S-MAX

迎 悟

人気のauケータイのシリーズが遂に4G LTE&VoLTE対応に!防水・防塵・耐衝撃に対応した折りたたみ型フィーチャーフォン「MARVERA KYF35」を写真でチェック【レポート】


au向け2017年夏モデルの折りたたみ型ケータイ「MARVERA KYF35」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今夏以降に発売する新商品として「2017年夏モデル」を発表し、4G LTEに対応し、高速通信と高音質通話の「au VoLTE」、FMラジオやTVにワイヤレスで画像を映し出せる「テレビde写真」に対応した従来型携帯(フィーチャーフォン)「MARVERA(型番:KYF35)」(京セラ製)を発表しました。

発売時期は2017年8月中旬以降を予定し、すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されています。

今回は発表会の展示会場タッチ&トライコーナーにおいてひと足早くMARVERA KYF35に触れる機会を得ましたので写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

実売3万円の高コスパモデルで今年もベストセラー間違いなし!?ファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画で紹介【レポート】


SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」(以下、P10 lite)を発表しました。

P10 liteはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、チップセット(SoC)にはHisillicon製オクタコアCPU「Kirin 658」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内臓ストレージ(ROM)を搭載したミドルレンジモデルで、すでに6月9日より販売が開始されています。

先代であり、昨年の日本市場におけるベストセラーSIMフリースマホとなった「HUAWEI P9 lite」(以下、P9 lite)からCPUやRAM、ストレージが強化され、想定価格は3万円前後とお手頃な価格設定と、スペックは高めなコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホになっており、今年もベストセラー機種の第1候補と言って良いでしょう。

価格はオープンながら希望小売価格が32,378円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では同額で販売されているものの、すでに紹介しているように2.5万円程度で販売しているところも。さらにau VoLTEにも対応しているため、UQ mobileなどでも販売されていてかなり販路も多くあります。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

PANTONE監修のフレッシュなカラーが目を惹く!ファーウェイのSIMフリーハイエンドスマホ「HUAWEI P10 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


ファーウェイの最新SIMフリーハイエンドスマホ「P10 Plus」をチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(以下、P10 Plus)を6月9日に発売すると発表しました。価格はオープンながら希望小売価格が78,624円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では73,224円(税込)で販売されています。

P10 PlusはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)、CPUにオクタコアのHisillicon製「Kirin 960」、4GBの内蔵メモリー(RAM)、64GBの内臓ストレージを搭載したハイエンドモデル。新たに2枚のSIMカードを利用できる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応し、また先代の「HUAWEI P9」シリーズで好評だったライカ製レンズを採用したカラー・モノクロからなる2つのカメラを搭載したダブルカメラも引き続き搭載されています。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

アルミ素材で高級感がアップ!大画面で写真を楽しめる「テレビde写真」にも対応したau向け折りたたみ型フィーチャーフォン「かんたんケータイ KYF36」を写真で紹介【レポート】


au向け2017年夏モデル「かんたんケータイ KYF36」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今夏以降に発売する新商品として「2017年夏モデル」を発表し、高速通信「4G LTE」と高音質通話の「au VoLTE」に加えて、新たにテレビに無線で画像を映し出せる「テレビde写真」に対応したシニア層向けの折りたたみ型フィーチャーフォン(従来型携帯電話)「かんたんケータイ(型番:KYF36)」(京セラ製)を発表しました。

発売時期は2017年8月中旬以降を予定し、すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されています。

今回は発表会の展示会場タッチ&トライコーナーにおいてひと足早くかんたんケータイ KYF36に触れる機会を得ましたので写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

限定カラーのラベンダ-にも注目!防水・防塵やおサイフケータイに対応したUQ mobile向けシャープ製低価格スマホ「AQUOS L2」を写真で紹介【レポート】


UQ mobile向けスマホ「AQUOS L2」を写真でチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は1日、都内にて「2017夏UQ発表会」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS L2」を2017年6月2日(金)に発売すると発表しました。

価格(税込)は公式Webストア「UQオンラインショップ 」では本体代が頭金100円+「端末購入アシスト」による分割1,200円/月×24回または一括28,900円で、おしゃべりプランおよびぴったりプランで契約を行った場合にマンスリー割が-1,200円/月×24回の実質負担額100円となっています。

公式Webストア以外にもUQスポットや家電量販店などのUQ mobile取扱店店頭でも購入することが可能です。すでに店頭でも展示が始まっているところもありますが、今回は発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、写真を交えながらAQUOS L2についてレポートしていきます。

続きを読む

縦長18.5:9のInfinity Displayでワクワクが止まらない!最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を購入したのでさっそく開封してパッケージや同梱品、外観をじっくり紹介【レビュー】



