S-MAX

Hisumi

曹操をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲーム「三國志曹操伝 ONLINE」が提供開始!実際に遊んでみたので序盤のポイントを紹介【レビュー】


三國志の英傑「曹操」をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲームが登場!

NEXON Companyが2017年8月31日より配信している「三國志曹操伝 ONLINE」はスマートフォン(スマホ)など向けのオンライン歴史戦略シミュレーションゲームです。

90年代に発売された英傑伝シリーズの最後の作品をベースにしており、オンラインバトルで三国統一をめざします。またコーエーテクモゲームス監修で『三國志曹操伝』を完全再現したシナリオモードもプレイ可能。

タイトルを見てわかるように中国の三国志時代に魏の基礎を築いた人物「曹操(そうそう)」を中心にしており、徹底した実力主義者で優秀な人材は身分や家柄にこだわらない方針だったという人物像に合わせたゲーム内容となっています。

今回は、そんな曹操をメインとした三國志曹操伝 ONLINEをさっそくプレイしてみましたので、操作方法や初期のポイントなどを紹介したいと思います。

続きを読む

インスタ映えする写真にチャレンジ!雑誌「美的 2017年07月号」付録の「3色★スマホライト」を使うと綺麗に撮れるか試してみた【レビュー】


美的 2017年 07月号(2017年5月23日発売)の付録はスマホライト!

小学館から発行されている雑誌「美的」は、ビューティ&ライフスタイル情報誌です。そんな「美的の2017年 07月号」には付録に「3色★スマホライト」が付いています。

3色★スマホライトの目的はずばり“インスタ映え”!これまでにも雑誌の付録としてスマホライトはありましたが、その名の通りに「ホワイトで美白肌に」や「ピンクでコスメをかわいく」、「オレンジで料理をおいしく」と、用途に合わせて見せるための写真を撮れるようになっています。

今回は実際に雑誌を購入して目的通りに“インスタ映え”こと、写真投稿・共有サービス「Instagram」で見栄えのする写真が撮れるのか試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

細けぇことは気にすんな!戦国武将と戦うスマホなど向けフォーメーションバトルRPGアプリ「信長の野望201X」を紹介【レビュー】


戦国武将と戦え!スマホ向けゲーム「信長の野望201X」……と、殿?!

今回紹介するこのゲーム「信長の野望201X」は、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」( https://www.gamecity.ne.jp/souzou/sr/ )を開発・販売しているコーエーテクモゲームス公式のソーシャルゲームです。

ゼネラルプロデューサーにシブサワ・コウ氏を迎えたフォーメーションバトルRPGで、正式サービスインは2015年5月20日と少し前になるので、ビジュアルだけは見たことが有る方もいるんじゃあないでしょうか。

そんな信長の野望201Xをここ最近はプレイしているのでご紹介したいと思います。


続きを読む

3万円程度で買える液晶タブレット「Parblo Coast10」を試す!筆圧対応ペイントアプリで使ってみた【レビュー】


3万円台の液タブ「Parblo Coast10」をレビュー!

以前に紹介したようにAmazon.co.jpで3万円台で購入できる液晶タブレット「Parblo Coast10」。実際に購入して試している自腹レビューの第2回目は、筆圧対応のペイントソフトでの描き心地を確認し、他の筆圧対応デバイスとの比較をしてみたいと思います。

購入したのは専用キーボードが付属したセット「Parblo Coast10 10.1インチ 液晶グラフィックモニター お描き液晶ペンタベレット HD IPS バッテリーフリーペン+メカニカルキーボード+3 pcs マイクロベルクロケーブルタイ+2指グローブ+ポータブル高速4ポートUSB3.0ハブ+ウールライナースリーブキャリングバッグ+ペンスリーブホルダなどが付き」で、購入時と同様に2016年9月4日現在でも34,999円(税込)で販売されています。その他、最小構成で30,999円(税込)からと3万円台どころかほぼ3万円で購入可能です。

続きを読む

3万円台で買える液晶ペンタブレット「Parblo Coast10」を購入!まずは同梱物や外観を確認し、PCとの接続までを紹介【レビュー】


3万円台と安価な液タブ「Parblo Coast10」をレビュー!

