S-MAX

料金

大手携帯電話会社が長期契約の2年縛りを自動更新しないように!NTTドコモは今夏、auは来年度早期に導入と報道――ソフトバンクも追随


NTTドコモやau、ソフトバンクが長期契約の自動更新をしないように!

NTTドコモなどの大手携帯電話会社3社が2年や3年などごとの長期継続利用を前提とする割引された料金プランを見直すと各メディアが報じています。

いわゆる「2年縛り」と言われ、更新月以外では解約料がかかることなどからトラブルが多くなっていることを受けて変更されます。

これに対し、今回の報道では各社ともに長期契約の自動更新をやめ、長期契約終了後はいつでも解約料がかからずに解約できる料金プランをNTTドコモは今夏、auは来年度(2016年4月)以降できるだけ早い時期に導入するとのこと。

長期契約終了後に次の長期契約をしない場合の料金プランについてはauでは検討中としつつ、消費者に受け入れられやすくするとし、NTTドコモでは数百円程度高くなるとしています。

続きを読む

総務省、実質0円やキャッシュバックといったスマホなどの販売適正化に向けて価格調査や消費者からのタレコミ窓口を設置!ガイドライン案も公開し、意見募集を開始


総務省がスマホなどの端末販売の適正化に向けて取り組みをスタート!

総務省は2日、昨年後半に行われた「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の取りまとめを受けていわゆる「実質0円」といったスマートフォン(スマホ)などの販売施策の是正を行っていく上で適正化に向けた取り組み状況を把握するため消費者からの情報提供窓口を設置するとともに全国の販売代理店などにおける販売価格などに関する調査を実施するとお知らせしています。

また、取りまとめに基づいたガイドラインの策定において「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」などを公開し、2016年2月2日(火)から3月3日(木)までの期間で意見を募集しています。今後、寄せられた意見を鑑みつつ、正式に各ガイドラインが策定および改正される予定です。

続きを読む

【年末企画】総務省と秋の空で揺れた2015年!SIMロック解除と技適マークと鶴の一声と――携帯電話税はありまーす?(編集長・memn0ck編)


2015年も後2日!年末企画・memn0ck編書いたよー。

毎年やってきますが、師走というだけあってなぜか毎年忙しいこの時期。今年も残すところ後2日となりました。

さて、そんな時期にサクッと紹介するこの「年末企画」。例年に引き続き、今年の振り返りをしたいと思いますが、昨年と異なって筆者のスマートフォン(スマホ)購入数は微増しました。

というのも、昨年からすでにその傾向はありましたが、大手携帯電話会社(以下、キャリア)からは例年通りに機種が発売され、加えて、仮想移動体通信事業者(MVNO)からメーカーからとSIMフリースマホががんがん発売され、とトータルの機種数はかなり多くなったように思います。

同時にMVNOの"キャリア"化も進み、だいぶ「格安スマホ」や「格安SIM」も一般層にも情報としては浸透してきました。一方で、今年はSIMロック解除の義務化、そして、安倍晋三内閣総理大臣による"鶴の一声"によってはじまった料金プランや販売価格の見直しという方向性としてはわかるものの、その実装具合が微妙だなと感じた内容も多くありました。というわけで、その辺りも含め色々と書いていきたいと思います。

続きを読む

総務省、大手携帯電話3社に低料金プランや端末販売方法適正化などを要請!NTTドコモとau、SoftBankでは年明けにも5千円以下のプランを発表へ


総務省が低料金プラン導入などを大手携帯電話3社に要請!

総務省は18日、携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォースにおいて12月16日に行われた第5回会合で取りまとめられた内容を踏まえ、大手携帯電話会社3社に対して速やかに対応するように要請を行ったとお知らせしています。

同日にはNTTドコモの加藤薫社長やKDDIの田中孝司社長、ソフトバンクの宮内謙社長にそれぞれ高市早苗総務大臣から要請書が手渡されました。

これを受けて、各社では前向きな姿勢を示し、要請内容の通り、ライトユーザー向けに月間の高速データ通信量を1GBまでなどとした5,000円以下の低料金プランを年明け以降に発表する方針を明らかにしています。

続きを読む

総務省が携帯電話料金見直しの会議を取りまとめ!5千円以下のライトユーザー向け料金プラン導入や実質0円廃止などを要望へ――ただし、旧機種の割引には配慮などと緩いルールに!?


総務省が携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース第5回を開催!

総務省は16日、携帯電話各社などにおける利用料金の見直しを行なうことを目的に設置した「ICTサービス安心・安全研究会 消費者保護ルールの見直し・充実に関するWG」における「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」の第5回会合を開催しました。

この会合ではこれまでの議論をとりまとめて今後どういった取り組みを行なうべきかといった方向性が示され、大きく3つの課題がまとめられました。

1つはあまり携帯電話を使わないライトユーザー向けに月額5,000円以下の低料金プランの導入、続いて「実質0円」などの販売方法を数年かけてやめて適正にしていくこと、最後に格安SIMや格安スマホなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)や中古端末の活性化が挙げられました。

続きを読む

アマゾンが5千円以上のAmazonギフト券購入で最大千円クーポンをプレゼントするキャンペーンを11月30日まで実施中!これまでギフト券を購入したことがない人が対象


Amazonギフト券5千円購入で最大千円クーポンがもらえる!

