S-MAX

29a

Googleが開発する3Dカメラ「Tango」に世界初対応!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」の実力は?内蔵アプリなどの基本機能やベンチマークを紹介【レビュー】


レノボのSIMフリースマホ「Phab 2 Pro」を1週間ほど利用してみました!

Googleが開発を進める3Dカメラ機能「Tango」に世界初対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)がレノボ・ジャパンから12月2日に予約販売開始されました。

筆者も購入してこれまでに開封レポートやTangoアプリのユーティリティー編ゲーム編を紹介してきました。Tangoアプリは特にゲームではまだまだこれからといった感じで今後に期待したいところです。

さて、それとは別に早くもPhab 2 Proを手に入れてから1週間以上経ち、その間、毎日持ち歩き、紹介したTangoアプリを含めて楽しんできましたが、一方で使っていて気づいたこともありました。そこで今回は「SIMフリースマホとしての実力は?」ということで基本機能や性能などに触れておきたいと思います。

続きを読む

世界初の3Dカメラ「Tango」対応のゲームアプリを紹介!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」で遊んでみた【レビュー】


Tangoを活かしたゲームって?Lenovo Phab 2 ProでAR以外のアプリを紹介

レノボ・ジャパンから12月2日に予約販売が開始された世界初の3Dカメラ機能「Tango」に対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)。これまでに開封レポートで外観や同梱物を紹介し、前回は注目のTangoアプリのユーティリティー編として実用系アプリを紹介しました。

しかし、Tangoの技術の汎用性はわかりやすい実用系のみにはとどまりません。そこで今回は、Tangoにより性能向上が見込まれるAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を活かしたゲームアプリを紹介していきたいと思います。

開封レポート時からARやVR、そしてMR(複合現実)の要素技術としてTangoがよりそれらの分野における性能(主にトラッキング)を向上させることについて触れましたが、では同分野で現在主流のアプリやゲームではどう活かされているのか、以下に3つほど試したアプリを紹介させていただきます。

続きを読む

3Dカメラ対応の6.4インチ大画面SIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」の注目「Tango」アプリをチェック!まずはユーティリティー編【レビュー】


3Dカメラ「Tango」アプリをご紹介!まずは実用系のユーティリティーから

Googleが開発を進める3Dカメラ技術「Tango」に世界初対応した商用製品のスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)が日本でも12月2日に予約販売開始されました。

筆者も購入し、前回はまず開封レポートとして外観や同梱物の紹介をしました。スマホとしては大型な6.4インチ画面を搭載し、メタルな外観、そしてイヤホンなどミドルからミドルハイクラスのものとしては比較的充実した内容だったように思います。

そこで今回は改めまして、目玉機能の3Dカメラを使った「Tango」アプリについてご紹介させていただきます!本記事では主にTangoアプリの中でもユーティリティー系を中心にチェックしていきます。

続きを読む

世界初の3Dカメラ「Project Tango」対応!6.4インチ大画面のSIMフリースマホ「Lenovo Phab 2 Pro」を購入――本体外観や同梱物などをチェック【レビュー】


世界初!Project Tango対応スマホが日本国内でもとうとう出荷

Googleが開発を進める3Dカメラ技術「Project Tango」に世界初対応の一般製品となるスマートフォン(スマホ)「Lenovo Phab 2 Pro」(以下、Phab 2 Pro)がとうとう日本でも12月2日に予約販売開始されました。

筆者もさっそくレノボ・ジャパンの直販で予約購入を行い、当初は早ければ到着が12月8日と注文ステータスにあったものの、その後、出荷も遅れてようやく12月16日頃に続々と日本での購入者の到着連絡がありました。

ご多分に漏れず筆者も同様に無事12月16日に受け取れました。そこで今回は、まずはPhab 2 Proの開封レポートとして本体外観や内容物などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

東京ゲームショウ2012:neurowearが「necomimi」に続き「shippo」を公開!スマートフォンとの連携も【レポート】

41324a08.jpg

「しっぽ」やりましょう!

脳波という一般に馴染みのないテクノロジーを使い更に”可愛らしさ”をスパイスにしたガジェット、「necomimi」を世に送り出したneurowearから「東京ゲームショウ2012(TOKYO GAME SHOW 2012:略称TGS2012)」(会期:2012年9月20日~23日)でのイベント、I love iPhoneで「shippo」が発表された。

商品化は検討中だが、その概要をレポートしよう。

続きを読む

【年末企画】2010年のスマートフォンをのんべんだらりと振り返ってみる~W-ZEOR3ブランドの功績(ライター・29a編)


何を買おうか迷う、2010年でした…

みなさま、2010年はいかがでしたでしょうか?今年も通信業界は色々と激動でした。各社ともAndroid端末をそろえてきたと思ったらなんとおサイフケータイ、ワンセグから防水端末まで。ゆるやかに進むと思われていた端末比(フィーチャーフォン:スマートフォン比)の転換も早ければ来年に、とのことでびっくりです。

それではそんな中、のんべんだらりと記事を書き、のんべんだらりと生きて来た29aとして3つほど個人的な所感に基づいてピックアップしたのでのんべんだらりと今年の所感を交え書き記してみたいと思います。続きから!

続きを読む

今年最後のエスマックス ワークショップ、第3回も無事終了!次回第4回は1月27日(木)に開催予定【レポート】


今年最後の開催、ワークショップ第3回

エスマックス主催の第3回ワークショップが2010年12月22日(水)の19時から行われました。今回は20名枠のところ20名ほどお集りいただき満員御礼!

スマートフォンを今年初めて持ったという方やフィーチャーフォンメイン方など様々。周辺機器メーカーの方から充電器の開発裏話を聞くなど、その様子をレポートして参りますので続きからどうぞ。

続きを読む

2010年のエスマックス的10大ニュースは!?今夜決定!結果はUstで!【ワークショップ】

今冬スマートフォンベストバイ
今年の締めとなります第3回ワークショップ!

2010年も残すところ9日となりました。年の瀬といえば恒例、今年を振り返っての10大ニュース!エスマックスではライター以外に一般ユーザへもアンケートをとり、今回のワークショップに向け10大ニュースを選出してみました。

今年はどうだったのか?スマートフォン的なトピックは多かったように感じられる2010年、Ustに併せ続きからお楽しみ下さい!

続きを読む

KDDI、au向け電子書籍リーダ「biblio Leaf SP02」の発売日を発表!写真&動画でチェックする【レビュー】


電子ペーパー「E Ink」を採用した電子書籍リーダ「biblio Leaf SP02」
電子書籍配信サービスである「LISMO Book Store」に併せ、その対応端末第一弾である電子書籍リーダ「biblio Leaf SP02」が発表された。2010年12月25日(土)から順次発売開始される。

「biblio」の名を冠してはいるが、フォックスコン製の電子書籍専門の端末となるこのデバイス。専用プランも用意され、PC不要のプラットフォームを採用している。本日の発表会では同端末の写真、ならびに動画を撮影してきたので続きでご覧あれ。

続きを読む

KDDI、au向け電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」を発表【レポート】


対応端末第一弾となる「biblio Leaf」
本日21日(火)、KDDIより電子書籍リーダ「biblio Leaf」ならびに電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」が発表された。

ソニー、凸版印刷、KDDI、朝日新聞社により設立された電子書籍配信プラットフォームを提供する株式会社ブックリスタ。同プラットフォームを利用してのau向け「LISMO Book Store」の詳細について以下から発表会の様子を交え見ていこう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。