S-MAX

楽天

楽天モバイルが携帯電話サービスの発表会を開催!Xperia AceやGalaxy S10などのMNO・MVNO向けSIMフリースマホ7機種とルーター2機種を投入


楽天モバイルの携帯電話サービス発表会をまとめ!

楽天モバイルは6日、都内にある楽天本社の楽天クリムゾンハウスにて「携帯キャリア事業についての記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新たに8機種のAndroidスマートフォン(スマホ)と2機種のモバイルWi-Fiルーターを発表しました。

楽天モバイルから販売されるスマホは「OPPO Reno A 128GB」および「Xperia Ace」、「Galaxy S10」、「Galaxy A7」、「AQUOS sense3 lite SH-RM12」、「AQUOS sense3 plus SH-RM11」、「arrows RX」、「Rakuten Mini」、ルーターは「Aterm MP02LN」および「Aterm MR05LN」となっています。これらの製品はすべてSIMロックがかかっていないSIMフリーとして販売されるとのこと。

また同社では10月より自社ネットワークを構築して移動体通信事業者(MNO)としてサービスを提供しますが、まずは5000人を対象に2020年3月末まで無料で使える「無料サポータープログラム」として提供されることが案内されたほか、既存の他社からネットワークを借りて提供している仮想移動体通信事業者(MVNO)によるサービスでも料金プラン「スーパーホーダイ」および「組み合わせプラン」を10月より刷新。

これまでは組み合わせプランのデータプランを除くと最低利用期間とその期間内に解約などをすると契約解除料9,800円(金額はすべて税別)が発生していましたが、10月からはこれらが撤廃されて“縛りのない”料金プランとなります。なお、今回発表された製品ではRakuten Miniのみが楽天モバイルのMNOのみに対応しますが、他の9製品はどちらのサービスにも対応しているということです。

さらにMNOによるサービスについては無料サポータープログラムでネットワーク品質の安定性が確認されたら正式サービスを開始する予定だとし、その時期は未定としつつ、正式サービスもはじめはオンラインで受付をし、その後に店舗での受付を順次開始するとしています。本記事では楽天モバイルの発表会の内容をまとめて紹介します。

続きを読む

楽天モバイルがMNOによる携帯電話サービスを10月より5000人の「無料サポータープログラム」として提供開始!ネットワーク品質が確認されたら正式稼働へ


楽天モバイルのMNOは「無料サポータープログラム」としてスタート!

楽天モバイルは6日、都内にある楽天本社の楽天クリムゾンハウスにて「携帯キャリア事業についての記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において移動体通信事業者(MNO)としてのサービス受付を2019年10月1日(火)に開始し、まずは5000人を対象に音声・データ通信を無償で利用できる「無料サポータープログラム」( https://mobile.rakuten.co.jp/rn/ )を実施すると発表しています。

期間中に提供されるサービスは国内通話およびデータ通信、国際通話、国際ローミング、SMSですべてが無料となります。なお、その後、対象者を順次数万人へ拡大する予定で、無料サポータープログラムでネットワーク品質の安定性が確認された場合に本格サービスの提供を開始する見込みだとのこと。

正式サービスの時期は現時点では未定で、発表会に登壇した楽天 代表取締役会長兼社長 最高執行役員で楽天モバイル 代表取締役会長も務める三木谷 浩史氏は「1ヶ月後かもしれないし、来年3月になるかもしれない」と説明していました。なお、正式サービスはまず一般ネット受付を開始した後、順次リアル店舗でも展開していくとしています。

続きを読む

楽天モバイル、MVNOの携帯電話サービス向け料金プラン「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」を10月より刷新!縛りのない最低利用期間と契約解除料を撤廃


楽天モバイルがMVNOの携帯電話サービス向け料金プランで最低利用期間と契約解除料を撤廃!

楽天モバイルは6日、都内にある楽天本社の楽天クリムゾンハウスにて「携帯キャリア事業についての記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )における仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供しているサービスにおいて通話とデータ容量が使い放題の「スーパーホーダイ」および通話とデータ容量を選べるプラン「組み合わせプラン」を刷新し、新しい「スーパーホーダイ」および「組み合わせプラン」として2019年10月1日(火)より提供開始すると発表しています。

新しいスーパーホーダイは最低利用期間と契約解除料を撤廃した縛りのないプランとなり、プランSからLLまでの4種類から選択することができ、プランSの場合は月額2,980円(金額はすべて税別)で利用可能です。

また楽天会員の場合は加入後1年間は毎月1,500円の割引を受けることができ、プランSは月額1,480円で1年間利用でき、さらに楽天会員の中でもダイヤモンド会員であれば、500円の割引を受けることができ、月額980円から利用可能です。

一方、新しい組み合わせプランにおいても同様に最低利用期間と契約解除料が撤廃されます。ただし、すでに楽天モバイルを契約している人が新らしいスーパーホーダイおよび新しい組み合わせプランを利用する場合はプラン変更の手続きが必要となるということです。

スーパーホーダイはこれまでと同様に10分以内の国内通話かけ放題と高速データ容量を使い切った後も最大通信速度1Mbpsのデータ通信使い放題がセットになったプランで、組み合わせプランも同様に利用者のニーズに合わせて通話および高速データ容量オプションなどを組み合わせて使うことができるプランとなっています。

続きを読む

楽天モバイル向けSIMフリースマホ「Galaxy A7」が発表!6インチFHD+有機ELやオクタコアCPU、4GB RAMなどで10月中に発売。Galaxy S10も12月より販売


Rakuten MobileからSIMフリースマホ「Galaxy A7」が登場!

サムスン電子ジャパンは6日、スマートフォン(スマホ)「Galaxy A7(型番:SM-A750C)」(サムスン電子製)を発表しています。携帯電話サービス「楽天モバイル」から2019年10月中に発売予定となっており、楽天モバイルからはさらにフラッグシップスマホ「Galaxy S10」も12月中に発売されるということです。

価格は現時点では未定で後日案内されるとのこと。なお、楽天モバイルから販売される両製品はSIMロックのかかっていないSIMフリーモデルとなっており、同社の移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)だけでなく、他社のMNOやMVNOの携帯電話サービスでも利用可能だということです。

続きを読む

楽天モバイル、FeliCa対応で最小最薄の独自スマホ「Rakuten Mini」を発表!3.6インチHD液晶やS439、3GB RAM、防滴のほか、eSIMを採用


Rakuten Mobileオリジナルスマホ「Rakuten Mini」が登場!FeliCa対応最小最薄

楽天モバイルは6日、都内にある楽天本社の楽天クリムゾンハウスにて「携帯キャリア事業についての記者発表会」を開催し、携帯電話サービス「楽天モバイル」向けスマートフォン(スマホ)「Rakuten Mini(モデル名:C330)」を発表しています。現時点では発売時期や価格は未定だとのこと。

製造は中国のODMメーカーであるTinno Mobile Technologies(天瓏移動技術)が行い、おサイフケータイ(FeliCa)に対応するオリジナルモデルとなっており、楽天モバイルではFeliCaに対応する最小最薄スマホだとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。