが展示!

千葉県・幕張メッセにて2017年6月7日(水)から6月9日(金)の3日間に渡って、ネットワークテクノロジーとそれに関連するビジネスソリューションなどを扱う企業が集結する展示会「Interop 2017」が開催されました。

Interop Tokyo 実行委員会が主催し、同時に併催イベントとして「Connected media Tokyo 2017」および「デジタルサイネージジャパン2017」、「Location Business Japan 2017」、「アプリジャパン2017」も行われました。

そんなアプリを使ったスマートフォン(スマホ)連動のデジタルサイネージや法人向けソリューションなども多数展示されるイベントということで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも取材へ行ってまいりましたので、ブースレポートを数回に分けてお送りいたします。

今回は専用チューナー不要でスマホやパソコン(PC)などでラジオ放送を楽しむことができるサービス「radiko」でお馴染みのradiko.jpのブースにて、FMラジオ放送の電波とネットワークの状況から電波とネットワーク接続による受信を自動で切り替えて番組の聴取ができる2波自動選択ラジオ受信システム「ハイブリッドラジオ」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

アマゾンジャパンが有料会員プログラム「Amazonプライム」に月額400円の月間プランを提供開始!年間プラン3900円よりも高いものの、使いたい月だけ契約が可能に


Amazon.co.jpのプライム会員が月額払いで利用可能に!

アマゾン ジャパンは8日、同社が運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」における有料会員プログラム「Amazonプライム」( http://www.amazon.co.jp/prime )の月間プラン(月会費:税込400円)を2017年6月8日(木)より提供開始したと発表しています。

Amazonプライムはこれまで年間プラン(年会費:税込3,900円)で提供してきましたが、より手軽にすべてのAmazonプライム特典・サービスを使えるように月間プランを提供することにしたということです。

なお、月間プランから1年間使うのであれば年間900円お得な年間プランへの変更もしくは年間プランから月間プランへの変更も随時可能(支払い済み期間終了後より適用)で、従来通りに初めてAmazonプライムを利用する場合には30日間は無料で試すことができます。

続きを読む

NTTドコモとauでAmazon.co.jpにおける支払いにキャリア決済が利用可能に!どちらも6月30日までに利用すると抽選で1万円が当たるキャンペーンも実施中


Amazon.co.jpでdocomoとauのキャリア決済が利用可能に!

NTTドコモは5日、先日5月24日に実施した「2017夏 新サービス・新商品 発表会」にて明らかにしていた総合オンラインストア「Amazon.co.jp」における支払いを月々の携帯電話料金と一緒に合算して支払える決済サービス「ドコモ ケータイ払い」に2017年6月5日(月)より対応したとお知らせしています。

対応を記念して「ドコモ ケータイ払い利用キャンペーン」( http://ent.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/shop/shop_amazon.html )を6月30日(金)まで実施し、Amazon.co.jpでの買い物にドコモ ケータイ払いで500円(税込)以上利用すると抽選でdポイントが総額1,490万ポイント(1等:10,000ポイント×100人、2等:5,000ポイント×1000人、3等:1,000ポイント×8900人)当たります。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話も5日、同様に2017年6月5日(月)よりAmazon.co.jpにおける支払いにおいて月々の携帯電話料金と一緒に合算できる「auかんたん決済」に対応したと発表しています。

auでも同じく対応を記念してAmazon.co.jpでの支払いにauかんたん決済を使うと最大10,000ポイントの「WALLET ポイント」がもらえるキャンペーンが6月30日まで実施されています。

こちらはAmazon.co.jpの決済方法にauかんたん決済を設定すると、特典1として200ポイント×1000人、特典2としてAmazon.co.jpで500円(税込)以上をauかんたん決済で支払うと総額200万ポイント(1等:10,000ポイント×100人、2等:1,000ポイント×1000人)が当たり、5,000円(税込)以上の利用で当選確率が2倍になるということです。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:情報通信研究機構(NICT)がBLEやWi-SUNを活用したビーコン端末による地域の見守りサービスなどを展示【レポート】


さまざまな通信関連技術とその活用実証が行われていた情報通信研究機構ブースを紹介!

東京ビッグサイトにて5月24日から5月26日までの3日間、ネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品およびサービスに関する展示商談会「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

ワイヤレスジャパンでは「ワイヤレスIoT EXPO2017」および「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が併催され、各企業が自社のサービスや製品を発表し商談を行うほかにも、大学や研究機関などが通信技術に関する実証実験や研究成果の発表を行っていました。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017における国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のブースでもまた最先端の通信技術を用いた実証実験などを発表・展示しており、今回はその研究成果の中からBLE(Bluetooth Low Energy)やWi-SUNを用いたIoTソリューション活用の例をご紹介します。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:レンジャーシステムズ、各種ビーコンを活用したIoTソリューション「monoコネクト」やMVNOプラットフォームサービス「わくわくモビリティ」を展示【レポート】


レンジャーシステムズのBLEを活用したIoTソリューションやMVNOプラットフォームサービスを紹介!

