S-MAX

MVNO・SIMフリー

オッポジャパンが画面内指紋センサー搭載スマホ「OPPO R17lite」を日本市場で発売へ!年内にさらなる新機種も投入示唆。上位モデル含めてOPPO R17シリーズとして発表か


OPPO Japanが年内にさらに複数機種を投入へ!画面内指紋センサー搭載スマホが技適通過

既報通り、オッポジャパンは19日、都内にて「OPPO Japan Find X記者発表会」を開催し、スライド式カメラを搭載した全画面デザインの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しました。

同社はこれまで今年8月に開催した「OPPO R15 Pro(型番:CPH1833)」および「OPPO R15 Neo(型番:CPH1851)」の発表会において「日本市場において年内に少なくとも2機種を投入する計画」であることを明らかにしていましたが、その1機種がOPPO Find Xになりました。

一方で10月19日に発表会ではさらに「年内に後1機種だけではないかもしれない」とし、少なくとも2機種としていた残りの1機種に加えて、さらに年内に追加投入できる可能性が高まったことを示唆しました。

そうした中で総務省が公開する「技術基準適合証明等を受けた機器」においてオッポジャパンが日本では未発表の「CPH1893」を電波法に基づく工事設計認証(018-180317)に通していることが判明しており、この製品がOPPO Find Xと同時期の9月11日に通過していることから日本で発売される可能性が高くなっています。

CPH1893は海外では「OPPO K1」や「OPPO R15x」として展開している製品と同等であり、Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGでは「OPPO R17lite」として登録(Declaration ID:D041486)されています。

仮に日本ではOPPO R17liteとして発売されるのであれば、同時に「OPPO R17」や「OPPO R17 Pro」といった上位モデルも一緒に発表されそうで、それが年内にさらに追加される機種と予想することもでき、海外ではアジア1位、世界でも4位まで上り詰めた勢いを日本でも少なくとも製品投入ペースでは見せつけるのかもしれません。

続きを読む

Googleスマホ「Pixel」がついに日本登場!おサイフケータイ対応で日本仕様となった「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を写真と動画で紹介【レポート】


グーグルの最新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が日本上陸!11月1日に発売

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は10日、都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を2018年11月1日(木)に日本で発売すると発表した。

Pixel 3とPixel 3 XLの違いはすでに紹介しているように主に画面とバッテリー容量だ。共通するスペックはQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 845(SDM845)」や4GB内蔵メモリー(RAM)、64または128GB内蔵ストレージ、おサイフケータイ(FeliCa)、防塵・防滴などとなる。

Androidの開発・提供元であるGoogleが2016年から投入している自社開発の「Pixel」シリーズのスマホはこれまで日本では発売されてこなかったが、3世代目でついに日本で発売されることになった。しかも、日本でニーズの高い「おサイフケータイ(FeliCa)に対応して」だ。

日本ではGoogle Japanの公式Webショップ「Google ストア」で取り扱うSIMフリー版のほか、NTTドコモおよびSoftBankもそれぞれ取り扱い、すでにGoogle ストアでは10月10日より予約販売が開始され、NTTドコモとSoftBankでも10月19日より予約受付が実施されている。

なお、NTTドコモとSoftBankが取り扱うPixel 3シリーズはSIMロック版となり、SIMロック解除に対応する。価格も以前にまとめているようにGoogle ストアではPixel 3が95,000円から、Pixel 3 XLが119,000円からとなっている。

なお、KDDIではPixel 3とPixel 3 XLをauの相互接続性試験(IOT)をクリアしていることを公開しているため、SIMフリー版やSIMロック解除を行った状態ではau回線でも利用可能だ。

今回はそんなPixel 3およびPixel 3 XLについて発表会の展示会場で実機をタッチ&トライし、さらに貸出機も届いたので機能紹介や外観などを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

オッポジャパンが最新フラッグシップスマホ「OPPO Find X」を11月上旬に発売!SIMフリーで価格は約12万円。スライド式カメラ搭載の全画面デザインモデル


OPPOが高性能なSIMフリースマホ「Find X」を日本で11月上旬発売!

オッポジャパンは19日、アスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチフルHD+(1080×2340ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しています。

市場想定価格は111,880円(すべて税別)で、販路はビックカメラグループおよびヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ノジマの家電量販店、IIJmioおよび楽天モバイルの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Amazon.co.jpなどのECサイトで順次販売されます。

このうちの楽天モバイルでは10月19日16時からオンラインにてSIMカードとのセット販売および機種変更の受付を開始し、通常価格99,880円のところ8,000円割引の91,880円になる「Find X発売記念キャンペーン」を実施しています(オンラインによる機種変更のみ通常価格89,892円)。

さらに楽天モバイルではオンラインで新規契約した場合に「FCバルセロナ」とコラボレーションしたOPPOオリジナルリュック(非売品)も先着100人にプレゼントするとのこと。なお、楽天モバイルでは分割払いも利用可能。キャンペーン期間はオンラインでは12月20日(木)9:59まで、店舗では12月19日(水)閉店まで。

続きを読む

ハイエンドクラスの性能を備えたコスパ最高なSIMフリースマホ「HUAWEI nova 3」を写真と動画で紹介!前後2つずつの4つのカメラを搭載【レポート】


ファーウェイがコスパ最高のSIMフリースマホ「HUAWEI nova 3」を発売!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、都内にて「新製品発表会」を開催し、リアカメラだけではなくフロントカメラにも“ダブルレンズカメラ”を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 3」を日本で発売すると発表した。

すでに10月5日より公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」のほか、仮想移動体通信事業者(MVNO)や家電量販店、ECサイトにて順次発売されている。価格は市場想定およびファーウェイ・オンラインストアでは54,800円(税別)としているが、MVNOによってはSIMとのセット割を実施している。

ファーウェイのスマホには、フラグシップモデルの「P」シリーズ、ビジネスパーソン向けさらに高性能なプレミアムモデルの「Mate」シリーズ、そして流行に敏感な若年層をターゲットとしたミドルクラスの「nova」シリーズなどがある。

今回はそんなnovaシリーズの最新かつ最上位機種となるHUAWEI nova 3について発表会で実機を試してきたのでプレゼンテーションの内容とともに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

モトローラ、拡張機能「Moto Mods」に対応したSIMフリースマホ「Moto Z3 Play」を10月13日に発売!価格は約6万円で、上位モデルでは初の国内3キャリアに対応


モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z3 Play」が日本でも発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは12日、都内にて新製品発表会を開催し、海外では今年6月に発表したアスペクト比9:18の縦長な約6.01インチFHD+(1080×2160ドット)有機ELディスプレイ搭載のAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z3 Play」(Motorola Mobility製)を2018年10月13日(土)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では56,800円(税抜)で、Moto ストア以外にも量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われます。

販売されるのはディープインディゴ(型番/SKU:PABH0005JP)の1色。なお、Moto Z3 PlayはSIMフリー版で、はじめて「Moto Z」シリーズで日本国内のNTTドコモおよびau、ソフトバンクのすべてのネットワークに対応するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。