S-MAX

秋吉 健

秋吉 健のArcaic Singularity:生まれ変わるUQ mobile。KDDIへの事業統合の裏に何があったのか、これまでの微妙な立ち位置や今後の戦略について考える【コラム】


KDDIのUQ mobile事業統合に至る経緯を解説!今後の格安SIM市場はどうなる!?

既報通り、KDDIおよびUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、UQおよびUQモバイル沖縄が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」の事業を会社分割によって2020年10月1日をもってKDDIが承継すると発表しました。

これによりUQ mobileは、MVNOから「KDDIのサブブランドMNO」(MNO=移動体通信事業者)として再出発することになります。元々KDDIのグループ企業としてモバイル通信業界内でも特別感の強いMVNOという印象がありましたが、KDDIの経営資源の集約のため、経営統合されることになります。

そもそも、これまでのUQ mobileがなぜ「特別」であったのか、MVNOやMNOといった法的なくくりではなく「格安キャリア」などと曖昧な定義によるカテゴリーで語られることが多かったのはなぜかなど、一般にはなかなか理解の難しい問題が背景にはありました。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は、そんなUQ mobileのモバイル業界における微妙な立ち位置や今後の戦略について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:いつも心に音楽を。各社が打ち出す新たな音楽配信サービスの戦略とユーザーにとっての利便性を考える【コラム】


ストリーミング音楽配信サービスについて考えてみた!

みなさん、最近音楽は聴いていますか?先週、アマゾンジャパンが無料で音楽を楽しめる広告付きストリーミング音楽配信サービス「Amazon Music Free」の国内提供を開始しました。

またグーグルが同社のストリーミング音楽配信サービス「Google Play Music」を2020年後半に終了することを発表し、同社が並行して運営していたストリーミング音楽配信サービス「Youtube Music」へのアカウント移行ツールの公開が行われました。

大手企業による立て続けの新サービスや戦略の発表にストリーミング音楽配信サービス界隈はにわかに活気づいています。その背景には新型コロナウイルス感染症問題(以下、コロナ禍)によって外出が制限され、限られた娯楽の選択肢をビジネスチャンスとして捉えて攻めの戦略に出ようという各社の思惑が見え隠れします。

コロナ禍による生活様式の変革が叫ばれる中、音楽聴取の形態も大きく変わろうとしています。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はストリーミング音楽配信サービスの「今」を考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:誰が為にキーは鳴る。UMPCなどの小型モバイル機における物理キーボードの存在価値について考える【コラム】


小型モバイルデバイスの物理キーボードについて考えてみた!

既報通り、モバイルデバイス(モバイルガジェット)好きの界隈をざわつかせる製品が5月1日に発売されました。それは総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」のプライベートブランド(PB)「情熱価格プラス」から発売された「NANOTE(型番:UMPC-01-SR)」です。

本機は画面を回転させてノートパソコン(PC)スタイルやタブレットスタイルなどを使い分けられる2in1タイプのUMPC(ウルトラ・モバイルPC)ですが、発売時にはその低価格が話題となり、発売後はある意味で価格に見合った、一方でPCとしては驚くほどの性能の低さや使用されている部品にあまり良くない方向でさまざまに話題が飛び交っていました。

今回のコラムでは、別に彼のUMPCを名指しで酷評したいわけではありません。むしろUMPC大好きな筆者としては「2万円で買えるなら、むしろこの低スペックで何ができるかいろいろ試したい!」と欲しくなっていたわけですが、その溢れる物欲に水を差したのが「キーボード」だったのです。

わずか2万円の“オモチャ”としてのUMPCすら購入を躊躇させるほどのキーボードとはどんなものなのか。UMPCユーザーにとってのキーボードとは一体何なのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はUMPCや小型モバイルデバイスの物理キーボードについて考察したいと思います。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コロナ禍の今だからこそ使いたい!外食産業を中心に広がり始めた「モバイルオーダー」について考える【コラム】


外食産業などのモバイルオーダーについて考えてみた!

みなさんは「モバイルオーダー」や「スマホオーダー」といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。レストランやファーストフード店などのメニューをオンラインで注文・予約し、店舗に取りに行くまたはそのまま店舗で食事をするという販売方式のことです。

厳密には料理に限ったものではありませんが、新型コロナウイルス感染症問題(以下、コロナ禍)に伴う外出自粛要請が続く中、外出はできるだけ控えたいがたまには外食もしたいという要望に応える形で、ここ数ヶ月で新たにモバイルオーダーサービスが始まったり、既存のモバイルオーダーサービスが見直される傾向にあります。

緊急事態宣言の延長もほぼ確定となり(記事を執筆している5月1日時点)、長期の「籠城戦」も覚悟しなければいけない状況下で、外食産業やサービス業では生き残りを賭けたチャレンジが静かに始まっています。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はモバイルオーダーの現状とその展望について考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:コロナ禍は世界に何を突きつけたのか。社会と経済の構造を根底から見直すための「冗長性」について考える【コラム】


コロナ禍の今、人々が見直すべき「冗長性」について考えてみた!

シャープのオンラインシステムにおいて小さくないトラブルが4月21日に発生しました。同社のIoT家電ブランド「COCORO+(ココロプラス)」の製品にオンライン経由でアクセスできなくなり、遠隔操作不能に陥ったのです。

原因はシャープによるマスクのオンライン販売。COCORO+のアカウント管理システムとオンラインショップのアカウントシステムが同じシステム上で動いていたため、マスクの購入希望者がサイトに殺到し、ログインシステム(認証システム)がダウンしてしまったのです。

IoT家電と言っても自宅のリモコンや家電本体での操作は問題なく、マスク販売についてもその後抽選方式にするなどの対策が講じられ、現在は通常に戻っていますが、こういったアクセス集中によるシステムダウンは他の企業でも十分に起こり得る事態です。

新型コロナウイルス感染症問題(以下、コロナ禍)が日増しに深刻化する中、世界中で今まで表面化していなかった社会的な問題や課題も浮き彫りになりつつあります。私たちはこのコロナ禍とどのように向き合えば良いのでしょうか。また必要なものとは一体何でしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はテクノロジーの視点から、私たちの生活や心構えに必要な「冗長性」について考えます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。