S-MAX

こば

もしも離島で災害が起きたら?第二管区海上保安本部と大手携帯電話3社が巡視艇で可搬基地局を運搬・設置する共同訓練を実施【レポート】

kunren01
海上保安庁の巡視艇を用いて可搬基地局の運搬訓練

東日本大震災以降、通信事業者の災害対策はこれまで以上に深く考えられるようになりました。海上保安庁とソフトバンクは2014年12月25日に、そしてNTTドコモとKDDI(au)とは2015年3月6日に「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を締結。

これにより、海上保安庁とこれら大手携帯電話会社3社が協力して災害により離島などでスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話やタブレットなどの情報機器による通信ができない時、巡視艇などにより通信資機材を運搬するなどして、通信手段を確保することになっています。

海上保安庁で東北地区を管轄する第二管区海上保安本部がその一環として2回目となるこれらの3社との巡視艇を使った共同訓練を11月2日に実施しました。

昨年行われた前回の訓練では、巡視艇に可搬基地局など通信資機材を積載するだけの訓練でした。そこで出た課題を元に各社が改善を加え、今回は可搬基地局を積載した後実際巡視艇を出港させ、外洋に出た後再び港に戻ってきて、戻ってきた港を被災地と仮定した状況で、可搬基地局の設置作業を行う訓練を行いました。

訓練は3社順番に行われ、KDDIが9時から、NTTドコモが12時から、ソフトバンクが13時40分から訓練を行いました。今回は午前中に行われたKDDIの訓練を中心にレポートします。

続きを読む

漁業が変わる?東松島みらいとし機構とKDDI総研、LTEモジュール付きスマートブイを用いた実証実験を開始!宮城県石巻湾の漁場で見学してきた【レポート】

smartgyojo01
スマートブイで定置網漁をモニタリング

東松島としみらい機構およびKDDI総合研究所は18日、宮城県の東松島市役所鳴瀬庁舎で共同記者会見を開催し、漁業用ブイをIoT化した「スマートブイ」を用いた「スマート漁業実証実験」を開始すると発表しました。

これまでの漁業はいわゆる「漁師の勘」を基にして漁が行われてきましたが、データに基づいたより効率的な漁の実現するとともに、料理店などが漁獲量の予測を元に漁業者に直接海産物を予約するシステムの構築に向けた実証実験が産学官協同で行われることになりました。

具体的にはLTEモジュール搭載のセンサーブイ・カメラブイを開発し、ブイから送られたデータを元に水温や塩分濃度などの環境条件と漁獲量の関係を見て行く実証実験です。今回、東松島市役所鳴瀬庁舎での会見と、実際に漁船に乗っての漁場見学・ブイ設置のデモンストレーションを体験してきましたのでその模様をお伝えします。

続きを読む

防災・減災に配慮したまちづくりにICTを活用!宮城県仙台市とNTTドコモが連携協定を締結――地域活性化や近未来技術実証も【レポート】

sendai_docomo01
防災・減災に焦点を当てた仙台市のまちづくりにNTTドコモのICT活用!

仙台市とNTTドコモは29日、仙台市役所で記者会見を開き、「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携協定」の締結を発表しました。

仙台市とNTTドコモはこれまでも仙台市のシティシェアサイクル「DATE BIKE(ダテバイク)」や今年3月に行われた国連防災世界会議への協力、ドローン飛行の実証実験など、個別の案件での協力関係などが見られてきましたが、今回は防災・減災に焦点を当てたまちづくりに関して包括的な協定を結び、幅広い分野での協力関係を結ぶことになりました。

今回は記者会見と質疑応答の内容を通じ、協定の内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

宮城県仙台市の無料公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」が大幅拡充!仙台市営地下鉄南北線と仙台市内のサンクスで利用可能にーー実際に使ってみた【レポート】

sendaiwifi01
仙台・宮城観光PRキャラクター「むすび丸」をモチーフとしたマークが目印!

KDDIとワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は7月27日、仙台市内における無料の公衆無線LANサービス「SENDAI free Wi-Fi」を仙台市営地下鉄南北線全駅構内と、仙台市内50店舗のコンビニ「サンクス」にて8月1日より提供することを発表しました。

SENDAI free Wi-Fiは2015年3月5日より、主に観光客向けに宮城県仙台市で提供されてきたフリーWi-Fiサービスです。今までは仙台城址・伊達政宗騎馬像周辺や観光客向けバス「るーぷる仙台」、観光案内所など、限られた場所での提供でした。

今回は仙台市営地下鉄南北線全17駅構内(改札口周辺・駅ホーム)、仙台市内約50店舗(全店舗ではない)のサンクスと非常に広範囲での提供となり、より利便性が向上しました。実際にスマホやパソコンで使ってみました。

続きを読む

KDDIとソニーモバイルが「au×Xperiaオーナーズパーティー」を開催!第3回は東京に加え、札幌・仙台・広島・福岡で初開催ーー仙台会場へ行ってきた【レポート】

au×Xperia01
初の仙台開催で盛り上がったau×Xperiaオーナーズパーティーを紹介!最新スマホ「Xperia X Performance」の魅力とは!?

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は今夏モデルのau向けフラグシップスマートフォン(スマホ)として「Xperia X Performance SOV33(以下SOV33)」を6月24日に発売しました。

NTTドコモやSoftBankからもXperiaシリーズが販売される中、auブランドを展開するKDDIは独自の試みとして「au×Xperiaオーナーズパーティー」というイベントを過去2回実施し、好評を博してきました。

このイベントはauを5年1ヶ月以上利用し、Xperiaユーザーである利用者が参加対象で、1回目は東京、2回目は東京・名古屋・大阪で実施。そして、3回目となる今回は福岡(6月17日開催)、札幌(6月23日開催)、広島(6月27日開催)、仙台で初開催となり、東京(7月13日開催)と合わせて5都市での開催となりました。

そこで、筆者の住む仙台会場で7月7日にオーナーズパーティーが行われましたので、イベントの様子を「Xperia X Performance」の魅力とともに紹介した上で、担当者に仙台での開催の狙いについて伺ってきましたのでその模様をお送りします。

続きを読む

Amazonで人気No.1のモバイルバッテリー!2千円台で買えるAnkerの大容量&コンパクト「PowerCore 13000」を購入したので写真で紹介【レビュー】

anker01
人気&定番の大容量ながらコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore 13000」を紹介!

最近のスマートフォン(スマホ)は単体でもかなり電池持ちが良くなり、普通に使っていれば仕事や遊びで1日外出するくらいならバッテリー切れにならないことが多くなっていると思います。

とはいえ、やはり、出先で電池がなくなってしまうという心配もあるため、周辺機器の中でもやはりまだモバイルバッテリーは人気商品でしょう。

筆者はこれまで4年ほど前に購入したNTTドコモの「ポケットチャージャー02」を使ってきましたが、最近のスマホはバッテリーが大容量化していることやポケットチャージャー02の劣化、さらに取材で出張も多いために5000mAhという容量が心許なくなってきました。

また、急速充電できるACアダプターの使用に慣れてしまったことで、充電速度の遅さがストレスになっていました。そんなとき、先日6月12日にモバイルバッテリーなどの充電機器を中心に定番メーカーとなっているAnkerの人気商品のタイムセールが行われていました。

型落ちとなった商品が主でしたが、売れ筋の13000mAhのモバイルバッテリー「PowerCore 13000」が20%引きの2,150円で販売されていました。タイムセールで非常に安価だったこともあり、PowerCore 13000の購入を即決。なお、現時点ではタイムセール対象外ですが、価格はセール2,699円となっています。

翌日には商品が届きました。そこで今回は、発売は2015年秋と少し前ではありますが、現在も人気で「Amazon.co.jp」のカテゴリー「モバイルバッテリー」でベストセラー1位になっているPowerCore 13000を実際に使ったので、ここ数年でのモバイルバッテリーの進化を感じたことも含めて紹介したいと思います。

続きを読む

auにもようやく!ソニーの昨冬スマホ「Xperia Z5」をAndroid 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップしてみた――気になる変更点や快適かどうかを紹介【レポート】

SOV32_OS6_01
ソニー製スマホ「Xperia Z5」がAndroid 6.0に!バージョンアップして変更された点をチェック

昨年10月末に発売されたソニーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。発売時はAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を搭載していましたが、NTTドコモ向け「Xperia Z5 SO-01H」は3月2日、SoftBank向け「Xperia Z5 501SO」は4月25日から最新のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップが提供されています。

