S-MAX

秋吉 健

秋吉 健のArcaic Singularity:NTTドコモの料金値下げ発表が与えた波紋。MVNOなどの格安SIMへの余波とその裏に潜む巨大な自社経済圏の確立について考える【コラム】


NTTドコモの料金値下げが与える業界全体への影響について考えてみた!

NTTドコモは10月31日、都内にて「決算説明会」を開催しましたが、代表取締役社長の吉沢和弘氏が「大胆な料金プランの見直し」について言及し、2019年4~6月を目処に同社料金プランをよりシンプルで分かりやすいものへ改定し、さらに月額料金についても2割~4割程度下げる予定であることを発表しました。同時に値下げによる還元額は総額4000億円程度になるとの見通しも語っており、同社が来年度に一時的ながらも減収減益となる可能性にも言及しました。

これを受けて市場ではKDDI(au)やソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)各社を巻き込んだ価格競争が再燃し業界全体として利益率が下がるとの憶測が流れ、翌11月1日の株式相場ではMNO各社の株が全面的に売られ暴落する場面もありました。このコラムを執筆している11月2日の時点では反発から各社とも株価を持ち直していますが、今後の株式動向は非常に不鮮明と言わざるを得ません。

そもそもNTTドコモが今回の値下げを発表した背景には、8月21日に菅官房長官が札幌市内での講演の際にMNO 3社の月額料金について「4割程度下げる余地はある」と発言した一件があります(吉澤社長は否定)。当初NTTドコモを初めとしたMNO各社は菅官房長官の発言へ一定の理解を示しながらも、現状の料金への理解とサービスの充実などによる消費者還元を理由に値下げについてはほぼ言及してきませんでしたが、ここに来て大きく風向きが変わった形となります。

NTTドコモが決定した舵取りは今後の通信業界にとってどのような影響を与えるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は携帯電話料金値下げによる業界全体への影響について考察します。

続きを読む

ファーウェイの安価なスマートバンド「HUAWEI Band 3 Pro」を写真と動画で紹介!GPS&5気圧防水対応で、心拍数や睡眠のモニタリングなど機能も充実【レポート】


小型軽量なスマートバンド「HUAWEI Band 3 Pro」を写真と動画で紹介!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2日、都内にて「新製品発表会」を開催し、約0.95インチ有機ELディスプレイやGPSを搭載した小型軽量の防水スマートバンド「HUAWEI Band 3 Pro」(Huawei Technologies製)を発表しました。

すでに10月中旬より販売が始まっており、価格は市場想定価格および公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」においては税抜11,880円(税込12,830円)となっています。

本機は汎用的なスマートウォッチよりもスポーツやトレーニングに特化したスマートバンドで、重量は約25gと非常に軽量です。内蔵バッテリーのみで最長10日間の連続駆動時間を確保しており、GPS利用時でも7時間利用可能なロングライフ設計で、ランニングやマラソン大会などでの利用でもバッテリー切れを心配することなく使える点も大きな特徴です。

発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

モトローラのエントリー向けSIMフリースマホ「moto g6 play」を写真と動画で紹介!アマゾン限定販売で実売2万円台半ばのお手頃価格が魅力【レポート】


モトローラのエントリースマホ「moto g6 play」を写真&動画でレポート!




モトローラ・モビリティ・ジャパンは12日、都内にて「新製品発表会」を開催し、アスペクト比9:18の約5.7インチ・HD+(1440×720ドット)Max Visionディスプレイや4,000mAhの大容量バッテリーを搭載したエントリー向けスマートフォン(スマホ)「moto g6 play」(Motorola Mobilities製)を展示しました。

本機は日本国内向けのSIMフリースマホとして9月28日よりオンラインショップのAmazon.co.jp限定で発売が開始されており、実売価格が24,624円(税込)と安価な点が特徴です。同社のスマホは各シリーズごとにスタンダードな「無印」、大型な「Plus」、エントリー向けの「Play」の3つにカテゴライズされており、今回のモデルはエントリー向けモデルとなります。

発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:暴走気味なスマホ価格の高額化。メーカー各社のハイブランド戦略とそれに反発する低価格スマホ市場の賑わいの二極化について考える【コラム】


ハイエンドスマホの高額化とスマホ価格の二極化について考えてみた!

