S-MAX

河童丸(KPL)

美しい曲面ガラスボディーにダブルレンズカメラが魅力!ファーウェイのSIMフリースマホ「honor 9」のプリインアプリや内蔵機能を紹介【レビュー】


積層ガラスの曲面ボディが美しいSIMフリーハイクラススマホ「honor 9」のプリインアプリをチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から10月12日に発売された新しいSIMフリースマートフォン「honor 9」は背面が積層ガラスの美しい鏡面ボディーが魅力です。

また同社のフラッグシップスマホ「HUAWEI P10」シリーズなどのようにライカ(Leica)の画像処理技術こそ搭載していませんが、HUAWEI P10と同様にリアカメラにモノクロとカラーの2つのカメラを搭載し、鮮明でくっきりとした写真が撮れるようになっています。

そんなhonor 9について今回は、まずプリインストールアプリや主な内蔵機能などを紹介していこうと思います。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(後編)【レポート】


TGS 2017のコンパニオンのおねいさんたち!後編です

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間にわたって国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズ、関連ソリューションなどが出展される展示会の「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

これまでにスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連を中心にレポートをお伝えしてきましたが、本記事では前回のTGS 2017のブースや会場を彩ったコンパニオンのおねいさんとその他いろいろ記事の前半に引き続いて後編をお送りします。それでは後編をどうぞ!

続きを読む

東京ゲームショウ2017:展示会取材恒例!ブースのおねいさんたちの写真を撮ってきたよ(前編)【レポート】


展示会レポート恒例!?おねいさんたちのお写真のお時間です

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間にわたって国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

TGSを含む大規模な展示会レポートのお約束、今回はTGS2017会場内のブースを彩ったコンパニオンのおねいさんとモデルのおにいさんとかメカとかの写真を前後編に分けてお送りします。それではまずはさっそく前半にまいりましょっ!

続きを読む

東京ゲームショウ2017:落とすだけの簡単操作!ジョイントメディア、ふわふわもちもち「いやしましゅまろ」のスマホなど向けパズルゲーム「ましゅまろどろっぷす」を展示【レポート】


狙って落とすだけの簡単操作で誰でも簡単に遊べる癒し系パズル!遊んで癒されてみませんか?

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました(9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日)。

今回の記事では会場内のスマートフォン(スマホ)アプリゲームゾーン内に出展していたジョイントメディアのブースにて、現在配信中のAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けゲームアプリ「いやしましゅまろ~ましゅまろどろっぷす~」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

デュアルフロントカメラ搭載のSIMフリーススマホ「ASUS ZenFone 4 Selfie Pro ZD552KL」のプリインアプリを紹介!2のつのカメラアプリで撮影がもっと楽しくなる【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」のプリインアプリをチェック!カメラアプリは2つに

ASUS JAPANから9月23日(土)に発売された「ZenFone」シリーズのうちの自撮り(セルフィー)機能に注力したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」(ASUSTeK Computer製)。

最大の特長であるデュアル仕様のフロントカメラに注目が集まりがちですが、ミッドレンジクラスながら4GBという余裕のある内蔵メモリー(RAM)や発色鮮やかなAMOLED(有機EL)ディスプレイなどといったカメラ機能以外の面でも不足なく使っていける性能の高さも魅力となっています。

筆者も購入してこれまでに同梱品などを開封して紹介したり、外観や基本機能を紹介する記事をお送りしてきましたが、今回は製品版購入時にプリインストールされているアプリやカメラ機能をまとめてみたいと思います。

続きを読む

自撮り機能に大きくフォーカスしたエイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」の外観を写真で紹介!久しぶりの“赤いゼンフォン”はいかに!?【レビュー】


デュアルフロントカメラが目印なSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie Pro」の外観などを写真でチェック!

既報通り、ASUS JAPANから9月23日に発売された「ZenFone」シリーズの自撮り(セルフィー)機能に注力した新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」(ASUSTeK Computer製)。

すでに紹介したように筆者もZenFone 2以来の“赤”があるということで、ZenFone 4 Selfie Proのクラシックレッドを購入し、開封レポートをお届けしました。価格はオープンながら希望小売価格が46,224円(税込)で、公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」のほか、各ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売されています。

同社の最新スマホ「ZenFone 4」シリーズは日本国内において現時点では3機種が投入される予定で、そのラインアップの中で本機は自撮り(セルリー)機能へ大きく注力し、背面のリアカメラは一般的なシングルカメラですが、ディスプレイ側の前面に通常レンズと広角レンズの2基のカメラを搭載し、背面側とは別に前面にも自撮り撮影用のフラッシュライトまで完備し、まさに“自撮りのためのスマホ”となっています。

今回は開封レポートに続いて、そんなZenFone 4 Selfie Proの基本仕様をおさらいしつつ、外観や基本情報を写真や画像で紹介していきたいと思います。

続きを読む

自撮り機能が強化されたデュアルフロントカメラ搭載の最新SIMフリースマホ「ASUS ZenFone 4 Selfie Pro」を購入!開封してパッケージや同梱物などを写真で紹介【レビュー】


