S-MAX

Galaxy

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20 5G」を写真で紹介!ドコモ版「SC-51A」が3月25日、au版「SCG01」が3月26日に発売【レビュー】


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20 5G」を写真でチェック!docomo版とau版が順次発売

サムスン電子が今年2月に発表した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20 5G」がいよいよ日本で発売される。例年なら「夏モデル」として5月以降とグローバルモデルからかなり遅れての販売開始となるが、今年は日本の5Gサービスの開始に合わせて早めの投入となった。

現時点ではすでに発表されているようにNTTドコモ向け「Galaxy S20 5G SC-51A」が3月25日(水)、au向け「Galaxy S20 5G SCG01」が3月26日(木)にそれぞれの5Gサービス開始に合わせて発売される。すでに両機種ともにドコモショップやauショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などにて事前予約受付を実施している。

価格(税込)は各直営店ではNTTドコモ向けGalaxy S20 5G SC-51Aが102,960円、au向けGalaxy S20 5G SCG01が117,480円で、それぞれ購入サポート施策の対象となっており、実質負担額はNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」によって68,640円(2,860円/月×24回)、auでは「かえトクプログラム」によって68,425円(2,975円×23回)となっている。

またキャンペーンも実施され、NTTドコモではGalaxy S20 5G SC-51Aを含む5Gスマホ全製品を対象に「5G WELCOME割」を実施し、機種変更となる契約変更(FOMA→5GおよびXi→5G)では5,500円割引、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では20,000円割引(ドコモオンラインショップではdポイント20,000ポイント還元)するとのこと。

さらにサムスン電子ジャパンでは期間中にNTTドコモ向けGalaxy S20 5G SC-51Aを予約・購入・応募すると、au向けGalaxy S20 5G SCG01を購入・応募するとともにもれなく全員に完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+(型番:SM-R175)」をプレゼントするキャンペーンを実施している。

そんなGalaxy S20 5Gについて本記事ではNTTドコモとau向けのそれぞれについて外観や仕様の違いを写真を交えつつ紹介していく。なお、NTTドコモとau向けは基本的なハードウェアは共通となっているものの、ソフトウェアによって対応する周波数帯などが変えられている。

続きを読む

NTTドコモとauから5G対応スマホ「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」が発売へ!各種認証を取得し、型番はSC-51AやSC-52A、SCG01、SCG02に



既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として6.2インチの「Galaxy S20」および6.7インチの「Galaxy S20+」、6.9インチの「Galaxy S20 Ultra」を2月11日(現地時間)に発表しました。

これに伴って各認証機関ではこれらの製品の認証情報を公開しており、Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGではNTTドコモおよびau向けと見られる5Gに対応したGalaxy S20とGalaxy S20+の情報を掲載し、ワイヤレス充電(Qi)の認証機関であるWCPでもNTTドコモおよびau向けと見られるGalaxy S20の情報を掲載しています。

中でもBluetooth SIGが公開した情報ではNTTドコモ向けGalaxy S20が「SC-51A」(SM-G981D)、Galaxy S20+が「SC-52A」(SM-G986D)、au向けGalaxy S20が「SCG01」(SM-G981J)、Galaxy S20+が「SCG02」(SM-G986J)とされており(カッコ内はメーカー型番)、メーカー型番からそれぞれ5Gに対応したNTTドコモおよびau向けだと推測できます。

またモデル名はこれまでのNTTドコモとauの型番に類似しており、両社ともに5Gの導入に合わせて型番の付け方を若干変更し、NTTドコモでは末尾のアルファベットがリセットされて「A」となるほか、数字の頭が5Gを表す「5」になり、auではメーカーを表す「SC」に続くアルファベットが5Gを示すであろう「G」になり、数字部分がリセットされるようです。

これに従えば、例えば、今春以降のモデルではNTTドコモにおけるソニーネットワークコミュニケーションズ製のXperiaでは「SO-51A」や「SO-52A」、シャープ製では「SH-51A」や「SH-52A」など、auでは同じくXperiaでは「SOG01」や「SOG02」、シャープでは「SHG01」や「SHG02」などとなると予想されます。

なお、Galaxy S20シリーズの発表直後にサムスン電子の日本法人であるサムスン電子ジャパンの公式WebサイトでもGalaxy S20シリーズの製品ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s20/ )が公開されており、Galaxy S20 Ultraの情報も掲載されていますが、現時点ではGalaxy S20 Ultraが日本で発売されそうな認証情報は確認できていません。

続きを読む

docomo・auの高性能スマホ「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」、「Galaxy Note10+」がWi-Fi 6に対応!Android 10の変更点を紹介【レポート】


NTTドコモとauのGalaxy S10・S10+・Note10+がAndroid 10でWi-Fi 6に対応!

