S-MAX

MVNO・SIMフリー

ASUS JAPANが今夏に発売するSIMフリースマホ「ZenFone AR」を写真と動画で紹介!TangoとDaydreamに世界初両対応に加え、8GB RAMなど超ハイスペック【レポート】


8GBものRAMを搭載するスマホ「ZenFone AR」はどんなスマホ?写真と動画で徹底紹介

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にてSIMフリースマートフォン(スマホ)の発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を開催し、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)の最新機種「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を2017年夏に発売することを発表した。

発表会ではZenFone ARを、GoogleのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に対応する世界初のスマホとして紹介した。主なスペックとして約5.7インチWQHD(2560×1440ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイやQualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 821 for Tango」、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、USB Type-C(USB 2.0)、3300mAhバッテリーなど。

カラーバリエーションはブラックのみだが、内蔵メモリー(RAM)と内部ストレージで2つのバリエーションがあり、8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)は販売価格99,800円、6GB RAM+64GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)が82,800円だ(ともに税別)。

細かな製品情報についてはすでに紹介しているリリース記事を参照して欲しいが、今回は発表会終了後のタッチ&トライコーナーでZenFone ARに触れることができたのでじっくりと写真と動画を交えて紹介していく。

続きを読む

消費者庁、格安SIM「FREETEL」のプラスワン・マーケティングに景品表示法に基づく措置命令を実施!公式Webサイトの優良誤認や有利誤認といった表示問題で


FREETELが消費者庁から措置命令を受ける!

消費者庁は21日、SIMフリー製品や仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービスのブランド「FREETEL(フリーテル)」を展開するプラスワン・マーケティングに対して景品表示法第7条第1項の規定に基づく措置命令を行なったとお知らせしています。

通信速度およびシェアに関する優良誤認表示が2点、カウントフリーに関する有利誤認表示が1点あったとのこと。そのため、同社には再発防止策を講じて、役員および従業員に周知徹底すること、今後これらの優良誤認や有利誤認に当たる表示を行わないことを命令しています。

また同社でも今回の措置命令を厳粛に受け止め、信頼のおける表示が保たれるよう、チェック体制の強化や社員教育の徹底など、再発防止に取り組んでいくとしています。

FREETELでは「スマートコミコミ+」および「とりかえーる」においても記載変更がこっそり行われてりしており、単なる“漏れ”のレベルを逸脱している感もあってこういったことが慢性化しているようにも思われるため、しっかりして欲しいところです。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、SIMフリースマホ「HUAWEI nova」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月20日より順次提供開始


SIMフリースマホ「HUAWEI nova」がAndroid 7.0 Nougatに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は20日、現在販売中のHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova(型番:CAN-L12)」に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年4月20日(木)14時以降順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンでは今年3月よりHUAWEI novaにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供してきましたが、今回新たに正式版がリリースされました。

ソフトウェア更新によってAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン5.0になるなどするということです。更新内容は以下の通り。

なお、約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象のHUAWEI novaに更新通知が届くようになっています。この他、同社では「HUAWEI nova lite」および「HUAWEI P8 lite」にも細かなソフトウェア更新を提供すると案内しています。

更新内容
1)Android 7.0/EMUI 5.0へのアップデート
2)システムの最適化、安定性向上
など


続きを読む

ASUS JAPAN、6.8インチ大画面搭載のSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」がAndroid 7.0に!

ASUS JAPANは18日、昨年12月に発売した大画面な約6.8インチフルHD(1080×1920ドット)IPS+液晶を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年4月18日(火)12時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。対象製品は日本で販売されているZenFone 3 Ultra ZU680KLのグレー(型番:ZU680KL-GY32S4)およびローズゴールド(型番:ZU680KL-RG32S4)、シルバー(型番:ZU680KL-SL32S4)。主な変更点は以下の通り。

・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:最大5段階で画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

大容量バッテリーに余裕の4GB RAM搭載のコスパ良好なSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN」を使って感じた良い点と悪い点をまとめてみた【レビュー】


バッテリーお化けなSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN」を使ってみたらこうだった!

FREETELブランドにて仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービスの提供やスマートフォン(スマホ)などの端末開発・販売を行っているプラスワン・マーケティングから2月1日に発売されたSIMフリースマホ「RAIJIN 雷神(型番:FTJ162E)」。

5000mAhもの大容量バッテリーと3万円以下(税別)のスマホとしてはまだ数少ない4GB内蔵メモリー(RAM)という余裕のあるスペックで、ボディーもメタルのフレームを使用するなど、非常にコスパのよいモデルとなっています。

また、ディスプレイには約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶を搭載し、OSにはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)や独自ユーザーインターフェース「FREETE UI 2.0」を採用し、操作性も良好な製品に仕上がっています。

これまでに開封レポートプリインストールアプリなどの紹介ベンチマーク計測の記事をお送りしましたが、本記事では「実際に使っていて気がついた良かった点と、気になった点」をまとめてみました。

