S-MAX

こば

Amazonで人気No.1のモバイルバッテリー!2千円台で買えるAnkerの大容量&コンパクト「PowerCore 13000」を購入したので写真で紹介【レビュー】

anker01
人気&定番の大容量ながらコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を紹介!

最近のスマートフォン(スマホ)は単体でもかなり電池持ちが良くなり、普通に使っていれば仕事や遊びで1日外出するくらいならバッテリー切れにならないことが多くなっていると思います。

とはいえ、やはり、出先で電池がなくなってしまうという心配もあるため、周辺機器の中でもやはりまだモバイルバッテリーは人気商品でしょう。

筆者はこれまで4年ほど前に購入したNTTドコモの「ポケットチャージャー02」を使ってきましたが、最近のスマホはバッテリーが大容量化していることやポケットチャージャー02の劣化、さらに取材で出張も多いために5000mAhという容量が心許なくなってきました。

また、急速充電できるACアダプターの使用に慣れてしまったことで、充電速度の遅さがストレスになっていました。そんなとき、先日6月12日にモバイルバッテリーなどの充電機器を中心に定番メーカーとなっているAnkerの人気商品のタイムセールが行われていました。

型落ちとなった商品が主でしたが、売れ筋の13000mAhのモバイルバッテリー「PowerCore 13000」が20%引きの2,150円で販売されていました。タイムセールで非常に安価だったこともあり、PowerCore 13000の購入を即決。なお、現時点ではタイムセール対象外ですが、価格はセール2,699円となっています。

翌日には商品が届きました。そこで今回は、発売は2015年秋と少し前ではありますが、現在も人気で「Amazon.co.jp」のカテゴリー「モバイルバッテリー」でベストセラー1位になっているPowerCore 13000を実際に使ったので、ここ数年でのモバイルバッテリーの進化を感じたことも含めて紹介したいと思います。

続きを読む

auにもようやく!ソニーの昨冬スマホ「Xperia Z5」をAndroid 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップしてみた――気になる変更点や快適かどうかを紹介【レポート】

SOV32_OS6_01
ソニー製スマホ「Xperia Z5」がAndroid 6.0に!バージョンアップして変更された点をチェック

昨年10月末に発売されたソニーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。発売時はAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載していましたが、NTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」は3月2日、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」は4月25日から最新のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップが提供されています。

そして、au向け「Xperia Z5 SOV32」にもようやく6月7日からAndroid 6.0へのOSバージョンアップが提供されました。

筆者は今年1月にXperia Z5 SOV32を購入したので、さっそくAndroid 6.0へのOSバージョンアップを行いました。遅れることNTTドコモから3ヶ月以上、SoftBankから1ヶ月半近くということで、auにはもう少し早く提供して欲しかったところですが、せっかくなのでOSバージョンアップの方法と主な機能変更についてまとめてみました。

続きを読む

仙台初出店!ヘルスケアからおもちゃまで最新IoT製品の体験スペース「TECH SPOT」がワイモバイル仙台駅前内にオープン――どんなものがあるのか実際に行ってきた【レポート】

TS01
IoT体験スペースが仙台にオープン!

IoT(Internet of Things/物のインターネット)という言葉が各種メディアで取り上げられるようになった昨今。さまざまな物に通信モジュールが組み込まれ、スマートフォン(スマホ)やタブレットと連係して便利に利用できるということは知っていても、その使い道やどんな製品があるのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

ソフトバンクでは、そうしたIoT製品の体験スペースとカフェスペースを併設した「TECH CAFE」を昨年12月より東京の「ワイモバイル六本木 Internet Park」や大阪の「ワイモバイル心斎橋筋」内にオープンさせ、好評を博しています。

そして今年に入り2月28日に体験スペースのみの「TECH SPOT」を「ワイモバイル南池袋」内にオープンさせ、3月4日には六本木の「TECH CAFE」を「TECH LAB」へリニューアルし、ハッカソンなどで開発されたまだ商品化されていない製品も展示しています。

