S-MAX

こば

キャリアアグリゲーションのあるなしで通信速度はどれだけ変わる?au向け新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」でスピードテストをやってみた【レビュー】


高コスパスマホ「AQUOS sense SHV40」はCA非対応ですが……その影響やいかに!?

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SHV40」(シャープ製)を11月2日に発売しました。

AQUOS sense SHV40はシャープが新スタンダードとして今冬に投入する新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾のau版で、すでにauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売中で、本体価格は32,400円(税込)となっています。

またAQUOS senseはNTTドコモ向けが11月10日に発売され、UQ mobile向けが11月下旬に発売予定となっており、スペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月上旬発売予定です。

そんなコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として注目を浴びているAQUOS senseですが、買い替えをお考えの方の中には、通信速度を速める「キャリアアグリゲーション(CA)」に非対応であることが気になるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

AQUOS sense SHV40はCA非対応機種で、通信速度は受信最大150Mbpsおよび送信最大25Mbpsとなっています。ハイスペックでCA対応している機種では例えばauなら「Galaxy Note8 SCV37」が受信最大708Mbps(東名阪のみ)および送信最大50Mbps(千葉県の一部)ということでやや差があるように感じます。

今回は筆者手持ちのCA対応機種(受信最大225Mbpsおよび送信最大25Mbps)である「Xperia Z5 SOV32」とAQUOS sense SHV40でスピードテストアプリで通信速度を比較し、どのくらいの違いがあるのかを調べてみました。

続きを読む

高コスパで使い勝手の良いシャープのau向け新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」が発売!まずは外観を写真と動画で紹介【レビュー】


高コスパで話題のスマホ「AQUOS sense SHV40」が11月2日発売!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SHV40」(シャープ製)を2017年11月2日に発売しました。

AQUOS sense SHV40はシャープが新スタンダードとして今冬に投入する新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾のau版です。すでにauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売中で、本体価格は32,400円(税込)となっています。

またAQUOS senseはNTTドコモ向けが11月上旬、UQ mobile向けが11月下旬に発売予定となっており、スペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月上旬発売予定です。

今回はAQUOS sense SHV40の実機をKDDIからお借りし、じっくりとタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。製品詳細については「KDDI、au向けシャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」を発表!5インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、防水、おサイフケータイなどで11月上旬に発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

なお、今夏に発売したシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」と同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのことで、最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されています。

続きを読む

車載基地局のアンテナ延伸操作体験や発電施設の見学にエリア構築シミュレーションも!仙台高専生がKDDI仙台テクニカルセンターを初見学【レポート】


知られざる通信施設の舞台裏を見学した仙台高専生たち!

auなどのKDDIにおける通信設備の重要拠点である「KDDI仙台テクニカルセンター」(住所等非公表)を独立行政法人国立高等専門学校機構仙台高等専門学校(以下:仙台高専)の生徒7名が10月26日に初めて見学しました。

今回は通信業界へ興味関心があり、将来の就職先として検討している高専生に向けて、通信設備の見学を通じて、通信の仕組みや災害やイベントへの対策など、常時通信を「つなぐ」重要性を紹介し、より通信に深く興味を持ってもらうことを目的としています。

実際の見学では災害時やイベント時に活躍する車載基地局のアンテナ延伸操作を実際に高専生に体験してもらったり、エリア構築シミュレーションを若手社員と共に行ったり、と高専生の興味関心をひきやすいものだった模様。

そのため、高専生は社員へどんどん質問をしたり、設備の数々に驚きの声を挙げたり、積極的な姿勢で見学をしていました。今回はそんな見学の様子を紹介します。

続きを読む

次世代スマホ「iPhone X」がついに発売!都内で500人超の列ができた当日分販売は仙台ではどうだった?Apple Store 仙台一番町やau SENDAIの様子を紹介【レポート】


全国で次世代スマホ「iPhone X」が販売開始!

本日11月3日、話題の次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)がついに全国で販売開始されました。NTTドコモ、au by KDDI、ソフトバンクの大手携帯電話会社の他、AppleよりSIMフリー版が販売されています。

筆者の住む宮城県仙台市でも朝8時から販売が開始されました。と言っても、多くの携帯電話キャリアショップはまだ閉まっています。仙台市中心部の繁華街で各キャリアのショップとApple Storeが建ち並ぶ、仙台の「携帯銀座」ぶらんどーむ一番町で朝8時に販売を開始したのは「Apple 仙台一番町」とKDDI直営の「au SENDAI」です。

Apple 仙台一番町はフリー在庫があることから朝8時前から50~100人程度の行列ができていましたが、au SENDAIでは予約分のみの販売となり、予約競争を勝ち抜いた方々は行列に並ぶこと無くiPhone Xを購入されていました。今回は、au SENDAIでの販売開始の様子を紹介いたします。

続きを読む

NTTドコモ向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を写真と動画で紹介!新機能「3Dクリエーター」で3Dプリンタ用データ出力可能【レポート】


大人気のXperiaシリーズ「Xperia XZ1 SO-01K」が登場!

既報通り、NTTドコモは18日、今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、約5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileやオクタコアCPU、Motion Eyeカメラなどを搭載し、いち早く最新プラットフォームAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を採用したスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SO-01K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月上旬に発売します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は86,184円、実質負担額で新規契約および機種変更で36,288円、他社から乗り換え(MNP)で26,568円となっています(価格は税込)。

Xperia XZ1 SO-01Kはソニーモバイルコミュニケーションズが全世界で今冬に投入する「Xperia XZ1」のNTTドコモ版で、auソフトバンクでも発売が予定されています。

今回は発表会における展示会場でXperia SO-01Kの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。製品詳細については「NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SO-01K」を発表!Android 8.0 OreoやSnapdragon 835、4GB RAM、Motion Eyeカメラなどで11月上旬に発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。