S-MAX

MVNO・SIMフリー

きめ細かなデータのやりくりができる「データ前借り」や「端末補償サービス」を充実させたソニーの格安SIM「nuroモバイル」の新サービスを紹介【レポート】


nuroモバイルがデータ前借りや深夜限定でデータ容量を気にせず利用できるサービスなどを充実!

ソニーネットワークコミュニケーションズは1日、都内にてNTTドコモから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )のサービス強化の記者発表を行った。

登壇した同社モバイル事業部門 ビジネス開発部 部長の細井邦俊氏は今年2月にスタートした5時間定額プランや音声定額サービスを紹介して「本日は、お客様の声にお答えできていなかったもの(サービス)の充実」とその趣旨について説明を行った。

発表された新サービスは「データ前借り」や「10分かけ放題」、「時間定額 深夜割」、「オプション充実」といったなかなか独特な4つだ。今回はこれらの新サービスを含めてよりサービスが濃密となったnuroモバイルの新料金プランなどを紹介していく。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone Zoom S ZE553KL」にAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供!新たにポートレートモードにも対応


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone Zoom S ZE553KL」がAndroid 7.1 Nougatに!

ASUS JAPANは15日、同社が今年6月に発売したデュアルカメラを搭載して光学2.3倍ズームに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月16日(水)15時より順次提供開始すると発表しています。

Android 7.x Nougatでの新機能であるアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」などの多くの新機能が使えるようになります。

また合わせてこの更新によって新たにカメラアプリでは背景ボケを生かせる撮影モード「ポートレートモード」が追加されるほか、シャッター音の変更などの軽微な変更を行っているということです。主な変更点は以下の通り。

■Android 7.1で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。

■ポートレートモードの利用方法:
・カメラアプリを起動し、シャッター右の、人物が二人重なったアイコンをタップすると、画面上に「ポートレート」の文字が表示され、利用可能になります。


続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」にAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供!日本国内でも使える4G+3GのDSDSに対応


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」がAndroid 7.1 Nougatに!

ASUS JAPANは15日、同社が今年4月に発売した大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月16日(水)15時より順次提供開始すると発表しています。

Android 7.x Nougatでの新機能であるアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」などの多くの新機能が使えるようになります。

また合わせてこの更新によって新たに4Gと3Gによる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応するとのこと。更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号は「JP_14.0200.1707.409_20170719」。主な変更点は以下の通り。

■Android 7.1で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。
■デュアルスタンバイ(4G+3G)に対応


続きを読む

ダブルレンズカメラで夜景撮影にチャレンジ!SIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」でワイドアパーチャやポートレートモードなどの多彩なカメラ機能を作例を交えて解説【レポート】


ファーウェイの人気SIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」の夜景撮影の使える機能を紹介!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が都内にてメディア関係者向けのワークショップを7月31日に開催し、6月にSIMフリーモデルを販売開始したHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10」(以下、P10)および「HUAWEI P10 Plus」(以下、P10 Plus)のカメラ機能を活用する方法を紹介した。

これらのP10およびP10 Plusの両機種は背面に「Leica(ライカ)」のダブルレンズカメラを搭載し、後からピント位置やボケ量をコントロールする「ワイドアパーチャ」機能や印象的な写真に仕上げる「モノクロ」モード、さらにポートレート撮影に特化した「ポートレート」モードを追加するなど、さまざまな撮影モードを持つ。

一方で、その多彩な撮影モードについての解説が少なく、どのようなシーンで使えるのかが分かりづらいという面もある。そこで、ワークショップでは撮影モードの解説を、夏休みに向けた撮影テクニックとして取り扱った。今回は、P10 Plusを使った作例などを交えてワークショップの内容を紹介していく。

続きを読む

日本通信、SoftBankのSIMロックがかかったiPhoneで使える音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」を8月9日に提供開始!1回5分までの通話無料含み、月1GBの月額2646円から


音声通話対応サービス「b-mobile S スマホ電話SIM」が8月9日にスタート!

