S-MAX

MVNO・SIMフリー

トーンモバイル向けスマホ「TONE e20」が発表!2月20日発売で、価格は2万1780円。AIで裸などの不適切なカメラ撮影を不可に


トーンモバイル向けスマホ「TONE e20」が登場!2月20日発売

フリービット傘下のドリーム・トレイン・インターネット(以下、DTI)は14日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「トーンモバイル」向け新製品として家族3世代を対象としたスマートフォン(スマホ)「TONE e20」を2020年2月20日(木)に発売すると発表しています。

TONE e20は前機種「TONE e19」と比べてAI(人工知能)やML(機械学習)を活用した機能および基礎性能が大幅に向上しており、価格は税抜19,800円(税込21,780円)となっています。また2月20日9時までに事前予約をした場合にTポイント500ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

なお、TONE e20はすでに2月19日時点で対前年比約6倍の予約申込を受けているとのことで、緊急の増産を行うことになったほか、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による影響で工場の稼働が低下して増産に時間がかかる懸念に対応し、TONE e19の追加販売を実施するとのこと。

さらにTONE e19の追加販売については購入した人にTポイント3,000ポイント分を付与し、価格が税抜19,800円(税込21,780円)ですが、実質3,000円引きの18,780円相当となるとしています。

なお、TONE e20はトーンモバイル取扱点の「カメラのキタムラ」や「TSUTAYA」の店頭にて実機を確認できるものの、事前予約受付時点で大変好評となっているため、事前に店舗へ電話などで確認の上、来店するよう案内しています。

続きを読む

月500MB未満までは無料で使える携帯電話サービス「0 SIM」が8月31日に終了!新規受付は終了し、後継サービスはなし


ソニーネットワークコミュニケーションズの無料で使える携帯電話サービス「0 SIM」が終了!

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は17日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「0 SIM」を終了するとお知らせしています。

すでに2月17(月)に新規受付を終了しており、2020年8月31日(月)にサービスが終了となって既存利用者も含めて使えなくなるとのこと。また希望者には各種手数料がかからずに同社が同じくMVNOとして提供する携帯電話サービス「nuroモバイル」への移行が行えます。

ただし、移行はSIMカードサイズは変更せず、契約プランは変更しない(音声プランから音声プランなど)、契約回線は変更しない(NTTドコモ回線)の条件を満たす必要があるほか、nuroモバイルは月額基本料金300円(税別)の「お試しプラン(0.2GB)」からの利用料がかかります。

nuroモバイルへの移行は2020年6月開始予定で、サービス終了前日の8月30日(日)までとなっており、手続きは0 SIMの利用者向けページ「ユーザWebメインメニュー」にて行います。nuroモバイルへ移行しない場合は2020年9月1日(火)から9月16日(水)までに順次自動解約となるということです。

続きを読む

文字入力はしやすい!?ごっついボディーにQWERTYキーボード搭載の個性派スマホ「Unihertz Titan」のプリインアプリやベンチマークを紹介【レビュー】


強靭なボディーに個性の詰まったUnihertz Atomの内蔵アプリや性能をチェック!

中国・上海のベンチャーメーカーであるUnihertzが開発したQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)、「Unihertz Titan」。既報通り、一般向けへの販売が決定し、現在、事前予約が受付中となっているものの、残念ながら新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で出荷が3月2日からと延期されました。

そんなUnihertz Titanですが、今では貴重ないわゆる「BlackBerry」タイプのQWERTYキーボードを搭載するストレート型というだけでなく、防水・防塵・耐衝撃機能なども備えた非常に強いタフネスモデルであり、このような個性の強い製品を待ち望んでいた人にはまさに垂涎の1台と言えると思います。

すでに紹介しているように筆者もクラウドファンディングにて入手しており、これまで前回の「個装箱に収められていた本機とその同梱品および外観の紹介」に続いて同機のプリインストールアプリやベンチマークアプリによる計測結果、チェックしておきたいポイントなどを紹介していこうと思います。

続きを読む

モトローラの大容量5000mAhバッテリー搭載スマホ「moto g8 power」が技適通過!motorola one hyperやmoto g8 plusとともに日本で発売へ


大容量5000mAhバッテリー搭載スマホ「moto g8 power」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2041-3」(認証番号:018-190448)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年1月7日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2041-3はすでに海外で発表されているスマートフォン(スマホ)「moto g8 power」であることが判明しており、すでに同じく認証技術支援センターにて工事設計認証を取得している「moto g8 plus」や「motorola one hyper」とともに日本でも投入される計画であることが明らかになりました。

通例通りならmoto g8 powerは今春以降にSIMフリーで発売されるのではないかと予想されます。なお、moto g8 powerは欧州やインドなどで販売され、価格は欧州では229.99ユーロ(約28,000円)となっており、日本で販売されている前機種「moto g7 power」と同様にコストパフォーマンスの高い電池持ちの良い機種として人気となりそうです。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」のAプランに月20GBが追加!月10GB以上を申し込みならiPhone 7が実質0円も


ジュピターテレコムの格安SIMに20GBプランが追加!月額3,980円(税抜)から

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は13日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )におけるau回線の「Aプラン」において月当たりの高速データ通信容量の選択肢を増やして新たに20GBプランを2020年2月13日(木)から提供すると発表しています。

20GBプランは通常月額利用料が4,980円(金額はすべて税別)で、J:COM MOBILEスタート割を適用すると契約から12ヶ月間は1,000円が割り引かれた月額3,980円で使えます。これにより、J:COM MOBILE Aプラン スマホセットでは月当たりの高速データ通信容量が0.5GBおよび3GB、10GBと合わせて4プランとなりました。

なお、J:COM MOBILEでは10GBプランおよび20GBプランではJ:COM TVまたはJ:COM NETを利用している場合に48回分割払いなら「J:COM MOBILE 端末代割引(新規加入時)」が適用され、定番スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」(32GB)が実質0円で購入できるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。