続きを読む

ASUS JAPANが光学ズーム対応スマホ「ZenFone 3 Zoom」を参考展示!日本でも発表・発売間近かーーZenFone 3 ZE520KLの新色やZenFone 3 Max ZC553KLも写真で紹介【レポート】


ASUS JAPANが「ZenFone 3 Zoom」を参考展示!日本でも発売へ

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にて「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」と題してASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)の最新機種「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」の発表会を実施しました。会場に設けられた展示コーナーではZenFone ARのタッチ&トライはもちろん、ZenFone ARの売りである「AR」と「VR」を体験できるコーナーが大盛況でした。

これらについては別途レポートを掲載予定ですが、展示コーナーには他にも4月15日(土)に発売が予定されている「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の新色「クリスタルゴールド」や「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」もタッチ&トライできるようになっていました。

また日本国内では現時点では未発表で、海外ではZenFone ARと一緒に発表された光学ズームに対応した最新スマホ「ZenFone 3 Zoom(型番:ZE553KL)」も参考展示として、今回実機を撮影する機会がありましたので、まとめてご紹介したいと思います。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「DMM mobile」にて1〜7GBプランでも複数SIMが利用できるシェアコースを提供開始!ただし1枚追加ごとに月300円がかかるように


DMM mobileにて1〜7GBでもシェアコースが提供開始!

DMM.comは13日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「DMM mobile」においてこれまで8GB〜20GBのプランでのみ利用できていたシェアプランを1GB~7GBのプランでも2017年4月13日(木)より提供開始すると発表しています。

ただし、1GB~7GBでシェアコースを利用の場合にはSIMカードを1枚追加するごとに300円/月の追加SIM利用料が発生するとのこと。8GB~20GBでシェアコースを利用の場合は、SIMカードを追加することによる利用料は発生しません。

SIMカードの追加は契約後、マイページから申込可能。またライトプランではデータSIMおよび通話SIMにかかわらず、SIMカードの2枚以上の追加はできないということです。

その他、同社ではDMM mobileにてASUS JAPANより発表されているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の新色クリスタルゴールドおよび「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」を4月13日より申込受付開始しています。

続きを読む

ASUS JAPANが世界初AR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」の発表会を開催!5.7インチWQHD有機ELやSnapdragon 821を搭載し、上位モデルには8GB RAMを搭載【レポート】


世界初が詰まった超ハイスペックモデルがついに登場!Zennovationを紹介

ZenFoneシリーズを始めとしたスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを手がけるASUS JAPAN(以下、ASUS)が4月13日に都内において新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を行い、新たにSIMフリースマホ「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しました。

すでに製品内容については別記事で紹介していますが、価格は8GB内蔵メモリー(RAM)と128GBストレージを備えた上位モデルが99,800円、6GB RAMと64GBストレージを備えた下位モデルが82,800円(ともに税別)となり、2017年夏の発売が予定されています。今回はこの発表会の模様を写真を交えて紹介します。

続きを読む

ASUS JAPAN、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVR「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を今夏に発売!価格は約9万円から


ASUSが世界初AR・VR両対応スマホ「ZenFone AR ZS571KL」を日本でも発売!

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にて新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を開催し、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を2017年夏より販売開始予定であると発表しています。

日本で発売されるのは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージ(UFS 2.0)が8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)と、6GB RAM+64GB ストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)の2モデル。型番からわかるように本体色はともにブラックの1色のみ。

価格はオープンながら希望小売価格がZS571KL-BK128S8で99,800円、ZS571KL-BK64S6で82,800円。ZenFone AR専用ケース「View Flip Cover ブラック」も合わせて販売される予定で、希望小売価格は3,280円。事前予約および具体的な発売日については後日、改めて発表する予定。なお、価格表記はすべて税別。

続きを読む

ASUS JAPAN、4100mAhバッテリーを搭載したSIMフリーの電池長持ちスマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」を4月15日に発売!au VoLTEにも対応し、事前予約開始で価格は約3万円に


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」が4月15日に発売!

ASUS JAPANは12日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 3」シリーズのうちの大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」を2017年4月15日(土)に発売すると発表しています。

ZenFone 3 Maxとしてはすでに今年1月に約5.2インチHD(720×1280ドット)液晶を搭載した「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」を発売していましたが、今回発売されるZenFone 3 Max ZC553KLは画面が約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶と大型化したほか、チップセット(SoC)が「Snapdragon 430」、内蔵メモリー(RAM)が3GB、au VoLTE対応などと強化された上位モデルとなっています。

発売に先立って本日4月12日より事前予約受付を開始しており、価格はオープンながら市場予想価格は27,800円(税別)。販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)などですでにNifMoやBIGLOBE SIMなどで販売することが案内されています。

また公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」での価格は税込30,024円(税別27,800円)で、現在実施しているキャンペーン「ASUS 春のFone祭り」にZenFone 3 Max ZC553KLを追加し、対象のZenFoneシリーズを購入するとASUS純正専用アクセサリーがプレゼントされています。

その他、すでに発表していた「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の新色「クリスタルゴールド(型番:ZE520KL-GD32S3)」も同日4月15日に発売するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。