S-MAX

MVNO・SIMフリー

注目のエイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」の性能に違いはある?スペック表とベンチマークでチェック【レビュー】


SIMフリースマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」の性能を紹介!

この秋冬のSIMフリースマートフォン(スマホ)の中でも注目度の高いASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「ZenFone 3」シリーズ。その中でも最初に発売になったベースモデルの「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」と、次に発売になった上位モデルの「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」の2機種について「どんな違いがあるのか」を比較してチェックしていきます。

前回の第1回目ではパッケージと本体外観の違いを確認しました。第2回目の今回は気になる「性能」についてスペック表とベンチマークスコア、実際に操作したときの印象などを比較していきます。

続きを読む

TCLコミュニケーション、SIMフリースマホ「Alcatel SHINE LITE」を12月16日に発売!価格は2万3544円で、本日12月9日に事前予約開始――指紋認証対応やメタルボディーなど



TCLがSIMフリースマホ「Alcatel SHINE LITE」を12月16日に発売!

TCLコミュニケーションは8日、フランス発とする「Alcatel」ブランドのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したSIMフリースマートフォン(スマホ)「SHINE LITE」を2016年12月16日(金)に発売すると発表しています。

価格はすでに案内されているようにメーカー希望小売価格で税別21,800円、税込23,544円。発売に先立って2016年12月9日(金)10時より事前予約受付が開始されます。

販売拠点は各Webショップや家電量販店などに加え、仮想移動体通信事業者(MVNO)として「UQ mobile」などで販売されます。UQ mobileでの価格は税抜11,800円、税込12,744円。

続きを読む

SIMフリーの大画面6.8インチスマホ「ASUS ZenFone 3 Ultra ZU680KL」の快適性をベンチマークと動画でチェック!指紋認証のロック解除などはしやすい?【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」をレビュー!

いよいよ本日12月9日(金)にASUS JAPANから発売されるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」。音声通話に対応したスマホではありますが、画面サイズはタブレットに近い約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)IPS+液晶を搭載。そのため、いわゆる「ファブレット」(Smart"Ph"oneとT"ablet"を合わせた造語)でもあります。

メーカー希望小売価格は59,800円(特に記載がない場合は税別)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では同額の59,800円、64,584円(税込)で販売されています。また、量販店や各Webショップ、仮想移動体通信事業者(MVNO)などでも販売され、UQ mobileでは49,800円(分割では頭金13,800円+1,500円/月×24回)となっています。

そんなZenFone 3 Ultra ZU680KLですが、一足早くASUS JAPANよりお借りして紹介していますが、前回の開封して外観や同梱物を紹介したのに続いて、今回は動作の快適性をベンチマークと実際に操作しているムービーにて紹介したいと思います。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリーの9.7インチQXGA液晶搭載Androidタブレット「ZenPad 3S 10 LTE Z500KL」を12月9日に発売!価格は4万8384円


SIMフリータブレット「ASUS ZenPad 3S 10 LTE Z500KL」が12月9日に発売!

ASUS JAPANは7日、約9.7インチQXGA(2048×1536ドット)IPS液晶や4GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)採用タブレット「ZenPad 3S 10 LTE(型番:Z500KL)」を2016年12月9日(金)に発売すると発表しています。

SIMフリーで販売され、価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税抜44,800円(税込48,384円)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」でも同額で事前予約受付を実施しています。

日本でもすでにZenPad 3S 10のWi-Fiモデル(型番:Z500M)が販売されていますが、LTEモデルではチップセットがQualcomm製1.8GHzヘキサコアCPU「Snapdragon 650」に変更されるなどしており、携帯電話網によるモバイル通信が利用できて価格差がおよそ5千円となっています。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「イオンモバイル」にて折りたたみ型VoLTE対応携帯電話「AQUOS ケータイ SH-N01」が12月11日に発売!通話料半額の料金プランを提供


イオンモバイルからSIMフリーの折りたたみ型「AQUOS ケータイ SH-N01」が12月11日に発売!

イオンリテールは7日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「イオンモバイル」にて折りたたみ型VoLTE対応携帯電話「AQUOS ケータイ SH-N01」(シャープ製)を2016年12月11日(日)に発売すると発表しています。

また合わせて、AQUOS ケータイ SH-N01にて音声通話を使用すると、通話料が半額となるイオンモバイルの音声通話サービスも開始するとのこと。

イオンモバイルにおける通常の音声電話は20円/30秒ですが、通話料半額サービス(10円/30秒)で通話がしやすくなるということです。なお、0570から始まる番号など、一部半額料金が適用できない電話番号もあるとしています。

続きを読む

どのあたりがデラックス?今冬注目の最新SIMフリースマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」を比較!まずはパッケージと外観をチェック【レビュー】


SIMフリースマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」を紹介!