エイスースの自撮り特化なZenFoneシリーズ新モデルを購入!同梱品をさっそくチェック

PC関連製品やスマートフォン(スマホ)、タブレットなどを発売しているASUS JAPANから2017年9月23日(土)に新しく「ZenFone」シリーズの自撮り(セルフィー)に注力したスマホ「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」発売されました。

ZenFone 4 Selfie Proは現時点で日本で販売される予定の最新「ZenFone 4」シリーズ3種のラインアップのうちの自撮り注力したミッドレンジクラスのSIMフリースマホで、前面にあるフロントカメラが2つあるデュアルレンズカメラとなり、自撮り撮影用のフラッシュも搭載しているのが大きな特長となっています。

またミッドレンジクラスながら4GBもの内蔵メモリー(RAM)を搭載するほか、内蔵ストレージも64GBと大容量なものになっており、外部メモリカードを利用しない「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」運用でもストレージ容量を気にせずバリバリ写真を撮れるのもポイントです。

今回はZenFone 2以来のカラバリが赤のモデルということで、ヨダレを垂らしながらフロントカメラ2基搭載というSIMフリースマホとしても自撮りを売りにした珍しい製品ということで、本体カラーの“クラシックレッド”を喜び勇んで購入しました。

そこでさっそく、開封の儀を執り行いましたので、ZenFone 4 Selfie ZD552KLのパッケージや同梱品などを写真でじっくりと紹介したいと思います。なお、ZenFone 4 Selfie ZD552KLの価格はオープンながら希望小売価格が46,224円(税込)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」のほか、各ECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売されています。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:なぜこんなところに超個性派ガジェットが!?リベルテがAndroidを搭載したIoT対応のYuanMirror製大判“鏡”「スマートミラー」などを展示【レポート】


突如、TGS会場にAndroid搭載のIoTミラーが降臨!?

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催中されています。なお、9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日で、前売り券は販売終了しており、当日券は大人が1,200円、小学生以下は無料です。

ゲームとそれに関する製品やプロダクト・ソリューションの展示を主な目的とした展示会なのではありますが、今回の取材中にAmazon.co.jpなどのECサイトなどでタブレットを販売している企業「リベルテ」のブースにてAndroidを搭載した洗面台などに設置する大判サイズのIoT(Internet of Things)鏡「スマートミラー」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

小さいけれどいろいろできる!小型7インチ液晶搭載のモバイルPC「GPD Pocket」を使ってみて気が付いた良い点と悪い点をまとめてみた――便利な周辺機器も紹介【レビュー】


小さいボディーいっぱいに詰まったスペックが魅力のモバイルPC「GPD Pocket」をまとめ!

クラウドファンディングサイトの「Indiegogo」で発表されて話題となり、今年9月下旬からは日本国内でもリンクスインターナショナルが正式に販売もされる予定の人気7インチディスプレイ搭載小型モバイルパソコン(PC)「GPD Pocket」(GPD製)。

かつではUMPC(Ultra Mobile PC)として多くの製品が登場していたこのカテゴリーですが、最近は特に日本ではあまり見かけなくなり、現行のチップセットを採用した唯一の超小型ノートタイプのPCとして注目を集めています。

またすでにクラウドファウンディングなどで入手した人の反応を見て購入を検討している方も多いかと思います。そこで今回は、以前に紹介した開封してあらかじめ用意しておくと便利な周辺機器に引き続き、筆者が購入からこれまでの間に利用していて気が付いた良かった点と今後の後継機種が出るのならば改善して欲しい点などをまとめてみます。

さらに筆者のオススメできる活用方法とそれに対応した周辺機器の紹介をお送りし、気になっている人の背中を後押しできればと思っています!?

続きを読む

東京ゲームショウ2017:これだけあればVRゲームアプリがバッチリ遊べる!Androidを搭載したスタンドアローン型VRヘッドセット「pico goblin」や「pico neo dks」を紹介【レポート】


一体型だから軽くて没入感バッチリ!ハイエンドなVRヘッドセットデバイスが登場

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやその関連製品が出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。なお、9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日で、前売り券は販売終了しており、当日券は大人が1,200円、小学生以下は無料です。

ゲームの祭典であるTGSですが、ここ数年はスマートフォン(スマホ)向けゲームやモバイル関連の周辺機器も多く展示されており、モバイル業界界隈的にも見逃すことのできないイベントとなっています。そこで、今年も当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも取材へ行っていますので、会場の様子やブースレポートなどをお届けしていきます。

今回、TGS 2017にてトップバッターで紹介するのは注目が集まっているVRおよびARに関する内容がまとめられているVR/ARコーナーエリアに出展していたPico Technology JapanブースのAndroid一体型ヘッドセットデバイス「pico goblin」を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。