さらに全国展開を図るべく、本日3月18日、宮城県仙台市の「ワイモバイル仙台駅前」内に体験スペースのみの「TECH SPOT」がオープンしました。今回、仙台初出店となった「TECH SPOT」を訪れてみると、ヘルスケア製品やホームセキュリティー製品など定番のIoT製品に加え、おもちゃやカメラなどエンターテイメント性の高い楽しい製品がたくさん展示されていました。

続きを読む

【年末企画】キャリアで買うか、格安スマホか。多様な選択肢が生まれ始めた2015年!Apple Watchなどのスマートウォッチにも注目(スポーツライター・こば編)

2015coba01
機能か価格か。多様な選択肢が生まれた1年

今年も1年の振り返りを行なう「年末企画」の記事ということで、スマートフォン(スマホ)周りなどの携帯電話を中心に2015年を振り返りたいと思います。

今年も筆者はスマホの購入がなかったのですが、現在持っているソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマホ「Xperia Z1 f SO-02F」が購入後2年経過したため、来年1月末にこの秋から冬にかけて発売された製品に機種変更(乗り換え)をしたいと考えているところです。

現在はauにMNPして「Xperia Z5 SOV32」を購入するのが第1候補ですが、この1年急激に勢いを増してきた格安スマホにも依然興味があり、まだ悩んでいるところです。というわけで、今年気になったXperiaシリーズと、格安スマホについて振り返りたいと思います。

また、今年は初めてウェアラブル端末を購入した年となりました。この秋「SmartBand 2(型番:SWR12)」を購入し、歩数や心拍数のチェックを始めました。毎日どのくらい運動したり歩いたりしたかチェックするようになり、良い買い物でしたので、Smart Band 2についても取り上げたいと思います。


続きを読む

東京五輪に合わせて5G商用サービス提供開始へ!総務省が仙台で開催した「電波利用推進セミナー2015」にて将来の携帯電話電波利用について語った【レポート】

dempa01
仙台市で開催された「電波利用推進セミナー」を紹介!

総務省東北総合通信局が12月2日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2015 ~電波利用で実現する元気で安心な社会~」と題した講演イベントを行いました。

産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。当然のことながらスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や研究に利用されています。

今回は3つの講演の中で、総務省総合通信基盤局電波部電波政策課長田原康生氏の講演で、今後の携帯電話電波利用について中長期的な方針が示されていましたので、その講演を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む

ソニーモバイルが「Xperia Z5 タッチ&トライ アンバサダーミーティング」を5都市で開催!初開催の仙台会場でZ5シリーズの魅力と地方都市開催の狙いを探る【レポート】

Xperiasendai01
初の仙台開催となったXperiaアンバサダーミーティング

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は今冬モデルのフラグシップスマートフォン(スマホ)としてNTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」およびau向け「Xperia Z5 SOV32」、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」のXperia Z5を日本国内でも10月に投入しました。

また、コンパクトモデル「Xperia Z5 Compact SO-02H」および世界初の4Kディスプレイ搭載の大型モデル「Xperia Z5 Premium SO-03H」もNTTドコモから11月に販売開始しています。

ここ最近では、ソニーモバイルは新モデル発表時に「Xperiaアンバサダーミーティング」というブロガーイベントを開催し、ブロガーへのプレゼンテーションやさまざまな展示・体験企画を催してきています。これまではこういったイベントはほぼ東京に限られていましたが、近年は地方都市開催が増加していて、今回のXperia Z5では福岡(11月19日開催)および仙台で初開催となり、東京(12月10日開催)、名古屋(11月25日開催)、大阪(11月12日開催)と合わせて5都市での開催となりました。

そこで、今回は筆者の住む仙台会場で12月3日にアンバサダーミーティングが行われましたので、イベントの様子やXperia Z5シリーズの魅力を紹介するとともに、担当者に地方開催の狙いについて伺ってきましたのでその模様をお送りします。

