S-MAX

河童丸(KPL)

コミックマーケット91:スマホを便利に使うお役立ちグッズ紹介や気になるあのキャラの機種特定本など!入手した濃すぎるモバイル関連本を紹介(後編)【レポート】


これぞ同人!バラエティ豊かな個性的過ぎるモバイル系薄い本を続けて紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってゲームやアニメ、その他のあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

本記事では前回に引き続き筆者が会場にて入手したモバイル(今回はそうでないのもありますが)関連同人誌や関連グッズ紹介の後編をお送りします。なお、サークル出展者に配慮し、誌面の内容についてはおおまかな掲載までとさせていただいておりますので、ご了承ください。


続きを読む

コミックマーケット91:どこかで見たようなパロディ誌からガチの技術本まで!濃すぎる入手したモバイル関連本を紹介(前編)【レポート】


きっとキミも欲しくなる!同人ならではの超ディープなモバイル系薄い本を紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年の12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

当ブログメディア「S-MAX」ではこれまでにも取材へ赴き、会場にて入手したアイテムの紹介を行ってきましたが、今回も取材へ行ってきましたので、モバイル系同人誌を2回に分けて紹介していきたいと思います。

まずは会場にて入手した実際のアプリ開発に役立つ濃ゆい専門書クラスのものから見覚えのあるデザインの雑誌調のものといったバラエティー豊かなものをお送りします。なお、紹介に当たって誌面内の画像掲載はおおまかにわかる程度のものとさせていただいておりますのでご了承ください。

続きを読む

ファーウェイの最上位スマホ「HUAWEI Mate 9」の性能をベンチマーク!最新設計なCPUの性能はいかほどのかP9とも比較してみた【レビュー】


これが新世代のパワー!ファーウェイの新スマホ「HUAWEI Mate 9」の性能をチェック

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から最上位のフラグシップモデルとして12月16日に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9(以下、Mate 9)」(Huawei Technologies製)。

ライカと協業したダブルレンズカメラの魅力もさることながら、ARMの最新設計を採用したオクタコアCPU「Kirin 960」を初搭載した非常にスペックの高い製品となっています。

そこで今回は、ベンチマークアプリ使ってMate 9でテストし、同じくファーウェイの今年前半のフラッグシップスマホ「HUAWEI P9(以下、P9)」と比較してみましたのでご覧ください。

続きを読む

【年末企画】新しさを生み出せずに苦しむメーカーと勢いに乗るSIMフリー勢に不安を覚えた2016年を振り返る(個性派端末愛好ライター・河童丸編)


相も変わらず独創的過ぎて、さして役にも立っていない河童丸の2016年振り返り!

いよいよ2016年も残すところわずかになりましたが、みなさんは今年何台のガジェットを買いましたでしょうか?昨年末と同じ質問での切り出しに我ながら芸がないなと思いながら……。

今年の筆者は後ほど買った端末を述べていきますが、買ったガジェットはそれほど多くないのですが、それもひとえに"個性溢れる挑戦的な製品"の登場がほぼなかったからなのではないでしょうか。

特に国内の大手携帯電話会社3社から製品を発売しているメーカー各社は奇をてらった製品の投入をほぼやめてしまい、昨年以上に無難な、そして面白味の薄い製品が多かったように思います。

一方で、FREETEL(プラスワン・マーケティング)やZTEジャパン、ファーウェイ・ジャパンといったSIMフリー製品を中心に展開しているメーカーからは個性のある面白い機種が見られたように感じました。

今回は、年の瀬恒例の「年末企画」ということで、筆者が購入したガジェットを発売日順にざっと紹介しつつ、その中で筆者にとって特に良かった製品を3つ挙げていこうかと思います。


