S-MAX

Windows

レノボのE-Inkと液晶のダブルディスプレイを搭載した10インチ2-in-1 Windows PC「Yoga Book C930」を写真と動画で紹介!電子書籍ビュアーにも快適に利用可能【レポート】


電子書籍ビュアーにもなる2-in-1 PC「Lenovo Yoga Book C930」を写真と動画でチェック!

レノボ・ジャパンが都内にてLenovo「Yoga」シリーズ新製品発表会イベント「Lenovo Tech Life'18 Tokyo」を10月4日に開催し、フラッグシップモバイルノートパソコン(PC)「Yoga C930」やウルトラスリムモバイルノートPC「Yoga C730」、Snapdragon 850を搭載した長時間バッテリー駆動のモバイルノートPC「Yoga C630」、E-Ink(電子ペーパー)と液晶のデュアルディスプレイを搭載したマルチモードモバイルPC「Yoga Book C930」(ともにLenovo製)を発表した。

発売時期および価格は、Yoga C930が11月上旬販売開始予定および179,800円、Yoga C730が1月上旬販売開始予定および139,800円、Yoga C630が2018年中発売予定および未定、Yoga Book C930がすでに10月12日より予約販売を開始しており、124,800円となっている(価格はすべて税別で最小構成のもの)。

中でもYoga Book C930は、2017年に発売したの2-in-1 PCの後継にあたるモデルである。なお、2017年版にはOSにWindowsを搭載した製品のほか、Android搭載もある。主な変更点はメインディスプレイとなる液晶画面が10.1インチから10.8インチに大型化し、解像度も1920×1080ドットから2560×1600ドットへアップしている。

また手書きペンに対応したタッチセンサー搭載のキーボード部分は、消費電力が低いE-Ink表示にすることでキーボードだけではなく、電子書籍ビュアーや手書きメモパッドとしても利用可能となった。

さらにCPUもIntel製「Atom」シリーズから「Core m3-7Y30」および低消費電力版の「Core i5-7Y54」となったことでパフォーマンスが向上している。一方で、価格は倍以上の12万円からとなったため、同価格帯の製品との比較も気になるところである。

今回はそんなYoga Book C930について発表会で紹介されたの特徴と会場の展示コーナーにて実際にタッチ&トライしてきた使用感を写真と動画を交えながら紹介していく。

続きを読む

Microsoft、パソコンなど向けOS「Windows 10」の最新大型アップデート「October 2018 Update」を提供開始!Androidとの同期管理アプリやクリップボード履歴・同期などが追加


Windows 10の最新大型アップデート「October 2018 Update」がリリース!

Microsoftは2日(現地時間)、パソコン(PC)など向けOS「Windows 10」の最新メジャーアップデート「Windows 10 October 2018 Update」(以下、October 2018 Update)を提供開始したと発表しています。順次配信されるほか、手動でアップデートするツール「Windows 10 更新アシスタント」にて更新可能。

これまでのWindows 10の大型メジャーアップデートは開発者など向けに先行して「Windows Insider Program」で事前にRelease Preview Ringで提供されてきましたが、今回のOctober 2018 UpdateはいきなりRTM(Release to Manufacturing)がリリースされました。

続きを読む

デルがゲームコンソールとハイエンドゲーミングPCの間を埋めるカジュアルゲーマー向けゲーミングPC「New Dell G3 17」を発表【レポート】

01
PCメーカーは今、新たなPCゲームユーザーを掘り起こそうと画策している

デルは9月4日、都内にて「デル ゲーミング製品ラインナップおよびALIENWARE 新施策に関する発表会」を開催し、ゲーミングとグラフィックス向けの薄型17インチ ハイエンドノートPC「New Dell G3 17」の商品説明を行った。

同社のゲーミング製品には「eスポーツ」向けとも言うべきハイスペックブランド「ALIENWARE」がラインナップされているが、「Dell G」シリーズはもっと手軽にPCゲームを楽しみたいというユーザー向けのシリーズである。とはいえ、ただ単にPCが動くだけというスペックではなく、PCゲームが快適に動くところに重点を置いたまさにゲーミングシリーズである。