既報通り、今月10日にグーグルが都内にて「新製品記者発表会」を開催し、最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載した新型スマホ「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)および「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を発表しました。

すでにNTTドコモおよびSoftBank、Google公式オンラインショップ「Gooleストア」(SIMフリー版)から11月1日に発売が予定されていますが、その価格は最も安いPixel 3(64GBモデル)で95,000円(以下、すべて税込)、最も高いPixel 3 XL(128GBモデル)で131,000円となっています。

これまでGoogleのAndroidスマホは日本では「Nexus」シリーズが発売されており、リファレンスモデル的な位置付けでもあったため性能面はオーソドックスながらも価格は比較的安価なイメージがありました。しかし今回は新たな「Pixel」シリーズであり、Googleが考える最良のスマホとして開発されていることから従来までのNexusシリーズとは立ち位置が変わっています。

そのため両機種も単なるサイズ違いではなく、上部に切り欠きのあるノッチデザインを採用したモデル(Pixel 3 XL)を個別に用意したり、無接点充電「Qi」の採用やカメラ機能の充実を図るなど他社ハイエンド製品にも劣らない仕様を満載し、価格も予想を遥かに上回る約10万~13万円となりました。

筆者の友人の1人は「今iPhone 7を使ってるし、iPhone XSが欲しいけど値段が高くて……」と、安価なAndroidスマホへの機種変更も視野に入れていたようですが、Pixel 3シリーズに限らずに他の「Galaxy」や「Xperia」といった有名ブランドのハイエンドスマホが軒並み高額となっており、結局友人は「価格があまり変わらないならiPhoneでいいか」とOS変更を諦めていました。なお、比較的安価なファーウェイなども勧めてみましたが反応はイマイチでした。

筆者自身も「iPhone XS」が発表された際、あまりの価格の高さに少し驚きつつ「でもiPhone 8が安くなるから……」と苦しい言い訳を自分へ言い聞かせていましたが、絶対値としてのハイエンド製品の高額化は業界全体の流れとして正しく受け止めなければならないでしょう。一方で、比較的安価で必要十分な性能の魅力的な端末も増えてきているのは事実です。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はそんなハイエンドスマホの価格高騰や人気価格帯の二極化を中心にこれからの市場動向を占ってみたいと思います。

続きを読む

NTTドコモが「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」へリサイクル金属を納入!人々の思い出の詰まったケータイが五輪メダルに【レポート】


NTTドコモが「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」初回納入式に参加

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、組織委員会)は23日、都内にて「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」(以下、メダルプロジェクト)で回収したリサイクル金属・約4トンを組織委員会へ納入する初回納入式を開催しました。

初回納入式には日本環境衛生センター 副理事長の藤吉秀昭氏や東京都副知事の猪熊純子氏、東京2020組織委員会専務理事・事務総長の武藤敏郎氏、リオデジャネイロ2016パラリンピック大会水泳50M自由形銅メダリストの山田拓朗氏らが壇上で挨拶を行い、リバーホールディングス 代表取締役社長の松岡 直人氏、リネットジャパングループ 代表取締役社長の黒田武志氏、リーテム 代表取締役CEOの中島彰良氏、環境省環境再生・資源循環局次長の森山誠二氏、東京2020組織委員会副事務総長の古宮正章氏らも列席しました。

またリサイクル金属の元となる小型家電の回収業務を行ったNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏が参加し、組織委員会より目録などが授与されました。リサイクル金属の納入は今後も2019年の春頃を目処に回収が続けられ、2019年11月にリサイクル金属の納入を終了する予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。