S-MAX

あるかでぃあ

NTTドコモのシンプルスマホ「MONO MO-01K」を写真と動画で紹介!2年間利用で実質負担額がマイナス1万円以上となる圧倒的な高コスパを実現【レポート】


NTTドコモのハイコストパフォーマンススマホ「MONO MO-01K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「MONO MO-01K」(ZTE製)を発表しました。

昨年末に発売された同社初のオリジナルスマホ「MONO」シリーズにおける第1弾製品「MONO MO-01J」(以下、初代)は「端末購入サポート」を適用して一括購入価格が648円(税込)という衝撃的な低価格であったことが話題となり、必要十分な性能とシンプルなデザインが好評でした。

シリーズ2代目となる今回の機種では「docomo with」の対象機種となったことでさらに値引額が進み、本体価格は25,272円(1,053円/月×24回)で、2年間利用した場合の実質負担額がマイナス13,608円(税込)となるなど、圧倒的なコストパフォーマンスを獲得しています。

当然ながら性能面でも初代からブラッシュアップされており、「性能よりもまずは価格」という層には注目の機種に仕上がっています。発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。

続きを読む

NTTドコモの10インチAndroidハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を写真と動画で紹介!ワコムのペン入力機能を搭載でプロの似顔絵師も納得の描き心地【レポート】


シリーズで初めてスタイラスペンが付属したハイエンドタブレット「arrows Tab F-02K」を紹介!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて「NTTドコモ 2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

本機は「arrows」の名前を冠したNTTドコモ向けのタブレットシリーズとしては6代目、製造メーカーが富士通から富士通コネクテッドテクノロジーズへと移ってからは2代目となる製品です。今回の最大の特長はワコムの技術を利用した「スタイラスペン」が付属し、メモやイラストなどを快適に描けるようになった点です。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーでは試作機に触れることができたほか、プロの似顔絵師による即興での似顔絵体験なども行われましたので、その模様を写真や動画とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

CEATEC JAPAN 2017:ロボット遠隔操作技術「テレイグジスタンス」やIoTと5Gを活用した「コネクティッドAR」などを展示したKDDIブースを写真と動画で紹介【レポート】


CEATEC JAPAN 2017に出展したKDDIブースを紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年10月3日から6日までの3日間に渡って開催されたエレクトロニクスとITテクノロジーの展示会「CEATEC JAPAN 2017」にKDDIが出展し、遠隔モーショントレース技術「テレイグジスタンス」の実演やIoT機器を映像情報と関連させ直感的な情報利用を可能とする「コネクティッドAR」など、KDDIが推し進める5G技術を活用した複数の新技術の展示が行われました。

KDDIをはじめ、NTTドコモやソフトバンクなどの大手移動体通信事業者(MNO)は、次世代の通信規格となる「5G」の技術的確立とその実用化を最大の焦点として研究開発を行っていますが、その中でもKDDIは5Gの活用技術に積極的に投資している印象があります。

今回の展示でもアンテナ技術や5Gそのものの応用例ではなくデバイスを中心とした展示となっており、5Gは飽くまでも「高速応答性」や「大容量通信」のための1つの手段といった内容でした。

KDDIがめざす5Gの世界とはどういったものなのでしょうか。展示ブースの模様をテレイグジスタンスやコネクティッドARの解説を中心に写真と動画にて紹介します。

続きを読む

iPhone 8にも対応!キックスタンド付きで充電しながら動画視聴ができるモバイルバッテリー「Sharllen 8000mAh Qi ワイヤレスチャージャー パワーバンク」を紹介【レビュー】


iPhone 8で使えるQi対応モバイルバッテリーをレビュー!

Appleが9月に発売した新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」では無接点充電(ワイヤレス充電)規格の「Qi(チー)」に対応している点が大きくアピールされ、大手家電量販店などでもにわかにQi対応充電器などが売れ筋アイテムとして人気を帯び始めていますが、その中でもとくに需要が高く便利に使えるのでは?という製品がQi対応のモバイルバッテリーです。

今回ご紹介する「Sharllen 8000mAh Qi ワイヤレスチャージャー パワーバンク」もQi規格に対応したモバイルバッテリーで有線でも無線でもスマホへの充電が可能ですが、それだけでは他社の同等製品とあまり変わりがありません。

本製品にはさらにキックスタンドが内蔵されており、スマホを縦にも横にも立てた状態で充電できる点が最大の特徴となっています。果たしてQiによるワイヤレス充電とスタンド機能はモバイルシーンでどこまで便利に使えるのでしょうか。iPhone 8での使用感をレビューします。

続きを読む

AIと相談しながら旅行先を決められる「旅行相談AI」や生活支援プロジェクト「gSntk」のモニター募集開始などが発表された「NTTレゾナント メディアカンファレンス」を解説【レポート】


NTTレゾナントがgooサービスへAI技術を本格導入開始!