最小構成で109,980円(税抜)からととなっており、ゲーミングPCとしては安く、一方で一般的なPCとしては高いと感じるかも知れない。今では、スマートフォンでも「PUBG」や「Fortnite」が楽しめるなどゲームの楽しみ方はさらに広がっている。

また、ゲームコンソロールも4~5万円台で購入できることから、性能が低い低価格PCをゲーミング用途で選ぶことはない。

この10万円台のPCは、ハイエンドゲーミングPCとゲームコンソールの間を埋める製品群であり、PCメーカー各種が力を入れているゾーンでもある。特に、ゲーミングPCの性能を外に持ち出せることから、据え置き型のゲームコンソールや、画面の小さいスマートフォンにはない魅力があると言って良いだろう。

今回は、デルのゲーミング向けPC Gシリーズについて紹介していく。

続きを読む

なぜ日本向けはOfficeがバンドルされて高いのか!?マイクロソフトの新しい2in1タイプのWindowsタブレット「Surface Go」を写真と動画で紹介【レポート】


外へGoしたくなるコンパクトなSurfaceを発表!写真と動画でじっくりとチェック

日本マイクロソフトは11日、都内にて「Microsoft Japan Surface Event」を開催し、Microsoftが自社ブランドで展開するWindowsパソコン(PC)「Surface」シリーズ史上で最も軽く・薄い新製品「Surface Go」を2018年8月28日(火)に発売することを発表した。

Surface Goはディスプレイがアスペクト比3:2の約10インチ1800×1200ドット液晶、CPUがIntel製「Pentium Gold Processor 4415Y」を搭載し、重さが約522g、薄さが約8.3mmと軽量・薄型で、キーボードが付いたタイプ カバーによってノートPCのようにも使える2in1タイプのWindowsタブレットだ。

下位モデルは4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージ(eMMC)、上位モデルは8GB RAMおよび128GB内蔵ストレージ(SSD)という構成だ。なお、キーボードとなる「Surface Go タイプ カバー」または「Surface Go Signature タイプ カバー」、「Surface Go タイプ カバー 英字配列」やペン入力ができる「Surface Pen」は別売となる。

これまでのSurfaceシリーズでは2015年に発売した「Surface 3」が約10.8インチディスプレイで約641gだったが、この後継機種ともなる。Surface 3はラインナップを広げるために必要最小限とも言える構成にすることで上位モデルよりコンパクトでなおかつ低価格を実現していた。

同様にSurface Goも低価格路線ではあるが、3年前と異なりさまざまな形態のSurfaceシリーズがラインナップされる中で、単に低価格の穴を埋めるためのだけモデルではなく、学生やこれまでデジタル技術のメリットを享受しにくかった法人向け利用などを掘り起こすためのコンセプトを持つ戦略的モデルに位置付けている。

今回はそんな新しいコンセプトを持つSurface Goを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

小学生向けじぶんパソコン「LIFEBOOK LH55/C2」を写真と動画で紹介!富士通クライアントコンピューティングが発売【レポート】

富士通が小学生向けのじぶんパソコンを発売

富士通クライアントコンピューティングは6月12日、都内にて「2018年夏富士通店頭パソコン新商品発表会」を開催し、小学生向けじぶんパソコン「LIFEBOOK LHシリーズ」を7月26日発売することを発表した。

2in1のコンバーチブルモデル「LH55/C2」はオープンプライスながら富士通の直販サイト「富士通WEB MART」において113,184円、クラムシェルタイプの「LH35/C2」は91,584円(※金額は税込)である。

また、狭額縁・オンキヨー製のハイレゾスピーカー、打ちやすさを改善したキーボードを搭載した最新「AH」シリーズ、美しいデザインのAIOモデルの「FH」シリーズなど3シリーズ、9機種を展開する。

代表取締役社長の齋藤邦彰氏は、LHシリーズは「小学生のお子様のことを考え抜いて開発したモデル」として紹介。小学校でも、2020年からプログラミング教育が必修化されることを受け、「いままではコンピューターに興味がある子だけが身につけていればいい知識でしたが、これからは誰もが持っていなければならない知識になります」と話し、新しい需要に対して富士通らしいものづくりでこたえていくとしている。

今回は、2in1コンバーチブルタイプのLH55/C2を写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。