5.8インチ大画面なのに持ちやすい!最新ハイエンドスマホ「docomo Galaxy S8 SC-02J」を購入

いよいよ日本ではNTTドコモとauから「2017年夏モデル」として6月8日に発売されたサムスン電子製の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+」と「Galaxy S8」。NTTドコモからは「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」、auからは「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」として販売開始されましたが、筆者はこのうちのNTTドコモ向けの小さいほう、Galaxy S8 SC-02Jを購入しました。

Galaxy S8・S8+はCPUにQualcomm製「Snapdragon 835」を搭載し、内蔵メモリー(RAM)が4GB、内蔵ストレージが64GBとハイスペックモデルで、まるで液晶画面だけを手に持っているような縦横比18.5:9と縦長の大画面ディスプレイ「Infinity Display」が大きな特長となっています。

余談ですが、筆者がメインスマホとして「Galaxy」シリーズを選ぶのは「Galaxy SⅢα SC-03E」以来なので実に4年ぶり。かなりわくわくしながら公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で予約・購入し、届くのを待ちました。きちんと発売日に届きましたので、今回は開封レポートとしてパッケージと同梱品、そして本体外観についてご紹介していきます。

続きを読む

毎月ずっと1500円割引の新料金施策「docomo with」に対応しつつも一切の妥協なしな4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画で紹介【レポート】


コストパフォーマンスの高いdocomoのミッドハイレンジスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画でチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J(以下、SC-04J)」(サムスン電子製)を発表しました。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、すでにらドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されています。毎月の利用料からずっと1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてSC-04Jを触る機会がありましたので、写真と動画でレポートをお送りいたします。なお、詳細な製品情報については「NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

ラウンドガラスの背面が美しい!握って操作のau向け新感覚ハイスペックスマホ「HTC U11 HTV33」を写真と動画で紹介【レポート】


au向け最新スマホ「HTC U11 HTV33」を写真と動画でチェック!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を開催し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)SuperLCD5ディスプレイやQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:HTV33)」(HTC製)を2017年6月下旬に発売すると発表しました。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、au SHINJUKUなどのKDDI直営旗艦店5店舗にて先行展示が行われています。

今回は発表会会場に併設されたタッチ&トライ会場で実機にHTC U11に触れる機会がありましたので、さっそく気になるポイントをチェックしてました。なお、すでに掲載している製品の詳細仕様ブロガーなどのHTCサポーター向けイベントレポートメディア向けの製品体験会レポートもあわせてご覧いただければと思います。

続きを読む

テーマが夏の新色ホワイト追加!初のドナルド・デイジーデザインのディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」を写真でチェック【レポート】


ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」に新色Whiteが追加!変更点を中心に写真で紹介

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、すでに「2016-2017冬春モデル」として発売しているディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J(以下、DM-01J)」(シャープ製)の新色「White」を2017年7月に発売すると発表しました。

DM-01Jは約5インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やQualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 430」、2GB内蔵メモリー(RAM)を採用したミッドレンジモデルで、「水」をテーマにしたスワロフスキー・クリスタルが輝くディズニーオリジナルカバー(同梱)され、カバーとセットで楽しむ豊富なディズニーコンテンツが用意されていました。

今回の新色は「夏」をテーマに発売済の既存色「Pink」および「Blue」と本体カラーが変わっただけではない、追加モデルとしてデザインやコンテンツの変更点が多数用意されています。またOSも最新のAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)を採用しました。

そこで発表会会場に併設された展示会場にて実機を確認することができましたので、既存色のPinkやBlueとともに新色のWhiteを変更点を中心に写真を交えてレポートしていきたいと思います。

続きを読む

ドコモ史上最大となる6.2インチ縦長ディスプレイを搭載!横幅も抑えて持ちやすい最新ハイエンドスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を写真と動画で紹介【レポート】


ドコモスマートフォンラウンジ史上最大画面サイズの「Galaxy S8+ SC-03J」を写真と動画でチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、ドコモスマートフォン史上もっとも大きなディスプレイとなる約6.2インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SC-03J(以下、SC-03J)」(サムスン電子)を2017年6月上旬に発売すると発表しました。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は本体価格118,584円(4,941円/月×24回)で、実質負担額が新規契約および機種変更で6万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台を予定。

発売も近づいてきたということで、そろそろ一部のドコモショップなどでも展示が開始されていますが、先立って発表会に併設された展示会場にて実機を確認する機会がありましたので、SC-03Jをタッチ&トライした模様を写真と動画で紹介していきます。なお、詳細な製品情報については「NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を発表!縦長6.2インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載、下り最大788Mbps対応で6月上旬発売 - S-MAX」をご参照ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。