日本通信は9日、SIMロックを解除することなくSoftBankのiPhoneシリーズで使える音声通話サービス付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を2017年8月16日(水)午前10時より提供開始すると発表しています。

同社ではこれまでソフトバンク回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「b-mobile S」としてデータ通信のみに対応した「b-mobile S 開幕SIM」やプリペイドサービス「b-mobile S プリペイド」を提供してきましたが、ようやく音声通話に対応したサービスが提供されます。

利用料金は月当たり1GBまでの高速データ通信なら月額2,450円(すべて税別)で、通話料金は5分以内なら無料、5分超過後は10円/30秒となっており、月間高速データ量は1GB当たり月額350円で自動的に2GB・3GB・4GB・5GBと追加され、5GBの場合には月額3,850円となります。

この他、新たに「スマホ電話SIM【ソフトバンクiPhone専用】コールセンター」を開設し、初めて格安SIMを利用する場合にも安心できるようにSoftBankのiPhone専用のアドバイザーが対応するとのこと。なお、最低利用期間はなく、番号そのままでの他社から乗り換え(MNP)は2017年8月22日(火)午前10時より受付開始とのこと。

続きを読む

ZTEジャパンがSIMフリースマホ「BLADE V8」やグルメ券をプレゼントするフォトコンテストを実施!応募は一眼レフカメラなども含めた他社製品でも可能


ZTEジャパンが夏休みに合わせてユニークなフォトコンテストを開催!

ZTEジャパンは8日、夏休みの期間に合わせる形でテーマに沿った自慢の「ボケ写真」を公募するキャンペーン「ZTE(ぜってえイイ)BLADE V8でボケ写真を撮りたい!」フォトコンテストを開催すると発表しています。

期間は9月4日(月)9時59分までとなり、1週間ごとに4つの応募期間が設けられています。具体的な期間は以下の通りです。各期間にてZTEジャパンの公式Facebookページ( https://www.facebook.com/ZTEJapanTerminal/ )において異なるテーマが出題され、参加者は該当投稿にコメントで写真を投稿することで参加できます。

1週目:2017年8月 8日(火)~ 8月14日(月)9時59分まで
2週目:2017年8月15日(火)~ 8月21日(月)9時59分まで
3週目:2017年8月22日(火)~ 8月28日(月)9時59分まで
4週目:2017年8月29日(火)~ 9月 4日(月)9時59分まで

なお、撮影するカメラはZTEジャパンが販売するスマートフォン(スマホ)のみではなく、他社製品や一眼レフカメラなどを用いた写真でも参加可能となっているため、ZTEジャパンの製品を持っていない人でも気軽に参加できます。

続きを読む

goo SimSellerにてSIMフリースマホなど7機種が最大7560円引の「お盆休み直前セール」を8月9日まで実施中!VAIO Phone AやHUAWEI P10 lite・nova・nova liteなどがお買い得


gooSimsellerの「お盆休み直前セール」で人気のSIMフリースマホなどがお安く!

NTTレゾナントは2日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「goo SimSeller」において「お盆休み直前セール」を2017年8月2日(水)10時00分から8月9日(水)9時59分まで実施しています。

お盆休み直前セールではSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A」および「HUAWEI P10 lite」、「HUAWEI nova」、「HUAWEI nova lite」、「Fleaz Que」の5機種に加え、モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」の合計6機種が最大7,000円(税別)引きになっています。

これらのお盆休み直前セールは本店のほか、楽天市場店やYahoo!ショッピング店でも若干対象機種が違うものの実施されており、本店ではこのうちのVAIO Phone AおよびHUAWEI P10 liteの2機種についてはSIMカードとセットの「らくらくセット」も同価格で販売されています。

らくらくセット以外の通常販売では「OCN モバイル ONE」のSIMカード(実際には「エントリーパッケージ」)が付属していますが、契約必須ではないため単体購入が可能です。その他、中身がわからない「新生活お楽しみ袋」も販売されていましたがすでに売り切れに。

続きを読む

日本向けのSIMフリースマホ「BLU GRAND M」と「BLU GRAND X LTE」はスパイウェア混入問題はないとソフトバンク コマース&サービスが回答!すでにAdups OTAではなくGOTAを使用


日本向けBLUスマホ「GRAND M」と「GRAND X LTE」はスパイウェアの問題なし!

