S-MAX

Windows

ファーウェイの最新ノートPC「MateBook X Pro NEW」「MateBook 13 NEW」、「MateBook D 15」を写真で紹介!13のRyzenモデルも追加【レポート】


ファーウェイの最新ノートPC3機種を写真でチェック!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインで新製品発表会を開催し、日本市場に投入する最新のハイエンドノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro NEW」(Huawei Technologies製)を6月5日(金)から発売すると発表した。

MateBook X Pro NEWは「HUAWEI MateBook X Pro (Core i5 model)(型番:MAHCAHH55CNCNNUA)」と「HUAWEI MateBook X Pro (Core i7 model)(型番:MAHCAEH75DNCNBUA)」の2モデルをラインナップしており、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格はCore i5 modelが197,780円、Core i7 modelが263,780円(金額はすべて税込)で販売中だ。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。これまで紹介してきた社のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様に、本記事では体験会にて最新のノートPCに触れることができたので、写真を交えながら外観や特徴をレポートする。

なお、体験会では今年の4月24日に発売した「HUAWEI MateBook 13 NEW」と、同じく4月10日から順次発売した「HUAWEI MateBook D 15」にも触れることができたので、その2機種もまとめてレポートする。また同社は16日、HUAWEI MateBook 13 NEWに新たにAMDプロセッサー「Ryzen」を搭載したモデルを6月19日(金)に発売すると発表した。市場想定売価は87,780円となっている。

続きを読む

Microsoft、2in1タイプのWindowsパソコン「Surface Go 2」と「Surface Book 3」などを発表!日本でも5月12日より順次発売



Microsoftは6日(現地時間)、2in1タイプのWindowsタブレット「Surface Go 2」および「Surface Book 3」などを発表しています。アメリカではすでに予約受付が開始されており、5月12日より販売開始されるとのこと。

また両製品ともに日本でも販売され、Surface Go 2は5月12日に発売され、価格は一般向けが59,800円(金額はすべて税別)から、Surface Book 3はt月5日に発売され、価格は一般向けが190,800円から。日本でも5月7日より予約受付が開始される予定。

なお、Surface Go 2には4G LTE搭載モデルが用意され、Surface Book 3は13インチモデルと15インチモデルがあり、両製品ともにペン入力「Surface Pen」に対応し、ペンは既存のものと同じとのこと。販路は公式Webストア「Microsoft Store」や量販店、Microsoft認定リセラーなど。

続きを読む

ドン・キホーテ、7インチ液晶やWindows 10を搭載した超小型パソコン「NANOTE(UMPC-01-SR)」を5月1日より発売!価格は2万1780円


ドン・キホーテの情熱価格プラスから低価格なUMPC「NANOTE」が登場!

ドン・キホーテは27日、同社のプライベートブランド「情熱価格プラス」の新商品として超小型ノートパソコン(UMPC)「NANOTE(ナノート)」(型番:UMPC-01-SR)を全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において2020年5月1日(金)より順次発売すると発表しています。

価格は税抜19,800円(税込21,780円)。情熱価格PCシリーズ史上、最小・最軽量を実現し、約7.0インチWUXGA(1920×1200ドット)液晶やIntel製チップセット(SoC)「Atom Z8350」、Windows 10 Homeを搭載した約520gと軽量なので気軽に持ち運んで使いたい人に最適な製品だとのこと。

続きを読む

日本マイクロソフト、新開発のARMコアSoC「SQ1」搭載の13インチ2-in-1モバイルPC「Surface Pro X」を1月14日に発売!予約受付中で価格は約14万円から


ARMコア搭載の13インチ2-in-1モバイルPC「Surface Pro X」が1月14日発売!

日本マイクロソフトは7日、MicrosoftとQualcommが共同開発した省電力で高性能なARMアーキテクチャーを利用したチップセット(SoC)「Microsoft SQ1」を搭載し、4Gによる高速通信と常時接続を実現する13インチサイズの2-in-1タブレットパソコン(PC)「Surface Pro X」を2020年1月14日(火)に発売すると発表しています。

また発売に先立って同日1月7日(火)より予約受付を開始し、販路は一般向けが全国量販店および公式Webショップ「Microsoft Store」( https://www.microsoft.com/ja-jp/p/surface-pro-x/8vdnrp2m6hhc )から、法人向けがMicrosoft認定のSurfaceリセラーおよび3000 社を超えるD-VAR(Device Value Added Reseller)各社、Microsoft Storeの法人窓口からとなっています。

価格(金額は記載がない限りすべて税別)は一般向けが129,800円から、法人向けが127,800円となっており、税込ではそれぞれ142,780円および140,580からとなります。さらにSurface Pro Xに対応するアクセサリーも販売され、Surface Pro X キーボードが16,400円、Surface Pro X Signature キーボードが29,600円、Surface スリム ペンが15,900円などとなります。

続きを読む

Windows 10搭載PC「Surface Pro 7」および「Surface Laptop 3」が10月23日より発売!新開発のARMコアSoC「SQ1」搭載の「Surface Pro X」も日本で発売予定


日本でのSurface Pro 7やSurface Laptop 3の販売開始日や価格が案内!Surface Pro Xも発売予定

日本マイクロソフトは3日、Microsoftの自社ブランドデバイス「Surface」シリーズの新製品「Surface Pro 7」および「Surface Laptop 3」(13.5インチモデルおよび15インチモデル)を2019年10月23日(水)に発売すると発表しています。なお、各製品ともにすでに同日より予約受付を実施しています。

価格(税別)は市場想定価格ではSurface Pro 7が一般向けで99,800円から、法人向けで93,800円から、Surface Laptop 3の13.5インチモデルが一般向けで126,800円から、法人向けで124,800円から、Surface Laptop 3の15インチモデルが一般向けで146,800円から、法人向けで144,800円からとなっています。

なお、同時に発表された省電力で高性能なARMアーキテクチャーを利用したQualcommと共同開発したチップセット(SoC)「SQ1」を搭載し、4Gによる高速通信と常時接続を実現する「Surface Pro X」も日本でも発売予定だと案内しています。なお、発売時期などの詳細については後日別途お知らせするとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。