S-MAX

河童丸(KPL)

今度の"マドスマ"は6インチ大画面!マウスコンピューターのWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマホ「MADOSMA Q601」を写真でチェック【レポート】

6c3fcff1.jpg
マウスのSIMフリーなWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」を写真で紹介!

既報通り、マウスコンピューターは21日、Windows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「MADOSMA Q601」(以下、Q601)を2016年7月28日(木)に発売すると発表しました。価格は49,800円(税込)で、マウスコンピューターの店舗やWebストア、電話通販窓口のほか、各量販店などで販売され、すでに一部店舗では予約受付が開始されています。

スペイン・バルセロナで開催されていた「MWC 2016」に合わせて今年2月に開発中であることを発表しており、その後、台湾・台北で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2016」などでも展示されていましたが、ようやく発売となります。

前モデル「MADOSMA Q501」シリーズ(以下、Q501)の後継機種となるWindows 10 Mobileスマホで、CPUや内蔵メモリー(RAM)などの基本スペックを向上させているほか、画面サイズが6インチとなったことで大型化し、スマホとタブレットの中間に位置する製品(いわゆる「ファブレット」)となりました。

また、Continuum for Phoneにも対応しており、Q501シリーズがどちらかというと入門機といったところでしたが、Q601はがっつりとビジネスなどに利用することを想定したモデルとなっており、基本的な仕様以外にも大きく異なっています。

今回は発表に先んじて同社にタッチ&トライをさせてもらいましたので、開発機ではありますがほぼ製品版の外観や内蔵機能などを写真で紹介したいと思います。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む

PHOTO NEXT 2016:ジャパンクリエイト、4K画質での空撮が可能なiPhoneやiPadに対応した新型ドローンコプター「Phantom4」などを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
クアッドコプタードローンはついに4Kの世界へ!お値段も現実的!?

パシフィコ横浜にて2016年6月21日(火)〜22日(水)の2日間、写真に関する機材やプロ向け写真機器など扱う展示会「PHOTO NEXT 2016(フォトネクスト2016)」(主催:プロメディア)が開催されました。

本記事ではLANDSCAPEのブランドでマルチコプタードローンを販売しているジャパンクリエイトのブースでiPhoneやiPadなどに対応したクアッドローターのドローン「Phantom4」などが展示されていたので紹介します。

続きを読む

PHOTO NEXT 2016:よしみカメラ、コンパクトに折りたためるスマホ用VRゴーグルなどを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
カメラ屋さんオススメのスマホ向けアイテムが多数!

パシフィコ横浜にて2016年6月21日(火)〜22日(水)まで開催されている写真に関する機材やプロ向け写真機器など扱う展示会「PHOTO NEXT 2016(フォトネクスト2016)」(主催:プロメディア)。

今年から会場が東京ビッグサイトからパシフィコ横浜へと移り、新しいスタートを切った本展示会ですが、プロフォトグラファー向け機材や写真を取り扱う企業・団体向けの展示が中心ながらここ数年ではスマートフォン(スマホ)のカメラ向けアイテムなどの展示もあるため、筆者も取材へ行ってきました。

今回は写真関連機器の販売や開発を行っているよしみカメラのブースにて「Google CardBoard」互換品のVRゴーグルなどのスマホ向け周辺機器がいくつかありましたので紹介します。

続きを読む

Interop Tokyo 2016:予想外に重要だった!シスコシステムズ、離れたマンホールの状況をモニターできる「マンホールモニタリングソリューション」を展示【レポート】


今年はインフラ系IOTが熱い!?実はとっても実用的なIOTマンホール登場!

千葉・幕張メッセにて2016年6月8日(水)~10日(金)の3日間にかけてネットワークテクノロジー関連の展示会「Interop Tokyo 2016」(併催イベントは「Connected Media Tokyo 2016」および「デジタルサイネージジャパン2016」、「ロケーションビジネスジャパン2016」、「APPS JAPAN 2016」)が開催されました。

今回はクラウドやワイヤレス機器をはじめとするネットワーク関連機器や関連サービスを幅広く扱うシスコシステムズのブース内にて離れたところからでもマンホールの状態をモニターできる「マンホールモニタリングソリューション」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

au向け最新スマホ「HTC 10 HTV32」の性能をベンチマークでチェック!前機種「HTC J butterfly HTV31」と比較したらこんなに違った【レビュー】

6c3fcff1.jpg
HTC 10 HTV32の基本性能をベンチマークで測定してみた!

