S-MAX

こば

ファーウェイの1万3千円を切る格安7インチWi-Fiタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を購入したので開封して外観や同梱物をチェック【レビュー】


ファーウェイの格安7インチタブレットが発売に!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ)が7インチサイズの1万円ちょっとと格安なAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を7月7日に発売しました。

Wi-Fiモデルのみ発売で、コンシューマモデル(16GBストレージ+2GBメモリーのみ)と法人モデル(16GBストレージ+2GBメモリーと8GBストレージ+1GBメモリーの2モデル)が用意され、コンシューマモデルは公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では税抜11,800円(税込12,744円)です。

重さ250gおよび薄さ8.6mm(サイズ約179.00×103.68×8.6mm)と軽量・薄型なのも特長で、OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)で、独自ユーザーインターフェース「Emotion UI 4.1」を採用。

主な仕様は約7インチWSVGA(1024×600ドット)IPS液晶(コントラスト比800:1)およびMediaTek製チップセット(SoC)「MT8127」(1.3GHz Cortex-A7コアCPU×4)、microSDXCカード(最大128GBまで)、3100mAhバッテリー、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、約200万画素背面・前面カメラ、加速度センサー、GPSなどとなっています。

ファーウェイオンラインストアで発売日前に予約したところ、発売日に届きましたので、まずは箱を開封しての内容物と外観を紹介します。


続きを読む

来月開催相馬野馬追の甲冑着付け体験や甘酒無料ふるまいも!au SENDAIにて「相双アンソロジーLimited 福島県相双地方物産展」を開催【レポート】


au SENDAIで甲冑着付け体験ができる!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介しています

数々のイベントも行われているau SENDAIで6月24日(土)と25日(日)11:00~18:00、「相双アンソロジーLimited 福島県相双地方物産展」が開催されています。

KDDIは今年3月、福島県と包括的連携協定を結んでいます。福島県や東北地方、全国の総支社で福島県のポスター、チラシなどの設置や広報映像の配信を行う他、災害発生時のスマートフォン、タブレット、衛星携帯電話の自治体への貸し出し、東北地区でのマルシェ開催や、au WALLET Marketなどでの福島県産品販売、ビッグデータを活用した観光誘客支援の検討など、協定の範囲は多岐に渡っています。

今回は協定の一環で仙台市をはじめとする宮城県とも人の行き来が多い相双地方(福島県浜通り北部)の物産展がau SENDAIで開催されることになりました。甲冑着付け体験や甘酒ふるまいサービスなど無料で楽しめるイベントも行われました。

続きを読む

日本国内で販売するのはドコモだけ!4K HDRディスプレイの美しさに酔いしれる最新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を写真と動画で紹介【レポート】


日本ではdocomoだけから発売のXperia XZ Premium SO-04Jをチェック!

NTTドコモは5月24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.5インチの4K HDR(2160×3840ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ Premium SO-04J(以下、SO-04J)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

発売時期は6月中旬となっており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付中で、価格(税込)は本体代93,960円、実質負担額で新規契約および機種変更で4万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台が予定されています。

SO-04Jは「Xperia Z5 Premium SO-03H(以下、SO-03H)」以来のプレミアムモデルで、日本国内ではNTTドコモのみの発売となります。4K HDRディスプレイを搭載する他、受信時最大788Mbpsに対応し、スペックも非常に高いハイエンドと呼ぶに相応しいモデルとなっています。

今回は発表会における展示会場でSO-04Jの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。なお、製品の詳細については「NTTドコモ、最新の最上位エクスペリアスマホ「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表!4K HDRディスプレイやMotion Eyeカメラ、Snapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

UQコミュニケーションズが仙台の「携帯銀座」に日本最大級の店舗で戦いを挑む!年内100店舗をめざし、宮城県初出店の「UQスポット仙台一番町」がオープン【レポート】


