S-MAX

memn0ck

NTTドコモおよびau、SoftBankがソニーの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」を予約受付中!気になる各社での価格をまとめて紹介


最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」のdocomoとau、SoftBankの価格をチェック!

ソニーモバイルコミュニケーションズから日本でも11月上旬以降に販売開始される最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1」。新たにHDRに対応した約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶に加え、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載し、外観も従来までの「Xperia」シリーズを踏襲したまさに王道を征く製品となっています。

現時点ではNTTドコモ向け「Xperia XZ1 SO-01K」およびSoftBank向け「Xperia XZ1 701SO」が11月上旬、au向け「Xperia XZ1 SOV36」が11月中旬に発売予定となっており、すでに各社では各店頭や公式Webストアにて事前予約受付を実施しています。そこで今回は、これらの3機種についてまとめて価格(税込)を紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け次世代スマホ「iPhone X」の価格を発表!64GBが本体代13万1040円の実質5万4千円から、256GBが本体代14万9280円の実質7万2240円からに


SoftBankが話題のスマホ「iPhone X」の価格を案内!

ソフトバンクは20日、携帯電話サービス「SoftBank」向け次世代スマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)の価格を発表しています。同社ではすでに2017年11月3日(金)に発売する案内しています。

また発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBankのiPhone取扱店舗および直営Webストア「ソフバンクオンラインショップ」にて10月27日(金)16時1分より事前予約受付を実施する予定となっています。

続きを読む

gooSimsellerにてSIMフリースマホなど16機種が最大1万7280円OFFの「Autumn Sale」を10月30日まで実施中!HUAWEI P10 liteやZenFone 3 Ultra・Deluxe、arrows M04などがお買い得


gooSimsellerの「Autumn Sale」で人気のSIMフリースマホなどがお安く!

NTTレゾナントは19日、同社が運営するSIMフリー製品の公式Webストア「goo SimSeller」において「Autumn Sale」を2017年10月19日(水)10時00分から10月30日(月)9時59分まで実施しています。

セールではSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite」および「HUAWEI P10 lite」、「VAIO Phone A」、「ZenFone Live ZB501KL」、「ZenFone 3 ZE520KL」、「ZenFone 3 ZE552KL」、「ZenFone 3 Max ZC520TL」、「ZenFone 3 Max ZC553KL」、「ZenFone 3 Deluxe ZS550KL」、「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」、「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」、「arrows M04」、「g07」、「FRONTIER PHONE FR7101AK」の14機種、タブレット「ZenPad 7 Z370KL」の1機種、モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」の1機種の合計16機種が最大16,000円(税別)引きになっています(※税込では最大17,280円引き)。

これらのセールは本店のほか、楽天市場店やYahoo!ショッピング店でも若干対象機種が違うものの実施されており、らくらくセット以外の通常販売では「OCN モバイル ONE」のSIMカード(実際には「エントリーパッケージ」)が付属していますが、契約必須ではないため単体購入が可能です。

続きを読む

モトローラ、DSDSや指紋認証などに対応したメタルボディーの高コスパなSIMフリースマホ「Moto G5S」を10月20日より順次発売!価格は約3万円で、事前予約受付中


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5S」が10月20日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは19日、海外では今年8月1日に発表した高級アルミニウム素材によるメタルユニボディーながら約3万円とコストパフォーマンスの高いAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載スマートフォン(スマホ)「Moto G5S」(Motorola Mobility製)を2017年10月20日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」では税抜28,800円(税込31,104円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、大手Webストア「Amazon.co.jp」などを含む一部では10月19日より事前予約受付を開始しており、Amazon.co.jpにおける販売価格は30,792円となっています。

販売される本体色はルナグレー(型番:PA7Y0009JP)およびファインゴールド(型番:PA7Y0016JP)が10月20日発売で、オックスフォードブルー(型番:PA7Y0046JP)は順次発売となり、発売日は後日案内される予定。なお、同社では携帯電話ネットワークにおける多数の周波数帯に対応したことで現時点で日本国内すべてのキャリアで使えるSIMフリーモデルだとしています。

続きを読む

NTTドコモ、富士通の新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!コンクリート落下で画面割れしないタフネス性能や虹彩認証は継承し、指紋認証対応のなぞって操作するセンサー「Exlider」を搭載


docomoが新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!12月上旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年12月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が88,128円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら38,232円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

およそ1年ぶりの富士通のフラッグシップスマホ「arrows NX」シリーズの最新モデルで、新たに構成認証だけでなく、指紋認証に対応し、さらになぞって操作するセンサーキー「Exlider」を搭載してより使いやすくなりました。また基本性能も内蔵メモリー(RAM)が前機種「arrows NX F-02H」の3GBから4GBに増量され、より快適に操作できるようになっています。

