S-MAX

河童丸(KPL)

ファーウェイの高級感あるメタルボディーでコスパ良好なSIMフリースマホHUAWEI nova」を写真と動画で紹介!au VoLTEやDSDSにも対応【レポート】


コンパクトなメタルボディに多機能の詰まった新スマホ「HUAWEI nova」を紹介!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は21日、都内某所にて新製品発表会を開催し、新たに5インチサイズのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova」(以下、nova)と5.2インチサイズのスマホ「HUAWEI nova lite」の2機種を2017年2月24日(金)に発売すると発表しました。

すでに製品内容発表会のプレゼンテーションについては紹介していますが、今回は2機種のうちのベースモデルであるnovaについて発表会の展示会場にてタッチ&トライをしてきましたので、さっそく外観や操作感などを写真と動画を交えて紹介します。

novaはHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)が昨年9月に海外向けに新たに立ち上げた「HUAWE nova」シリーズのベースモデルで、日本でも新たに展開するSIMフリースマホで投入されます。5インチと比較的小型で持ちやすいメタルボディーにセルフィーにも強い高性能カメラと高めの性能のオクタコアCPUを搭載した高いレベルでバランスのとれた1台となっています。

価格は税抜37,980円(市場想定価格)。事前予約の受付はすでに開始されており、公式Webストア「ファーウェイオンラインストア」のほか、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店やAmazon.co.jpやe-TRENDなどのECサイト、楽天モバイルやmineoといったMVNO(仮想移動体通信事業者)キャリアにて行われています。

続きを読む

約1.5万円でVoLTEにも対応!フランスのメーカー「Wiko」のカラフルなSIMフリーのエントリースマホ「Tommy」を写真と動画で紹介【レポート】


フランスから日本へ初上陸!お手軽価格でちょっぴりオシャレなSIMフリースマホ「Tommy」

既報通り、フランスのベンチャーメーカー「Wiko」の日本法人であるウイコウ・ジャパン(以下、Wiko Japan)は14日、都内にて「日本市場参入 記者発表会」を開催し、同社としては日本市場向け第1弾となるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「Tommy(トミー)」(型番:P4903JP)を2017年2月25日(土)に発売すると発表しました。

価格は市場想定価格ながら14,800円(税抜)。すでに事前予約受付を実施しており、販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)で順次拡大する予定とのこと。ヨドバシカメラでは税抜14,800円、税込15,980円の10%ポイント還元で予約を受け付けています。

このようにTommyは15,000円程度と非常に安価な機種でありながら高品質通話サービス「VoLTE」に対応することが明らかにされており、ファッションの国「フランス」らしいカラフルで質感の高いデザインも特長となっています。

すでに製品情報については紹介していますが、筆者も発表会に参加したので、併設されたタッチ&トライ会場にてTommyを実際に試してきましたので写真と動画を交えてチェックしていきたいと思います。

続きを読む

大容量5000mAhバッテリー搭載のSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN」の基本操作や内蔵アプリを紹介!Android 7.0や新たなランチャー機能「FREETEL Key」に注目【レビュー】


スタミナ自慢のFREETEL新モデル、「RAIJIN」!内蔵アプリと独自機能のFREETEL Keyをチェック

日本発を掲げる「FREETEL」ブランドにて仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスやSIMフリー製品の開発・販売をしているプラスワン・マーケティングから2月1日に発売されたAndroidスマートフォン(スマホ)「RAIJIN 雷神(型番:FTJ162E)」。なお、本体色のうちのマットネイビーのみ本日2月9日発売。

筆者もマットブラックを発売日に購入し、前回の記事では開封レポートとしてパッケージ内の同梱品紹介の記事をお送りしました。今回は、FREETELでは初のAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用した「FREETEL UI」や画面内に表示される独自機能「FREETEL Key」、そしてプリインストールアプリなどについて紹介します。

続きを読む

5000mAh超大容量バッテリーや4GB RAMなどを搭載したFREETELの新SIMフリースマホ「RAIJIN」を購入!気になる同梱物などをチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
大容量バッテリー搭載の持久力自慢なFREETEL新モデルの同梱品は?さっそくチェックしたよ!

SIMフリー製品やMVNO(仮想移動体通信事業)による携帯電話サービスとして「FREETEL」ブランドを展開しているプラスワン・マーケティングから2月1日に発売されたAndroidスマートフォン(スマホ)「RAIJIN 雷神(型番:FTJ162E)」(本体色のうちマットネイビーのみ2017年2月9日発売予定)。

MediaTek製のミドルハイクラスのチップセット(SoC)である「MT6750T」(1.5GHz×4+1.0GHz×4のオクタコアCPU)に4GB内蔵メモリー(RAM)、そして5000mAhもの非常に大容量のバッテリーを搭載したFREETELの新しいペットネームが与えられた新シリーズとなっています。

今回、筆者は発売されたマットブラックを購入。そこで、さっそく開封の儀を執り行いましたので、個装箱のデザインや本機の気になる同梱物などを写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

Continuum対応アプリやひとクセ利かせた活用法を紹介!Windows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(後編)【レビュー】


Officeアプリなどの業務向けじゃない!Continuum対応アプリをElite x3+ノートドックで活用する

昨年9月に日本HPから発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を採用したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Elite x3」(HP製)。

