S-MAX

パソコン

Windows 10搭載7インチウルトラモバイルPC「GPD Pocket2」を写真で紹介! CPUや内蔵ストレージの強化で処理性能が大幅UP。モバイルバッテリーとしても利用可能【レポート】


国内販売が開始されたGPD Pocket2をレポート!

リンクスインターナショナルが都内にて「新製品発表会」を10月26日に開催し、OSにWindows10 Home (64bit)を採用したGPDの新型ウルトラモバイルパソコン(PC)「GPD Pocket2」の国内販売を発表しました。

同製品はすでに11月上旬より販売が開始されており、市場価格は8万~9万円程度。全国のビックカメラ、ヨドバシカメラ、ツクモ、ソフマップ、コジマほか、Amazon.co.jpなどのオンラインショップでも販売されています。

かつてはモバイルデバイスの華とも呼ばれた手のひらサイズのウルトラモバイルPCですが、現在では処理性能の問題や画面解像度および視認性の実用度などから同カテゴリーの製品が非常に少なく、選択肢の極端に少ない状態が続いています。

その中にあってGPD Pocket2は7インチWUXGA(1920 × 1200ドット)液晶の広い画面領域や第7世代Core-m3の採用、余裕のある8GBのメインメモリー(RAM)など、小型であっても十分に活用できるだけの性能を確保した納得できる仕様に仕上がっています。

発表会場にて本機に触れる機会がありましたので、写真とともにご紹介します。

続きを読む

第8世代インテルCore搭載でビジネスもプライベートも楽しめる!NECの“軽さは正義”を追求したモバイルPC「LAVIE Hybrid ZERO」を写真と動画で紹介【レポート】


モバイルPCの軽さは正義!第8世代インテルCoreプロセッサーで仕事も趣味も軽快に!

NECパーソナルコンピュータ(以下、NEC PC)が都内にて「新商品発表会」を10月16日に開催し、CPUに第8世代インテルCoreシリーズを搭載する「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズの最新モデル「HZ750/LA」および「HZ550/LA」、「HZ500/LA」を発表した。

最新モデルではプロセッサーにHZ750/ZAが「Core i7-8550U」、HZ550/LAおよびHZ500/LAが「Core i5-8250U」を搭載する。この2つのプロセッサーはモバイル向けながら4コア8スレッドで動作するもので、ベースクロックはCore i7-8550Uが1.80GHz、Core i5-8250Uが1.60GHzとやや低めだが、ターボ・ブースト時にはそれぞれ最大4.0GHz、3.40GHzとパフォーマンスが向上する。

もちろん、ターボ・ブーストは特定の条件下で尚かつ冷却がしっかりとしていて初めて効果があるものなので、ギリギリまでサイズダウンしたモバイルPCではこうしたパフォーマンスアップよりもバッテリーの持続時間に直結する省電力で動作する方が重要である。省電力でありながら4コア8スレッドで動作することが進化ポイントと言える。

PC(パーソナルコンピューター)も新しい「[[iPad Pro]]」や「[[iPhone XS]]」シリーズなどの高性能なタブレットやスマートフォン(スマホ)といったモバイル機器が同価格帯となった今、モバイルPCはどのような特徴があるのだろうか。今回は、最新のLAVIE Hybrid ZEROを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

第8世代Core-i7採用のホームノートPC「NEC LAVIE Note NEXT」シリーズを写真で紹介!SSDやIntel Optaneメモリーを採用し高速起動を実現【レポート】


飽きないデザインと高性能を両立させた「LAVIE Note NEXT」が発売!

NECパーソナルコンピュータ(以下、NEC PC)が都内にて「新商品発表会」を10月16日に開催し、リビングや書斎での利用を想定したA4サイズのノートPC「LAVIE Note NEXT」シリーズを発表しました。すでに10月18日より販売が開始されており、市場想定価格(税抜)は上位モデルの「NX850」で209,800円、下位モデルの「NX750」で199,800円となります。

LAVIE Note NEXTシリーズは2017年モデルで採用した「積層された紙の束」をイメージしたシンプルでスッキリとしたデザインが好評でしたが、そのデザインコンセプトを2018年モデルでも継承しています。

またデザイン面での大きな変更はせずに薄型化や塗装の質感の向上などを中心にブラッシュアップしたほか、起動速度の向上などユーザーの不満解消を重点とした性能強化が図られています。今回はそんな新しいLAVIE Note NEXTを写真を交えて紹介します。

続きを読む

東京ゲームショウ2018:スペイン発のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」登場! AMD Ryzen搭載でGTA Vやオーバーウォッチも快適に遊べる【レポート】


スペイン発のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」を紹介!

9月20日(木)から23日(日)までの4日間、千葉県・幕張メッセにて国内最大のゲーム関連展示会「東京ゲームショウ2018(TGS 2018)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催され、スペインのスタートアップメーカー「SMACH」社がブースを出展。同社のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」(スマック・ゼット)が展示・公開されました。

本機はニンテンドー・スイッチのようにタブレット端末をゲームパッドで挟んだようなデザインで、その中身は高性能なタブレットPCといった雰囲気です。OSにはLinuxベースOSもしくはWindows 10が選択可能で、PC向けゲームプラットフォームである「Steam」のゲーム1000タイトル以上が遊べるポータブルゲーミングマシンであるという点をセールスポイントとしています。

本機の発売は10月から12月を予定しており、日本における販売代理店などでの価格はBTO構成ごとに8万円台から13万円台となっています(スペックの詳細は後述)。

続きを読む

日本HPがメインストリーム向け新ゲーミングPCブランド「HP Pavilion Gaming」を発表!9月発売のペルチェ素子搭載のヘッドセットも展示【レポート】


冷却機能を搭載した光り方も調整可能なゲーミング向けヘッドセットが発売!

日本HPが都内にて「ゲーミングPC新製品発表会」を7月12日に開催し、ハイエンド向けゲーミングパソコン(PC)ブランド「OMEN by HP」と合わせてメインストリーム向けのゲーミングPCブランド「HP Pavilion Gaming」ブランドを発表した。

OMENシリーズは昨年の「東京ゲームショウ2017」にブースを出展し、独創的なデザインのゲーミングPCを展示。eスポーツなどの大会に出場する選手向けの、シビアな入力などの要求に応えるハイパフォーマンスをアピールしていた。

新たなPavilion Gamingシリーズは、これからPCゲーミングを初めて見たい人、手軽に変えるハイスペックPCを求めている人向けのブランドで、間口を広くすることでOMENシリーズへの導線を作る戦略的なものである。

PCとしてもゲーミングPCのような奇抜なでデザインではなく、ごく普通のPCのデザインをしているため、一般ユーザーでも入りやすく、そしてゲーミング以外にも写真編集や動画編集などハイパフォーマンスを必要とするユーザーにも最適なPCブランドとしている。

今回は、7月から9月まで順次発売される新製品について気になった製品をまとめて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。