S-MAX

周辺機器

LINEと連携できるスマートスピーカーに2種類のミニオンモデルが登場!さらに「Clova Friends」シリーズで家電操作が可能になる赤外線リモコン「Clova Friends Dock」も発売


「Clova Friends」シリーズにミニオンモデルが登場!

LINE Corp.は16日、同社が開発するAI(人工知能)を活用した音声アシスタント「Clova」を搭載したスマートスピーカー「Clova Friends」シリーズにおいて、映画「怪盗グルー」シリーズに登場するキャラクター「ミニオン」をモチーフにしたミニオンモデル「Clova Friends (MINIONS Kevin)」「Clova Friends mini (MINIONS Bob)」を2018年8月21日(火)から販売すると発表した。

また、Clova Friendsシリーズで家電操作が可能となる「Clova Friends Dock(赤外線リモコン)」も同21日に発売する。対象機種はすでに販売しているモデルも含めたClova FriendsおよびClova Friends miniのすべてで、初号機「Clova WAVE」には購入時より赤外線リモコン機能が搭載されている。

続きを読む

キヤノンマーケティングジャパンがスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」を9月6日に発売!公式オンラインストアでは8月2日からモニター販売を実施中


キヤノンマーケティングジャパンがiNSPiC PV-123を9月に発売

キヤノンマーケティングジャパンは2日、スマートフォン(スマホ)で撮影した画像を、その場でプリントできるスマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」(以下、PV-123)を2018年9月6日に発売することを発表した。

スマホとPV-123をBluetoothで接続し、専用アプリ「Canon Mini Print」を使って、スマホ内の写真や画像がプリントアウトできる。

キヤノンオンラインショップにおける価格は、本体単品で17,150円、キヤノン用ZINK フォトペーパー 20枚入り(ZP-2030-20)が972円、キヤノン用ZINK フォトペーパー 50枚入り(ZP-2030-50)が2,322円(価格はすべて税込)となっている。

続きを読む

タッチパネルディスプレイを搭載して見やすく、使いやすくなった通訳機「POCKETALK W」を写真と動画で紹介!ソースネクストから9月7日に発売【レポート】


お値段据え置きで生まれ変わった通訳機POCKETALK Wを9月7日発売!

ソースネクストが都内にて「通訳機『POCKETALK(ポケトーク)』次世代モデル発表会」を7月26日に開催し、“見やすく、さらに使いやすく”生まれ変わった「POCKETALK W」を2018年9月7日(金)に発売すると発表した。

昨年12月に発売した前モデル「POCKETALK」はニュース番組だけではなく、情報・バラエティー番組でも取り上げられるようになり、個人だけではなく法人利用も好調であるという。

また同社の時価総額は、POCKETALKの発表前(2017年10月20日)が179億円であったのに対して、2018年7月25日の時点で585億円となり、約3.3倍の急成長を遂げている。

そういった中で発表された新製品のPOCKETALK Wはユーザーの意見を取り入れて、翻訳機から通訳機へ生まれ変わった製品であるとのことだ。今回はこのPOCKETALK Wの進化ポイントについて、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

第29回 国際 文具・紙製品展(ISOT):日商テレコムがピーターラビットをデザインしたブックランプを展示!可愛らしい絵本の世界がおしゃれで便利なインテリアグッズに【レポート】


ピーターラビットの可愛いブックランプを紹介!

東京ビッグサイトにて7月4日から6日まで開催された「第29回 国際 文具・紙製品展(ISOT 2018)」に日商テレコムが出展し、ピーターラビットをデザインしたブックランプを展示しました。発売は8月中旬を予定しており、価格は4,980円(税別)となっています。

一見すると表装の丁寧なA6サイズの可愛らしいピーターラビットの絵本のようですが、開くとアコーディオン状に拡がり素敵なルームランプに。おしゃれでメルヘンチックなデザインとそのユニークなアイデアに、ブースを訪れた来場者は男女を問わず足を止めて魅入るほどでした。

同絵本の世界を見事に表現したこの可愛らしいブックランプを写真とともにご紹介します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:音楽を“着る”というパラダイムシフト。完全ワイヤレスイヤホンの魅力を技術の進化や利用者心理の変化から考える【コラム】


完全ワイヤレスイヤホンの魅力について考えてみた!

最近東京都内で電車に乗っていると、完全ワイヤレスイヤホンを利用している人が増えたなぁと思うことが多くなりました。すぐに気がつくのは見た目のインパクトも強いAppleの「AirPods」なのですが、ソニーの「WF」シリーズやAnkerの「Zolo Liberty」シリーズあたりは定番化しつつあり、高級なものではBoseやJabraといったブランドのものも多く見かけます。今ではベンダーやシリーズも数え切れないほどに増え、ヘッドホン市場でも1ジャンルを築き上げたと言っても過言ではないでしょう。

その普及の原点であり起爆剤ともなったのがAirPodsであることは疑いようがありませんが、これからの多種多様な製品市場を加速させる要因となりそうなのはAndroidによるLDACやaptX HDといった音声コーデックへのOS標準対応もあるでしょう。完全ワイヤレスイヤホンはどのように便利で、どのような点が魅力なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は完全ワイヤレスイヤホンの魅力や利点、そしてこのデバイスがもたらした利用者心理の変革について考えます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。