現在、auから「2016年夏モデル」として販売中の新ハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。

おサイフケータイ(Felica)やテレビ(ワンセグ・フルセグ)などといった日本向けの機能を省きつつも最上位のハイエンドCPUや大容量メモリーを搭載し、現時点での最上級クラスの性能を持つハイエンドモデルとなっています。また前回に紹介したようにこれまでと比べて内蔵アプリも少なくなっており、アプリ一覧もすっきりした印象に。

そこで今回はベンチマークアプリを用いて実際にHTC 10 HTV32の性能を計測し、そして、前機種「HTC J butterfly HTV31」と比較してどれだけパワーアップしているのかを紹介していきたいと思います。

続きを読む

機能はシンプル、性能は妥協なし!auの新ハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」の内蔵アプリを紹介ーー余計な機能を極力そぎ落とした結果は?【レビュー】

6c3fcff1.jpg
無駄がないって美しい!?HTC 10 HTV32の内蔵アプリや機能をチェック

auから「2016年夏モデル」として販売中の新しいハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。前回の購入・開封記事でも紹介しましたが、auのアプリ(サポートサービスアプリなど)が追加されている以外はグローバルモデル「HTC 10」のままに近い製品となっており、おサイフケータイ(Felica)やワンセグなどの日本向け機能は非搭載となっています。

そこで今回は「機能はシンプルに、基本性能は(現時点で)最高のものに、そして、それをできるだけ安く」をコンセプトに開発されたHTC 10のプリインストールされている内蔵アプリなどを紹介していきます。


続きを読む

輝くメタリックボディーが眩しいハイエンドのau向けフラッグシップスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!パッケージや同梱品を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
輝くメタルボディーと妥協のないハイエンド性能が魅力のau向けスマホ「HTC 10 HTV32」を購入!さっそく開封してみた

auから6月10日に発売された「2016年夏モデル」の最新ハイスペックスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。前機種で昨夏モデルの「HTC J butterfly HTV31」とはうって変わり、日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やテレビ(ワンセグ・フルセグ)などの機能にあえて対応せず、グローバル向けのフラッグシップモデル「HTC 10」をそのままにした製品となっています。

こういった方向性がiPhone以外でも日本で受け入れられるのかという問題に加えて、グローバル向けのHTC 10にはない限定カラー「カメリアレッド」がラインアップされており、赤色製品が大好物な筆者も大興奮な今夏スマホの中でもかなり尖った製品かと思われます。

そういったこともあり、さっそく当然のようにHTC 10 HTV32のカメリアレッドを自腹購入したので、恒例行事でもある"開封の儀"を実施しました。今回は製品版の個装箱と、HTCが"お買い得"と自信を見せる同梱物について写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Interop Tokyo 2016:NTTドコモ、ネットワークでデジタルサイネージを遠隔管理できる安価なASPサービス「MobilePOPサービス」を展示!NOTTV終了で「TV BOX」も活用【レポート】


配線不要で手軽に導入できるNTTドコモの電子ポップ支援サービス!

千葉・幕張メッセで2016年6月8日(水)~10日(金)にかけてネットワークテクノロジー関連の展示会「Interop Tokyo 2016」(併催イベントは「Connected Media Tokyo 2016」および「デジタルサイネージジャパン2016」、「ロケーションビジネスジャパン2016」、「APPS JAPAN 2016」)が開催されました。

今回は映像配信関連事業を行っているpdcのブース内にてNTTドコモがモバイルネットワークから遠隔で動画や画像などのコンテンツを電子ポップへ配信および管理するビジネス向けソリューション「MobilePOPサービス」を展示していたので紹介します。


続きを読む

Interop Tokyo 2016:国内向け第1弾はパナソニック!グーグル、国内でも提供開始されるAndroid Auto対応のカーナビシステム「Strada CN-F1D」を展示【レポート】


Android Auto対応カーナビがついに日本でも登場!タッチ&トライしてみた

千葉・幕張メッセにて2016年6月8日(水)~10日(金)の3日間に渡って開催されているネットワークテクノロジー関連展示会「Interop Tokyo 2016」(併催イベントは「Connected Media Tokyo 2016」および「デジタルサイネージジャパン2016」、「ロケーションビジネスジャパン2016」、「APPS JAPAN 2016」)。

今回も当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではさっそく取材に行ってきましたので、数回に分けてブースレポートをお送りしていきたいと思います。

まず最初にグーグルのブースにて展示されていたカーナビゲーション(カーナビ)システム向けプラットフォーム「Android Auto」対応機器の国内向け第1号製品「Strada CN-F1D」(パナソニック製)を写真と動画を交えて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。