続きを読む

ソニーの小型モジュール型ウェアラブルがリニューアルして登場!心拍センサーを搭載した活動量計「SmartBand 2 SWR12」を購入したので開封してみた【レポート】

sb2-01
ソニーのリストバンド型ウェアラブル端末がリニューアル

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が10月17日から発売される小型モジュール型アクティビティートラッカー(活動量計)の新モデル「SmartBand 2 SWR12」。

ソニーグループではスマートウォッチ「SmartWatch」シリーズ、アクティビティートラッカー「SmartBand」シリーズの2つの腕に装着することを想定したウェアラブル端末を展開しており、SmartBandシリーズには音声操作などにも対応した上位モデル「SmartBand Talk SWR30」がラインナップされています。

一方、SmartBand 2 SWR12は下位モデルの「SmartBand SWR10」の後継機種で、さまざまなデータをスマートフォン(スマホ)などとBluetoothで接続して送り、ライフログを作ることを主眼に置かれており、SmartBand 2 SWR12では新たに心拍センサーを搭載しました。

これにより、さらにヘルスケア商品という色彩が強まり、心拍とストレスレベルの測定もできるのが特長となっています。また、SmartBand SWR10では対応していなかったiOSにも対応しているので、SmartBand 2 SWR12はiPhoneやiPadでも使えます。

今回そろそろウェアラブル製品が欲しいと思った筆者は公式Webショップ「ソニーストア」で購入したところ、店頭発売の2日前となる10月15日に商品が届きましたので、さっそくパッケージを開封し、どういった商品なのか写真を交えて紹介します。

続きを読む

4.7インチの小型モデルながらフルHDハイスピードIGZO搭載!ドコモスマホ「AQUOS Compact SH-02H」を写真と動画でチェック【レポート】

SH02H01
コンパクトなボディに4.7インチフルHDIGZO液晶搭載!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、幅66mmとコンパクトなボディーに4.7インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶IGZOを備えたAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS Compact SH-02H」(以下、SH-02H)を発表しました。

発売時期は2015年12月上旬を予定し、すでに9月30日からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で3万円台後半を予定。

今回は発表会における展示会場でSH-02Hの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。

続きを読む

今度のdtabは低価格のままフルセグ対応や4スピーカー搭載とマルチメディア機能が強化!NTTドコモの10.1インチタブレット「dtab d-01H」を写真と動画でチェック【レポート】

d01H01
大幅機能アップでお得感のある商品となったdtab

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、10.1インチのWUXGA(1920×1200ドット)TFT液晶を備えたAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用のHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製タブレット「dtab d-01H」(以下、d-01H)を発表しました。

発売時期は2015年11月下旬を予定し、すでに9月30日からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、これまでの「dtab」シリーズと同様に負担の少ない価格での販売が予定されています。

今回は発表会における展示会場でd-01Hの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。

続きを読む

HTCが日本のSIMフリー市場に再参入!カメラ機能充実・スタイリッシュなスマホ「Desire EYE」と「Desire 626」の発表会を開催――玉野社長が語った差別化ポイントとは?【レポート】

HTC01
HTCがカメラ機能充実スマホでSIMフリー市場に参入!

既報通り、HTC NIPPONは1日、都内にて「SIMフリー市場参入に関する記者発表会」を開き、日本市場向けでは初となるAndroidを搭載したSIMフリーのHTC製スマートフォン(スマホ)「Desire EYE」と「Desire 626」を10月中旬に発売することを発表しました。

すでに事前予約を開始しており、価格はオープンながら同時にオープンした公式Webストア「HTC e-shop」( http://www.htc-shop.jp )ではHTC e-shopでは、Desire EYEが52,800円(税抜)、Desire 626が29,800円(税抜)。HTC e-shopのほか、Amazon.co.jpや各家電量販店で販売されます。

ここ最近ではau向けにハイエンド機種の投入が多かったHTCですが、今回はSIMフリー市場用にミドルエンドのDesire EYEとローエンドのDesire 626を投入します。カメラ機能と高いデザイン性を前面に押し出した商品となっています。

発表会ではタッチ&トライコーナーで実機に触れることもできたので、発表会の様子と実機の外観などについて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。