S-MAX

河童丸(KPL)

【年末企画】ゆるやかに始まったMVNO絡みの淘汰と再編を横目に!?今年も多くの端末に手を出した2017年を振り返る(個性派ガジェクラライター・河童丸編)


みなさんの今年最高の1台はなんでしたか?個性派端末大好きライターの河童丸の2017年振り返り

こんばんは、泳げない河童丸です。年の瀬も押し迫り、年末進行に忙しい方やすでに休みに突入したという方もいらっしゃることでしょう。

今年のモバイル界隈もさまざまなニュースや話題が出てきましたが、筆者の2017年は楽天モバイルへ仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供していた携帯電話サービス事業を売却し、民事再生手続きを申請したFREETELが格安SIM市場の伸びが鈍化した象徴として話題になりました。

そして、その楽天モバイルが周波数割当申請を行う旨を表明し、移動体通信事業者(MNO)参入へ名乗りを上げるなど、MNOやMVNOといった通信事業者にまつわるニュースも多かったですが、それらに加えて大手MNOのサブブランドやその他のMVNOを含めて非常に印象的な1年でした。

一方で携帯電話端末のほうは例年通り無難な機種が多かったように思われます。そんな2017年も残すところわずかになりましたが、みなさんは今年は何台のガジェットを買いましたでしょうか?毎年、同じこと訊いてる気もしますが……。

本記事では毎年恒例の年末企画「ライターによる2017年振り返り」のトップバッターとして、河童丸の2017年にゲットした端末の振り返りを中心に2017年を振り返ってみたいと思います。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリープレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」のプリインストールアプリを紹介!AI処理に特化したSoC「Kirin 970」を活かした機能も【レビュー】


AI対応CPUを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」のプリインアプリをチェック!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月1日に発売されたSIMフリーの最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」(Huawei Technologies製)。価格はオープンながら希望小売価格は89,800円(税別)ですが、各種割引などを行っている販売拠点もあり、6万円台から購入可能となっています。

製品としては同社の最上位スマホ「Mate」シリーズの縦長ディスプレイによる“ほぼ全画面デザイン”などの流行を取り入れて上位機種で、AI(人工知能)機能を内蔵した専用プロセッサー「NPU(Neural-network Processing Unit)」を搭載した最新チップセット(SoC)「Kirin 970」を採用したフラグシップモデルとなっています。

そんなHUAWEI Mate 10 Proを購入した筆者ですが、前回は個装箱と内部の同梱品などの開封レポートをお送りしました。そこで今回は、HUAWEI Mate 10 Proのプリインストールアプリや主な機能などを紹介していこうと思います。

続きを読む

縦長ほぼ全画面デザインやAI対応SoC搭載のプレミアムなSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」を購入!開封して同梱品などを紹介【レポート】


“新世代”を名乗るに相応しいファーウェイのプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」を購入!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から12月1日に発売された最上位モデル「Mate」シリーズの新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」(Huawei Technologies製)。

さらに磨きのかかったLeicaカメラに加え、新たにAI(人工知能)の処理に特化した専用プロセッサー「NPU(Neural-network Processing Unit)」を搭載した最新チップセット(SoC)「Kirin 970」を搭載するなど、“新世代”を謳うに相応しい意欲的な機種となっています。

価格はオープンながら希望小売価格は89,800円(税別)とおよそ9万円という高価なものの、発売から10日以上が経過していますが、一部店舗では品切れを起こすなど、非常に人気となっており、注目度のあることが伺えます。

今回、筆者も注文から1週間近く待たされてようやく入手できました。まずは開封の儀を執り行いましたので、個装箱や同梱品などを写真で紹介していきたいと思います。

続きを読む

5.9インチ縦長大画面なSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」を写真と動画で紹介!前後2つずつのクアッドカメラ搭載でポートレートが楽しく撮れる【レポート】


日本初のクアッドカメラスマホが登場!大画面でも持ちやすい新しい「HUAWEI Mate 10 lite」をチェック

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が11月28日に都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」と「HUAWEI Mate 10 lite」、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp」の3機種を発表しました。

本記事では今回発表された3機種のうちのミッドレンジクラススマホであるHUAWEI Mate 10 lite(型番:RNE-L22)について発表会場に併設されていたタッチ&トライコーナーにて実際に試してきましたので、写真と動画を交えて紹介いたします。

なお、発売日は12月8日(金)で、希望小売価格は税別42,800円(税込46,224円)。販売拠点は公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっており、予約販売を実施しているAmazon.co.jpではすでに42,008円(税込)となっています。


続きを読む

2017 Japan IT week 秋:まだまだこんなにあったよ!世界初クラウドSIM対応スマホ「GlocalMe X COOL1dual」やミヨシ電子、シャープのちょっと気になるブースをまとめて紹介【レポート】


見どころいっぱいだったモバイル&通信関連のブース展示をまとめて紹介!

千葉県・幕張メッセにて2017年11月8日(水)から11月10日(金)の3日間に渡って10ものIT関連展示会が合同で開催される総合展示会イベント「2017 Japan IT week 秋」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されました。

これまでに何回かに分けてお送りしてきたレポートですが、本記事では最後に筆者が会場を回っている間に見つけたモバイルや通信に関連した機器や法人向けソリューションなどを出展していた企業のブースを3社分をまとめて紹介したいと思います。

生活の支える通信の基盤となる機器や、世界初「クラウドSIM」対応のスマートフォン(スマホ)など多彩なジャンルの展示がありましたので、是非チェックしてみてください!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。