S-MAX

MVNO・SIMフリー

スパイウェア混入問題が指摘されているスマホ「BLU GRAN M」についてメーカーが反論!仕様通りでプライバシー問題への影響はないと発表――一方でAmazonなどでは販売停止に


BLU ProductsがGRAND Mの情報収集について反論!マルウェアなどは存在しないと発表

既報通り、アメリカの軍隊や捜査当局向けのモバイルセキュリティーツールを開発するKryptowireがセキュリティー関連イベント「Black Hat USA 2017」においてBLU Products製スマートフォン(スマホ)「BLU GRAND M」などに販売時からスパイウェアが混入していることを報告しました。

Kryptowireでは2016年11月にもBLU Productsの「BLU R1 HD」にスパイウェアが混入していると発表していましたが、一旦はBLU R1 HDに搭載されているファームウェアを開発するAdups Technologyがソフトウェア更新を実施し、該当機能を削除して問題が解決したと思われていました。

しかしながら、Kryptowireが継続して調査したところBLU R1 HD以外のBLU GRAND Mなどの製品においてその後も個人情報を勝手に中国へ送信しているスパイウェアと思われる機能が含まれているとしています。

今回、これに対してメーカーであるBLU Productsは31日(現地時間)、特定の情報を中国にあるサーバーへ送信していることを認めつつ、送信している内容は仕様通りで利用者のプライバシーに影響はなく、不正に個人情報を取得していることはないので問題ないと発表しています。

なお、Black Hat USA 2017にて報告があった後、アメリカのAmazon.comではBLU GRAND Mが販売停止となっており、さらに日本でも先ごろ「Amazon.co.jp」においてBLU GRAND Mの商品ページ自体が削除されています。

一方で同じBLU Productsの製品であり、日本で販売されている「BLU GRAND X LTE」についてもAmazon.co.jpでは販売が停止されてるのか、商品ページ自体はあるものの購入できず、仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMカードとセット販売についても「現在在庫切れです。」となっています。

続きを読む

5.5インチ2Kディスプレイや第2世代のライカダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をじっくり紹介!個性的な化粧箱や付属品もチェック【レビュー】


第2世代のダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をレビュー!

スマートフォン(スマホ)などをはじめとした通信機器を手がけている華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2017年6月9日にフラグシップ「P」シリーズを冠する最新モデル「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」、「HUAWEI P10 lite」を発売しました。

価格はオープンながら希望小売価格はHUAWEI P10が65,800円(すべて税別)、HUAWEI P10 Plusが72,800円、HUAWEI P10 liteが34,800円で、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などのECサイトや家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社から販売されています。

日本では昨年発売した前機種の「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」から特に人気が高まり、中でも上位モデルのHUAWEI P9から続く、世界的レンズメーカー「LEICA」と協業して開発したダブルレンズカメラが好評で、今年もHUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusにはそれらを進化させた第2世代のダブルレンズを搭載しているのが特長です。

さらに最大2.4GHz駆動の傘下のHiSillicon製チップセット「Kirin 960」プロセッサーや4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージなどとハイスペックとなっており、HUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusを足すと、昨年のHUAWEI P9より1.6倍、HUAWEI P10 liteはHUAWEI P9 liteの1.8倍の売れ行きとなっているとのこと(ともにBCNの集計による発売後2週間の比較)。

さらに上位モデルの2機種ではより価格の高いHUAWEI P10 Plusのほうが販売台数が多く、PANTONEと協業したカラーバリエーション「グリーナリー」が人気となっているということです。今回はそんなHUAWEI P10 Plusをお借りしましたので、開封の儀の様子と製品のファーストインプレッションをお届けします。

なお、HUAWEI P10 Plusのカラーバリエーションは日本ではグリーナリーのほか、ダズリングゴールドの2色展開となっていますが、紹介するカラーはダズリングゴールドとなります。

続きを読む

NTTレゾナント、gooのスマホにAndroid 7.0&LTE対応で税抜7800円と業界最安値のSIMフリースマホ「g06+」を発表!4インチ小型モデルが2GB RAMや16GBストレージとスペックアップ


gooのスマホ「g06+」が発表!7月31日に発売

NTTレゾナントは31日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新たにAndroid 7.0(開発コード名:Nouat)を搭載した新機種「g06+(グーマルロクプラス)」(クロスリンクマーケティング製)を発売すると発表しています。