これまでにNTTドコモおよびauから販売されているサムスン電子製スマートフォン(スマホ)のうちの昨年のフラッグシップモデル「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」、そしてSペン対応のプレミアムモデル「Galaxy Note10+」に最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップが提供開始されています。

NTTドコモ向け「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」には1月22日から、「Galaxy Note10+ SC-01M」および「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M」には2月3日から、au向け「Galaxy S10 SCV41」および「Galaxy S10+ SCV42」には1月15日から、「Galaxy Note10+ SCV45」には1月22日から

更新内容は主にAndroid 10の新機能であるダークモードへの対応やジェスチャーナビゲーションの追加、位置情報取得の権限がより詳しく設定できるようになるなどしていますが、その他にもこれらの日本向け製品では“封印”されていた「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax準拠)への対応も開放されています。

Galaxy S10・S10+・Note10+はグローバルモデルでは発売時からWi-Fi 6に対応していましたが、なぜか日本向けの製品では非対応となっていました。これがAndroid 10へのOSバージョンアップに合わせて対応し、認証画面や取扱説明書などで確認できます。

なお、Galaxy S10およびGalaxy Note10+は楽天モバイルからも「Galaxy S10 SM-G973C」および「Galaxy Note10+ SM-N975C」として販売されていますが、無線LAN(Wi-Fi)の認証団体であるWi-Fi Allianceにおける情報ではNTTドコモやau向けと同様にAndroid 10版ではWi-Fi 6に対応する模様です。本記事ではAndroid 10での変更点をざっくりと紹介します。

続きを読む

Samsung、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S20」と「Galaxy S20+」、「Galaxy S20 Ultra」を発表!日本でも発売へ


新しいフラッグシップスマホ「Galaxy S20・S20+・S20 Ultra」が登場!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は11日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として6.2インチの「Galaxy S20」および6.7インチの「Galaxy S20+」、6.9インチの「Galaxy S20 Ultra」を発表しています。

各機種ともに4Gまでのモデルのほか、5Gにも対応したモデルが用意されており、それぞれ型番がGalaxy S20の4Gモデルが「SM-G980**」、5Gモデルが「SM-G981**」、Galaxy S20+の4Gモデルが「SM-G985**」、5Gモデルが「SM-G986**」、Galaxy S20 Ultraが「SM-G988**」、Galaxy S20 Ultra 5Gが「SM-G988**」(**は任意の英数字)となっています。

各機種ともに昨年発売された前機種「Galaxy S10」シリーズの後継機種となり、iPhone 11シリーズのように昨年のGalaxy S10eがベースモデルのGalaxy S20、Galaxy S10が上位モデルのGalaxy S20+、Galaxy S10+およびGalaxy S10 5Gがまとめられて最上位モデルのGalaxy S20 Ultraというような位置付けだと思われます。

新たにフロントカメラ部分を画面に穴を開けてより全画面デザインを進化させた「Infinity-O Display」のパンチホールがGalaxy S10シリーズのような右上ではなく、Galaxy Note10シリーズと同じ画面上中央に位置したほか、チップセット(SoC)やカメラ機能などをグレードアップさせて5Gモデルが中心となり、5Gの高速・大容量・低遅延を活かした8Kムービーの撮影に対応するなどしています。

各機種ともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2020年3月8日(金)に発売され、価格はアメリカではGalaxy S20 5Gが999ドル(約110,000円)、Galaxy S20+ 5Gが1199ドル(約132,000円)、Galaxy S20 Ultra 5Gが1399ドル(約154,000円)となっています。またGalaxy S20+ 5GにはオリンピックモデルのOlympic Games Editionも発売予定とのこと。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、Galaxy S10・S10+はNTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されており、すでにGalaxy S20シリーズについても日本語ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s20/ )もあることからGalaxy S20およびS20+、S20 Ultraが何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

Samsung、最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」を発表!縦折りで価格は1380ドル、2月14日から順次発売。日本でも販売へ


新しいフラッグシップスマホ「Galaxy Z Flip」が登場!Thom Browne Editionも用意

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は11日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」を開催し、新しいフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip(型番:SM-F700**)」(**は任意の英数字)を発表しています。アメリカや韓国などの1次販売国・地域では2020年2月14日(金)に発売され、価格は1,380ドル(約151,000円)となっています。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、フォルダブルスマホ第1弾の「Galaxy Fold」はau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されており、すでにGalaxy Z Flipについても日本語ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-flip/ )もある上、米連邦通信委員会(FCC)による認証によって公開された資料にau向けと見られる「SCV47」が記載されていたため、何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

なお、Galaxy Z Flipは本体カラーがMirror PurpleおよびMirror Blackのほか、一部の国・地域ではMirror Goldが発売され、他にもアメリカのファッションデザイナー・ブランドであるThom Browne氏とコラボレーションした限定モデル「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」も販売されるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。