NTTレゾナントは同社が運営するポータルサイト「goo」の新サービスなどを発表する「NTTレゾナント メディアカンファレンス」を9月20日に開催し、AIが旅行計画の手助けをする「goo旅行」のAIチャットサービス「旅行相談AI」の開始やAIによる生活支援および行動支援を実現させる「gSntk(グーエスエヌティーケー)」のPoC(概念実証)開始などを発表しました。

同社はこれまでgooサービスで培ってきた言語処理技術をベースとしたAI技術の開発に取り組んできましたが、今回「goo旅行」サービスへ導入されたAIによる旅行計画作成支援を行うという新たな試みは、今後AI技術を生活支援に幅広く活用するための試金石としての意味もあります。

同社が考えるAIと人間との関わり方や目指す未来とはどのようなものなのでしょうか。発表会の模様とともに新サービスやその技術について解説します。

続きを読む

銀幕に隠された新ショップの正体とは!? メイプル超合金のお2人も登壇した「楽天モバイル新ショップ発表会」の模様を写真で紹介【レポート】


メイプル超合金の2人も思わずにっこりな新ショップの正体とは!?楽天モバイルの発表会をレポート

楽天は21日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )における「新ショップ発表会」を開催しました。

昨日に同じMVNOの携帯電話サービス「FREETEL SIM」の買収を発表した楽天ですが、この日の発表会にはお笑い芸人コンビ「メイプル超合金」のカズレーザーさんと安藤なつさんも登壇し、新ショップの魅力を語る場面などもありました。

今回はそんな謎に包まれた楽天モバイルの新ショップ情報や新たなキャンペーン施策も発表された発表会の様子を写真とともにご紹介します。

続きを読む

パズドラプレイヤーの小さな悩み?iPhoneなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」で発生しているパズル&ドラゴンズの操作不具合について調べてみた【ハウツー】


iOS 11とパズドラの微妙な関係……?

iPhoneユーザーのみなさん、新しいOSバージョン「iOS 11」は試されましたでしょうか。コントロールセンターのカスタマイズや操作画面の動画撮影など、新たな機能を搭載してますます便利に使えるようになりましたが、一方で32bitアプリを完全に排除したことで使えなくなったアプリなども数多くあります。

また32bitアプリではなくとも動作に不具合の生じたアプリも少なからずあり、筆者も日々楽しんでいるゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)」において操作系の不具合を確認しました。

そこで今回はその内容などをご紹介したいと思います。

続きを読む

ワイヤレス充電でiPhoneは「完成」する。iPhone 8やiPhone 8 Plusに搭載されたワイヤレス充電機能を市販のQi対応充電器で試してみた【レポート】


iPhone 8のワイヤレス充電を試す!

9月22日の発売以来連日注目を浴び続けるAppleの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」ですが、一見iPhone 7やiPhone 7 Plusから大きな変化が見られないように思われるこれらの機種には大きな進化ポイントが1つあります。それは「無接点充電(ワイヤレス充電)」です。

ワイヤレス充電という方式そのものの歴史は古く、携帯電話などではかつてPHSなどが採用していました。その後国際的な標準規格としてQi、PMA、A4WPなどいくつかのワイヤレス充電(無接点給電)規格が登場しましたが、今回のiPhone 8などで採用されたのは「Qi(チー)」という規格です。

Appleも純正のワイヤレス充電デバイス「AirPowerマット」2種類を2018年に発売予定ですが、今回は市販のQi対応充電器で一足早くiPhone 8のワイヤレス充電を試してみたいと思います。

続きを読む

iPhone 7用ケースはiPhone 8で使える?iPhone 7とiPhone 8の外観の違いやケース流用の可否などを実機でチェック【レポート】


iPhone 8とiPhone 7を徹底比較!保護ケースは流用可能?

既報通り、NTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月22日に新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、および新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が発売されました。

iPhone 8の外観は既存の「iPhone 7」から大きな変化がなく、ややインパクトに欠ける印象ですが、背面パーツがガラス素材になって無接点充電に対応したほか、CPUにはiPhone 7に搭載された「Apple A10 Fusion」と比べて20%高速で70%高効率(公称)な「Apple A11 Bionic」が搭載されるなど、性能面や機能面での進化が見られます。

今回筆者はAppleが販売するSIMフリー版のiPhone 8/256GB/ゴールドモデルを入手しましたので、昨年購入したiPhone 7/256GB/ゴールドモデルとの外観の違いや保護ケースの互換性などをレビューしたいと思います。

続きを読む

iPhone行列に異変あり? iPhone 8などの発売を記念したソフトバンク銀座の店頭セレモニーの様子を写真とともに紹介――上戸彩さんや古田新太さんが登場【レポート】


ソフトバンクがiPhone 8などの発売記念セレモニーを開催!

ソフトバンクは22日、都内にある直営店「ソフトバンク銀座」にて、本日発売されるApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」、同社製スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」の発売を記念したセレモニーを開催しました。

iPhoneシリーズの発売日にはソフトバンクのみならずNTTドコモやau、そして家電量販店などでも毎年長蛇の列ができ、この時期の風物詩ともなりつつありますが、今年はその状況にも少々変化があったようです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。