S-MAX

迎 悟

今夏、“注目せずにはいられない”。ライカのトリプルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を購入!開封して外観や同梱品を紹介【レビュー】


日本ではdocomo専売のファーウェイ製スマホ「HUAWEI P20 Pro」を購入!

NTTドコモの「2018年夏モデル」として6月15日に発売になったHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」。ファーウェイが今年3月に発表し、海外では4月から販売されている「HUAWEI P20 Pro」のNTTドコモ版で、日本国内ではNTTドコモ専売となりました。

特徴はなんと言っても約4000万画素カメラを含む「トリプルカメラ」はライカによるチューニングが行われており、発表後から非常に評価が高く、カメラの評価団体「DxOMark」で最高得点の109点となっているほか、国内向けの機能として「おサイフケータイ(FeliCa)」に対応するなど、話題性も高く注目を集めています。

また基本スペックについてもAIに最適化されたNPUを搭載したオクタコアCPU「Kirin 970」を搭載し、内蔵メインー(RAM)は6GB、内蔵ストレージ(ROM)も128GB、約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ、さらに防水・防塵にも対応するなど、フラッグシップモデルらしい豪華な仕様になっています。

さっそくですが、筆者も発売されたばかりのHUAWEI P20 Pro HW-01Kを購入しましたので、今回は写真で開封レポートをお送りいたします。

続きを読む

先代iPhone 7のときよりもより赤に!上品にも進化した人気スマホ「iPhone 8 (PRODUCT) RED」を購入したので写真でパッケージや本体を紹介【レポート】


iPhone 8 (PRODUCT) REDを写真でチェック!赤×黒になりよりシックにかっこよく

Appleが現地時間4月9日に発表し、日本では4月13日からAppleやNTTドコモ、au、SoftBankから発売された「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の新色「(PRODUCT) RED」。間もなく発売から2ヶ月が経過しますが、“春商戦”以降に発売になったこともあり、iPhoneとしては見かけることの少ない1台となっています。

また本機を取り扱う携帯電話事業者のショップや家電量販店はiPhone 8 Plusの(PRODUCT) REDの実機の展示はあるものの、iPhone 8の(PRODUCT) REDともなると展示をしていない場所が多く、まだ実機を見たことがないという人も多いのではないでしょうか。

遅ればせながら、また当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではお馴染みの某“赤色担当”のが購入する気配もないため、筆者自身で今回、auのiPhone 8(64GB)の(PRODUCT) REDを他社から乗り換え(MNP)で安価に購入できるキャンペーンを利用して買ってみました。

そこで、iPhone 8 (PRODUCT) REDのパッケージやその“赤さ”がどういったものなのか本体の外観を写真で紹介したいと思います。なお、先代モデル「iPhone 7」の(PRODUCT) REDについても昨年に筆者が実費購入して開封レポートを発売直後に書いておりますので、iPhone 7とiPhone 8のそれぞれの「赤」の違いを見比べて頂ければと思います。


続きを読む

おサイフケータイにも対応!NTTドコモ専売のトリプルカメラ搭載スマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を写真と動画で紹介。Mate 10 Proとの違いも【レポート】


docomo向けトリプルカメラ搭載スマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは5月16日に「2018年夏モデル」を発表し、アスペクト比9:19の縦長な約6.1インチフルHD+(1080×2240ドット)有機ELディスプレイ(約408ppi)を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)を2018年6月下旬(予定)に発売します。

HUAWEI P20 Pro HW-01Kはグローバルでは今年3月に発表されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップモデルで、最大2.4GHzと高速なオクタコアCPUに加え、AI処理に特化したNPUを搭載する「Kirin 970」をチップセット(SoC)に採用し、6GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージなどといったスペックでフラッグシップモデルらしい高性能な仕様になっています。

さらに最大の特徴はメインの約4000万画素カラー(RGB)イメージセンサー、サブの約2000万画素モノクロイメージセンサー、そして光学3倍相当に当たる望遠レンズの約800万画素カラーイメージセンサーの3つのカメラが背面に内蔵された「トリプルカメラ」が搭載されています。また前述のNPUでAIを活用し、AIによる撮影アシスト機能も強化され、高画質カメラで高品質な写真を気軽に撮影できるようになっています。

さらにHUAWEI P20 Pro HW-01Kは日本国内ではNTTドコモ専売となり、待望の「おサイフケータイ(FeliCa)」にも対応。防水・防塵にも対応するなど、しっかりと日本国内ユーザーが待ち望んだ機能を搭載しています。

すでにドコモショップや家電量販店、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、NTTドコモ取扱店で実機を試せる場所もありますが、今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてHUAEWI P20 Pro HW-01Kの実機を触る機会がありましたので、写真と動画でご紹介したいと思います。

続きを読む

可変絞り対応のリアカメラを搭載!先代S8のいい点はそのままにスペックアップで進化したNTTドコモ向けハイエンドスマホ「Galaxy S9 SC-02K」を写真と動画で紹介【レポート】


docomo向けフラッグシップスマホ「Galaxy S9 SC-02K」を写真でチェック!

既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、アスペクト比9:18.5の縦長な約5.8インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」を搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(サムスン電子製)を発表しました。

Galaxy S9 SC-02Kは昨夏モデルで前機種の「Galaxy S8」の製品コンセプトを引き継いだ近未来感のある流線形ボディーの“ほぼ全画面デザイン”で、OSにAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)を採用し、チップセット(SoC)にはQualcomm製の最新ハイエンド向け「Snapdragon 845」に加え、4GB内蔵メモリー(RAM)や64GB内蔵ストレージなどを搭載したハイエンドモデルです。

今夏モデルの中では最も早い本日5月18日に発売され、すでに実機はドコモショップや家電量販店でも試すことが可能ですが、今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実際に試してきましたので、本体各部のご紹介や、筆者が利用中のGalaxy S8との比較を写真や動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモのディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01K」を写真と動画で紹介!ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念したCelebration Edition【レポート】


1年ぶりのディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモの「2017-2018冬春モデル」のうちの1年ぶりとなる新しいディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01K」(LGエレクトロニクス製)が2018年2月下旬以降に発売予定になっています。

NTTドコモが展開するディズニースマホ「Disney Mobile on docomo」シリーズと言えば、これまでにも各機種でディズニーキャラクターやディズニーの映像作品、またディズニーランドなどのパーク施設をテーマにしてきました。

今回のDisney Mobile on docomo DM-01Kでは、今年“2018年”が「ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年」という記念すべき年になるため、それを記念した「Celebration Edition」という今までのモデルの中でも特別な1台という扱いとなります。

そのため、特に開発・製造を担当したLGエレクトロニクスにも明確なベースとなる製品はなく、完全オリジナルでしかも最近のスマホの流行を取り入れた縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用し、ミッドレンジながらパッケージからコンテンツまでかなり力が入ったものなっています。

主な仕様としてはOSにAndroid 7.1(開発コード:Nougat)を採用し、チップセットにはQualcomm製のオクタコアCPU「Snapdragon 435(MSM8940)」を搭載し、さらに従来機種のユーザーから要望を反映し、内蔵メモリー(RAM)を3GB、内蔵ストレージを32GBとそれぞれ増量しています。

発表から時間が経過していますが、発売まで間もなくとなってきましたので、今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーでDisney Mobile on docomo DM-01Kの実機に触れたときのファーストインプレッションをお送りいたします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。