S-MAX

Xperia

Sony、新フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」を発表!120Hz駆動6.1型有機ELや4K HDR 120fpsスローモーション撮影など。日本でも発売へ


Sonyからより小型なフラッグシップスマホ「Xperia 5 II」が登場!

Sonyは17日(現地時間)、子会社のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が開発したSonyブランドの新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」を発表しています。

Xperia 5 IIは昨年発売された「Xperia 5」の後継機種で、同様に映画のスクリーンのアスペクト比21:9と同じ超縦長なシネマワイドディスプレイを採用した約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機ELを搭載し、新たに5Gや120Hzリフレッシュレートに加え、世界初の4K HDR 120fpsのスローモーション撮影に対応しています。

日本を含めた各国・地域で今秋以降に順次発売されることが案内されており、日本では恐らく従来通りにXperiaシリーズはNTTドコモやauなどから販売される可能性は高いと思われ、その場合は「2020年秋冬モデル」として発売されるのではないかと予想されます。価格は欧州では899ユーロ(約111,000円)。

続きを読む

Sonyの次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」と見られる「XQ-AS72」が中国MIIT認証を取得!本体画像が公開。多くのプレス画像リークも


ソニーの次期スマホ「Xperia 5 II」と見られる製品が認証取得!本体画像も公開

中華人民共和国(以下、中国)の国務院に属する工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology;MIIT)は8日(現地時間)、Sony(以下、ソニー)の中国法人である索尼(中国)が未発表の5G対応Androidスマートフォン(スマホ)「XQ-AS72」(許可証号:00-D810-208636)の認証を取得したことを公開しています。

製造はソニー子会社のSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)が行うとされており、詳細は不明ながら恐らく次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」(仮称)と見られます。なお、Xperia 5 IIについてはEvan Blass( @evleaks )氏がプレス用と見られる画像をリークしています。

またすでに紹介しているようにソニーでは現地時間(CEST)2020年9月17日(木)9:00からソニーモバイルが開発・製造する「Xperia」シリーズの新商品発表をXperiaの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて開催します。日本時間(JST)では同9月17日16:00から。

続きを読む

ソニーモバイルがスタンダードスマホ「Xperia 10 II」のSIMフリーモデルを日本で発売へ!未発表のPM-1286-BVが技適を取得


日本でスタンダードスマホ「Sony Xperia 10 II」のSIMフリーモデルが発売へ!技適通過

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が「PM-1286-BV」(認証番号:003-200013)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年2月28日付けでディーエスピーリサーチによって取得しています。

ソニーモバイルのPM-1286-BVを含む「PM-128*-BV」(*は0〜6の数字)はすでに発表されているスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 II」であることがわかっており、PM-1286-BVは既存の日本で販売されているNTTドコモ向け「Xperia 10 II SO-41A」やau向け「Xperia 10 II SOV43」、Y!mobile向け「Xperia 10 II A001SO」とも異なっています。

そのため、ここ最近はソニーモバイルのXperiaシリーズにて「Xperia 1 II」や「Xperia 1」、「Xperia 5」、「Xperia 8」(SIMフリーモデルは「Xperia 8 Lite」として投入)のSIMフリーモデルが立て続けに日本で販売されることが発表されていることもあり、Xperia 10 IIも同様にSIMフリーモデルとして登場する可能性が高そうです。

ただし、昨年のモデルであるXperia 1やXperia 5、Xperia 8のSIMフリーモデルはようやく発売になったばかりですし、最新モデルのXperia 1 IIのSIMフリーモデルは10月30日に発売予定となっているため、Xperia 10 IIのSIMフリーモデルが販売されるとしてもまだ少し先になりそうではあります。

続きを読む

ソニーが日本時間9月17日16時にXperiaシリーズの新商品発表を予告!次期フラッグシップスマホ「Xperia 5 II」などを発表へ


Sony Mobileが9月17日にXperiaシリーズの新商品発表を案内!

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は27日(現地時間)、ソニーモバイルが開発・製造する「Xperia」シリーズの新商品発表をXperiaの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて現地時間(CEST)2020年9月17日(木)9:00に行うと告知しています。

日本時間(JST)では同9月17日16:00で、同時刻に発表動画を掲載するとのこと。すでにXperiaの公式YouTubeチャンネルやソニーモバイルの公式Facebookページにてカバーが告知画像に変更されています。恐らく例年通りであれば、今年の下期に投入するフラッグシップスマートフォン(スマホ)などが発表されると思われます。

続きを読む

ソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia 1 II」がPhoto ProアプリなどにてRAW保存に対応!日本ではまずはau版にて更新開始


最新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 1 II」にてRAW撮影に対応するソフトウェア更新が提供開始!

KDDIは30日、携帯電話サービス「au」向け最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II SOG01」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)において機能向上などを行うソフトウェア更新を2020年7月30日(木)より提供開始したとお知らせしています。

これまでにソニーモバイルコミュニケーションズでは「Xperia 1 II」に搭載されているカメラアプリ「Photography Pro(以下、Photo Pro)」などにおいてRAW撮影(.DNG形式での保存)にソフトウェア更新によって対応予定としていましたが、今回、これが実施されています。

今後、NTTドコモ向け「Xperia 1 II SO-51A」においても同様の更新が行われるものと見られます。Xperia 1 II SOG01の更新は本体のみで携帯電話回線(5G/4G)もしくは無線LAN(Wi-Fi)回線によるネットワーク経由(OTA)が用意されているほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続した方法も用意されています。

更新時間は約10分で、更新ファイルサイズは約190MB。ファイルサイズはそれほど大きくないですが、Wi-Fiが推奨されています。更新後のビルド番号は「58.0.C.7.41」で、ビルド番号は「設定」→「デバイス情報」にて確認可能。更新による主な変更点は以下の通り。

・通信速度の向上(※1)
Photo ProアプリでRAW形式ファイル保存に対応
音量が勝手に変動する場合がある。
セキュリティ機能の改善
Androidセキュリティパッチを適用します。セキュリティパッチレベルが2020年7月となります。

Androidセキュリティ機能についての詳細は こちら をご確認ください。

※1 最大通信速度は、エリアや通信規格により異なります。詳しくはエリアマップでご確認ください。
サービスエリア

※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適に Xperia 1 II SOG01をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。