東京ビッグサイトにて5月24日から5月26日までの3日間、ネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品およびサービスに関する展示商談会「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

ここ数年はIoTビジネスの活性化とともにさまざまな小型通信モジュールや近距離通信規格などを用いたメッシュネットワークを活用したIoTソリューションビジネスが展示会の中心となっており、今回も面白いアイデアの製品が数多く出展されました。

そのような中から、今回はレンジャーシステムズのIoTソリューションサービス「monoコネクト」とMVNO(仮想移動体通信事業者)プラットフォームサービス「わくわくモビリティ」をご紹介します。


続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:ナビタイム、交通規制情報など大型車向け機能に特化したカーナビアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を展示【レポート】


大型車ドライバーの仕事にとっても便利な大型車向け機能充実のNAVITIMEのトラックカーナビアプリを紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月24日(水)から5月26日(金)の3日間に渡ってネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品、サービスの展示会イベント「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

同展示会はリックテレコムおよび日本イージェイケイが主催し、併催展示会イベントとして「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」や「ワイヤレスIoT EXPO2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が同時に実施されました。

モバイルに関する技術展示やソリューションなどが展示されるということで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」も毎年取材していますが、今年もさっそく行ってまいりましたので、会場内のブースレポートを数回に分けてお送りいたします。

本記事ではスマートフォン(スマホ)や携帯電話向けのナビゲーションアプリなどでお馴染みの「NAVITIME(ナビタイム)」のブースにて展示されていました運送用トラックなどの大型車両向けに特化したカーナビゲーションアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を紹介します。

続きを読む

GoogleアシスタントやGoogleフォトで使える画像認識・検索技術「Google Lens」を発表!AIによる画像認識率はすでに人間超えに、Cloud TPUがGoogle Compute Engineで利用可能に


GoogleがAI(人工知能)+ML(機械学習)の活用を拡大!

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、新たな検索技術「Google Lens」を発表しています。

スマートフォン(スマホ)などのカメラに映し出された画像に含まれる情報を検索する技術で、同社が以前に提供していた「Google Goggles」に似ているものの、Google Gogglesでは人力で検索していたのに対し、Google Lensでは人工知能(AI)による機械学習技術を利用しているとのこと。

まずはサポートサービス「Google Assistant」やクラウドフォト・ムービーストレージサービス「Google Photos」にて利用できるようにするとし、例えば、Google Assistantでは目の前にある花がどんな種類なのかというのをカメラで写すと答えが返ってくるなどといった使い方になるということです。

続きを読む

人工知能サービス「Google Assistant」が日本語にまもなく対応し、家電コントローラー「Google Home」が今夏日本発売へ!iPhoneなど向けiOS向けアプリもリリース


GoogleはAIを活用したサービスを拡大!Googleアシスタントが日本語に対応

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、人工知能(AI)による機械学習を利用したサポートサービス「Google Assistant」が日本語を含む4言語にまもなく対応すると発表しています。

対応言語は日本語のほか、フランス語およびドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)。また2017年末までにはさらにイタリア語およびスペイン語、韓国語の3言語にも対応予定だとのこと。

さらにGoogle Assistantが日本語に対応することに伴って、Google Assistantを利用した家電コントローラー「Google Home」が今夏に日本で販売開始されることも合わせて発表されました。価格は現時点では未定。またGoogle Homeがハンズフリー通話に対応したり、新たに「Spotify」などにも対応するとのこと。

その他、Google AssistantのiOS向けアプリもアメリカでリリースされ、iPhoneなどでGoogle Assistantによるサポートサービスが利用できるようになるほか、Google Assistant APIが提供されてソニーやパナソニック、LG、ONKYO、B&O、Ankerなどのスマートテレビやスマートスピーカーなどでも利用できるようになるということです。

続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」にて5月19日からアドベンチャーウィークを開催!ポケストップで道具が多く出たり、モンスターボール半額やアメ4倍、いわタイプポケモン出現率向上など


キャンペーンイベント「Pokémon GO アドベンチャーウィーク」が実施!

Niantic(ナイアンティック)は16日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)において日本時間の2017年5月19日(金)早朝から5月25日(木)までキャンペーンイベント「Pokémon GO アドベンチャーウィーク」を実施するとお知らせしています。

期間中はポケストップにおいて通常より多くの「どうぐ」がもらえるようになるほか、「ショップ」では「モンスターボール」を半額で販売し、「相棒ポケモン」がいつもの4倍の早さで「アメ」を見つけてくれるとのこと。

またオムナイトやカブトなどの化石から復活したと言われている「いわタイプ」のポケモンがいつもより多く出現する可能性があるほか、新しいきせかえアイテム「探検家の帽子」も登場するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。