S-MAX

LG / Optimus

最新フラッグシップスマホ「LG G7 ThinQ」と「LG G7+ ThinQ」が発表!ノッチのある6.1インチQHD+縦長液晶やデュアルカメラ、Snapdragon 845、防水・防塵、耐衝撃など


LGの最新フラッグシップスマホ「G7・G7+ ThinQ」が正式発表!

LG Electronics(以下、LG)は2日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにあるメトロポリタンウエストにてプレスイベントを開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG G7 ThinQ(型番:LMG710)」を正式発表しています。

LG G7 ThinQは前機種「LG G6」や「LG V30」の流れを汲む縦長画面を採用したハイエンドモデルで、新たに画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)があるアスペクト比9:19.5の約6.1インチQHD+(1440×3120ドット)IPS液晶「FullVision Super Bright Display」(約564ppi)を搭載しました。

またLG V30をベースにAI(人工知能)の機能を強化したLG V30 ThinQと同じく主要機能の一部にAIを採用し、音声認識やVision AIなどの良く使う機能が強化されているほか、カメラの利便性向上しやテレビなどの家電との連携機能が強化されています。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは4GB RAM・64GBストレージモデルと6GB RAM・128GBストレージモデルが用意されており、上位モデルは「LG G7+ ThinQ」として投入される国・地域もあるとのこと。販売時期は5月以降を予定し、韓国や北米、欧州、中南米、アジアの主要市場で展開される予定。

なお、日本における販売については現時点では明らかにされておらず、ここ最近のLGのフラッグシップスマホ「G」シリーズは発売されていないこともあり、投入されるかどうかは不明。また価格についても各国・地域での発表で明らかにされるとしています。

続きを読む

次期フラッグシップスマホ「LG G7 ThinQ」が5月2日に発表へ!AIを活用したデュアルリアカメラやノッチのあるほぼ全画面デザインに。外観画像もリーク


次期フラッグシップスマホ「LG G7 ThinQ」が5月2日に正式発表!

LG Electronics(以下、LG)は10日(現地時間)、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG G7 ThinQ」を現地時間(EDT)の2018年5月2日(水)に発表するとお知らせしています。発表に合わせてアメリカ・ニューヨークにあるメトロポリタンウエストで5月2日に、韓国・ソウルにあるI'PARKモールで5月3日にプレス向けイベントを開催するとしています。

LG G7 ThinQは「LG V30 ThinQ」と同様にAI(人工知能)を主要機能の一部に採用するモデルで、フラッグシップモデル「G」シリーズでは初のThinQ対応となり、LG V30 ThinQと同じく音声認識やVision AIなどの頻繁に使用される機能が強化され、カメラの利便性が向上しているほか、新たにテレビなどの家電との連携機能が強化されるということです。

またさまざまな製品のリーク情報を提供しているEvan Blass氏( @evleaks )氏によってLG G7 ThinQの外観画像も公開されているので、これまでの噂なども含めてまとめてLG G7 ThinQについての情報を紹介します。

続きを読む

IFA 2017:最新フラッグシップスマホ「LG V30」が展示!縦長6インチほぼ全画面デザインやF1.9ガラスレンズのデュアルカメラ、クアッドDAC、防水・防塵・耐衝撃など【レポート】


IFA 2017で展示されていた新スマホ「LG V30」を紹介!

既報通り、LG Electronics(以下、LG)がドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催されていた世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、同社のフラッグシッププレミアムスマートフォン(スマホ)「V」シリーズの最新モデル「LG V30」を発表した。

すでに韓国では2017年9月21日(金)に発売され、アメリカやアジア、ヨーロッパ、アフリカ、中東などの主要な国・地域で順次販売される予定。現時点では日本への投入については明らかにされていないが、昨年は前機種「LG V20」の派生モデルとしてNTTドコモ向け「V20 PRO L-01J」やau向け「isai Beat LGV34」が日本で発売されているだけに期待したいところだ。

今回は少し遅くなったが、IFA 2018でのLGブースで実際にLG V30の実機を試した模様を写真を交えて紹介したいと思う。なお、LG V30は内蔵ストレージ(UFS 2.0)が64GBモデルで、128GBモデルに増量した「LG V30+」も用意されている。

続きを読む

LG、最新フラッグシップスマホ「V30」と「V30+」を発表!ほぼ全画面デザインの縦長6インチQHD+有機ELやF1.9ガラスレンズのデュアルカメラ、クアッドDAC、防水・防塵・耐衝撃など


新フラッグシップスマホ「LG V30」を発表!

LG Electronics(以下、LG)は31日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2017年9月1日(金)から9月6日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2017」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、同社のフラッグシッププレミアムスマートフォン(スマホ)「V」シリーズの最新モデル「LG V30」を発表しています。

LG V30は昨年に日本でNTTドコモ向け「V20 PRO L-01J」やau向け「isai Beat LGV34」といった派生モデルが発売された「LG V20」の後継機種で、新たに春に海外で発表された「LG G6」に続いてアスペクト比が9:18の縦長画面を採用し、ほぼ全画面デザインの約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョンディスプレイ(約538ppi)を搭載しました。

またLG V20でも採用していたHi-Fi Quad DACがさらに進化し、B&O PLAYによるサウンドチューニングなどによる高品質サウンド、さらに高い音声認識機能にも対応。さらに新たに背面のデュアルカメラにはF1.6と非常に明るいガラス製のクリスタルクリアレンズを搭載し、映画のような高クオリティーの映像が撮影可能だとのこと。

その他、LG Vシリーズとしては初の防水・防塵(IP68準拠)対応や米軍調達基準「MIL-STD 810G」のおける14項目の落下耐性試験をクリアしているなど、非常に高い性能と機能を実現しています。なお、LG V30は内蔵ストレージ(UFS 2.0)が64GBですが、128GBに増量された「LG V30+」も一部地域で販売されるということです。

LG V30の発売時期および地域は、まずお膝元の韓国にて 2017年9月21日(金)から発売され、アメリカやアジア、ヨーロッパ、アフリカ、中東などの主要な国・地域で順次販売されます。現時点においては日本への投入については明らかにされていませんが、ここ数年はau向けに日本向けにカスタマイズした派生モデルが出ているだけに期待したいところです。

続きを読む

縦横比18:9の長い5.7インチQHD+液晶を搭載した新しいフラッグシップスマホ「LG G6」が正式発表!防水・防塵にも対応し、デュアルカメラやクアッドDACなどを搭載


LGのフラッグシップスマホ「G6」が発表!

LG Electronics(以下、LG)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG G6」を発表しています。

LG G6は昨年のMWC 2016で発表したフラッグシップスマホ「LG G5」に続く「G」シリーズの最新モデルで、新たにアクペクト比18:9の縦長の「FullVision」をうたう約5.7インチQHD+(1440×2880ドット)IPS液晶を搭載し、デザインを大きくモデルチェンジしています。

5.7インチながら長くなったので横幅は5.2インチサイズクラスで、持ちやすくなっているとのこと。また「LG V20」でも搭載していたデュアルレンズカメラやクアッドDACなども搭載し、新たに防水・防塵(IP68準拠)にも対応。さらにGoogleが開発する人工知能(AI)「Google Assistant」も利用可能。

グローバル市場で展開予定で、お膝元の韓国での価格は899,800ウォン(約89,000円)から。発売時期は今春以降。日本での発売については現時点では不明ですが、派生モデルも含めて投入を期待したいところです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。