S-MAX

memn0ck

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android O(8.0)」の正式版リリースのための発表会を8月21日に開催!ライブ中継も実施でカウントダウン中


いよいよAndroid Oの正式版が8月21日にリリースへ!

Googleは18日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android O」(バージョン8.0)の正式版リリースに向けた発表会「Android O Reveal NYC」をアメリカ・ニューヨークにて現地時間(EST)の2017年8月21日(月)14時40分から開催するとお知らせしています。

日本時間(JST)では8月22日(火)3時40分からで、発表会の模様は特設Webページ( http://android.com/o )にてライブストリーミングも実施されるとのこと。恐らく発表会でAndroid Oの正式版提供開始時期が明らかにされ、早ければ発表会直後となると見られます。

なお、この発表会は当日、1918年以来となる全米で見られる日食に合わせて実施されるということで、イベントは同日12時(EST)からの「NASA 2017 Total Eclipse Live Streaming」のライブストリーミングも行われるということです。

続きを読む

ASUSTeK Computer、ZenFone 4シリーズだけでなく、ZenFone 3シリーズにも次期OSバージョン「Android 8.0 O」へのアップデートを予告!新しい「ZenUI 4.0」を発表


エイスースがZenFone 4およびZenFone 3の各製品をAndroid Oへバージョン!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は17日(現地時間)、台湾・台北にて発表会「WE LOVE PHOTO」を開催し、同社の最新スマートフォン(スマホ)「ZenFone 4」シリーズの6製品を発表しました。これらは発売時にはAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)をプリインストールし、新しい独自ユーザーインターフェース「ZenUI 4.0」を搭載することも明らかにしました。

またZenFone 4シリーズを今夏に正式版がリリース予定の次期OSバージョン「Android 8.0(開発版は「Android O Developer Preview」)」へのアップデートを予告しただけでなく、すでに発売している「ZenFone 3」シリーズについても同様にAndroid 8.0およびZenUI 4.0へのアップデートをすることを明言しました。

なお、ZenFone 4シリーズおよびZenFone 3シリーズのAndroid 8.0へのOSバージョンアップについては具体的にどこで販売しているどの機種をどのタイミングでといった情報は現時点ではありませんが、日本で販売されている製品もいくつかは対象になる可能性も高く、期待したいところです。

続きを読む

ASUSTeK Computer、前面に自撮り用デュアルレンズカメラを搭載した新スマホ「ZenFone 4 Selfie ZD552KL」と「ZenFone 4 Selfie Pro ZD553KL」を発表!ともに日本版も用意


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」が発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は17日(現地時間)、台湾・台北にて発表会「WE LOVE PHOTO」を開催し、同社の最新スマートフォン(スマホ)「ZenFone 4」シリーズの6製品を発表しました。発表会の名称にもなっているようにZenFone 4シリーズでは特にカメラ機能に注力しているとのこと。

新たに発表されたのはシリーズの顔でもある「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」とその上位モデル「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」、自撮り(セルフィー)機能に注力した「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」とその上位モデル「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」、そしてすでに発表されていた大容量電池モデル「ZenFone 4 Max(型番:ZC554KL)」の上位モデル「ZenFone 4 Max Pro(型番:ZC555KL)」。

本記事ではこれらのうちのセルフィーに注力したモデルでともに前面にダブルレンスカメラを搭載したZenFone 4 SelfieおよびZenFone 4 Selfie Proについて紹介します。なお、両機種ともにグローバル市場で順次発売される予定で、価格はZenFone 4 Selfieが279ドル(約31,000円)から、ZenFone 4 Selfie Proが379ドル(約42,000円)から。

日本での販売については明らかにされていませんが、対応周波数帯を見る限りでは少なくともZenFone 4 SelfieおよびZenFone 4 Selfie Proともに日本版(JP)が用意されおり、これまでに日本で「ZenFone」シリーズは人気ですし、過去に「ZenFone Selie(型番:ZD551KL)」も発売されているため、投入される可能性はあるように思われます。

続きを読む

ASUSTeK Computer、デュアルレンズカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「ZenFone 4 ZE554KL」と「ZenFone 4 Pro ZS551KL」を発表!Proは光学2倍ズーム対応で日本版も用意


エイスースの最新フラッグシップスマホ「ZenFone 4」と「ZenFone 4 Pro」が発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は17日(現地時間)、台湾・台北にて発表会「WE LOVE PHOTO」を開催し、同社の最新スマートフォン(スマホ)「ZenFone 4」シリーズの6製品を発表しました。発表会の名称にもなっているようにZenFone 4シリーズでは特にカメラ機能に注力しているとのこと。

新たに発表されたのはシリーズの顔でもある「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」とその上位モデル「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」、自撮り(セルフィー)機能に注力した「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」とその上位モデル「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」、そしてすでに発表されていた大容量電池モデル「ZenFone 4 Max(型番:ZC554KL)」の上位モデル「ZenFone 4 Max Pro(型番:ZC555KL)」。

本記事ではこれらのうちのフラッグシップモデルでともに背面にダブルレンスカメラを搭載したZenFone 4およびZenFone 4 Proについて紹介します。なお、両機種ともにグローバル市場で順次発売される予定で、価格は台湾ではZenFone 4が10,990台湾ドル(約40,000円)から、ZenFone 4 Proが18,990台湾ドル(約70,000円)から。

日本での販売については明らかにされていませんが、対応周波数帯を見る限りでは少なくともZenFone 4 Proには日本版(JP)が用意されおり、これまでに日本で「ZenFone」シリーズは人気ですので投入される可能性は高いように思われます。