ソフトバンク コマース&サービスが日本で販売するBLU Products製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「BLU GRAND M」および「BLU GRAND X LTE」について指摘されているスパイウェア混入の問題はないことを明らかにしました。

同社が取り扱いの現在日本で販売されているBLU GRAND MとBLE GRAND X LTEは「Google Over the Air(GOTA)システムを採用しており、Adups OTAは使用しておりません。したがってスパイウエアの問題はありません。」との回答が同社広報室から得られました。

続きを読む

スパイウェア混入問題が指摘されているスマホ「BLU GRAN M」についてメーカーが反論!仕様通りでプライバシー問題への影響はないと発表――一方でAmazonなどでは販売停止に


BLU ProductsがGRAND Mの情報収集について反論!マルウェアなどは存在しないと発表

既報通り、アメリカの軍隊や捜査当局向けのモバイルセキュリティーツールを開発するKryptowireがセキュリティー関連イベント「Black Hat USA 2017」においてBLU Products製スマートフォン(スマホ)「BLU GRAND M」などに販売時からスパイウェアが混入していることを報告しました。

Kryptowireでは2016年11月にもBLU Productsの「BLU R1 HD」にスパイウェアが混入していると発表していましたが、一旦はBLU R1 HDに搭載されているファームウェアを開発するAdups Technologyがソフトウェア更新を実施し、該当機能を削除して問題が解決したと思われていました。

しかしながら、Kryptowireが継続して調査したところBLU R1 HD以外のBLU GRAND Mなどの製品においてその後も個人情報を勝手に中国へ送信しているスパイウェアと思われる機能が含まれているとしています。

今回、これに対してメーカーであるBLU Productsは31日(現地時間)、特定の情報を中国にあるサーバーへ送信していることを認めつつ、送信している内容は仕様通りで利用者のプライバシーに影響はなく、不正に個人情報を取得していることはないので問題ないと発表しています。

なお、Black Hat USA 2017にて報告があった後、アメリカのAmazon.comではBLU GRAND Mが販売停止となっており、さらに日本でも先ごろ「Amazon.co.jp」においてBLU GRAND Mの商品ページ自体が削除されています。

一方で同じBLU Productsの製品であり、日本で販売されている「BLU GRAND X LTE」についてもAmazon.co.jpでは販売が停止されてるのか、商品ページ自体はあるものの購入できず、仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードとセット販売についても「現在在庫切れです。」となっています。

続きを読む

5.5インチ2Kディスプレイや第2世代のライカダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をじっくり紹介!個性的な化粧箱や付属品もチェック【レビュー】


第2世代のダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をレビュー!

スマートフォン(スマホ)などをはじめとした通信機器を手がけている華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2017年6月9日にフラグシップ「P」シリーズを冠する最新モデル「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」、「HUAWEI P10 lite」を発売しました。

価格はオープンながら希望小売価格はHUAWEI P10が65,800円(すべて税別)、HUAWEI P10 Plusが72,800円、HUAWEI P10 liteが34,800円で、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などのECサイトや家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社から販売されています。

日本では昨年発売した前機種の「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」から特に人気が高まり、中でも上位モデルのHUAWEI P9から続く、世界的レンズメーカー「LEICA」と協業して開発したダブルレンズカメラが好評で、今年もHUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusにはそれらを進化させた第2世代のダブルレンズを搭載しているのが特長です。

さらに最大2.4GHz駆動の傘下のHiSillicon製チップセット「Kirin 960」プロセッサーや4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージなどとハイスペックとなっており、HUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusを足すと、昨年のHUAWEI P9より1.6倍、HUAWEI P10 liteはHUAWEI P9 liteの1.8倍の売れ行きとなっているとのこと(ともにBCNの集計による発売後2週間の比較)。

さらに上位モデルの2機種ではより価格の高いHUAWEI P10 Plusのほうが販売台数が多く、PANTONEと協業したカラーバリエーション「グリーナリー」が人気となっているということです。今回はそんなHUAWEI P10 Plusをお借りしましたので、開封の儀の様子と製品のファーストインプレッションをお届けします。

なお、HUAWEI P10 Plusのカラーバリエーションは日本ではグリーナリーのほか、ダズリングゴールドの2色展開となっていますが、紹介するカラーはダズリングゴールドとなります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。