価格はNTTコミュニケーションズの仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMパッケージ付きで7,800円(税抜)で販売されます。分割払いの場合は380円(税抜)/月×24回。なお、これまでのgooのスマホと同様にOCN モバイル ONEを契約しなくてもOKだと思われます。すでに2017年7月31日(月)より販売開始しています。

販売拠点はまずは公式Webストア「NTTコムストア by gooSimseller」(楽天市場店およびYahoo!ショッピング店含む)のみですが、その後、8月中旬以降にビックカメラやソフマップ、コジマ、ヨドバシカメラでも一部店舗にて端末単品販売開始予定。

また、g06+の発売を記念した「g06+発売記念キャンペーン①」および「gooメール利用者様限定!g06+発売記念キャンペーン②」( https://simseller.goo.ne.jp/ext/lp/g06pluscp.html )も2017年9月20日(水)9時59分までの期間限定で実施し、g06+を購入した人のうち先着906人に1,000円相当のgooポイントが付与されるほか、gooメールを利用中かつg06+を購入した先着906人にgooポイント1,500ポイントをプレゼントします。キャンペーンは本店以外は対象外。

続きを読む

日本でも販売されている格安スマホ「BLU GRAND M」にもスパイウェアが混入!使用者の個人情報が中国へ送信されているとBlack HatでKryptowireが明らかに


BLU製スマホ「GRAND M」にスパイウェアが混入!個人情報が中国へ送信

アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency;DARPA)から派生し、アメリカの軍隊や捜査当局向けのモバイルセキュリティーツールを開発するKryptowireは26日(現地時間)、セキュリティー関連イベント「Black Hat USA 2017」にて同社が2016年11月に報告していたBLU Products製スマートフォン(スマホ)におけるスパイウェア混入の問題においてまだデータを中国・上海にあるサーバーに送信していることを明らかにしました。

この問題は日本でもSIMフリースマホとして最近発売されたBLU Productsの「BLU R1 HD」にスパイウェアが混入されており、原因となったShanghai Adups Technologyが開発したファームウェアについては該当機能を削除し、ソフトウェア更新を行うことで問題は解決していると案内していました。

しかしながら、Kryptowireが検証を続けた結果、日本で発売された「BLU GRAND M」を含めたBLU Productsの他の製品にも同様のスパイウェアが混入されており、現在も個人情報を勝手に中国へ送信しているということです。なお、日本向けに販売されている製品にも混入しているかどうかは販売元に確認中です。

続きを読む

雑誌「VERY」と提携して徹底したママ目線でジュニア市場を狙う!親も子どもも安心して使えるトーンモバイルの富士通製新スマホ「TONE m17」を写真と動画で紹介【レポート】


今後のトーンモバイルは富士通製!新スマホ「TONE m17」と新サービスで子どもを守る

既報通り、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を8月1日に発売すると発表した。

また、女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾として、子どもを守りたいという思いに応えるサービス「TONE×VERY」宣言、「ジオフェンス」にロック機能を追加するなどを発表した。徹底したママ目線による「ママが子どもに持たせたい」スマホを追求する。

なお、今回発表したTONE m17は、NFCによる「お知らせメール」やジオフェンス機能の正確な位置情報などの新サービスに対応する。今回はトーンモバイルの新サービスと新端末のTONE m17を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

日本製スマホは頑丈で洗えるがトレンド?!富士通製SIMフリースマホ「arrows M04」を写真と動画で紹介【レポート】


泡ソープで清潔に保てる富士通の新しいSIMフリースマホ「arrows M04」をチェック!

