S-MAX

MVNO・SIMフリー

アップ・キュー、SIMフリースマホ「UPQ Phone A01X」の発火事故への対処方法を案内!まずソフトウェア更新を提供し、新型バッテリー交換も配布予定――「UPQ Phone A02」は発売見送りに


SIMフリースマホ「UPQ Phone A01X」にソフトウェア更新!

UPQ(アップ・キュー)は25日、今年5月9日に案内していた同社製スマートフォン(スマホ)「UPQ Phone A01X」のバッテリーが過熱して焼損した事故について対処方法を発表しています。今回の発火事故について消費者庁および経済産業省の指導のもと第三者機関を通して解析を実施した結果、原因がバッテリーおよび充電制御にあると特定されたとのこと。

そのため、まずは同日より順次、充電制御を改善したファームウェアを配布し、新ファームウェアでは、それまでのファームウェアの問題点である充電時のバッテリーへの負荷を改善し、緩やかに充電されるよう修正しているということです。

また今後の予定としてUPQ Phone A01Xの購入者を対象に新型バッテリーを配布するとのこと。配布時期については、6月中に改めて告知するとしています。さらに今回の発火事故を鑑み、昨年より販売開始を延期していた「UPQ Phone A02」について発売を見合わせることにしたということです。

続きを読む

楽天モバイルに「初夏の大特価キャンペーン」が開始!SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL」が台数限定で半額などーーただし、音声SIM契約の場合


楽天モバイルでSIMフリースマホが安くなる「初夏の大特価キャンペーン」

楽天がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )においてSIMフリースマートフォン(スマホ)を割り引く「初夏の大特価キャンペーン」を2017年5月23日(火)10:00~6月8日(木)9:59まで実施するとお知らせしています。

目玉は「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」が音声SIM契約で半額の19,900円(税別)になるほか、「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」や「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」、「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」、「HUAWEI nova lite」、「HUAWEI nova」、「honor 8」、「HUAWEI Mate 9」、「HUAWEI P9 lite」、「arrows M03」、「AQUOS SH-M04」、「AQUOS mini SH-M03」、「AQUOS SH-RM02」、「AQUOS ケータイ SH-N01」、「BLADE E01」の15機種が割引対象となっています。

それぞれ楽天モバイルのSIMカード(携帯電話サービス加入)とセットで通話SIMとデータSIM(050データSIM含む)で割引額が異なっています。なお、楽天モバイルでは通常は050データSIM・データSIM(以下、データSIM)では最低利用期間はありませんが、キャンペーンでは一部機種において6ヶ月に設定されており、通話SIMの12ヶ月と同様に契約解除手数料9,800円(税別)がかかります。

続きを読む

SIMフリースマホ「VAIO Phone A」の中身をチェック!独自カスタマイズの少ないUIや待望のDSDS・VoLTEはどんな感じ?NTTドコモに加えて、au VoLTEも試してみた【レビュー】


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」のプリインアプリなどのソフトウェアを紹介!

VAIO(バイオ)から4月に発売されたSIMフリースマートフォン「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」。ハードウェアは昨年発売された「VAIO Phone Biz(型番:VPB0511S)」と同じながらOSが新たにWindows 10 MobileからAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へ変更し、価格面でも実売25,000円とお買い得になりました。

筆者も購入し、前回は開封レポートを紹介しましたが、今回はプリインストールアプリやストレージ利用状況といった購入初期状態におけるソフトウェアと、売りである「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応」や「VoLTE対応」について紹介していきます。

続きを読む

2017 Japan IT week 春:スイッチオンで簡単利用OK!世界111か国で使えるクラウドSIMに対応した専用モバイルルーター「次世代クラウドWi-Fi」が展示【レポート】


1日800円から世界中で利用できるモバイルWi-Fiルーター登場!これがあればSIMカードの現地調達が不要になるかも

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月10日(水)から5月12日(金)の3日間に渡ってリードエグジビジョンジャパンが主催する13ものIT関連展示会が合同で開催される総合イベント「2017 Japan IT week 春」が開催されました。

今回は今回は第6回IoT/M2M展[春]エリアのグローカルネット・トライアングルズのブースにて、世界111か国で利用可能なMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスによるモバイル通信と、対象の111か国で現地での設定が一切不要の手軽な利用を可能とするクラウドSIM(eSIM)搭載のモバイルWi-Fiルーター「次世代クラウドWi-Fi」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

ファーウェイ、タブレット「HUAWEI MediaPad M3」にAndroid 7.0 Nougatを2017年6月下旬以降より提供予定!5月24日より試せる先行テスターを200人募集中


ファーウェイがタブレット「HUAWEI MediaPad M3」のAndroid 7.0 NougatへのOSアップデートテスターを募集中!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は12日、Huawei Technologies製フラッグシップタブレット「HUAWEI MediaPad M3」(LTEモデルおよびWi-Fiモデル)について最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数は200人で、応募期間は2017年5月12日(金)から2017年5月22日(月)まで。対象者には2017年5月24日(水)にアップデートの連絡を行い、先行してAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップが提供開始される予定。正式版は2017年6月下旬に提供開始される見込みですが、品質向上のため遅れる場合もあるとのこと。

なお、日本向けでは「honor 8」や「HUAWEI P9」、「HUAWEI P9 lite」、「HUAWE nova」といったスマートトフォンに続いてのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ予定となっており、すでにこれら4機種には正式版が提供開始されています。

続きを読む

ASUS JAPANが2.3倍光学ズームに対応したスマホ「ZenFone 3 Zoom」を「ZenFone Zoom S」としてまもなく発売へ!次世代の前にプレミアム感を出すために名称を変更に


エイスースが日本で「ZenFone 3 Zoom」をまもなく「ZenFone Zoom S」として販売へ!