各キャリアショップが建ち並ぶ中にUQスポット仙台一番町がオープン!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は25日、国内63店舗目となる「UQ WiMAX」および「UQ mobile」が対面販売で契約できる「UQスポット」の新店舗として「UQスポット仙台一番町」をオープンしました。なお、同日に「UQスポット平塚」、27日に「UQスポットアリオ橋本」がオープンしたため、現在国内65店舗。UQモバイル沖縄が出店している2店舗を含めると国内67店舗となっています。

UQスポット仙台一番町は東北では3店舗目、宮城県では初出店となるUQスポットです。東北の他の2店舗は青森県と岩手県のショッピングモール内の店舗となりますが、UQスポット仙台一番町は宮城県仙台市の中心部のアーケード街にある独立型店舗で、周囲には同じビル内にあるKDDI直営ショップ「au SENDAI」をはじめ、各キャリアショップが建ち並ぶ仙台の「携帯銀座」と呼ばれているエリアにオープンしました。

UQスポットとしては87坪と現時点で日本最大級の広さを誇る店舗となるのも特長です。今回はオープンセレモニーの模様と店舗の内装などを紹介します。


続きを読む

ドコモスマホ「Xperia XZs SO-03J」を写真と動画で紹介!メモリーが4GBに増量され、Motion Eyeカメラ搭載でスーパースロー動画撮影が楽しい【レポート】


XZから着実なパワーアップを遂げたXperia XZs SO-03Jをチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J(以下、SO-03J)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

すでに5月26日にドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて発売されており、価格(税込)は本体代85,536円、実質負担額で新規契約および機種変更で32,400円〜、他社から乗り換え(MNP)で15,552円~となっています。

SO-03Jは「Xperia XZ SO-01J(以下、SO-01J)」のマイナーチェンジモデルで、Xperia XZとの違いとしては新開発のMotion Eyeカメラ搭載、スーパースロー動画撮影機能の搭載、内蔵メモリー(RAM)が3GBから4GBへ増量など、auやソフトバンクでも発売されているモデルと同等の進化を遂げています。

今回は発表会における展示会場でSO-03Jの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。


続きを読む

東日本大震災から6年でようやくドコモショップも完全復旧!ICT活用で街づくりからサッカー教室まで幅広い東北復興支援を紹介ーーなでしこジャパン佐々木則夫前監督も登場【レポート】

docomo01
NTTドコモが新たに東北大とも協定を結び震災後の街づくりを支援!

NTTドコモ東北支社は8日、東日本大震災以降毎年恒例となっている「NTTドコモ東北復興支援の会2017」を同社東北ビル14階大会議室にて開催しました。NTTドコモは同震災以降、2011年12月に東北復興新生支援室を立ち上げ、自治体などと連係し、同社のICT技術を利用した街づくりの支援活動を行っています。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも昨年8月の仙台市との連携協定締結今年2月に行われたドローンを用いた遠隔の災害救助活動の実証実験など、さまざまな取り組みを紹介してきました。

また社内募金を募り、さまざまな自治体に寄付を行ったり、昨年からはなでしこジャパンの佐々木則夫前監督によるサッカー教室の支援など、復興に向けて多岐に渡る支援活動を行っています。

今回の東北復興支援の会は活動報告のみならず、前述の佐々木則夫氏の講演や新たに東北大学災害科学国際研究所とNTTドコモによる「防災・減災」に関する連携協定の締結・調印式が行われるなど、盛りだくさんの内容でした。イベントの様子を紹介します。

続きを読む

いよいよスタートするJ1・J2・J3リーグ戦全試合生中継のスポーツ動画配信サービス「DAZN」にまだ加入していないサッカーファン必見!視聴登録とテレビで見る方法を紹介【ハウツー】

DAZN01
まだ未加入の人も簡単な手続きですぐにDAZNを見られる!

