S-MAX

河童丸(KPL)

使ってみたらとっても便利!SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の注目機能「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」を試してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
新SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の注目機能DSDSはこんなに便利だった!!

ZTEジャパンから9月22日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。メタルボディーや約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶、3GB内蔵メモリー(RAM)などのミドルハイレンジクラスのスペックながらメーカー小売価格が34,800円(税別)とコストパフォーマンスの良い機種となっています。

これまでそんなBLADE V7 MAXのプリインストールアプリの紹介ベンチマークアプリによる性能テストの検証を行ってきましたが、今回は本機の大きな特長でもある「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」機能を実際に試してみましたので使い方からどういったことができるのかまで紹介していきたいと思います。


続きを読む

デュアルSIMデュアルスタンバイや指紋センサーに対応したSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の性能をベンチマークでチェック!艦これは快適にできる?【レビュー】

6c3fcff1.jpg
発売されたばかりのSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」のマシンパワーはいかに?

ZTEジャパンより9月22日から発売された新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。

メーカー希望小売価格は税別34,800円、税込37,570円ですが、9月30日まではヨドバシカメラにてY!mobileのSIMカードとセットなら19,800円(税込)で販売されています。

格安SIMとしてやや高めの価格設定ではあるものの、動画の視聴やゲームプレイには嬉しい大き目の画面と「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているなどの特長を備えたミドルハイレンジクラスとなっています。

そんなBLADE V7 MAXについてレビューを行っていますが、前回のプリインストールアプリなどの紹介に引き続き、今回はベンチマークアプリを使って性能を調べてみましたので紹介します。

続きを読む

SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の内蔵アプリや基本機能を紹介!メタルボディーや指紋認証、デュアルSIMデュアルスタンバイなどの高コスパモデル【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コスパ良好のミドルハイスマホ「ZTE BLADE V7 MAX」が新登場!まずは機能やアプリをチェック

ZTEジャパンから9月22日に発売された新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。価格はオープンながらメーカー希望小売価格で34,800円(価格)と格安スマホとして売れ筋の2〜3万円台の中ではやや高めのミドルハイモデルです。

しかしながら、3GB RAMと余裕のある動作メモリーやレスポンスのよい指紋センサー、そして、まだ少ない国内での「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応するなど、その価格でも十分にコストパフォーマンスの高い製品となっています。

今回実際にBLADE V7 MAXを試す機会があったので、数回に分けて実機のレビューをお送りします。まずは基本的な内蔵アプリや機能などをチェックしたいと思います。なお、外観などはすでに発表会の展示機にて紹介していますのでそちらをチェックしてみてください。

続きを読む

東京ゲームショウ2016:展示会恒例!ブースコンパニオンのおねいさん写真を撮ってきたよ(後編)【レポート】

6c3fcff1.jpg
TGS 2016おねいさん写真の後編ですよー!

千葉・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)に国内最大のゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

本記事では前回に引き続き、展示会に華を添えるブースコンパニオンのおねいさん達やそれ以外のキャラクター、マスコットを写真で紹介する記事の後編になります。特に説明はいらないと思いますので、それでは続きをどうぞー。


続きを読む

東京ゲームショウ2016:展示会恒例!ブースコンパニオンのおねいさん写真を撮ってきたよ(前編)【レポート】

6c3fcff1.jpg
イベントに華を添えるおねいさん写真のお時間でございます!

千葉・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)に国内最大のゲーム関連の展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

TGS 2016関連の記事として、一部の方にはお待ちかねかもしれない展示会の主役(?)ことブースに華を添えるコンパニオンのおねいさん(とその他キャラクターや被り物)を写真で紹介していきたいと思います。それではさっそくまいりましょう!


