S-MAX

Hisumi

ペンタブ「Parblo A610 Pro」をPCやAndroidスマホに繋げて描いてみた!アプリ「CLIP STUDIO PAINT」でも良好な使い心地【レビュー】


板タブ「Parblo A610 Pro」をWindowsパソコンやスマホで使ってみた!

以前に液晶ペンタブレット(以下、液タブ)「Parblo Coast10」を購入して紹介しました。Parbloは2015年に設立された液タブや板ペンタブレット(以下、板タブ)などのドローイング・タブレット専門メーカーです。

Parblo 公式Webサイト
https://bit.ly/2CtoPkK

今回はそんな同社の板タブ「Parblo A610 Pro」をご提供頂いたので、実際にWindowsパソコン(PC)やAndroidスマートフォン(スマホ)に接続して使ってみましたので、パッケージや同梱品、ドライバのインストール、ファンクションキーのカスタマイズから使い心地などをを含めてレビューしていきたいと思います。

なお、Parblo A610 Proは公式Webサイト・ストアでは8,999円(金額はすべて税込)で販売されており、今回、当S-MAXの読者向けに10%OFFになるクーポンコード「SMAX10」(2020年9月30日まで)をご提供いただきました。購入手続き時に入力すると、899円割引されて8,100円となります。

また総合Webストア「Amazon.co.jp」では8,999円に90ポイント(1%)還元および800円OFFクーポン(2020年7月30日まで)が用意されており、実質8,109円とどちらでもおおよそ同じような値段で購入できます。

続きを読む

楽天モバイルの無料サポータープログラムにて正式サービス「Rakuten UN-LIMIT」に移行申込してみた!料金プラン適用は5月1日から【レポート】


楽天モバイルの無料サポータープログラムから正式サービスへ移行申込!

既報通り、楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」を4月8日に提供開始し、合わせて昨年10月より提供している「無料サポータープログラム」からRakuten UN-LIMITへの移行受付を開始しました。

無料サポータープログラムからの移行はWebサポート「my 楽天モバイル」( https://portal.mobile.rakuten.co.jp/ja/dashboard )にて無料サポータープログラムで提供している「100GB無料プラン」から料金プランの変更となり、手数料無料で行えます。

ただし、4月29日(水)23:59までにプラン変更を申し込んだ場合は5月1日(金)より適用、4月30日以降に申し込んだ場合は6月1日(月)より適用となります。なお、無料サポータープログラムは5月31日(日)で終了となり、5月31日23:59までに申込が完了していれば6月1日0:00からRakuten UN-LINKで利用できます。

Rakuten UN-LIMITは月額料金が税抜2,980円(税込3,278円)で楽天回線エリア内のデータ通信と、専用アプリ「Rakuten Link」を利用した国内通話が無制限で利用できる料金プランで、300万人(申込時にてカウント)までは月額料金(+ユニバーサルサービス料)が開通日から1年間無料です。

なお、楽天モバイルでは4月8日に内容を一部変更して「Rakuten UN-LIMIT 2.0」にバージョンアップし、パートナー(au)回線エリアでは「データ容量2GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大128kbps」としていたものを「データ容量5GB/月、データ容量消費後の通信速度を最大1Mbps」へとアップグレードしています。

データ容量消費後の最大1Mbps化は4月8日から実施されていますが、データ容量5GB/月は4月22日からとなり、無料サポータープログラムでは楽天回線エリアとパートナー(au)回線エリアを合わせて月100GBまで速度制限なく使えるため、au回線エリアでの利用が多い場合は100GB無料プランのほうが良いという人もいそうです。

すぐにプラン変更を申し込んでも翌月適用となるため、急ぐ必要はありませんが、無料サポータープログラムからの移行も300万人までならこの1年間無料キャンペーンの対象となり、まだ余裕はありそうですが、継続して利用するなら申し込んでおきたいところです。

そこで無料サポータープログラムの100GB無料プランからRakuten UN-LIMITにプラン変更申込をしてみたのでその模様を紹介します。なお、プラン変更となるため、3,000ポイントがもらえる「Rakuten UN-LIMITオンラインお申し込みキャンペーン」は対象ですが、3,300ポイントがもらえる「Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン」は対象外となります。

続きを読む

チェキプリントできるスマホなど用モバイルプリンター「instax mini Link」を購入!同梱品やアプリ、プリントまでの手順や使用感を紹介【レビュー】


スマホと繋がる“チェキ”instax mini Linkを買ってみた!

富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」ブランドよりスマートフォン(スマホ)などでチェキ フィルムにプリントできるプリンター「instax mini Link」が2019年10月11日に発売されました。執筆時点(2020年1月)の価格は公式Webストア「フジフイルムモール」では14,850円(税込)となっています。

instax mini Linkはスマホなどで撮影した写真を転送して簡単に“チェキプリント”できる持ち歩けるモバイルプリンターで、フレームを追加して写したり、動画から画像を切り取って写したりできる機能などに対応しているため、チェキプリントがとても楽しめるプリンターです。

今回、そんなinstax mini Linkを購入してみたので本体や同梱品のほか、実際に利用してみた使用感を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

おサイフケータイや防水・防塵に対応した高コスパなSIMフリースマホ「OPPO Reno A」を楽天モバイルで購入!開封して外観や同梱品を紹介【レポート】


SIMフリースマホ「OPPO Reno A」を購入!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が日本市場向けに開発し、おサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵(IP67準拠)に対応したコストパフォーマンスの高いSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO Reno A」がオッポジャパンから登場しました。

まずは楽天モバイルから内蔵ストレージが128GBと大きい「OPPO Reno A 128GB」が10月1日に発売され、それ以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、ECサイトでは内蔵ストレージが64GBのモデルが10月18日より順次発売されています。なお、どちらのモデルも型番は「CPH1983」と同じとなっています。

価格(税込)は楽天モバイルではSIMカード(携帯電話契約)とセットで38,800円、単体で39,800円、量販店やECサイトなどでは単体で39,380円となっています。価格がほぼ同じなので内蔵ストレージが大きい分、楽天モバイルが販売するOPPO Reno A 128GBのほうがお得感はありますが、起動時のロゴが楽天仕様となっているほか、Viberなどの楽天のプリインストールアプリがいくつか入っています。

今回は楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)として提供されている「無料サポータープログラム」に当選したこともあり、楽天モバイルのOPPO Reno A 128GBを購入しましたのでちょっと遅くなりましたが、開封して外観や同梱品などを紹介したいと思います。

続きを読む

曹操をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲーム「三國志曹操伝 ONLINE」が提供開始!実際に遊んでみたので序盤のポイントを紹介【レビュー】


三國志の英傑「曹操」をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲームが登場!

NEXON Companyが2017年8月31日より配信している「三國志曹操伝 ONLINE」はスマートフォン(スマホ)など向けのオンライン歴史戦略シミュレーションゲームです。

90年代に発売された英傑伝シリーズの最後の作品をベースにしており、オンラインバトルで三国統一をめざします。またコーエーテクモゲームス監修で『三國志曹操伝』を完全再現したシナリオモードもプレイ可能。

タイトルを見てわかるように中国の三国志時代に魏の基礎を築いた人物「曹操(そうそう)」を中心にしており、徹底した実力主義者で優秀な人材は身分や家柄にこだわらない方針だったという人物像に合わせたゲーム内容となっています。

今回は、そんな曹操をメインとした三國志曹操伝 ONLINEをさっそくプレイしてみましたので、操作方法や初期のポイントなどを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。