続きを読む

KDDI、Google PlayストアやApp Storeなどでキャリア決済を利用すると最大1万ポイントがもらえるキャンペーンを「auかんたん決済夏祭り」を9月8日まで実施中


auかんたん決済夏祭りが実施中!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、スマートフォン(スマホ)など向けアプリ配信マーケット「Google Playストア」や「App Store」などの対象コンテンツをキャリア決済サービス「auかんたん決済」で支払った場合に抽選で最大10,000ポイントの「WALLETポイント」などをプレゼントする「auかんたん決済夏祭り」を2017年8月10日(木)0時から9月8日(金)23時59分まで実施するとお知らせしています。

対象コンテンツはGoogle PlayストアおよびApp Store以外では「iTunes Store」や「iBooks Store」、「Apple Music」、クラウドサービス「iCloud」の容量追加購入となっており、特典は主に3つに分けられ、先着で10000人に200ポイント、合計500円(税込)以上支払いによって抽選で9900人に500ポイント、合計5,000円(税込)以上支払いによって抽選で10000人に10,000ポイントが贈呈されます。

続きを読む

HMD Global、ノキアブランドの新ハイエンドスマホ「Nokia 8」を発表!ZEISSレンズのデュアルカメラや5.3インチWQHD液晶、Snapdragon 835、4GB RAMなど


新スマホ「Nokia 8」が発表!ZEISSレンズのダブルレンズカメラ搭載

HMD Globalは16日(現地時間)、新たに「ZEISS(ツァイス)」レンズを採用したカメラなどを搭載する「Nokia(ノキア)」ブランドのAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Nokia 8」を発表しています。発売時期は2017年9月よりグローバル市場で順次となっており、価格は欧州では599ユーロ(約78,000円)。

ZEISSレンズのほか、Androidスマホにおいて3つの世界初をもたらし、約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶やQualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB LPPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、外観も2.5Dガラス「Gorilla Glass 5」(Corning製)とアルミニウム素材によるユニボディーデザインで高級感のある製品に仕上がっています。

続きを読む

Googleアシスタントが利用できるコミュニケーションサービス「Allo」がパソコンなどのWebブラウザーでも利用可能に!ただし、対応するにはChromeのみ


メッセンジャーサービス「Allo」のWeb版がリリース!

Googleは14日(現地時間)、機械学習(ML)や人工知能(AI)などを利用したサポート機能「Google アシスタント」に対応したメッセンジャーサービス「Allo」を新たにパソコン(PC)などにおけるWeb版( http://g.co/alloforweb )を提供開始したとお知らせしています。

これまではAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリが提供されていただけでしたが、Web版がリリースされたことでPCなどでも利用できるようになりました。ただし、対応するWebブラウザーはGoogleの「Chrome」のみ。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone Zoom S ZE553KL」にAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供!新たにポートレートモードにも対応


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone Zoom S ZE553KL」がAndroid 7.1 Nougatに!

ASUS JAPANは15日、同社が今年6月に発売したデュアルカメラを搭載して光学2.3倍ズームに対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月16日(水)15時より順次提供開始すると発表しています。

Android 7.x Nougatでの新機能であるアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」などの多くの新機能が使えるようになります。

また合わせてこの更新によって新たにカメラアプリでは背景ボケを生かせる撮影モード「ポートレートモード」が追加されるほか、シャッター音の変更などの軽微な変更を行っているということです。主な変更点は以下の通り。

■Android 7.1で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。

■ポートレートモードの利用方法:
・カメラアプリを起動し、シャッター右の、人物が二人重なったアイコンをタップすると、画面上に「ポートレート」の文字が表示され、利用可能になります。


続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」にAndroid 7.1 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供!日本国内でも使える4G+3GのDSDSに対応


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」がAndroid 7.1 Nougatに!

ASUS JAPANは15日、同社が今年4月に発売した大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年8月16日(水)15時より順次提供開始すると発表しています。

Android 7.x Nougatでの新機能であるアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」などの多くの新機能が使えるようになります。

また合わせてこの更新によって新たに4Gと3Gによる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応するとのこと。更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号は「JP_14.0200.1707.409_20170719」。主な変更点は以下の通り。

■Android 7.1で利用可能となる主な機能:
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。
■デュアルスタンバイ(4G+3G)に対応


続きを読む

スマホなど向けゲーム「Pokémon GO」に伝説のポケモン「ミュウツー」が出現!まず横浜スタジアムのイベントで現れ、数週間後に招待制のEXレイドに登場予定――ルギアなども8月末まで継続


ついにポケモンGOにて伝説のポケモン「ミュウツー」が出現!

Niantic(ナイアンティック)は14日(現地時間)、ポケモンが提供する人気ゲーム・アニメ「ポケットモンスター」をテーマにした現実世界とリンクさせたスマートフォン(スマホ)など向け位置情報ゲーム(位置ゲー)「Pokémon GO」(以下、ポケモンGO)においてついに「伝説のポケモン」の「ミュウツー」が横浜スタジアムにて行われたイベント「Pokémon GO STADIUM」にてレイドバトルで出現したとお知らせしています。

Pokémon GO STADIUMは現在、横浜で開催中のポケモン主催による「ピカチュウだけじゃない! ピカチュウ大量発生チュウ!」の一環で、現れたミュウツーに対してたくさんのポケモントレーナーたちがレイドバトルに挑戦し、獲得したということです。

またミュウツーは今後数週間後には新たに実装される特別な招待制のレイドバトル「EXレイド」で世界中の街のジムにも姿を現す予定とのこと。さらにこれまで出現していた伝説のポケモン「ルギア」や「フリーザー」、「サンダー」、「ファイヤー」も8月15日から9月1日までレイドバトルに継続して出現するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。