S-MAX

河童丸(KPL)

専用の周辺機器でさらに快適に遊べるゲーミングスマホ「Black Shark 2」でいろんなゲームを試してみた!しばらく使ってみて気が付いた点も紹介【レビュー】


ゲーミングスマホ「Black Shark 2」の豊富な周辺機器と性能が輝くとき!いろんなゲームをがっつりチェック

TAKUMI JAPANから発売された超高性能なゲーミング向けSIMフリースマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)。メーカー希望小売価格は107,870円(税込)と高価ながらそのスペックと専用の周辺機器(アクセサリー)によってスマホでゲームが快適にプレイできるのが最大の特徴です。

Black Shark 2や「ROG Phone」(ASUSTeK Computer)などのいわゆる“ゲーミングスマホ”の定義は特に定まっていないと思われますが、少なくとも共通して「(一般的なハイエンドスマホよりも)さらに高い性能」と「豊富に用意された周辺機器の存在」があると思われます。

そこで今回はBlack Shark 2のレビューの総仕上げとして、Black Shark 2でさまざまなゲームアプリなどを実際に豊富な周辺機器を利用して遊んでみた使用感などの感想と、Black Shark 2をしばらく使っていて気が付いた点を紹介したいと思います。

続きを読む

Snapdragon 855でもここまで違う!ゲーミング向けモンスタースマホ「Black Shark 2」を同じSoCを搭載した他社製品とベンチマークで比べてみた【レビュー】


この違いこそゲーミングスペック!SIMフリースマホ「Black Shark 2」の性能をベンチマークでチェック

TAKUMI JAPANが6月7日に発売したSIMフリースマートフォン「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)。日本でもここ最近、いくつかの製品が投入されている“ゲーミング”を謳う超高性能な仕様が特徴で価格はメーカー希望小売価格で107,870円(税込)となっています。

しかしながら、高価なだけあってチップセット(SoC)にQualcomm製の現時点(2019年7月現在)における最上位向け「Snapdragon 855」搭載するほか、現状のスマホとしては最も大容量の12GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したモンスタースペックとなっています。

そんなBlack Shark 2を入手した筆者。前回は開封して同梱や別売りの純正オプションなどの周辺機器、ゲーミングモードの紹介などをお送りしましたが、今回は本機の性能をベンチマークアプリを使って計るとともに、同時期に発売された同じSnapdragon 855搭載の他社スマホとの違いを比較して検証したいと思います。

続きを読む

圧倒的ハイスペックを誇るSIMフリーのゲーミングスマホ「Black Shark 2」を入手!プリインストールアプリや同梱品、オプションアイテムを紹介【レビュー】


Snapdragon 855や12GB RAMなどを搭載した超高性能なゲーミングスマホ「Black Shark 2」をレビュー!

既報通り、TAKUMI JAPANがSnapdragon 855や12GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した超高性能なゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(Black Shark Technologies製)を6月7日に発売しました。価格はオープンながらメーカー希望小売価格が税別99,880円(税込107,870円)。

本機は本格的にゲームアプリをプレイできるように非常に高いパフォーマンスに加え、より快適にゲームを遊ぶための各種チューニングがなされた“ゲームの極致をめざしたスマホ”と言える1台で、とにかく“尖った”製品が大好物な筆者も「ゲームアプリを遊ぶための突出した高性能さを持ったスマホ」という個性に惚れこんでさっそく入手しました。

そこで今回より数回に分けてBlack Shark 2の魅力や特徴などを紹介していこうと思います。まずは初回ということでプリインストールアプリや内蔵機能のほか、本機の外観や同梱品、ゲームプレイ体験をさらに飛躍させる専用の周辺機器などをまとめて紹介します。

続きを読む

Interop Tokyo 2019:シャープの5G対応スマホプロトタイプやシグラボの5G対応Android搭載STBなどのモバイル関連の展示をまとめて紹介【レポート】


5G対応スマホや業務向けSTBなど!Interop Tokyo 2019の注目展示をまとめて紹介

千葉県・幕張メッセにて6月12〜14日までネットワーク関連の展示会「Interop 2019」(主催:Interop Tokyo 実行委員会)が開催されました。なお、同時に「Connected Media Tokyo」および「デジタルサイネージジャパン」、「ロケーションビジネスジャパン」、「APPS JAPAN」が併催開催されました。

コンシューマー向けというよりも法人向けソリューションや広告・ビッグデータ関連技術の展示が中心のイベントですが、法人・企業向けだからこそのモバイル関連アイテムの展示もあり、見逃すことのできない展示会となっています。

そこで本記事では会場内で発見したモバイル関連のアイテムや端末をまとめて紹介していきたいと思います。

続きを読む

2019 Japan IT Week春:トランセンド、ウェアラブルカメラの新モデル「DrivePro Body 60」や耐久性に優れるSLCモードのmicroSDカードなどを展示【レポート】


ウェアラブルカメラや信頼性の高いメモリーカードなどが展示されていたトランセンドブースをレポート!

日本最大のIT関連の総合イベント「2019 Japan IT week 春」(主催:リードエグジビジョンジャパン)。毎年、東京・お台場にある東京ビッグサイトにて行われている同イベントですが、今年は2020年開催の東京オリンピックの準備による施設改修によって東館が使えなくなっているため4月10~12日の3日間に前期、5月8日~10日に後期の2回に分けて開催されました。

本記事ではSDカードやハードディスク、SSDなどのさまざまなストレージ機器を多数開発・販売しているトランセンドのブースにてスマートフォン(スマホ)やタブレット端末と連携して利用可能な新型のウェアラブルカメラ「DrivePro Body 60」や工業用途向に向けの高い信頼性を持つというSLCモードを採用したmicroSDカードなどが展示されていたトランセンドのブースを紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。