続きを読む

ライカダブルカメラや新設計CPUなどを搭載したファーウェイの大型フラグシップスマホ「HUAWEI Mate 9」を試す!まずはホーム画面とプリインアプリを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
妥協一切なしのハイスペックにライカダブルカメラ搭載の注目モデル「HUAWEI Mate 9」の内蔵アプリをチェック!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月16日に発売されたSIMフリーの最上級スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9(以下、Mate 9)」(Huawei Technologies製)。5.9インチのファブレットサイズの大型ボディーにARMの新設計を採用した最新オクタコアCPU「Kirin 960」を初搭載。

さらにリアカメラは「HUAWEI P9」と同様にライカ(Leica)と技術協力して開発した第2世代ダブルカメラを搭載し、約1200万画素カラーセンサーと約2000万画素モノクロセンサーでさらに鮮やかで美しい写真が撮れるというファーウェイの最上級モデルを名乗るに相応しいフラグシップモデルとなっています。

今回、Mate 9をゲットしたので数回に渡ってレビューしたいと思います。まず初回となる本記事では、Mate 9の初期状態でのホーム画面とプリインストールアプリを紹介します。

続きを読む

一括648円で買えるのに出費が1万円を超えちゃう!?ドコモオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」を使って感じた良い点と気になった点をまとめてみた【レビュー】


NTTドコモ独自ブランドのシンプルスマホ「MONO MO-01J」の感想をまとめ!

NTTドコモから12月9日に発売された同社オリジナルブランドのスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)。端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛りが発生する代わりに大幅な端末価格の割引を得られる施策「端末購入サポート」によって一括価格税込648円で購入可能ということで話題となっています。

MONO MO-01Jは、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能などを搭載していないものの、CPUにはミドルハイクラスの「Snapdragon 625」を採用するなど、前回紹介した内蔵アプリやホーム画面、ベンチマーク結果などの記事でも示したように機能面ではシンプルながら動作そのものは快適に動くようになっている製品となっています。

一方で、前々回の開封レポートでわかった通り、付属品も少なく、製品そのものの質感などはかなり良いものの、本当にシンプルと言う言葉が当てはまると思われます。そこで今回は、筆者が「MONO MO-01Jを実際に利用していて気がついたこと良い点や悪い点」などをまとめてみました。


続きを読む

一括648円で話題!ドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリとベンチマーク性能をチェック――艦これも動かしてみた【レビュー】


基本性能は結構イイ!ウワサの格安スマホ「MONO MO-01J」の内蔵アプリやベンチマーク性能を紹介!

NTTドコモから12月9日に発売された「端末購入サポート」適用(端末購入翌月から12か月の間にプラン変更や解約・機種変更に制限の発生するいわゆる縛り)で価格が一括648円(税込)で話題となっているスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。

おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどのテレビ機能を搭載しないシンプルな製品としてだけでなく、NTTドコモの「2016-2017年冬春モデル」としては画面サイズが5インチ未満のモデルは「Xperia X compact SO-02J」(4.6インチ)とこのMONO MO-01J(4.7インチ)のみとなるため、片手で手軽に操作できる小型スマホを使いたいユーザーからも注目の1台となっています。

前回は箱も中身もシンプルだったことが判明した開封レポートをお送りしましたが、今回は内蔵アプリや初期状態のホーム画面の紹介、そしてベンチマークアプリをいくつか利用して、MONO MO-01Jの基本性能を調べましたのでまとめて紹介します。

続きを読む

シンプルなスマホはパッケージもシンプル!?NTTドコモのウワサの648円スマホ「MONO MO-01J」を購入!パッケージや内容物などをチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
今季のダークホース!NTTドコモの"648円スマホ"こと「MONO MO-01J」を購入&開封レポート

NTTドコモから12月9日に「2016-2017年冬春モデル」の新しいスマートフォン(スマホ)として発売された「MONO MO-01J」(ZTE製)。約1年間(端末購入翌月から12か月)のいわゆる縛りの発生する割引施策「端末購入サポート」の適用が必須ではあるものの、税込価格648円という破格の安さが発表当初より話題を呼んでいました。

