S-MAX

Galaxy

Samsung、廉価スマホ「Galaxy S10 Lite SM-G770」と「Galaxy Note10 Lite SM-N770」を投入へ!各種認証機関を通過し、インドなどで販売予定


廉価スマホ「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy Note10 Lite」が登場へ!写真はGalaxy Note10+

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズおよびペン入力に対応した最新プレミアムモデル「Galaxy Note10」シリーズにてそれぞれ廉価版を投入すると海外メディアが報じています。

廉価版は製品名が「Galaxy S10 Lite(型番:SM-G770**)」と「Galaxy Note10 Lite(型番:SM-N770**)」となると見られ、それぞれ認証機関を通過して存在が明らかにとなっています。インドでは今月にも発売されると伝えられており、恐らくグローバル向けに発表されてその他の国・地域でも投入されると予想されます。なお、日本で販売されるかどうかは不明。

続きを読む

フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」にカメラやPC連携などの新機能を追加するアップデートを提供!まずはNTTドコモ版で配信開始


Galaxy S10・S10+に新機能が追加されるソフトウェア更新が提供開始!まずはdocomo向けから

サムスン電子ジャパンは11日、日本市場向けフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」に対して新機能を追加するアップデート提供開始したとお知らせしています。

同日、まずはNTTドコモより「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」においてソフトウェア更新が配信開始されており、au向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」にも近く提供される予定。

主な変更点は以下の通り。更新はスマホ本体のみでモバイルネットワーク(FOMAおよびXi)もしくは無線LAN(Wi-Fi)の回線を用いた方法およびパソコン(PC)にUSB接続して行う方法が用意されており、手持ちのGalaxy S10 SC-03Lでは本体のみで更新する場合のファイルサイズは847.28MBとなっており、Wi-Fiが推奨されます。

更新にかかる時間は本体のみでGalaxy S10 SC-03Lが約6分、Galaxy S10+ SC-04LおよびGalaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約5分、PCを用いる方法でGalaxy S10 SC-03Lが約38分、Galaxy S10+ SC-04Lが約51分、Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05Lが約63分。

○改善される事象
・カメラ機能を向上いたします。
・各種機能を向上いたします。
・機能の詳細については、サムスンの公式ホームページをご確認ください。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2019年10月になります。)


続きを読む

Galaxy Harajukuにカフェ「DUMBO Doughnuts and Coffee」がオープン!限定「Galaxy ドーナツ」などのサクサクモチモチのドーナツが楽しめる【レポート】


インスタ映えスイーツ「DUMBO Doughnut and Coffee」がGalaxy Harajukuにオープン!

Galaxyブランドを展開するサムスン電子ジャパンは6日、世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」(東京・渋谷区)にて麻布十番で話題のカフェ「DUMBO Doughnuts and Coffee」のリミテッドストア「DUMBO Doughnuts and Coffee @Galaxy Harajuku」を2019年11月8日(金)にオープンすると発表した。

DUMBO Doughnuts and Coffee @Galaxy Harajukuの営業時間は11:00~20:00(ラストオーダー19:30)で、全54席(店内34席 屋外テラス席20席)、休憩やビジネス利用にもオススメだ。またオープン記念として11月8日~10日までは「Galaxy ドーナツ」を先着30名に1つプレゼントする企画を実施していた。

今回は、新規オープンしたDUMBO Doughnuts and Coffee @Galaxy Harajukuに行ってみたので紹介していく。

続きを読む

CEATEC 2019:au向けフォルダブルスマホ「Galaxy Fold SCV44」を写真と動画で紹介!6つのカメラや12GB RAMなど脅威のハイスペックモデル【レポート】


au向けの超ハイスペックフォルダブルスマホ「Galaxy Fold SCV44」は10月25日(金)に発売予定!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、au向け「2019年秋冬モデル」を発表し、折りたためる有機ELディスプレイを搭載したフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold SCV44」(サムスン電子製)を10月25日(金)に発売する。

今回の2019年秋冬モデルは、報道陣向け発表会などの開催がなかったが、Galaxy Fold SCV44においては、10月15日(火)から18日(金)までの期間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「CEATEC 2019」のKDDIブース内「XR Door ~瞬間移動体験・おもしろいほうの扉へ~」コーナーで、実機を試すことができたのでレポートする。

続きを読む

Sペン対応の超高性能スマホ「Galaxy Note10+」を写真と動画で紹介!いよいよNTTドコモとauから10月18日に発売する4G世代の集大成【レポート】


Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」がdocomoとauから10月18日に発売!写真と動画でチェック

ようやく日本でもサムスン電子の最新プレミアムスマートフォン「Galaxy Note10+」がNTTドコモおよびauから「2019年冬モデル」として発表されました。そしていよいよ明日10月18日(金)にNTTドコモから「Galaxy Note10+ SC-01M」、auから「Galaxy Note10+ SCV45」として発売されます。

Galaxy Note10+は先立って今年8月にアメリカ・ニューヨークにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」にて発表された同社の最上級クラスのAndroidスマホで、専用スタイラスペン「S Pen」が売りの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。その特徴はなんと言っても大画面かつ超高性能に尽きるでしょう。

NTTドコモとauから販売される日本向けモデルでは新たにチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 855」となり、12GB内蔵メモリー(RAM)や256GB内蔵ストレージ、最大1TBのmicroSDXCカードスロット、4300mAhバッテリーなどを搭載し、有機ディスプレイ内に配置されたパンチホールにフロントカメラを搭載する「Infinity-O Display」による“全画面デザイン”が採用されました。

このように日本向けモデルもグローバルで発表された仕様を踏襲しつつ、国内の移動体通信事業者(MNO)が今までに取り扱ってきたスマホとしては最高スペックとなっており、日本向けの仕様としてNTTドコモ向けおよびau向けともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。なお、ワンセグ・フルセグには非対応。

価格(金額はすべて税込)についてもそれぞれすでに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」にて案内されており、NTTドコモおよびauともに各販路にて10月11日より事前予約受付が実施されています。なお、こちらもNTTドコモとauともにGalaxy Note10+を予約・購入して専用Webページで登録すると完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

NTTドコモでは本体価格が121,176円で、本体を返却することで36回払いのうちの最大12回分の支払いが免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担は80,784円、auでは本体価格が118,800円、48回払いで購入して本体を下取り(返却かつ次の製品の購入が必要)に出すことで最大24回分の支払いが免除される「アップグレードプログラムDX」を利用した場合の実質負担は59,400円になります。

そんなGalaxy Note10+ですが、NTTドコモでは10月11日に都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催しており、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてGalaxy Note10+ SC-01Mを発売に先立ってチェックする機会がありましたので、写真と動画を交えながらご紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。