ASUS JAPAN マーケティング部 部長のシンシア・テン氏が5月11日に放送されたラジオ番組「ラジオNIKKEI『石川温のスマホNo.1メディア』」における第137回「ARとVRに両対応。ASUS話題の新製品 ZenFone AR、この夏いよいよ発売!」にて背面にデュアルレンズカメラを搭載して光学2.3倍相当に対応したスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」を日本国内では「ZenFone Zoom S」として投入予定であることを明らかにしました。

番組内でテン氏は「(ZenFone 3 Zoomの日本での)正式名が決まったことを石川さんに報告しに来ました。」とし、石川氏が「正式名称は?」と聞くと「ZenFone Zoom S」だと答えました。

また石川氏が「最近は色々とSが付いてる」と語ると、テン氏は「次世代(ZenFone 4シリーズ)が来るる前によりプレミアム感を出すため」に名称をZenFone 3 Zoomから変更したと理由を明かしました。

続けて「(ZenFone Zoom Sを)もうすぐ日本に連れてきたい」とし、次世代の発表後から日本投入までの間にZenFone Zoom Sを日本で発売する意向であることを示唆していました。なお、番組はオンデマンドで現在でも聴取することができ、開始後22分40秒過ぎくらいからがZenFone Zoom Sの話題となります。

続きを読む

FREETELのプリペイドSIMの「SNS使い放題」や「VPN・テザリング課金対象」、「容量使い切ったらSNSも低速化」が本当か検証してみた【レポート】


shimajiro@mobiler

SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品や仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービスのブランド「FREETEL(フリーテル)」を展開しているプラスワン・マーケティング。同社が主に訪日向けに提供しているプリペイドSIM「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」を購入してみた。

主に訪日した人向けに提供されているものの、日本在住者でも購入・利用が可能で、FacebookやWhatsApp、Wechat、カカオトーク、LINEの主要なSNSサービスのうちの5つが「使い放題」であることが売りとなっている。

とはいえ、最近ではFREETELの製品やサービスに信頼が置けないのが現状で、実際に今回は購入して案内されている対象のSNSが使い放題であることなどが確かなのを確認してみたのでその検証結果を紹介する。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 ZE520KL・ZE552KL」およびタブレット「ZenPad 8.0 Z380M」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ASUSのスマホ「ZenFone 3」とタブレット「ZenPad 8.0」がAndroid 7.0に!写真はZE552KL

ASUS JAPANは12日、昨年10月より販売しているASUSTeK Computer(以下、ASUS)のSIMフリースマートフォン(スマホ)のうちの5.2インチモデル「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」および今年3月より販売している5.5インチモデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」、昨年7月に発売した8インチタブレット「ZenPad 8.0(型番:Z380M)」の3機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年5月15日(月)12時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号はZE520KLが「JP_14.2020.1703.33_20170424」、ZE552KLが「JP_14.2020.1703.33_20170424」、Z380Cが「JP_V5.3.8_20170421」。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能
1)マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能です。
 ※機能をサポートするアプリのみ有効
2)データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
3)新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
4)画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:最大5段階で画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
5)表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
6)アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

2017 Japan IT week 春:フリービット、固定IP付与などができる法人向けMVNOデータ通信サービス「YourNet無制限スタートパッケージ」を展示!イベント限定特別キャンペーンも実施【レポート】


「休眠」や「固定IP付与」などのビジネス用途向けオプションが魅力なFreeBitのMVNOサービスを紹介!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2017年5月10日(水)から5月12日(金)の3日間に渡ってリードエグジビジョンジャパン主催が主催する法人・商談向けのIT関連総合展示会「2017 Japan IT week 春」が開催されています。

Japan IT weekは複数のIT関連展示会が合同で毎年春・秋に開催されており、今回も13の展示会(ソフトウェア&開発展、ビッグデータ活用展、組み込みシステム開発技術展、データストレージEXPO、情報セキュリティEXPO、Web&デジタルマーケティングEXPO、データセンター展、クラウドコンピューティングEXPO、モバイル活用展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、モバイル端末・周辺機器展、店舗ITソリューション展)が実施。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも毎回主にモバイル系のネタを探しに取材に行っており、今回もさっそく赴いてまいりましたので、数回に渡ってレポートをお送りしたいと思います。

まずはじめの本記事では、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と協業で仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「TONEモバイル(トーンモバイル)」を運営しているフリービットのブースにて同社が単独で提供している法人向けのデータ通信量無制限のデータ通信SIM「YourNet無制限スタートパッケージ」を紹介します。

続きを読む

ASUS JAPANが公式コミュニティーサイト「エイスース部(A部)」をオープンへ!ZenFanから移行し、ファンイベントやキャンペーン、スペシャルノベルティープレゼントなども


ASUS JAPANが公式コミュニティーサイト「エイスース部(A部)」を提供!

ASUS JAPANがASUSTeK Computer(以下、ASUS)の製品を使っていたり、ASUSの製品が気になる人を対象に「エイスース部(略称:A部、エイブ)」を募集するとお知らせしています。

同社ではこれまでスマートフォン(スマホ)の「ZenFone」シリーズやタブレットの「ZenPad」などに興味がある人向けに「ZenFan」を展開してきましたが、今後、A部に集約していくとのこと。

これにより、ZenFoneやZenPad以外のさまざまな製品についても扱うようになるほか、イベントやモニターなどに加えて新たに同社初のオフィシャルコミュニティーサイトも開設予定だということです。

現在、ZenFanの人向けに先行して案内が届いていますが、専用応募Webページ( https://form.ambassador.jp/get/asus/asus-bu/entry )からZenFanでない人でも応募が可能となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。