S-MAX

Xperia

黒字化を達成したものの、スマホ販売台数はさらに減少する「Xperia」。上期は150万台で通期予想も350万台にさらに下方修正!ソニーが2019年度2Q業績を発表


Sonyのスマホ「Xperia」が販売台数減少!5年前の10分の1以下に

ソニーは30日、都内にて「2019年度 第2四半期 業績説明会」を開催し、2019年度(2019年4月〜2020年3月期)における上期(1H)および第2四半期(2Q)の決算内容を公開し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが手がけるスマートフォン(スマホ)事業を含むモバイルコミュニケーション(MC)事業ではともに黒字となったことを発表しました。

ソニーモバイルコミュニケーションズでは「Xperia」シリーズとしてスマホ事業を展開しているほか、ソニーネットワークコミュニケーションズによるインターネット接続事業「NURO」などを含めてMC事業として情報を開示しており、2019年度に入ってからはスマホの販売台数は減少しているものの、オペレーション費用の削減などによって黒字化を達成しています。

営業利益は1Qが10億3,900万円(前年同期比+109.7%)、2Qが6億3,500万円(前年同期比+102.1%)、1Hが16億7,400万円(前年同期比+104.1%)となりました。一方でスマホの販売台数はさらに減少しており、第1四半期の90万台(前年同期比▲55%)に続いて第2四半期は60万台(前年同期比▲62.5%)と落ち込み、上期では150万台(前年同期比▲58.3%)となっています。

これにより、通期予想についても2019年度がはじまった4月時点では500万台でしたが、7月時点で400万台に下方修正されたことに続いて、10月時点ではさらに350万台に下方修正されています。無事に350万台に達した場合は前年比▲46.2%となり、減少率は下期のほうが下がると見込まれています。

なお、ソニーでは当初よりスマホの販売台数は2019年度も減少する傾向となると予想しており、一方で今年度からは黒字化を見込んでいましたが、現時点では想定よりも販売台数は落ち込んでいるものの、黒字化はきちんと達成していることになります。

続きを読む

ソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia 5」を写真と動画で紹介!超縦長画面が持ちやすい6.1型に。ドコモは11月1日、auとSoftBankは10月25日に発売【レポート】


ちょうど良いサイズのシネマワイドディスプレイ搭載の高性能スマホ「Xperia 5」を写真と動画でチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5」がいよいよ日本でも10月25日(金)から順次販売開始される予定だ。日本ではau向け「Xperia 5 SOV41」とSoftBank向け「Xperia 5 901SO」が10月25日、NTTドコモ向け「Xperia 5 SO-01M」が11月1日(金)に発売となる。

各社ともに日本向けはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、内蔵ストレージは64GB、バッテリー容量は3000mAhとなっており、本体カラーはNTTドコモとauではブラックおよびグレー、ブルー、レッドの4色だが、SoftBankのみブラックは取り扱わずグレーおよびブルー、レッドの3色展開となる。

またすでにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店のほか、公式Webショップ「ドコモオンラインショップ」やau Online Shop」、ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されている。価格(税込)はそれぞれの公式Webショップや直営店ではNTTドコモが87,912円、auが90,720円、SoftBankが116,160円だ。

さらに各社ともにNTTドコモの「スマホおかえしプログラム」やauの「アップグレードプログラムDX」、SoftBankの「トクするサポート」といった代物弁済施策の対象となっており、スマホおかえしプログラムでは最大3分の1、アップグレードプログラムDXとトクするサポートでは最大2分の1の割賦金が免除される。なお、アップグレードプログラムDXとトクするサポートは別途利用料として月額390円(不課税)が24ヶ月分かかる。

Xperia 5は今年6月に発売された「Xperia 1」の機能をほぼそのままに、画面サイズを6.5インチからより持ちやすい6.1インチに変更した「Xperia」シリーズの最新のバリエーションモデルと言う位置付けである。今回はそんなXperia 5についてNTTドコモが10月11日に実施した発表会にてタッチ&トライを行ってきたので写真と動画で紹介していく。なお、基本的に紹介する内容はau版とソフトバンク版にも搭載されているので参考にして欲しい。

続きを読む

Sony、新フラッグシップスマホ「Xperia 5」を発表!超縦長シネマワイドディスプレイを採用した6.1インチFHD+有機ELで小型化。日本でも発売へ


Sonyからより小型なフラッグシップスマホ「Xperia 5」が登場!

Sonyは5日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2019」に合わせてプレスカンファレンス「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催し、Sonyブランドの新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5」(Sony Mobile Communications製)などを発表しています。

Xperia 5は今夏モデル「Xperia 1」の姉妹・兄弟モデルとなったところで、映画のスクリーンのアスペクト比21:9と同じ超縦長なシネマワイドディスプレイを採用し、新たに画面サイズがXperia 1の約6.5インチから約6.1インチに小型化されたほか、本体の大きさもXperia 1の72mmから68mmと小さくなっています。なお、解像度は4K(1644×3840ドット)からFHD+(1080×2520ドット)にスペックダウンされました。

価格は発表会を行ったドイツを含む欧州では799ユーロ(約94,000円)で10月上旬に発売予定。また具体的な販路は明らかにされていませんが、日本を含めた各国・地域で今秋以降に順次発売されることが案内されており、日本では恐らく従来通りにXperiaシリーズはNTTドコモやau、SoftBankから販売される可能性は高いと思われ、その場合は「2019-2020冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと予想されます。


続きを読む

SonyがIFA 2019に合わせてプレスカンファレンスを開催!日本時間では9月5日20時からライブ中継も実施。次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」などを発表か


Sony Press Conferenceが9月5日に開催!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」が発表か

Sonyがドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて現地時間(CEST)の9月5日(木)13:00〜13:45に発表会「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催することが明らかになりました。また発表会の模様は公式Webサイトにてライブ中継も実施される予定です。

日本時間(JST)では9月5日20:00から。毎年さまざまな製品が発表されるIFAですが、今年もSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)によるスマートフォン(スマホ)「Xperia」シリーズを含めて多数の製品が発表されると見られます。Xperiaシリーズでは次期フラッグシップモデル「Xperia 2」やミッドレンジモデル「Xperia 20」(ともに仮称)などが発表されると噂されています。

続きを読む

使い勝手はどう?ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1」のサイドセンスやシネマワイドディスプレイによるマルチウィンドウなどを試す【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモおよびau、SoftBankから発売されたソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。筆者もNTTドコモ向け「Xperia 1 SO-03L」を購入してレビューをしています。

Xperia 1は超縦長画面「シネマワイドディスプレイ」やトリプルリアカメラが注目されており、これまで第1回目の外観・同梱品、第2回目の持ちやすさ、第3回目の映像体験、第4回目の基本的な動作速度や安定性について紹介してきました。

そこで今回は超縦長なシネマワイドディスプレイを活用したマルチウィンドウや最近の「Xperia」シリーズで導入されているサイドセンスをはじめとするXperia 1のユーザーエクスペリエンス(UX)について実際に使ってみた範囲で感じたことをまとめました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。