既報通り、富士通コネクテッドテクノロジーズは10日、都内にて「2017年夏最新スマートフォン発表内覧会」を開催し、同社の新しいSIMフリースマートフォン「arrows M04」を発表した。

すでに7月20日より全国の家電量販店および仮想移動体通信事業者(MVNO)などの各社で取り扱いを開始している。価格はオープンながら市場予想価格が34,800円(税別)。

製品の特長として同社初となる液体タイプの食器用洗剤や泡タイプのハンドソープで洗うことを可能とし、米国国防総省の調達基準である「MIL規格」の23項目に準拠した耐久性、防水、防塵、落下時の画面割れに強い堅牢性を持つ。

今回は発表会に併設された展示会場において実際にarrows M04をタッチ&トライしてきたので、プレゼンテーションの内容とともに外観や機能について写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ASUS JAPAN、Android 7.0 Nougat採用の10インチSIMフリータブレット「ZenPad 10 Z301MFL」を発表!7月21日発売で、価格は約3.5万円


SIMフリータブレット「ASUS ZenPad 10 Z301MFL」が発売!

ASUS JAPANは19日、10.1インチディスプレイを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のSIMフリータブレット「ZenPad 10(型番:Z301MFL)」(ASUSTeK Computer製)を2017年7月21日(金)に発売すると発表しています。

本体色はダークブルー(型番:Z301MFL-DB16)およびアッシュグレー(型番:Z301MFL-GY16)、クラシックホワイト(型番:Z301MFL-WH16)の3色が用意され、価格はオープンながら希望小売価格はともに32,800円(税別)。

すでに公式Webストア「ASUS Shop」でも販売開始しており、先着50人に専用のTriCover(ブラック)プレゼントするキャンペーンを実施しています。

続きを読む

TSUTAYAスマホことトーンモバイルが新スマホ「TONE m17」や新サービスを発表!富士通製で防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグに対応し、はじめてスマホ向け機能を拡充


ツタヤスマホの新製品「TONE m17」が発表!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」においてサービスの大幅アップデートおよび新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

今回のアップデートは従来までのシニアおよびジュニア向け路線の延長として「はじめてのスマホ」をターゲットにしており、さらに30代を中心とした子育て世代のママたちのバイブルとして人気の女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾も発表しています。

新スマホのTONE m17は2017年8月1日(火)に発売され、価格は3万4800円(すべて税抜)。SIMフリースマホ「arrows M04」をベースにしてると見られ、約5インチHD(720×1280ドット)液晶などを搭載し、ハンドソープで洗える防水・防塵・耐衝撃のほか、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグにも対応しています。

また発売に合わせて8月1日より同一名義で複数台同時契約をする場合を対象に基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「はじめてのスマホ」キャンペーン(10月1日まで)を実施し、さらに既存契約者を対象にTONE m17へ機種変更されると基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「機種変更キャンペーン」も実施します。

続きを読む

ASUS JAPAN、6インチ大画面搭載のSIMフリースマホ「ZenFone 2 Laser ZE601KL」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ようやくSIMフリースマホ「ZenFone 2 Laser ZE601KL」がAndroid 6.0に!

ASUS JAPANは20日、同社が2015年11月に発売した6インチサイズの大画面を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 2 Laser(型番:ZE601KL)」(ASUSTeK Computer製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年7月21日(金)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はタブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されており、更新後のビルド番号は「JP_21.40.1220.2153_20170616」。対象型番は日本で発売したグレー(ZE601KL-GY32S3)およびレッド(ZE601KL-RD32S3)、ゴールド(ZE601KL-GD32S3)。

更新すると、ホームボタンを長押しすると、起動中のアプリで表示されている内容から欲しい情報を提案する「Now on Tap」やしばらく操作しないと自動的に深いスリープ状態になって電池持ちが良くなる「Doze Mode」などに対応します。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、日本のMVNOでは初の「eSIM」の実証実験を開始!GSMAの規格に準拠したM2Mモデルとコンシューマーモデルで日本・香港で実施


NTT Comが日本のMVNOで初のeSIM実証実験!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は24日、日本における仮想移動体通信事業者(MVNO)として初となる通信関連の世界的な業界団体GSMAの規格に準拠した「eSIM(embedded SIM)」の実証実験を開始したと発表しています。

SIMカードの通信プロファイル(携帯電話事業者・電話番号・契約内容などの情報)を遠隔から書き換えられるeSIMに対応する環境を香港のモバイル通信基盤上に構築し、IoTにおける活用やコンシューマー(一般消費者)の利用を想定した実証実験を日本および香港で行うとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。