S-MAX

Makko

話題の6.4インチファブレット「Xperia Z Ultra」のau版とWi-Fi版は何が違う?製品版比較レビュー第1回:付属品の違いをチェック【レビュー】

XZU_01_01
グローバル版に加え、国内発売開始になったばかりのau版とWi-Fi版を購入!

海外での発売から遅れること約半年、日本国内でも1月24日(金)にWi-Fi版となる「Xperia Z Ultra SGP412JP」(以下、SGP412JP)が、翌25日(土)にau版となる「Xperia Z Ultra SOL24」(以下、SOL24)が発売開始となったソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製ファブレット「Xperia Z Ultra」ですが、筆者も発売に合わせてWi-Fi版(Wi-Fi版は通話機能がないためファブレットではなくソニーでも「タブレット」に属するとしています)とau版ともに購入しました。

せっかく、Wi-Fi版とau版の両方を購入したので、数回に分けて両製品の違いをレビューしていきたいと思います。初回となる今回は、まずは付属品の違いについてチェックします。では、さっそく紹介していきたいと思います。

続きを読む

国内販売が濃厚なソニーブランドのファブレット「Xperia Z Ultra」ってどんなデバイス?写真と共に特徴を解説【レビュー】


国内販売が濃厚な6.44インチフルHD液晶を備えたファブレット「Xperia Z Ultra」

すでに紹介した通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製のファブレット「Xperia Z Ultra」がau by KDDIから発売されることが濃厚となっています。

Xperia Z Ultraのグローバルモデルは今夏より発売されており、筆者も発売当初に購入し、現在も愛用中です。

そんなソニーモバイル初のファブレットとして発売されたXperia Z Ultraの特徴を簡単ではありますが、写真と共に解説したいと思います。

続きを読む

10.1インチWQXGAディスプレイを備えたハイスペック防水タブレット「ARROWS Tab F-02F」を購入!本体外観と付属品を写真でチェック【レビュー】


約10.1インチWQXGAディスプレイを備えたハイスペック防水タブレット「ARROWS Tab F-02F」を購入

NTTドコモから11月29日に発売した富士通製タブレット「ARROWS Tab F-02F」(以下、F-02F)を購入しました。

F-02Fは、2.2GHzのクアッドコアCPU(Qualcomm製「MSM8974」)、2GBの内蔵メモリー(RAM)、64GBの内蔵ストレージ、約10.1インチのWQXGA(2560×1600ドット)のディスプレイを備えたハイスペック防水タブレットとなっています。

さらに防水機能を備えながらも、今春モデルのタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)には劣りますが、本体サイズは約169(H)×261(W)×8.9(D)mm、質量は約518gと持っていても苦にならないサイズ、質量となっています。

今回は、写真と共に本体外観と付属品をチェックしたいと思います。

続きを読む

スマートフォンと繋がるウォークマン「NW-M505」を購入!Xperia Z1とともに1週間使って分かった魅力を写真を交えて解説【レビュー】


スマートフォンと繋がるウォークマン「NW-M505」を購入

今月5日よりソニーが販売開始したポータブルオーディオプレーヤー「ウォークマン(WALKMAN)」のMシリーズ「NW-M505」。

NW-M505の特徴は、独自のフルデジタルアンプ「S-Master MX」や「デジタルノイズキャンセリング機能」の搭載はもちろん、スマートフォンと繋がり、ワイヤレスヘッドセットとして使えるという「ウォークマン」と「ワイヤレスヘッドセット」という2つの顔を持っている点です。

筆者は発売日に購入し、ちょうど1週間になるため簡単ではありますが、写真とともにNW-M505の魅力を解説していきたいと思います。


続きを読む

世界最軽量350gの8型Windows 8.1タブレット「Miix 2 8」を購入!外観や同梱品などを写真でじっくりチェック【レビュー】


世界最軽量約350gの8型Windows 8.1タブレット「Miix 2 8」を購入!

レノボ・ジャパンは6日よりWindows 8.1搭載8インチ(型)タブレット「Miix 2 8(ミイックス ツー エイト)」を販売開始しました。

Miix 2 8は8インチのWindows 8.1タブレットとしては、世界最軽量となる約350g、そして、薄さも8.35mmと持ち歩きに適した製品となっています。

筆者も早速32GB+Office Personal 2013モデルを購入したため、外観および同梱品のチェックを行いたいと思います。

続きを読む

スペックが向上した第2世代!7.9インチタブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のWi-Fi+Cellular版を購入&開封したので外観や同梱品などをチェック【レビュー】


待ちに待ったRetina化されたiPad miniがやってきた!

Appleの新しい7.9インチサイズのタブレット「iPad mini Retinaディスプレイモデル」(以下、iPad mini Retina)。iPad miniの第2世代で、11月12日(水)に直営Webショップ「Apple Store」で突然の販売が開始され、翌13日(水)より直営店舗だけでなく、家電量販店でも販売開始され、さらに、同14日(金)からはau(KDDIおよび沖縄セルラー)やソフトバンクモバイルからWi-Fi+Cellular版が開始されました。

筆者も待ちに待っていたので、さっそくauのWi-Fi+Cellular版を購入しました。そこで、今回は、このiPad mini Retinaの開封および外観などをレビューしていきたいと思います。

続きを読む

MicrosoftのWindows 8.1 RT搭載タブレット「Surface 2」のユーザー使用可能領域と拡張性をチェック!32GBモデルでもストレージは足りる?【レビュー】


ユーザー使用可能領域と拡張性は購入の判断材料の1つ!

Microsoft(マイクロソフト)が2013年10月25日(金)より販売しているWindows 8.1 RT搭載タブレット「Surface 2」はラインナップとしてストレージ容量が32GBと64GBの2種類用意されています。

ARMアーキテクチャー向けのOSとは言え、曲りにもWindowsファミリーの製品であり、ストレージ容量が最大で64GBということで、ユーザーが使用可能な領域が少ないのではないかと不安になる方も少なくないでしょう。

そこで、今回はSurface 2のユーザー使用可能領域と拡張性についてチェックしていきたいと思います。

続きを読む

予想を裏切るMicrosoftのタブレット「Surface 2」を購入!まずは外観と同梱品をチェック【レビュー】


2世代目でかなり実用的になったマイクロソフトのタブレットPC「Surface 2」を購入!


日本マイクロソフト(以下、日本MS)は2013年10月25日(金)よりOSに「Windows RT 8.1」を搭載した同社製タブレット「Surface 2」の販売を開始しました。

Surface 2は、CPUにARMアーキテクチャーのNVIDIA製「Tegra 4」を搭載し、同じくARMアーキテクチャーのNVIDIA製「Tegra 3」を搭載し、今年の3月に国内販売が開始された「Surface RT」の後継機に当たるタブレットです。

国内向けの発表会が発売日の前日となる24日(木)に行われ、翌日より発売開始という急なスケジュールではありましたが、筆者も無事に購入することができたため、本体外観および同梱品をチェックしたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。