S-MAX

Xperia

2018 Japan IT Week秋:デジタルサイネージや決済システムに「Xperia Touch」や「Xperia Hello!」を活用するソニーの提案を紹介【レポート】


ソニーモバイルがXperia TouchやXperia Hello!を活用したビジネスソリューションを展示!

幕張メッセにて10月24〜26日に10ものIT関連展示会が合同で催されるIT総合イベント「2018 Japan IT week 秋」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催され、第2回 店舗ITソリューション展【秋】のエリアにソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が出展していました。

そこで本記事では、同社が展示していたAndroid搭載スマートプロジェクター「Xperia Touch」やコミュニケーションロボット端末「Xperia Hello!」を活用した法人向けソリューションについてレポートしたいと思います。

続きを読む

ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」がNTTドコモとau、SoftBankから11月9日に発売!気になる価格やキャンペーンをまとめてチェック


docomoとau、SoftBankから最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」が11月9日発売!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、 ソフトバンクがソニーブランドの「Xperia」シリーズにおいて初の有機ELディスプレイを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)をそれぞれ2018年11月9日(金)に発売すると発表しています。

NTTドコモは11月5日に今冬から来春かけて発売する「2018-2019冬春モデル」として「Xperia XZ3 SO-01L」を11月9日に発売すると発表し、すでに10月17日よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて予約受付を実施しています。

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10月22日にau向け「2018年秋冬モデル」として「Xperia XZ3 SOV39」を11月9日に発売すると発表し、すでに10月12日よりauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付を実施しています。

ソフトバンクは11月6日にSoftBank向け「2018年冬モデル」として「Xperia XZ3 801SO」を11月9日に発売すると発表し、すでに10月12日よりソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を実施しています。

そこで本記事では各社におけるXperia XZ3の価格(すべて税込)やキャンペーン、各記事などをまとめて紹介します。

続きを読む

au向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3 SOV39」を写真と動画で紹介!ブラビアを手のひらに再現するエクスペリア初の有機ELディスプレイ搭載【レポート】


au向け最新エクスペリア「Xperia XZ3 SOV39」は11月下旬発売!写真と動画でチェック

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、都内にて「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催し、au向け「2018年秋冬モデル」を発表し、ソニーブランドの「Xperia」シリーズとしては初のディスプレイに有機Eパネルを採用したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3 SOV39」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2018年11月上旬に発売する。

主なスペックとして、OSは最新のAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を搭載し、チップセット(SoC)にはQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 845」、内蔵メモリー(RAM)には4GB LPDDR4X、内蔵ストレージには64GB UFS、外部ストレージにはmicroSDXCカードスロット(最大512GBまで)となる。

ハイエンドモデルに相応しく、防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)に加えて、au版ではおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応する。なお、3.5mmイヤホンマイク端子は非搭載となっているため、USB Type-C – 3.5Φ変換ケーブル01(TVアンテナ機能付き)が付属し、地上デジタルテレビ視聴時にも利用するようになっている。

発売に先駆けてすでに本日10月12日よりauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格は市場想定本体価格が9万円台後半となる見込み。今回は、KDDI直営店での先行展示もはじまっているが、タッチ&トライイベントの会場で実際にXperia XZ3 SOV39の実機を触ることができたので、写真と動画で紹介する。

続きを読む

ソニーモバイル、コミュニケーションロボット「Xperia Hello!」の新たな機能アップデートを提供開始!セコム・ホームセキュリティーとの連携など機能を強化


ソニーのAIコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」がまたまた機能強化!

ソニーモバイルコミュニケーションズは1日、昨年11月18日に発売のAI(人工知能)を活用したコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(型番:G1209)」の機能アップデートを行うソフトウェア更新を提供開始したと発表した。

Xperia Hello!は、大人が片手で持てる程度の大きさのコミュニケーションロボットで、音声のほかにも、しぐさや表情で会話をすることができる。本体上部にはカメラを備え、本体前面にはディスプレイを搭載し、さまざまな情報を表示する。本体下部に搭載された7チャンネルのマルチマイクによって、呼びかけた相手の方向を認識する。

オープン価格だが、公式Webストア「ソニーストア」における販売価格は149,880円(税別)となっている。

続きを読む

Sony、6インチQHD+有機EL搭載のフラッグシップスマホ「Xperia XZ3」を発表!日本でも今秋以降に発売で、側面で操作するサイドセンスやAI機能の強化など


ソニーが最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」を発表!

Sonyは30日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2018年8月31日(金)から9月5日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2018」に合わせてプレスカンファレンス「Sony Press Conference at IFA 2018」を開催し、Sonyブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(Sony Mobile Communications製)などを発表しています。

Xperia XZ3は今夏モデル「Xperia XZ2」の後継機種となり、新たにディスプレイパネルが有機EL(OLED)になったほか、本体側面をタッチしたりなぞったりすることで操作できる「サイドセンス」に対応し、これまでも統計・学習によるML機能が導入されていましたが、改めて「AI in Xperia」としてAI(人工知能)を活用した各機能が強化されています。

具体的な販路は明らかにされていませんが、日本を含めた各国・地域で今秋以降に順次発売される予定で、日本では恐らく従来通りにXperiaシリーズはNTTドコモやau、SoftBankから販売される可能性は高いと思われ、その場合は「2018-2019冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。