昨年から日本でサービスを始めたスポーツ映像インターネット配信サービス「DAZN」。その中でも大きな話題になっているのは、日本プロサッカーリーグ「Jリーグ」の放映権を獲得し、2017シーズンより「明治安田生命J1・J2・J3リーグ戦」の全試合を生配信するためです。いよいよ本日2月25日(土)のJ1リーグ戦8試合より生中継配信が始まります。

そこで今回は「もうJリーグが開幕するのに、まだDAZNに加入していない!」というサッカーファンのみなさまのために、加入方法・視聴方法と、テレビで見るための方法を簡単にまとめて紹介いたします。

続きを読む

Jリーグ開幕直前!J1ベガルタ仙台のホームユアテックスタジアム仙台で毎日使える無料Wi-Fi「VEGALTA FREE Wi-Fi」がスタート、一足早く体験してみた【レポート】

sendai01
J1ベガルタ仙台のホームスタジアムが高密度Wi-Fi化!

日本プロサッカーリーグ「Jリーグ」の2017シーズンが2月25日(土)にJ1リーグ戦8試合を皮切りに開幕します。今シーズンのJリーグは昨年からサービスを始めたスポーツ映像インターネット配信サービス「DAZN」での生配信が始まるという大きな改革があります。

また先日、NTTドコモではより低価格に利用できる「DAZN for docomo」サービスを発表し、NTTドコモの利用者はdアカウントでDAZNにログインできるようになり、通常月額1,750円(税別)のところ、NTTドコモユーザーは月額980円(税別)で使えるようになりました。

DAZNでの中継が始まることもあり、JリーグはスタジアムのWi-Fi化を推進しています。この度、J1ベガルタ仙台のホームスタジアムである宮城県仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台が「Jリーグスマートスタジアム事業」の第1号に認定され、スタジアムとその周辺で365日24時間無料で使える高密度公衆無線LANサービス「VEGALTA FREE Wi-Fi」を2月23日より運用開始しました。

VEGALTA FREE Wi-FiはフリーWi-Fiとして利用できるだけでなく、試合情報コンテンツ「VPORT」がこのWi-Fiエリア内だけで見られます。VPORTは試合開始4時間前から試合終了3時間後まで見られるのですが、VEGALTA FREE Wi-Fiの運用が開始された2月23日にVPORTも含めてメディア向けに体験会が行われました。筆者も体験会に参加してきましたのでさっそく利用方法などを含めてレポートします。

続きを読む

月面探査の賞金レースに挑む「HAKUTO」の月面探査機の操縦を体験できる!通信技術部分でサポートするKDDIがオープンしたばかりの旗艦店「au SENDAI」で体験イベントを開催【レポート】

auHAKUTO01
月面探査機操縦をau SENDAIで体験できる!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介しています。イベントも多く開催され、先月にはVR体験イベントも行われました。

そしてau SENDAIでまたまた2月4日(土)と5日(日)「au×HAKUTO MOON CHALLENGE 月面探査ローバー操縦体験イベント」が開催されています。

KDDIは人類初の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑む日本唯一のチーム「HAKUTO」を通信技術面でバックアップしています。今回は月面を走る車両「月面探査ローバー」の試作機を実際にタブレットを使って操縦できるイベントを行い、「HAKUTO」の挑戦を広くアピールしました。

続きを読む

88年の歴史を誇るも惜しまれつつ閉館した「マリンピア松島水族館」がVR動画で蘇る!オープン間もない旗艦店「au SENDAI」で体験イベントが開催【レポート】

vr01
オープン間も無いau SENDAIでマリンピア松島水族館が復活!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介していますが、カフェスペースや東北の物産・工芸品が置かれるなど、auユーザー以外にも楽しめる場として賑わいを見せています。

そんなau SENDAIにてさっそく1月14日(土)と15日(日)の12時~18時に「復活!マリンピア水族館 VR体験イベント」が開催されています。既報通り、au SENDAIの2階には常設のVR体験コーナーがあり、そこで公開されているコンテンツの一つ「マリンピア松島水族館」。

日本で2番目に長い88年の歴史を誇る水族館で、東日本大震災も乗り越え営業を続けてきましたが、老朽化のため2015年5月10日に惜しまれつつ閉館しました。そのマリンピア松島水族館を360°VR動画で体験できるようになっています。

今回のイベントではVR体験コーナーにマリンピア松島水族館関係者から集められた当時の展示物やグッズなどを展示し、当時の思い出に浸ってもらいながら、VR動画を楽しんでもらおうという企画です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。