国内で現在発売されているWindows 10 Mobileスマホとして最上位の性能を持ち、パソコン(PCを)のような操作性を実現する「Continuum for Phone」機能を有線接続にて実行するためにクレードル型の「デスクドック」や「ノートドック(ノートドックは有線・無線の両方の接続に対応)」などの周辺機器も発売されています。

前回の記事ではそのうちのElite x3用ノートドックの概要やContinuumによる接続する手順の解説をお送りしましたが、今回はElite x3+ノートドックの組み合わせで役立つUWP対応アプリをまとめて紹介&覚えておくと便利なノートドックの活用法と解説をお送りします。

続きを読む

Continuumをまるごと持ち出せ!ノートパソコンのように使えるWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(前編)【レビュー】


動画も作業もバッチリ!Windowsスマホ「HP Elite x3」専用オプション「ノートドック」を紹介

日本HPから昨年9月に発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」。

現時点における国内向けWindows 10 Mobileスマホとしては頂点の性能を持ち、パソコン(PC)のWindowsと同じユーザーインターフェース(UI)でOfficeファイルの編集操作やブラウジングなどが可能になるWindows 10 Mobileスマホの目玉機能である「Continuum」を搭載し、無線・有線のどちらの接続によるContinuumに対応しています。

今回、Elite x3と同時発売された専用の周辺機器、「ノートドック」を購入しましたので、接続の手順や使い方、便利な機能などを2回に渡って紹介していきたいと思います。まず、前編として最初にノートドックの概要と同梱品の紹介、そしてElite x3との接続手順を解説していきます。


続きを読む

コミックマーケット91:スマホを便利に使うお役立ちグッズ紹介や気になるあのキャラの機種特定本など!入手した濃すぎるモバイル関連本を紹介(後編)【レポート】


これぞ同人!バラエティ豊かな個性的過ぎるモバイル系薄い本を続けて紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってゲームやアニメ、その他のあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

本記事では前回に引き続き筆者が会場にて入手したモバイル(今回はそうでないのもありますが)関連同人誌や関連グッズ紹介の後編をお送りします。なお、サークル出展者に配慮し、誌面の内容についてはおおまかな掲載までとさせていただいておりますので、ご了承ください。


続きを読む

コミックマーケット91:どこかで見たようなパロディ誌からガチの技術本まで!濃すぎる入手したモバイル関連本を紹介(前編)【レポート】


きっとキミも欲しくなる!同人ならではの超ディープなモバイル系薄い本を紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年の12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

当ブログメディア「S-MAX」ではこれまでにも取材へ赴き、会場にて入手したアイテムの紹介を行ってきましたが、今回も取材へ行ってきましたので、モバイル系同人誌を2回に分けて紹介していきたいと思います。

まずは会場にて入手した実際のアプリ開発に役立つ濃ゆい専門書クラスのものから見覚えのあるデザインの雑誌調のものといったバラエティー豊かなものをお送りします。なお、紹介に当たって誌面内の画像掲載はおおまかにわかる程度のものとさせていただいておりますのでご了承ください。

続きを読む

ファーウェイの最上位スマホ「HUAWEI Mate 9」の性能をベンチマーク!最新設計なCPUの性能はいかほどのかP9とも比較してみた【レビュー】


これが新世代のパワー!ファーウェイの新スマホ「HUAWEI Mate 9」の性能をチェック

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から最上位のフラグシップモデルとして12月16日に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9(以下、Mate 9)」(Huawei Technologies製)。

ライカと協業したダブルレンズカメラの魅力もさることながら、ARMの最新設計を採用したオクタコアCPU「Kirin 960」を初搭載した非常にスペックの高い製品となっています。

そこで今回は、ベンチマークアプリ使ってMate 9でテストし、同じくファーウェイの今年前半のフラッグシップスマホ「HUAWEI P9(以下、P9)」と比較してみましたのでご覧ください。

続きを読む

【年末企画】新しさを生み出せずに苦しむメーカーと勢いに乗るSIMフリー勢に不安を覚えた2016年を振り返る(個性派端末愛好ライター・河童丸編)


相も変わらず独創的過ぎて、さして役にも立っていない河童丸の2016年振り返り!

いよいよ2016年も残すところわずかになりましたが、みなさんは今年何台のガジェットを買いましたでしょうか?昨年末と同じ質問での切り出しに我ながら芸がないなと思いながら……。

今年の筆者は後ほど買った端末を述べていきますが、買ったガジェットはそれほど多くないのですが、それもひとえに"個性溢れる挑戦的な製品"の登場がほぼなかったからなのではないでしょうか。

特に国内の大手携帯電話会社3社から製品を発売しているメーカー各社は奇をてらった製品の投入をほぼやめてしまい、昨年以上に無難な、そして面白味の薄い製品が多かったように思います。

一方で、FREETEL(プラスワン・マーケティング)やZTEジャパン、ファーウェイ・ジャパンといったSIMフリー製品を中心に展開しているメーカーからは個性のある面白い機種が見られたように感じました。

今回は、年の瀬恒例の「年末企画」ということで、筆者が購入したガジェットを発売日順にざっと紹介しつつ、その中で筆者にとって特に良かった製品を3つ挙げていこうかと思います。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。