液晶ペンタブレット(以下、液タブ)といえば、液晶画面にペンで直接描き込むように操作できるパソコン(PC)とつないで使うペンタブレットです。

別途モニターに表示が必要な板ペンタブレット(以下、板タブ)と違って、液晶画面にそのまま表示されるため、直感的に操作できて絵を描く人に人気のデバイスです。

そんな液タブでやはり有名なのはワコム(WACOM)の「Cintiq Companion」でしょう。しかし、価格がかなり高いのでなかなか手が出しにくいという人も多いかと思います。

そこで今回は、Amazon.co.jpで3万円台で購入できる液タブ「Parblo Coast10」を見つけたので、数回に分けて設定方法から使い心地などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

手持ちのコピックの各マーカーを手軽に管理できる「COPIC Collection」を使ってみた【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】


多くてもう収拾付かないコピックの各マーカーを管理!

かなり前にiOS向けアプリ「COPIC Collection」が出ていましたが、いつの間にかAndroid向けアプリも出ていたので、COPIC Collectionの便利さを紹介しますね!

COPIC Collectionはお手持ちのコピックの各マーカーを管理できるアプリです。具体的には、所持しているコピックの各マーカーを登録できるほか、購入予定のマーカーの登録、補色の候補を確認できる機能があります。では、具体的にアプリの機能を見て行きましょう。

続きを読む

夏だ!ダイエットだ!?リストバンド型ウェアラブル活動量計「Nike+ FuelBand SE」をじっくり使ってみた【レビュー】


Nike+ FuelBand SEをガッツリ使ってみたよ!

昨年ごろから徐々に製品が出始め、今年はさらに多くのメーカーから発売されているリストバンド型ウェアラブルデバイスですが、恐らく最も人気があるのが、Nike(ナイキ)の「Nike+ FuleBand」シリーズではないでしょうか。国内では2世代目の「Nike+ FuelBand SE」が発売されて注目を集めました。

その最大の特徴は「Fuel(ヒューエル)」と呼ばれる独自の活動量を指標とする点で、他のウェアラブル製品と同じく、スマートフォン(スマホ)などと連携することによってクラウド上にデータを同期し、WebサービスでSNS(ソーシャルネットワークサービス)的に友達とつながりつつ、Fuelを競いながらよりアクティブに活動できるようめざしていくサービスとなっています。

当初、スマホではiPhoneなどのiOS向けアプリのみが提供されていましたが、今年6月に満を持して、Android向けも提供されました。筆者は普段、Androidを利用しているためNike+ FuelBand SEは気になっていたものの使えていませんでしたが、Android向けアプリが提供されたということで、今回、実際に試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

タップするだけ?!簡単でかわいいパズルゲーム「ねこねこフルーツ♪」【Androidアプリ】


Android向けパズルゲーム「ねこねこフルーツ♪」を紹介!

以前に「脳トレ」なんてのが流行りましたが、「反射神経や動体視力が高まるかも?!」とか「脳を活性化させ頭の回転をよくするかも?!」といったあおり文句のAndroid向けパズルゲームを見つけたので紹介しますね。

その名も「ねこねこフルーツ♪」。かわいい猫の絵柄で、タップするだけの簡単操作ということで誰にでも遊べそうですが、さっそくどんなゲームなのか見て行きたいと思います。

続きを読む

ご存知アメコミ・ヒーローで悪党を倒していけ!ストーリー仕立てのパズルゲーム「マーベル・パズルクエスト:ダークレイン」【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】


スマホ向けのアメコミストーリーが楽しめるパズルゲーム「マーベル・パズルクエスト:ダークレイン」を紹介!

誰もが知っているアメコミのヒーロー「アイアンマン」や「マイティ・ソー」などは日本でも人気が高いですよね。そんなヒーローやベノムなどのダークヒーローとチームを組んで力を合わせて立ちはだかる敵に立ち向かうというのはわかりやすく、良くあるストーリーです。

今回紹介する「マーベル・パズルクエスト:ダークレイン」はそんなアイアンマンなどを手がけるマーベルのベテランライターによって書かれた本格的なストーリーを体験できるAndroidおよびiOS向けパズルゲームアプリです。

ダークレインのストーリーはヒーローと悪党の運命が絡み合い、マーベルユニバースの革命的なイベントをなぞったストーリーとなっているようです。ではさっそく紹介していきたいと思います。

続きを読む

艦これの影響でミリタリーが流行ってる!?GAMEBOY風の懐かし画面で海戦ゲームを遊べる「電探海戦」【Androidアプリ】


レトロな懐かし画面のAndroid向け海戦ゲーム「電探海戦」を紹介!

最近、なんとなーく流行っている「ミリタリー」。その中でも旧日本海軍が人気があるようですね。

確かに、戦艦の艦橋は複雑で見ていて飽きませんし、砲塔の構造なども調べると面白いですね。さまざまな歴史はさておき、艦にはロマンがあります。

そんなわけで、今回は“海戦”をテーマにしたレトロ風なAndroid向けゲーム「電探海戦」を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。