そして、au向け「Xperia Z5 SOV32」にもようやく6月7日からAndroid 6.0へのOSバージョンアップが提供されました。

筆者は今年1月にXperia Z5 SOV32を購入したので、さっそくAndroid 6.0へのOSバージョンアップを行いました。遅れることNTTドコモから3ヶ月以上、SoftBankから1ヶ月半近くということで、auにはもう少し早く提供して欲しかったところですが、せっかくなのでOSバージョンアップの方法と主な機能変更についてまとめてみました。

続きを読む

仙台初出店!ヘルスケアからおもちゃまで最新IoT製品の体験スペース「TECH SPOT」がワイモバイル仙台駅前内にオープン――どんなものがあるのか実際に行ってきた【レポート】

TS01
IoT体験スペースが仙台にオープン!

IoT(Internet of Things/物のインターネット)という言葉が各種メディアで取り上げられるようになった昨今。さまざまな物に通信モジュールが組み込まれ、スマートフォン(スマホ)やタブレットと連係して便利に利用できるということは知っていても、その使い道やどんな製品があるのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

ソフトバンクでは、そうしたIoT製品の体験スペースとカフェスペースを併設した「TECH CAFE」を昨年12月より東京の「ワイモバイル六本木 Internet Park」や大阪の「ワイモバイル心斎橋筋」内にオープンさせ、好評を博しています。

そして今年に入り2月28日に体験スペースのみの「TECH SPOT」を「ワイモバイル南池袋」内にオープンさせ、3月4日には六本木の「TECH CAFE」を「TECH LAB」へリニューアルし、ハッカソンなどで開発されたまだ商品化されていない製品も展示しています。

さらに全国展開を図るべく、本日3月18日、宮城県仙台市の「ワイモバイル仙台駅前」内に体験スペースのみの「TECH SPOT」がオープンしました。今回、仙台初出店となった「TECH SPOT」を訪れてみると、ヘルスケア製品やホームセキュリティー製品など定番のIoT製品に加え、おもちゃやカメラなどエンターテイメント性の高い楽しい製品がたくさん展示されていました。

続きを読む

【年末企画】キャリアで買うか、格安スマホか。多様な選択肢が生まれ始めた2015年!Apple Watchなどのスマートウォッチにも注目(スポーツライター・こば編)

2015coba01
機能か価格か。多様な選択肢が生まれた1年

今年も1年の振り返りを行なう「年末企画」の記事ということで、スマートフォン(スマホ)周りなどの携帯電話を中心に2015年を振り返りたいと思います。

今年も筆者はスマホの購入がなかったのですが、現在持っているソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマホ「Xperia Z1 f SO-02F」が購入後2年経過したため、来年1月末にこの秋から冬にかけて発売された製品に機種変更(乗り換え)をしたいと考えているところです。

現在はauにMNPして「Xperia Z5 SOV32」を購入するのが第1候補ですが、この1年急激に勢いを増してきた格安スマホにも依然興味があり、まだ悩んでいるところです。というわけで、今年気になったXperiaシリーズと、格安スマホについて振り返りたいと思います。

また、今年は初めてウェアラブル端末を購入した年となりました。この秋「SmartBand 2(型番:SWR12)」を購入し、歩数や心拍数のチェックを始めました。毎日どのくらい運動したり歩いたりしたかチェックするようになり、良い買い物でしたので、Smart Band 2についても取り上げたいと思います。


続きを読む

東京五輪に合わせて5G商用サービス提供開始へ!総務省が仙台で開催した「電波利用推進セミナー2015」にて将来の携帯電話電波利用について語った【レポート】

dempa01
仙台市で開催された「電波利用推進セミナー」を紹介!

総務省東北総合通信局が12月2日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2015 ~電波利用で実現する元気で安心な社会~」と題した講演イベントを行いました。

産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。当然のことながらスマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や研究に利用されています。

今回は3つの講演の中で、総務省総合通信基盤局電波部電波政策課長田原康生氏の講演で、今後の携帯電話電波利用について中長期的な方針が示されていましたので、その講演を中心に紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。