S-MAX

小林健志

docomo with対象のスタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を写真と動画で紹介!高コスパで大人気となった前機種から大きく進化【レポート】


docomo with対象な大人気“高コスパスマホ”第2弾「AQUOS sense2 SH-01L」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが今冬および来春に発売する「2018-2019冬春モデル」を発表し、約5.5インチのフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を2018年冬に発売します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は31,752円となっており、次の機種変更時にdocomo with対象機種以外にしなければずっと毎月1,620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種となっています(金額はすべて税込)。

AQUOS sense2 SH-01Lはシャープが昨冬より投入し、SIMフリー製品も含めて多くの販路で販売して200万台出荷の大人気モデルとなったスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズのNTTドコモ向け最新機種です。AQUOS senseと同様に多展開しているのが特徴で、auでは11月9日発売で、UQ mobileでも11月下旬に発売が予定されています。

またここ最近のシャープ製スマホ同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのことで、AQUOS sense2 SH-01Lについても最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップも予定されています。

今回はそんなAQUOS sense2 SH-01Lの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については「NTTドコモ、docomo withスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を発表!縦長5.5インチFHD+ IGZO液晶になり、シャープならではの電池持ちなどを追及。価格は3万1752円、12月以降発売予定 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

プロサッカー・フットサル選手をめざす東北の子どもたちの成長を支え続け15年。NTTドコモ東北支社が「第15回ドコモ東北少年少女フットサル大会」を開催【レポート】

futsal01
東北の少年少女のフットサル大会をドコモが支援


NTTドコモ東北支社は9月8日、東北各県より選抜された少年少女チーム16チームを集めた「第15回ドコモ東北少年少女フットサル大会」を宮城県仙台市泉区のシェルコムせんだいにて開催しました。

この大会は2004年よりNTTドコモ東北支社の主催で15年間社会貢献活動の一つとして行われているフットサル大会です。小学生年代のサッカー・フットサル大会は男女混合チームの大会が多いのですが、今大会は少年リーグ、少女リーグに分かれており、女子だけのチームが出場するのも特長です。

熱戦が繰り広げられた大会の模様を紹介します。

続きを読む

リピーターやリケジョの卵も参加!今年もスマホで利用される技術を学べるKDDI財団協賛「たのしいサイエンス・サマースクール」が仙台で開催【レポート】

science_school01
今年もKDDI財団協賛でサイエンス・サマースクールが開催!

1994年より毎年行われ(当時はKDDI財団の前身の1つである財団法人国際コミュニケーション基金が協賛)、「光とエレクトロニクス」に関するさまざまな実験・研究を中学生に体験してもらうイベントで、今年で25回目となる「たのしいサイエンス・サマースクール」が宮城県仙台市の東北大学創造工学センター発明工房にて8月6~8日開催されました。

このイベントはKDDIグループである公益財団法人KDDI財団が協賛し、東北大学・東北学院大学・東北工業大学・宮城教育大学・日本工業大学・仙台高専の有志教職員で立ち上げ、毎年開催されています。また、名古屋(名古屋大学)や福岡(九州大学)でも同様のイベントが行われています。東北大学で行われた今回のイベントには、仙台市を中心とする中学校や中等教育学校から42名の中学生が参加しました。

電波や光通信(光ファイバーなど光を用いた通信)など、スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話やIoT(Internet of Things)に関連の深い技術の基礎を学ぶことができ、高校・大学レベルの知識やプログラミングなどを用いて、中学校で学ぶ以上に高度な実験を体験できる貴重なイベントです。今回は最終日に行われた成果発表会の様子を紹介します。また、KDDI財団理事長や参加者にもお話を伺いました。

続きを読む

NTTドコモが学校授業での活用のためタブレットや回線を宮城県富谷市と気仙沼市に貸与!東北支社で「ドコモ教育ICT加速化プロジェクト」の2次選考会を開催【レポート】

edu01
宮城県2自治体がドコモのサポートで教育現場にICT導入へ


当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」での既報通り、NTTドコモは教育現場でのICT活用を支援するため、タブレットや回線などを自治体に貸し出す「ドコモ教育ICT加速化プロジェクト」を5月13日に発表し、東北地域の自治体からの応募を募っていました。

その結果1次選考を宮城県の2自治体が通過し、6日、NTTドコモ東北支社で「ドコモ教育ICT加速化プロジェクト2次選考会」が開催され、2自治体がそれぞれ報道陣に公開でプレゼンを行い、最終選考が行われました。今回はこの選考会の模様を紹介します。

続きを読む

福島県国見町で北欧の学生などを集めて開催した生涯学習イベント「人生の学校~国見ホイスコーレ」を紹介!KDDIがAI翻訳・通訳ツール提供で支援【レポート】


福島県国見町「人生の学校」をKDDIが支援!

福島県国見町が生涯学習イベント「国見ホイスコーレ」を7月14~24日開催し、日本全国や北欧の建築学系の学生を集め、国見町の街づくりや建築物を地元住民から学ぶ催しを行いました。

東日本大震災以降、国見町の街づくりを支援してきたKDDIは今回の国見ホイスコーレでタブレットや翻訳ツールアプリ・サービスの提供という形で支援を行い、地元住民や日本人学生と北欧の学生とのコミュニケーション支援を行いました。

今回は7月15日に国見町の貝田公民館にて国見町、KDDIが行った記者会見と国見ホイスコーレのワークショップの模様を取材してきましたので紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。