S-MAX

河童丸(KPL)

久々登場のNTTドコモ向け10.1インチAndroidタブレット「dtab d-41A」を実際に使ってみて気が付いた点や長所・短所を紹介【レビュー】


使ってみて気が付いたdocomoのAndroidタブレット「dtab d-41A」のアレコレを紹介!

NTTドコモが同社オリジナルのタブレットブランド「dtab」シリーズにおいては初となるシャープ製の新機種「dtab d-41A」を8月28日に発売しました。価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では49,896円(1,386円/月×36回)。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。

久しぶりのdtabシリーズかつ初のシャープ製ということで筆者もさっそく購入し、前回は開封して外観やプリインストールアプリなどの紹介を行いましたが、今回はレビュー後編ということで実際にdtab d-41Aを使ってみて気が付いたポイントや感想などをお送りしていこうと思います。

続きを読む

NTTドコモ向けシャープ製10.1インチAndroidタブレット「dtab d-41A」を購入!外観や基本機能などを紹介!約2年半ぶりの新モデル【レビュー】


docomoとしては久しぶりの10.1インチタブレットの新機種!シャープ製「dtab d-41A」をじっくりチェック

既報通り、NTTドコモが自社ブランドのタブレットである「dtab」シリーズの新製品「dtab d-41A」(シャープ製)を8月28日に発売しました。価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店では49,896円(1,386円/月×36回)で、スマホおかえしプログラムは対象外。

dtabシリーズとしては2018年8月に発売された「dtab compact d-02K」以来の10.1インチサイズで、より小型な製品を含めたdtabシリーズ全体としても2018年2月に発売された「dtab d-01K」以来と、約2年半ぶりの新製品となり、より新しいAndroid 10などの仕様となって登場しました。

また大きなポイントとしてこれまでのdtabシリーズはHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)が開発を担当してきましたが、本機はdtabシリーズでは初めてとなるシャープが開発を担当し、それに伴うチップセット(SoC)系統の変更などが気になるところです。一方、NTTドコモ向けのシャープ製タブレットとしては2015年7月に発売された「AQUOS PAD SH-05G」以来の実に4年ぶりとなります。

もちろん、dtab d-41Aはシャープオリジナルの「AQUOS PAD」シリーズではなく、前述通りにNTTドコモの自社ブランドであるdtabシリーズとなるため、開発メーカー、つまり、シャープの特色はかなり抑えられている(はず)でしょうが、この辺りも注目したいところだと思っています。

というわけで、今回、そんなdtab d-41Aを筆者も購入しましたので、前後編にわたってレビューをお送りします。まずは前編の本記事ではdtab d-41Aの外観や、基本機能、プリインストールアプリなどを紹介していきたいと思います。

続きを読む

魅惑のスライド式QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」を実際に使ってみて気が付いた良かった点と気になった点を紹介【レビュー】


みんな気になる!?QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」を使って気が付いたアレコレ

最近のスマートフォン(スマホ)として非常に珍しいスライド式QWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「F(x)tec Pro1(型番:QX1000)」(FX Technology製)が日本にてリンクスインターナショナルから7月11日より販売されています。SIMフリーモデルで、価格は89,900円(税抜)。

日本では横スライドタイプのQWERTYキーボード搭載モデルとしては本当に久しぶりのスマホで(先日紹介したPlanet Computers製「Cosmo Communicator」は通話機能をサポートしているものの、製品ジャンルとしてはコミュニケーターという位置付けですし、何よりスライド型ではなくクラムシェル型)、スライド式キーボードを収納した状態では普段使いできる一般的な板状のAndroidスマホとしても使えますし、スライドさせてキーボードを出して横持ちで使ってもどちらでも快適に利用できるのが魅力となっています。

そんなF(x)tec Pro1をリンクスインターナショナルにお借りしており、前回は外観やプリインストールアプリなどを紹介しましたので、今回は本機を実際に使って気に入った点と気になった点を併せて紹介しつつ、実際にしばらく使ってみた感想をお送りしたいと思います。

続きを読む

スライド型QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」を写真で紹介!まずは外観や基本機能をチェック【レビュー】


ロンドン発!置いても持ってもOKなQWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」レビュー

既報通り、リンクスインターナショナルがスライド式のQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「F(x)tec Pro1(型番:QX1000)」(FX Technology製)を日本市場にて7月11日から販売開始しています。SIMフリーモデルで、価格は89,900円(税抜)。

F(x)tec Pro1はイギリスのスタートアップ企業のFX Technologyが開発したスマホで、先日紹介したAndroidコミュニケーター「Cosmo Communicator」(Planet Computers製)とは異なり、キーボードを出さないまま通常のバータイプのAndroidスマホとして利用しつつ、必要に応じてキーボードの出し入れをしながら使っていくデュアルスタイルで使っていける製品となっています。

今回、リンクスインターナショナルよりレビュー用のサンプル機をお借りすることができたので、前後編に分けて本機のレビューをお送りしたいと思います。まずは前編として外観や基本機能について写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

QWERTYキーボード搭載のクラムシェル型Androidコミュニケーター「Cosmo Communicator」を紹介!実際に使って気になった点など【レビュー】


QWERTYキーボード搭載の個性派スマホがお得になって再登場!魅惑のキーボード端末を使ってみませんか?

リンクスインターナショナルがQWERTYキーボードを搭載したクラムシェル型Androidコミュニケーター「Cosmo Communicator」(Planet Computers製)に画面外部出力用の専用HDMIケーブルをセットにした「Cosmo Communicator with HDMI」を6月27日に販売開始しました。価格は据え置きの市場想定価格88,000円(税別)。

Cosmo Communicatorは日本市場でも昨年12月に発売され、折りたたんだ状態では携帯電話として利用でき、開くと文字入力がしやすくハンドヘルドコンピューターのように使える製品で、新たにこれまでは別売りで販売していたHDMIケーブルがセットになりました。

このHDMIケーブルを利用することで、手軽にプロジェクターやモニターなどに接続して大画面でコンテンツを楽しんだり、画像や資料を表示させることができるのが特徴です。今回、リンクスインターナショナルよりレビュー用に同製品を用意していただいたので、さっそく実際に使ってみた感想などを紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。