S-MAX

あるかでぃあ

自動ペアリングが快適なSoundPEATSのBluetoothヘッドセット「D4」を徹底チェック!実売2千円台のハイコストパフォーマンスモデル【レビュー】


自動ペアリングが使いやすいハンズフリーヘッドセット「D4」を徹底レビュー!

Bluetoothヘッドセットと言えば、Bluetooth機器の中でも非常に歴史が古く、携帯電話の周辺機器としては10年以上前から存在しています。当時は1万円~2万円前後もしたBluetoothヘッドセットですが、今やその価格は5,000円以下が主流となり、運転中の通話手段として広く普及するまでになりました(条件や条例により利用できない場合があります)。

今回、SoundPEATSより提供いただいた「D4」もそういった安価なBluetoothヘッドセットの1つです。Amazon.co.jpなどオンラインショップでは実売2,000円台で販売されており、Bluetoothヘッドセットの中でも低価格帯の製品ですが、その実力はどの程度のものなのでしょうか。実際の使用感を写真とともに徹底レビューします。

続きを読む

実売5千円前後で購入できるハイコストパフォーマンスなSoundPEATSの左右分離型イヤホン「Q16」を徹底チェック!イヤーフックタイプでスポーツシーンにも最適【レビュー】


安価で使いやすい左右分離型Bluetoothイヤホン「Q16」を徹底レビュー!

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」の登場以来、モバイル市場では左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンが静かなブームとなっていますが、左右分離型イヤホンは価格が高めという難点があります。

しかし最近では実売5,000円前後のかなり安価なモデルも登場しており、お試し的に購入しやすくなってきています。

今回、SoundPEATSより提供いただいた「Q16」もまた低価格と高音質が売りの左右分離型イヤホンで、Amazon.co.jpなどのオンライン通販サイトでは実売5,000円程度で販売されています。

左右分離型イヤホンとしては最安値に近い製品だけにその品質や音質なども気になるところです。そこで、実際に試してみて、その音質や使用感などを徹底レビューしたいと思います。

続きを読む

「The 電話」がキャッチフレーズの通話に特化したY!mobile向けストレートケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!VoLTE&HD Voice(3G)対応でクリアな音質を実現【レポート】


話に特化したストレートタイプのケータイ「Simply 603SI」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新しいセイコーソリューションズ製ストレート型ケータイ「Simply(シンプリー)」(型番:603SI)を2017年8月上旬以降に発売すると発表しました。

スマートフォン(スマホ)のような高機能性はないものの扱い易さから一定の人気を持つストレートタイプのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)で、AndroidをベースとしたOSが採用されています。発売までは若干の期間がありますが、発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

東京おもちゃショー2017:ミニカー型USBメモリーから新幹線型のモバイルバッテリーまで!ユニークなモバイルグッズを販売する「フェイス」ブースを写真で紹介【レポート】


この精巧な1/72スケールのミニカーが……実はUSBメモリー!

東京ビッグサイトにて6月1日から4日まで日本最大規模の玩具の展示会「東京おもちゃショー2017」が開催されました。今回のおもちゃショーでもさまざまなICT・IoT関連玩具が発表され、BluetoothやWi-Fiなどを駆使した玩具が多数展示されていました。

そのような中から、ミニカーや鉄道模型にUSBメモリーやモバイルバッテリーなどモバイルデバイスを組み込んだ面白い製品を展示・販売するメーカー「フェイス」をご紹介します。

続きを読む

おサイフケータイと指紋認証に対応したワイモバイル向けAndroid Oneスマホの最上位モデル「X1」を写真で紹介!ファッションブランド「malamute」コラボケースも登場【レポート】

androidone-x1-001
新たにおサイフケータイと指紋認証に対応した新型「android one X1」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「Android One」シリーズにおいて新しく約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「X1」(シャープ製)を2017年6月下旬以降に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズはオペレーティングシステム(OS)としてほぼカスタマイズされていないAndroidを搭載し、その動作や定期的なセキュリティアップデートを保証したリファレンス端末的な立ち位置で販売されますが、本機はAndroid Oneの仕様に準拠していながら指紋認証センサーやFelicaを搭載しており、比較的高性能なシリーズ最上位モデルという位置付けの端末です。

発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、端末の詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

東京おもちゃショー2017:INFOBARがトランスフォーマーに変形!車載カメラを搭載したNゲージ「車載カメラシステムセット」なども展示されたタカラトミーブースを紹介【レポート】

takaratomy-001
往年の名機、INFOBARがトランスフォーマーに!