続きを読む

東京ゲームショウ2016:うららが帰ってきた!HTC、auの次世代VR「Linked-door」で「スペースチャンネル5」のデモを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
「スペースチャンネル5」がauのVR「Linked-door」で登場!モロ星人もいるモロ

千葉県・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)に国内最大のゲームやその関連製品が出展される展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。

今回は、HTCブース内にて行われていたVRシステム「HTC Vive」を利用したデモンストレーションとして、auが開発中のVR空間コミュニケーション「Linked-door」によってセガの人気リズムゲームシリーズ「スペースチャンネル5」をVRで体験できるコーナーを出展していたので紹介します。

続きを読む

東京ゲームショウ2016:何度でも死ねる!ワンダーランドカザキリ、じっくり遊べるローグライクのスマホなど向けアクションRPG「ダンジョンに立つ墓標」を展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
初心者から熟練の冒険者までドンとこい!「何度でも死ねる」RPGが登場

千葉県の幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやその関連製品が出展される展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。なお、15・16日はビジネスデイ、19・20日が一般公開日。すでに前売り券は販売終了しており、当日券は大人が1,000円、子どもが無料。

そんなTGS 2016で見つけたスマートフォン(スマホ)などのモバイル向けゲームを紹介していますが、今回はワンダーランドカザキリブースにてAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアクション・ロールプレイングゲーム(RPG)「ダンジョンに立つ墓標」が展示されていたので紹介します。


続きを読む

東京ゲームショウ2016:Flyhigh Works、画面上下のタッチ操作だけで遊べるスマホなど向けお手軽リズムゲーム「魔神少女音楽外伝 ルディミカル♪ノリノリズムにゃん!」を展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
家庭用ゲーム「魔神少女」のスピンオフが音ゲーに!カワイイけどやりごたえ抜群

千葉県・幕張メッセにて2016年9月15日(木)から18日(日)の4日間に渡って世界的なゲーム関連展示会「東京ゲームショウ 2016(TGS 2016)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されています。

なお、15日(木)および16日(金)はビジネスデイとなっており、19日(土)および20日(日)が一般公開となっています。入場費は大人(高校生以上)の当日券は1,200円、前売り券は1,000円、子ども(中学生以下)は無料。前売り券は9月16日まで販売中。

毎年、東京ゲームショウにスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連ゲームがないか取材に行っていますが、今年も行ってきました。そこで今回は、Flyhigh Worksが展示されていたAndroidおよびiPhoneなどのiOSに対応した"音ゲー"アプリ「魔神少女音楽外伝 ルディミカル♪ノリノリズムにゃん!」を紹介します。


続きを読む

ACとUSBの両方あるなら!リンクスインターナショナルの12000mAhモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」でいろいろなものに電力を給電してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
スマホやノート以外にもいろいろ使える!?コンパクトなAC対応バッテリーを試してみた!

リンクスインターナショナルから8月20日に発売されたACコンセントを備えたノートパソコン(PC)の充電・給電にも対応した大容量12000mAhのモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」。

前回はおおまかな仕様や外観、機能の紹介をしましたが、今回は"ネタ編"として「ちょっと変わった機器への充電(給電)や使い方」を試してみましたので、その様子をお伝えします。


続きを読む

ACプラグ搭載で電源コンセントが必要なノートPCもOK!リンクスインターナショナルの大容量12000mAhモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コンセント対応で汎用性抜群なモバイルバッテリーを紹介!

リンクスインターナショナルが8月20日にACコンセントを備えたノートパソコン(PC)の充電・給電にも最適な大容量12000mAhのモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」を発売しました。

このenerpad AP-12Kはカバンに収まる小型ボディーのモバイルバッテリーでありながら、電源コンセントが使えるACプラグ出力ポートとUSB出力ポートの両方を搭載し、 ビジネスやアウトドアに最適なモバイルバッテリーであるということです。

今回、リンクスインターナショナルから製品サンプルの貸し出しを受けることができたので、実際に使って試してみました。価格は現時点で2万円以上とかなり高価ではありますが、まずはenerpad AP-12Kがどういったアイテムなのかを紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。