まだまだ全体の市場シェアはそれほど高くはないものの、いわゆる格安SIMと合わせることでトータルの支出が抑えられるとしてSIMフリーのスマートフォン(スマホ)が注目を集めてきています。中でも良く話題に上る人気機種といえばASUSTeK Computer(以下、エイスース)の「ZenFone」シリーズで、その最新モデルが「ZenFone 3」シリーズとなります。

2015年モデルである「ZenFone 2」シリーズの好調もあってか、ZenFone 3シリーズへの期待感も高くベーシックモデルである「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」は発売からしばらくの間、品薄状態が続くなど注目度の高い機種であることが伺えます。

今回、ZenFone 3シリーズの中からベーシックモデルのZenFone 3 ZE520KLとその上位機種となる「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS550KL)」の2モデルを比較しながら紹介していきたいと思います。この2機種はスペック的にかなり近いため「何がデラックス(Deluxe)なの?」と疑問に思っている人も多いでしょう。

あえて今回はその疑問に答えるべく、どちらを購入しようか迷っている人へ向け比較を行っていきます。まず第1回目はパッケージと本体外観を中心に確認していきたいと思います。

続きを読む

FREETELのモバイルWi-Fiルーター「ARIA2」が発売後にUQ WiMAX契約のSIMカードで利用できないことを案内!騒動のまとめと思うこと


shimajiro@mobiler

SIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」を展開するプラスワン・マーケティングが販売するモバイルWi-Fiルーター「ARIA2」において発表から発売まで「WiMAX 2+」をサポートするといったアピールについての問題(以下、WiMAX 2+サポート問題)とそれについて思うことをまとめてみる。

ARIA2のWiMAX 2+サポート問題をひと言で説明すると、ARIA2について発表会やWebサイト、各種サポートにて「WiMAX 2+契約のSIMカードで使える」と告知して発売したものの、実際にはUQコミュニケーションズ(以下、UQ)の提供するWiMAX 2+サービスのSIMカードではデータ通信を利用できなかったことだ。

その後、発売日を迎えてからWebサイト上に「UQ WiMAX契約のSIMカードでは利用できない」ことを告知するなど、発売前に「使える」としていたSIMカードで実際にはデータ通信が利用できないことを明らかにした。また現在ではそれらの対応キャリアに「WiMAX 2+」の記載もなくなっている。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI 麗」の新色メタルレッドを発売中止に!期待していた色が量産段階で 基準をクリアしなかったため


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」のメタルレッドが発売中止に!

プラスワン・マーケティングは7日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売しているスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI 麗」(以下、REI)に追加予定だった新色メタルレッドを発売中止にすると発表しています。

また、同時にすでに紹介した「SAMURAI KIWAMI 極」(以下、KIWAMI)のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新の再延期で12月下旬に提供予定あることもお知らせしています。

さらに電話かけ放題アプリ「だれでもカケホ」と「FREETEL でんわ」の新料金プラン「10分かけ放題」のスケジュール変更を行うことも案内。これらは2016年11月下旬の開始を予定していましたが、開発に時間を要しているため、発売時期を延期し、新しい開始時期については詳細な日程が決定次第、改めて告知するとしています。

続きを読む

プラスワン・マーケティング、SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」のAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再延期!現時点で12月下旬を予定


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」のAndroid 6.0 Marshmallowが12月下旬に延期!

プラスワン・マーケティングは2日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売しているスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI(侍 極)」(型番:FTJ152D)においてより新しいプラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再延期するとお知らせしています。

同社では今年9月にはじめは10月より配信開始予定であることを案内し、その後、10月末に延期して11月中に配信予定あるとしていました。理由としては最良の状態で提供するため、最終調整を行っているためということです。

なお、SAMURAI KIWAMIはよりスペックを高めて「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」機能にも対応した後継機種となる「SAMURAI KIWAMI 2」が12月22日に発売されます。価格は49,800円(税抜)ですでに事前予約受付を実施中。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが12月13日に新商品を発表へ!SNSでティザー画像などを公開――最新フラッグシップスマホ「HUAWEI Mate 9」の日本投入などか


ファーウェイが12月13日に発表会を開催!写真は日本投入が予告されている「HUAWEI Mate 9」の海外版

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は5日、同社のSNSアカウントにてHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製の新商品を2016年12月13日(火)に発表することを示唆しています。SNSでの投稿にはティザー画像とともに「A STEP AHEAD 一歩先の世界へ…12月13日に変化が起こる。」といった文言が添えられています。

ファーウェイでは今年11月に最新フラッグシップファブレット「HUAWEI Mate 9」(以下、Mate 9)を海外で発表しており、1次販売国・地域に日本が含まれていたため、Mate 9の日本発売などについて発表されるのではないかと予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。