製品としてもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグなどは搭載せずにコストを抑えつつ、防水やスライドスイッチによるマナーモード、VoLTE対応といった"わかりやすい便利機能"に対応し、いわゆる「格安スマホ」に対抗するような価格にミドルレンジクラスのスペックを備えています。

また、NTTドコモとしては初の自社ブランドスマホであり、非常にシンプルながら実用的という無印良品のブランドイメージのような製品に仕上がっています。

そんな注目のMONO MO-01Jのブラックを筆者の親の回線契約をダシにさっそく購入しましたので、まずは恒例の"開封の儀"を実施しました。そこで今回は、MONO MO-01Jの製品版における個装箱や本体細部、付属品などを写真で紹介したいと思います。


続きを読む

これが「一歩先の世界」のスマートフォン!ライカのダブルカメラや5.9インチ大画面を搭載した最上級SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」を写真と動画で紹介【レポート】


より高性能&多機能に進化したライカ監修のダブルカメラが特長のSIMフリーの大型スマホ「HUAWEI Mate 9」が登場!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は12月13日、都内にて新製品発表会を開催し、新たに5.9インチサイズのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate9」(以下、Mate 9)、8.4インチサイズのAndroidタブレット「Mediapad M3」、スポーツなど向けのリストバンド型ウェアラブル「HUAWEI Fit」(それぞれHuawei Technologies製)の3製品を2016年12月16日(金)に発売すると発表しました。

今回紹介するMate 9は同社の最上級に位置する大画面スマホで、新設計のオクタコアCPUと、新世代のライカ(Leica)監修のダブルレンズカメラ、そして独自技術の超高速充電などの機能を盛り込んだフラグシップの名に相応しい非常にハイスペックな製品となっています。メーカー希望小売価格は60,800円(すべて税抜)。

すでに公式Webショップ「ファーウェイ オンラインストア」などにて事前予約受付が実施されており、ビックカメラやヨドバシカメラなどの量販店、Amazon.co.jpやNTT-X StoreなどのECサイト、イオンモバイルやDMM mobileなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)などで販売され、SIMカード(携帯電話回線契約)とセットなら楽天モバイルでは50,800円から、エキサイトモバイルでは49,800円となっています。

筆者も発表会の展示会場にて発表された3製品のタッチ&トライが実施されてしましたので、さっそく動作や外観などを実際に触って確かめてきました。本記事ではすでに紹介したタブレットのMediaPad M3に続いて、今回の目玉となるフラグシップスマホのMate 9を写真と動画で紹介します。


続きを読む

深みのある赤に酔いしれる!ファーウェイのダブルカメラ搭載なSIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドを購入ーー外観や製品の魅力を紹介【レビュー】


筆者はこれを待っていた!SIMフリースマホ「HUAWEI P9」の新色レッドをゲット

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から11月25日に発売されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」(以下、P9)の限定追加カラー「レッド」と「ブルー」。合わせてこれらの色も含めてメーカー希望小売価格(税込)も59,800円から9,000円値下げした50,800円に値下げされました。

P9はファーウェイ傘下のHiSillicon製チップセット「Kirin 955」でオクタコアCPUと最大900MHzのGPU「RM Mali-T880 MP4」を内蔵し、3GB内蔵メモリー(RAM)や指紋認証センサー、そして最大の特長とななるダブルレンズカメラ「DUAL CAMERA」搭載と、ファーウェイのハイエンド帯に位置付けられているフラッグシップスマホとなっています。

製品としては日本でも今年6月に発売し、これまでにも何度かレビューなどで紹介していますが、新色としてレッドとブルーが今年の9月に海外で発表され、その後、約3か月経った11月25日についに日本でも各1000台ずつの限定追加カラーとして発売されました。

赤い製品を愛してやまない筆者も当然のようにこのP9のレッドを発売日に入手しました。そこで今回は紹介が少し遅くなりましたが、開封して"その赤っぷり"に浸りつつ、P9の魅力について現在日本の4都市で開催されているイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ファンミーティング」で語られた内容とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。