S-MAX

楽天

秋吉 健のArcaic Singularity:「第4の選択肢」はアリか、ナシか。楽天のMNO戦略の現状をイベント「Optimism 2019」や総務省による行政指導から解説する【コラム】


楽天モバイルのMNO戦略と現状の課題について考えてみた!

楽天はパシフィコ横浜にて7月31日から8月3日までファンイベント「Rakuten Optimism 2019」を開催しました。楽天モバイルとしての移動体通信事業者(MNO)での携帯電話サービス参入が目前に迫る中、筆者も取材に行ってきました。

イベントの多くは「ふるさとグルメ」や「うまいもの&いいもの祭り」といった、夏休みの家族連れを対象としたものでしたが、会場の一角には「近未来体験エリア」が設けられ、5Gや4Gエリア展開に関連したアンテナ基地局の展示や技術解説、またサードパーティーによる通信関連サービスの展示などが行われていました。

しかし取材をしていて気になったのは、通信関連ブースのスタッフによる説明の歯切れの悪さです。今年10月に予定されているMNO参入に向けたエリア整備の状況を訪ねても確かな返答が得られず、5G網の展開ロードマップなどもほとんど情報を得られません。どこか判然としないままに帰路に着きましたが、その理由はほどなく総務省より公表されることとなります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は楽天(楽天モバイル)がめざすMNO戦略と現状の課題について解説します。

続きを読む

Appleストア仙台跡地のキャリアショップひしめく仙台のケータイ銀座に「楽天モバイル仙台一番町店」がオープン!東北ゴールデンエンジェルスもお祝い【レポート】


仙台のアーケード街に楽天モバイルが出店!

楽天モバイルは12日、宮城県仙台市のアーケード街「ぷらんど~む一番町商店街」内に同社の携帯電話サービス「楽天モバイル」の専門ショップ「楽天モバイル仙台一番町店」をオープンさせ、開店前にオープン記念セレモニーを行いました。開店したのは今年1月に閉店したAppleの直営店で“Appleストア仙台”として利用者も多かった「Apple仙台一番町」の跡地。

この商店街はNTTドコモやau、ソフトバンク、UQモバイル、ワイモバイルのキャリアショップがひしめき合っているので「ケータイ銀座」の異名を取っており、特にauは旗艦店「au SENDAI」を出店しています。開店した楽天モバイル仙台一番町店の真正面にはワイモバイルショップがあるという立地です。

セレモニーでは、仙台を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスのチアリーディングを行っている東北ゴールデンエンジェルスが登場し、華やかなパフォーマンスでオープンを盛り上げました。オープン記念セレモニーの様子と店内の様子、出店の意図などについて取材しました。

続きを読む

楽天モバイルが新補償オプションサービス「スマホ修理・新機種交換保証」を提供開始!月額500円で水没・破損・全損・故障の修理や新機種への少額交換に対応


楽天モバイルが新オプション「スマホ修理・新機種交換保証」を提供!

楽天は21日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新月額サービス「スマホ修理・新機種交換保証」( https://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/smart_device_repair/ )を2018年11月21日(水)に提供開始すると発表しています。

すでに店舗では開店時より、オンラインでは10時より開始しており、加入すると水没・破損・全損・故障となったスマートフォン(スマホ)やタブレット、モバイルWi-Fiルーターの修理を対象店舗やオンラインで受けられるほか、修理ができない場合にはセット契約した機種の価格に応じた指定機種の中から選んで交換できます。

価格は月額500円(税別)で、保証期間は加入日からサービス解約月の月末まで、利用回数は1年間に2回まで、対象店舗は全国にある楽天モバイル店舗(1月21日時点で修理対応店舗は78店舗)となっています。

続きを読む

総務省が4Gの周波数帯追加割当を発表!楽天のMNO新規参入が決定し、1.7GHz帯は楽天とau、3.4GHz帯はNTTドコモとソフトバンクに。1.7GHz帯の東名阪以外は申請なし


総務省が4Gに周波数帯追加割当!楽天がMNO新規参入に

総務省は6日、電波監理審議会を開催して「第4世代移動通信システム(4G)」の普及のために新たに1.7GHz帯(Band 3)および3.4GHz帯(Band 42)における周波数帯の追加割当について申請のあった4社の開設計画を認定したとお知らせしています。

NTTドコモに3.4GHz帯(3440MHzを超え3480MHz以下)、KDDIおよび沖縄セルラー電話に1.7GHz帯(1710MHzを超え1730MHz以下・1805MHzを超え1825MHz以下)、ソフトバンクに3.4GHz帯(3400MHzを超え3440MHz以下)、楽天モバイルネットワークに1.7GHz帯(1730MHzを超え1750MHz以下・1825MHzを超え1845MHz以下)が割り当てられます。

これにより、楽天では初の移動体通信事業者(MNO)に参入し、申請した開設計画によると2019年10月にMNOとしてのサービスを開始する予定となっており、現在、仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している「楽天モバイル」の料金プランを継承しつつ、2028年度末までに1000万契約をめざします。

なお、総務省の割当計画では1.7GHz帯において東名阪以外の追加割当(1765MHzを超え1785MHz以下・1860MHzを超え1880MHz以下)については申請がなかったことから新たに追加割当されないこととなりました。

このことから1.7GHz帯の既存の通信設備を移行するための費用は今回新たに1.7HGz帯を割り当てられたKDDIおよび沖縄セルラー電話、楽天モバイルネットワークが負担することになります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。