さらに注力してきたタフネス性能も継承し、画面割れに強く傷つきにくい構造ながら美しいデザインを保ち、1.5mの高さからコンクリートに落としても画面が割れにくい耐衝撃性能などの各耐性試験をクリアし、安心して長期間使えるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、10.1インチWQXGA液晶搭載タフネスタブレット「arrows Tab F-02K」を発表!ワコムの技術によるペン入力とAIエージェントによる会話モードなどに対応


docomoが新タブレット「arrows Tab F-02K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約10.1インチWQXGA(2560×1600ドット)IPS液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用タブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

富士通ブランドのNTTドコモ向けタブレットとしては2016年7月に発売された「arrows Tab F-04H」以来となり、新たにワコムのペン入力技術を使った滑らかな書き心地のスマートスタイラスペンが付いており、4096段階の筆圧検知によってメモからイラストまで自由に描くことができるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、最新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01K」を発表!5.5インチ縦長FHD+液晶のほぼ全画面デザインで、ミッキー90周年記念のセレブレーション特別モデルに


docomoが新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、新しいディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01K」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

新たに先進的なアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)IPS液晶「Full View」ディスプレイを搭載した“ほぼ全画面デザイン”で、ミッドレンジながらディズニーの人気キャラクター「ミッキーマウス」の90周年を記念したセレブレーション特別モデルに相応しい魅力的な製品となっています。

続きを読む

NTTドコモ、5年ぶりのジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」を発表!V30+ベースで「ジョジョの奇妙な冒険」30周年記念スペシャルモデル、背面は「ゴールド・エクスペリエンス」に


docomoがジョジョスマホ第2弾「JOJO L-02K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、人気漫画・アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」30周年記念スペシャルモデルとして“ジョジョスマホ”第2弾のAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用プレミアムスマートフォン(スマホ)「JOJO L-02K」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

製品は同時に発表された「V30+ L-01K」ベースとなっており、スペックは約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョン(FullVision)ディスプレイ(約538ppi)やオクタコアCPU、4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージなどと同じとなっているものの、原作の荒木飛呂彦氏による壁紙などの描き下ろしコンテンツがプリインストールされる予定。

なお、背面には第5部の主人公であるジョルノ・ジョバァーナのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス(黄金体験)」が描かれており、まさに「生まれろ 新しい命よ…」と何かを生まれさせることができそうな感じとなっています。なお、搭載されるコンテンツなどの詳細については別途、12月に発表される予定です。

続きを読む

NTTドコモ、最新プレミアムスマホ「V30+ L-01K」を発表!Daydream対応で6インチ縦長ほぼ全画面デザイン、S835、4GB RAM、デュアルカメラ、クアッドDAC、Android 8.0 Oreoなど


docomoが新スマホ「V30+ L-01K」を発表!2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL(OLED)フルビジョン(FullVision)ディスプレイ(約538ppi)やオクタコアCPU、4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用プレミアムスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格も追って案内される予定。

V30+ L-01Kは海外で今年8月に発表されたクアッドDACやデュアルカメラなどを先進的に取り入れてきたプレミアムスマホ「LG V」シリーズの最新機種「LG V30+」(「LG V30」の内蔵ストレージ128GBモデル)のNTTドコモ版で、昨年にNTTドコモから発売された「V20 PRO L-01J」の後継機種です。

LG V30+は新たにハイエンドモデルを中心に採用が進んで来ている縦長画面を搭載し、アスペクト比9:18の縦長6インチ画面を搭載した“ほぼ全画面デザイン”となっています。また防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)だけでなく、米軍調達基準「MIL-STD 810G」のおける14項目の落下耐性試験をクリアした耐衝撃性能にも対応し、NTTドコモ版ではさらに日本市場でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ、フルセグにも対応しています。

さらにLTE UE Category 15・16による3波のキャリアアグリゲーション(CA)と4x4 MIMO、256QAMを組み合わせた下り最大788および上り最大50Mbpsに対応し、10月末に提供が開始される4波CAによる下り最大644Mbpsで利用可能です。その他、Googleが開発するVRプラットフォーム「Daydream」にも対応しており、V30+ L-01Kの販売開始から購入した人にもれなくヘッドマウントディスプレイをプレゼントするキャンペーンを実施予定。詳細は後日案内するとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、スマホ&タブレットのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ予定機種を案内!Xperia X PerfomanceやGalaxy S7 edgeなどの2016年夏モデル以降で合計21機種


NTTドコモのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ予定機種が案内!

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」に合わせてAndroidを搭載したスマートフォン(スマホ)およびタブレットにおいて最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

古めの機種では「Galaxy S7 edge SC-02H」および「Xperia X Performance SO-04H」、「AQUOS ZETA SH-04H」の3機種が2016年夏モデルとなっており、それ以降の特定の機種でスマホ20機種およびタブレット1機種の合計21機種となっています。

なお、各製品のバージョンアップ開始時期、実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供準備が整い次第、公式Webページ「製品アップデート」にて順次お知らせするとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。