東京ビッグサイトにて6月1日から4日にかけて日本最大規模の玩具の展示会「東京おもちゃショー2017」が開催されました。今回のおもちゃショーでもさまざまなICT・IoT関連玩具が発表されましたが、タカラトミーはその先頭を走る企業の1つ。最先端技術と同社の玩具に関する膨大なノウハウを組み合わせた面白い製品が多数出展されていました。

今回はそのタカラトミーブースから、タカラトミーとKDDIの共同プロジェクト製品である「au×TRANSFOMERS PROJECT」の参考出展とNゲージ車両にWi-Fi接続カメラを搭載した「車載カメラシステムセット」をご紹介します。

続きを読む

コンパクトでパステルカラーがかわいいY!mobile向けモバイルWi-Fiルーター「Poket WiFi 601ZT」を写真で紹介!表示フォントのデザインや色にも注目【レポート】


コンパクトでスクウェアデザインがかわいい「Poket Wi-Fi 601ZT」を写真で紹介!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5月31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi」シリーズの新製品「Pocket WiFi 601ZT」(ZTE製)を2017年8月上旬以降に発売すると発表しました。

ノートPCやタブレットを外出先で手軽にネット環境に繋ぐ手段として未だに人気のあるモバイルWi-Fiルーターですが、その代名詞とも言えるシリーズがY!mobileの「Poket WiFi」シリーズです。本機はそのシリーズの中でもサイズ感や見た目にこだわった機種で、非常に可愛らしいデザインになっています。

発売までは若干の期間がありますが、発表に先立ち、試作機に触れる機会がありましたので外観などを写真にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

auオリジナルブランドの新スマホ「Qua phone QX」を写真で紹介!正面の電源ボタンが使いやすく、高い耐久性で安心・安全もがっちり確保【レポート】


正面の電源ボタンで使いやすさに磨きをかけた新型「Qua phone QX」登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5月30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を都内にて開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Qua phone QX(型番:KYV42)」(京セラ製)を発表しました。

発売時期は2017年7月中旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が開始されています。

auオリジナルブランドとして登場した「Qua」シリーズのスマホも本機で3代目。開発と製造は京セラが担当しており、同社の得意とする高耐久設計技術が随所に用いられています。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

ドローンビジネスに特化した専門ファンド「ドローンファンド」設立!技術連携やインターネット業界の経営手法を取り入れスタートアップを強力に支援【レポート】


日本発のドローン専門ファンド「DRONE FUND」設立!

個人投資家の千葉功太郎氏を中心としたグループが日本初となるドローン・スタートアップに特化した専門ファンド「DRONE FUND(ドローンファンド)」を5月30日に設立し、活動を6月1日から開始すると発表しました。

ドローンが一般に認知され普及の兆しを見せて既に数年が経ちますが、活発な投資により急成長する欧米諸国や中国のドローン業界と比べ、日本におけるドローン産業および業界はまだまだ発展途上と言える段階です。「空の産業革命」とも呼ばれるドローンビジネスの発展性は未知数ながらも膨大であると予想されており、日本国内市場においても2022年までに1400億円を超える産業規模に発展するという試算もあります。

そういった「投資不足」を補い活発な意見交換と連携をもってドローン産業を育てていこうというのがドローンファンドの大きな目的です。今回はその設立発表会の模様を写真とともにご紹介します。

続きを読む

堅牢性にも磨きをかけたau向け京セラ製タフネススマホ「TORQUE G03」を写真と動画で紹介!超広角カメラとアクションオーバーレイで迫力の動画体験【レポート】

torque-g03-001
タフネススマホの代名詞、TORQUEシリーズが超広角カメラを搭載して新登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5月30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を都内にて開催し、約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)を2017年6月下旬に発売すると発表しました。

価格(税込)は本体価格43,200円(分割1,800円/月×24回)、毎月割900円×24回(総額21,600円)で実質負担額21,600円(分割900円/月×24回)などを予定しているということで、すでにauショップなどの店頭および公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されています。

タフネススマホの代名詞とも言えるブランドになった「TORQUE」シリーズに再びスマホタイプの新機種が登場しました。2016年冬モデルとしてはフィーチャーフォンタイプの「TORQUE X01」が2月に発売されており、スマホタイプでは「TORQUE G02」以来約1年ぶりとなります。

今回のモデルでは高い耐衝撃性能や耐久性能に加えて広角幅135度のスーパーワイドアクションカメラを搭載し、迫力のある映像や写真を撮影できるようになりました。また「アクションオーバーレイ」機能によりGPS情報や各種センサーの情報を映像に録画できるなど、映像の楽しみ方にも大きなアプローチが加えられています。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、より頑丈に、そしてより楽しくなったTORQUEを写真や動画とともにご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。