アマゾン ジャパンが運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にてAmazonギフト券を5,000円以上購入すると最大1,000円のクーポンをプレゼントするキャンペーン「Amazon.co.jp: Amazonギフト券最大1000円クーポンプレゼント(10/5-11/30)II: ギフト券」を実施しています。

キャンペーン期間は2015年10月5日(月)0時00分から11月30日(月)23時59分(日本時間)まで。対象ユーザーの条件は2015年9月22日(火)で過去1度はAmazon.co.jpで購入履歴があり、かつ、Amazonギフト券をこれまでに購入したことがない人で、上記キャンペーンページにて「サインインして、キャンペーンに参加する」を実施すると、対象者の場合には「エントリーが完了しました」と表示されます。

続きを読む

ファミリーマートで「Google Play バリアブルギフトカード キャンペーン」が9月25月から10月3日まで実施――最大10%のデジタルコードがもらえる


最大5,000円分もらえる!これはデカイぞ

ファミリーマートは2015年9月25日(金)から10月3日(日)の間に同社のコンピニエンスストア「ファミリーマート」にて「Google Play バリアブルギフトカード」を購入して応募すると、さらに最大10%のデジタルコード(電子クーポン)をもらえるキャンペーンを実施すると告知しています。

Google Play バリアブルギフトカードは1,500円から50,000円までの好きな金額の「Google Play ギフトカード」が購入できるプリペイドカードで、購入したギフトカードに記載されているコード(文字列)を入力してコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」で支払いに利用できます。

今回のキャンペーンでは例えば、Google Play バリアブルギフトカードの1,500円を購入すると150円分、最高額の50,000円を購入すると5,000円分のコードが追加でもらえます。

続きを読む

安倍首相が高市早苗総務大臣に携帯電話の料金引き下げを検討するよう指示!総務省では年内に結論を出すと表明ーー大手携帯電話会社でも月1GBのデータプランなどを提供検討


安倍首相が携帯電話の料金引き下げを指示で総務省が年内に結論めざす!

安倍晋三内閣総理大臣(首相)は11日、同日開催された第15回経済財政諮問会議にて高市早苗総務大臣に携帯電話の料金引き下げを検討するよう指示を出しました。会議終了後に甘利明内閣府特命担当大臣が明らかにし、内閣府にて公開されています。

これを受けて、高市氏は15日、閣議後記者会見にて携帯電話事業の管轄をする総務省の総合通信基盤局 局長の福岡徹氏に早急な検討体制の構築と年内をめどにしっかりと結論を得るように指示したということです。

続きを読む

総務省が大手携帯電話会社に「2年縛り」の改善を要請へ!解約金の段階的な引き下げや2年以降利用時に比較的抑えた料金プランの新設などを促す


総務省が携帯電話各社に2年縛りの状況を改善するよう要請へ!

総務省は29日、NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイル(SoftBankおよびY!mobile)といった大手携帯電話会社に対して2年や3年といった一定期間の利用を条件に料金を安くする「2年縛り」において条件となる一定期間内に解約する場合にかかる解約金を段階的に引き下げるなどの改善をするように今年7月に提言をまとめて対応を求めると読売新聞などが報じています。

提言では解約金の段階的引き下げのほか、すでに2年縛りの解約金がかからない更新期間を現在の1ヶ月から2ヶ月にするように提言すると報道されていましたが、さらに条件を緩和して2年経った後はいつ解約しても解約金がかからず、月額基本料金についても比較的抑えた新料金プランを追加するなどを想定しているということです。

続きを読む

アマゾンが一部のユーザー向けに3千円以上のAmazonギフト券購入で500円クーポンをプレゼントするキャンペーンを7月31日まで実施中


Amazonギフト券3千円購入で500円クーポンがもらえる!

アマゾン ジャパンは1日、同社が運営する大手Webストア「Amazon.co.jp」にて一部のユーザー向けにAmazonギフト券を購入すると500円クーポンをプレゼントするキャンペーン「【エントリーできた方限定】Amazonギフト券3,000円以上買うと500円クーポンもらえます(7/31まで)」を実施しています。

キャンペーン期間は2015年6月1日(月)0時00分から7月31日(木)23時59分(日本時間)まで。対象ユーザーの条件は2015年5月28日時点で過去1度はAmazon.co.jpで購入履歴があり、かつ、Amazonギフト券をこれまでに購入したことがない人で、上記キャンペーンページにて「サインインして、キャンペーンに参加する」を実施すると、対象者の場合には「エントリーが完了しました」と表示されます。

なお、対象でない場合には「申し訳ありませんが、お客様はこちらのプロモーションの対象者ではありません」と表示されます。上記写真ではスマートフォン(スマホ)で試していますが、もちろんパソコン(PC)でも試せます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。