S-MAX

料金

秋吉 健のArcaic Singularity:戦場にかける通信回線。政府が要望した「20GB/月額4000円」プランの「落とし穴」と「抜け穴」とは【コラム】


通信各社の20GBプランについて考えてみた!

既報通り、ソフトバンクとKDDIおよび沖縄セルラー電話は10月28日、相次いでデータ通信容量が20GBの新料金プランを発表しました。それぞれサブブランドとなる携帯電話サービス「Y!mobile」と「UQ mobile」向けの料金プランとなります。

Y!mobile向けの料金プランは、月額4,480円でデータ通信容量20GBと10分以内の国内通話無料となる「シンプル20」で、2020年12月下旬より提供開始予定。UQ mobile向けの新料金プランは月額3,980円でデータ通信容量20GBの「スマホプランV」で、2021年2月以降に提供開始予定となっています。

各社が今回のプランを発表した背景には、2018年より続く日本政府および総務省によるモバイル通信料金低廉化への動きがあります。当ブログメディアの読者のみなさまにはもはや説明不要かと思われますが、政府がモバイル通信料金の目安として掲げ、海外のモバイル通信会社の料金との比較に用いられていた数字こそがデータ通信容量20GBでの料金であり、その水準が日本円にして4,000円前後でした。

政府としては納得せざるを得ない料金水準を満たしてきた各社のプランですが、果たしてこれで「万事解決」となるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はソフトバンクやKDDIによる20GBプランを検証しつつ、そこに存在する「落とし穴」や「抜け穴」、そして技術的停滞への懸念について考えます。

続きを読む

総務省、携帯電話・PHSの番号持ち運び制度(MNP)のガイドライン改正案を公表!手数料の原則無料化や引き止め禁止など


総務省がMNPの改正ガイドライン案を公表して意見募集!来年4月1日より運用へ

総務省は2日、携帯電話・PHSの番号ポータビリティー(MNP)の実施についてのガイドラインの改正案を作成して公表しています。合わせて2020年11月3日(火)から12月8日(火)までこの改正案に対する意見を募集しています。

改正案では携帯電話市場の競争促進を目的とし、MNPの手続きをより簡略化した上で、手数料の原則無料化(店頭や電話窓口では1,000円以下)や他社への乗り換えの引き止め禁止などの内容が追加されています。

これらは携帯電話などのモバイル市場における「競争ルールの検証に関する報告書2020」などを踏まえ、モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けて同省が今後取り組むべき事項について具体化を図る観点から「アクション・プラン」にも組み込まれていたものとなります。

続きを読む

総務省が携帯電話料金値下げに向けた「アクション・プラン」を公開!MNP手数料無料化やキャリアメール転送、eSIM推進などで競争促す


総務省が「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を公表!

総務省は27日、携帯電話などのモバイル市場における「競争ルールの検証に関する報告書2020」などを踏まえ、モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けて同省が今後取り組むべき事項について具体化を図る観点から「アクション・プラン」を取りまとめて公表したとお知らせしています。

同省では菅義偉 内閣総理大臣の旗振りの元で「日本の携帯電話料金が諸外国と比べて高い」としてNTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)の大手3社に対して携帯電話料金の値下げや競争促進を要請しています。

そうした中でモバイル市場においてどうしたら値下げや競争促進が行われるのかを検討し、具体的な取り組みを公表しました。アクション・プランは「分かりやすく、納得感のある料金・サービスの実現」や「事業者間の公正な競争の促進」、「事業者間の乗換えの円滑化」の3つの柱からなります。

主な具体策としては通信料金と端末代金の完全分離をさらに進め、頭金などの誤解を与える表示の是正や中古端末を含めた端末流通の活性化、他社から乗り換え(MNP)の手数料無料化を含めた乗り換え環境の整備、キャリアメール転送、eSIMの促進、固定通信と携帯電話のセット割引などの検証などが行われるということです。

さらに格安SIMと呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)も推進し、MNOから回線を貸し出す際のデータ接続料や音声卸料金の一層の低廉化、周波数の有効利用やインフラシェアリングの促進などが実施されるとのこと。こうした取り組みを受け、早くもソフトバンクでは携帯電話サービス「SoftBank」と「Y!mobile」にて来春にMNP手数料を無料化すると発表しています。

またNTTドコモやKDDI(auおよびUQ mobile)でも競争ルールの検証に関する報告書やモバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プランで示された総務省の方針を踏まえ、市場動向を見ながらMNP手数料の無料化を含めた各施策を検討していくということです。

なお、報告書ではMNP手数料についてオンラインでは無料、店頭や電話窓口は1,000円以下とすべきとしているものの、武田 良太 総務大臣は2020年10月27日の閣議後記者会見で「原則0円」とするとし、現在、転出時と転入時の2回かかる移転手続の課題を解決するなど、利用者がより使いやすいものとしていきたいとコメントしています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:携帯電話料金値下げは是か非か。単純には答えの出ない問題に、通信品質や消費者流動性の視点から考える【コラム】


携帯電話料金値下げ議論について考えてみた!

10月13日、NHKや日本経済新聞など大手メディアで「ソフトバンクが20~30GBで5,000円程度の通信料金プランを検討か」といった旨のニュースが飛び交ったのを覚えているでしょうか。10日ほど前のニュースですが、23日現在、ソフトバンクから新料金プランの続報などは入ってきていません。

一部メディアの「飛ばし」であった可能性も否定できませんが、このタイミングでそういった噂が大手メディアを通じて報道されるのには、それなりの理由があります。

現在の大手移動体通信事業者(MNO)の大容量データ通信向けの料金プランは、その多くが7,000~8,000円前後です。各種割引やキャンペーンによって5,000円前後になるように設定されており、それらの施策によって顧客を家族単位で囲い込むのが通例となっています。

大容量データ通信向け料金プランの引き下げはあるのでしょうか。また現実的な落とし所を探した場合に陥る可能性がある危険とは一体何でしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は携帯電話料金(通信料金)の値下げについて、改めて通信品質や消費者流動性の観点から考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:そして誰も動かなくなった。MNP転出手数料無料化や再燃した通信料金値下げ議論から消費者流動性を考える【コラム】


通信業界のMNP無料化議論と消費者流動性について考えてみた!

8月26日付の日本経済新聞にて携帯電話番号を引き継いだまま契約会社を乗り換えることができる「携帯電話番号ポータビリティー(MNP)」制度について転出手数料を原則無料とし、店舗で手続きする場合は上限1,000円まで認める方針を総務省がまとめたと報じられました。

さらに28日には菅義偉内閣官房長官が定例記者会見にて携帯電話料金の引き下げについて言及し、「いまだに日本の携帯電話料金は諸外国と比較して高く、大手携帯電話各社がシェアの9割を寡占している。利益率が20%程度で高止まりしており料金引き下げの余地がある」と語るなど、内閣および総務省が大手移動体通信事業者(MNO)の携帯電話料金にまだまだ大きな不満を持っていることが分かりました。

菅官房長官による携帯電話料金への言及と言えば、2018年8月の「(携帯電話料金は)4割程度下げる余地がある」発言を思い出します。あれからちょうど2年が経ち、またこのタイミングでの言及があったのは偶然なのか、それとも何か重要な意図があったのかは不明ですが、この発言と総務省のMNP転出手数料無料化の議論が今後再び通信業界内で物議を醸していくのは間違いありません。

果たしてMNP転出手数料無料化は必要なのか、更なる通信料金の値下げは消費者の流動化を促進するのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はMNP転出手数料無料化議論に焦点を当てつつ、消費者の流動化施策について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。