S-MAX

小林健志

子どものインターネット被害防止へ!宮城県警察とNTTドコモ東北支社が連携覚書に調印し、「みやぎポリス・ドコモネット教室」を開催【レポート】

mp01
宮城県警察・NTTドコモが子どものネット被害防止へタッグを組む!

NTTドコモ東北支社は2月13日、宮城県警察と合同で行うインターネット・スマートフォン利用教室「みやぎポリス・ドコモネット教室」連携覚書に調印し、同日宮城教育大学附属中学校にて「第1回みやぎポリス・ドコモネット教室」が開催されました。

NTTドコモは2004年よりスマートフォンや携帯電話の利用に関連した危険やトラブルを未然に防ぐために対応方法を啓発する「スマホ・ケータイ安全教室」を全国各地で実施しています。東北支社が宮城県内で行った回数は2016年度は175回、2017年度(4~12月まで)は168回と、実に2日に1回ペース(実際は夏休み・冬休み期間は行えないので、それ以上のペース)で頻繁に開催しており、スマートフォンやインターネット利用方法の啓発に努めています。

今回、宮城県警察と合同でスマートフォン・インターネットの利用についての講座を開くことにより、双方の専門性を生かし、より効果的な啓発を目指すとのことです。

調印式の模様と、実際に行われた「みやぎポリス・ドコモネット教室」の様子を紹介します。

続きを読む

NTTドコモがジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」のタッチ&トライイベントを仙台駅前ビルAER2階で2月4日まで開催!聖地仙台で実機初お披露目、外観を写真と動画で紹介【レポート】


ジョジョ作者の出身地・仙台でジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」が実機初お披露目!

既報通り、NTTドコモが人気漫画・アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の30周年記念スペシャルモデルとなる“ジョジョスマホ”第2弾のAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用プレミアムスマートフォン(スマホ)「JOJO L-02K」(LGエレクトロニクス製)を2018年3月に発売すると発表しています。

1万台限定発売でドコモショップや量販店などのドコモ取扱店舗や公式Webサイト内にてオンラインで予約が行われており、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」での価格(税込)は新規契約および機種変更(契約変更含む)、他社から乗り換え(MNP)でともに125,712円(分割5,238円/月×24回)で、月々サポートなどの割引施策はありません。

これまで発表会などではモックアップの展示はあったものの、実機展示は一切なく正式発表で搭載されるコンテンツは案内されていましたが、今回2月3日(土)から4日(日)の2日間に渡って宮城県仙台市の仙台駅前の商業ビルAER2階アトリウムにて、タッチ&トライイベントが行われ、ついに謎に包まれていたJOJO L-02Kが実際に手にとって試せるようになっています。

ジョジョの奇妙な冒険の作者である荒木飛呂彦さんが宮城県仙台市出身ということで、これまでも原画展が行われたり、仙台市内の各施設看板の「仙台市」の表記が「S市杜王町」と変わるなどのコラボイベント「ジョジョフェス」が行われたりと、ジョジョの“聖地”とも言える仙台で初の実機お披露目となりました。

さっそく、仙台在住の筆者もイベントに行き、JOJO L-02Kの実機に触れて参りましたので、主に外観を中心にイベントの模様などを写真と動画で紹介したいと思います。

続きを読む

約3万円でダブルレンズカメラなどの高性能カメラ搭載!ファーウェイのau向け高コスパスタンダードスマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」を写真と動画で紹介【レビュー】


話題の高コスパスマホ「HUAWEI nova 2」が1月下旬発売!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)液晶を搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 2 HWV31」(Huawei Technologies製)を2018年1月下旬に発売します。

HUAWEI nova 2 HWV31は昨年5月にグローバル版が発表されていたモデルのau版で、すでにauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて予約受付を実施しており、本体価格は32,400円(税込)となっています。またHUAWEI nova 2はUQ mobile向けも1月下旬に発売予定。

安価なモデルながら背面のダブルレンズカメラや2000万画素のフロントカメラを搭載し、基本性能もフルHD液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージと充実しており、さらに受信最大225MbpsのCA対応と、おサイフケータイ機能や防水・防塵・耐衝撃機能などは非対応ながら高コスパスマホとして注目を浴びています。

さらに発売時はAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載していますが、最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されています。

今回は発売前ながらHUAWEI nova 2 HWV31の実機をKDDIからお借りし、じっくりとタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については「KDDI、デュアルカメラ搭載の5インチサイズの高コスパスマホ「HUAWEI nova 2 HWV31」を発表!勢いに乗るファーウェイがau向けスマホを初投入 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

【年末企画】新スタンダードスマホ「AQUOS sense」がヒット!シャープ復活の1年~日本メーカーがスマホ時代のニーズにようやく応えた(スポーツライター・小林健志編)


ハイエンドからスタンダードまで魅力ある商品揃えたシャープが大躍進!

この1年は購入したスマートフォン(スマホ)はなく、今夏発売された1万3千円で買えるHuawei Technologies(ファーウェイ)製の激安Wi-Fiタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を購入しただけとなりました。MediaPad T3 7は主にメディアビューアとして利用しています。今年から高速Wi-Fiが整備されたユアテックスタジアム仙台にてDAZNで放送されているJリーグ中継映像を記者席でMediaPad T3 7を使って確認しながら、パソコンで原稿執筆ができるようになりました。安価ですが、DAZNをはじめ動画配信アプリは問題なく動きますので、重宝しています。

以前と比べると、総務省の指導もあって、ハイスペックなスマホやタブレットを安価に購入することは難しくなりました。そんな事情もあり、昨年から続く流れを加速させ、今年は必要十分の機能を備えたローエンド、ミドルエンドのスマホがさらに元気な1年になったと思います。

特にただ安いだけではなく、安定して使える商品が増え、月額1,500円(税別)の割引が永続的に受けられるNTTドコモの「docomo with」や、価格と通信料を完全分離し、利用するデータ料が少なければコストを安く抑えられるauのピタットプラン・フラットプランなど、キャリア側のMVNO対抗策が進んだことも相まって、高コスパを求める消費者のニーズに応えた商品がたくさん出ました。

中でも今年前半はNTTドコモのdocomo withに対応したサムスン電子製の「Galaxy Feel SC-04J」がバランスの取れた高コスパスマホとして人気を博し、ワイモバイルの「Android One」シリーズも一定の支持を得ましたが、今年後半大きな流れがありました。スマホ時代に入ってからこれまで試行錯誤を続けてきた国内メーカーシャープの逆襲・復活が始まったと強く感じました。

続きを読む

大人気のシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」の性能をベンチマークでチェック!数値に表れない快適さもあり、高コスパは間違いなし【レビュー】


この冬注目のスタンダードスマホ「AQUOS sense」でベンチマークテストを実施!

今冬にシャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として好評を博しています。

また販路も多く、auから11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月1日に発売されました。

そんなAQUOS senseですが、心臓部でもあるチップセット(SoC)としてQualcomm製の「Snapdragon 430(MSM8937)」を採用しています。同じシャープでも「AQUOS R」などの高性能スマホに搭載される800番台や、「AQUOS R compact」などに搭載される600番台よりも処理能力が落ちるものとなりますので、不安に感じるかもしれません。

そこで今回はau版のAQUOS sense SHV40を用いてベンチマークテストを実施しました。なお、ベンチマークの数値だけでは見えない使い心地についても紹介し、これまでレビューしてきたAQUOS senseの魅力を総括したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。