S-MAX

memn0ck

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3」を提供開始!AirPodsを探す機能およびSiriやCarPlayの拡充など


AppleがiPhoneなど向けiOS 10.3をリリース!

Appleは27日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 10.3」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はAirPodsの場所を確認できる「AirPodsを探す」機能の追加やSiriを使って支払いや配車サービスを利用したり、自動車メーカーのAppと一緒に使用できるようになるなどしているということです。

また変更点には記載されていませんが、新しいファイルシステム(APFS)が導入されているという話なのでいつも以上にきちんとバックアップなどをしてアップデートに望みたいところです。

なお、手元のiPhone 7 PlusやiPhone SEなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

バイオ、OSがAndroidになったSIMフリースマホ「VAIO Phone A」の予約を前倒しで開始!ソニーストアなどで、安曇野FINISHのアルミボディーが2万6784円


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」が予約開始!

バイオは27日、今月22日に発表したSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」の事前予約受付を2017年3月27日(月)13時に開始したとお知らせしています。当初は3月30日(木)を予定していたものの、好評だったため前倒ししたという。

なお、発売日は4月7日を予定し、価格は市場想定価格が税別24,800円(税込26,784円)、販売拠点は公式Webショップ「VAIOストア」や「ソニーストア」のほか、各量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)など。

予約受付はVAIOストアやソニーストア以外にも「ヨドバシ.com」などでも開始されており、ヨドバシ.comでは税込26,780円の1%ポイント還元(268ポイント)となっています。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」のエンタメフリー・オプションにて音楽配信サービス「AWA」がカウントフリー対象に!YouTubeやAbemaTV、Apple Music、Spotifyなどに続き


BIGLOBE SIMのエンタメフリーに音楽配信サービス「AWS」が追加!

ビッグローブは27日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBE SIMhttp://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/ )における「エンタメフリー・オプション」のカウントフリー対象に定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」を2017年3月27日(月)より追加すると発表しています。

これにより、カウントフリー対象サービスは既存の「YouTube」や「AbemaTV」、「Spotify」、「Google Play Music」、「Apple Music」と合わせて6つとなりました。なお、AWAには無料プランもありますが、有料プラン「Standard」を契約した場合には別途利用料が必要。これは他サービスでも同様。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07+」を発表!au回線(CDMA2000)対応で3キャリアで使え、IGZO液晶パネルでタッチ精度も向上――キャンペーンで2千円引きの約2万円


gooのスマホ第7弾のマイナーチェンジモデル「g07+」が発売!

NTTレゾナントは27日、都内にて発表会『「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07+(グーマルナナプラス)」を発表しています。

g07+は昨年12月に発表・発売した3Gと4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応した「g07(グーマルナナ)」を改良したマイナーチェンジモデルです。

新たにau回線(CDMA2000)に対応したほか、より省電力かつ高精細なIGZO液晶パネル採用やカメラにIRカットフィルター追加、精度の高い電子コンパス、より高品質なアルミ加工を施すなどの改良が行われています。g07と同じCovia製で型番は「CP-J55aW」。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のエントリーパッケージとセットで19,800円(すべて税別)。発売はホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定。なお、発売に先立って本日3月27日11時より予約販売を開始しています。

また発売を記念してg07+を先着907人に2,000円分のgooポイント割引クーポン利用で購入できる「g07+新発売キャンペーン」を2017年4月20日(木)9時59分までの期間限定で実施し、17,800円で販売しています。

さらに既存機種のg07を公式Webストア「goo SimSeller」ではOCN モバイル ONEとのセットで従来から2,000円値下げした17,800円を通常販売価格として提供するということです。

続きを読む

NTTドコモ、サムスン電子製スマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」に対するAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を一時中断!確認事項が発生したため


Galaxy S7 edge SC-02HへのAndroid 7.0 Nougatが配信中断!

NTTドコモは24日、今月16日に提供開始していたハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を一時中断しているとお知らせしています。

理由としてはOSバージョンアップを実施した後に「確認事項が発生したため」とのこと。対処版の準備が整い次第、同社の公式Webサイトにて案内するということです。

続きを読む

Amazon.co.jpにてSIMフリースマホがワイモバイル スターターキットとセットで最大約8千円安く!契約しなくてもOKで、Moto Z・Z PlayやHUAWEI Mate 9・P9・novaなどが対象


Amazon.co.jpでSIMフリースマホがワイモバイルスターターキットとセットに!

アマゾン ジャパンが展開する総合Webストア「Amazon.co.jp」にてSIMフリーのスマートフォン(スマホ)と「ワイモバイル(Y!mobile)SIMスターターキット音声通話/データ通信共通」とセットで本体のみより安くなる販売を行なっています。

対象となるスマホは「HUAWEI nova」や「HUAWEI Mate 9」、「HUAWEI P9」、「HUAWEI P9 lite」、「HUAWEI GR5」、「Moto Z」、「Moto Z Play」、「Moto G4 Plus」、「Moto X Play」、「Alcatel IDOL 3」、「MADOSMA Q501」で、最大8千円程度割り引かれている機種もありますが、おおよそ2〜3千円くらいで色などによっても異なるため少しわかりづらいものとなっています。

なお、ワイモバイルSIMスターターキットはSIMカードは入っていますが、いわゆる「エントリーパッケージ」と同じく契約しなくてもOKとなっています。もちろん契約すれば、契約事務手数料もかからないため、キャッシュバックももらえてよりお買い得となります。

続きを読む

上越新幹線の「高崎駅〜上毛高原駅(手前)」区間のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク(ワイモバイル)の携帯電話が3月31日始発より利用可能に


上越新幹線の高崎駅〜上毛高原駅(手前)のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは23日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)と共同で「上越新幹線」のトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、新たに上越新幹線「高崎駅〜上毛高原駅(手前)」間での携帯電話サービスの提供を2017年3月31日(金)始発より開始すると発表しています。

これにより、東京駅から上毛高原駅(手前)間で携帯電話サービスを快適に利用できるようになるということです。ワイモバイルの携帯電話も利用可能。なお、各社では電車内における携帯電話の利用についてマナーを守るように案内しています。

続きを読む

Apple、新しい9.7インチiPadの保証対象外修理価格を公開!画面割れなどはiPad 2・Airなどと同じ3万1104円に――iPhone 7・7 Plusの新色レッドやiPhone SEの32・128GBは既存色・容量と同様


Appleの新9.7インチタブレット「iPad(第5世代)」の保証対象外修理価格が案内!

Appleが新しく2017年3月25日に発売したタブレット「新しい9.7インチiPad」の画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格を公式Webページにて公開しています。

新しい9.7インチiPadは製品名としては「iPad(第5世代)」となっており、日本ではAppleの他にもNTTドコモやau、SoftBankから販売され、Apple公式の保証「AppleCare+ for iPad」は税別9,400円(税込10,152)。

AppleCare+に未加入の場合における保証対象外のバッテリーと電源についてはiPadシリーズ全モデル共通の税別11,400円(税込12,312円)、画面割れならやそれ以外なら税別28,800円(税込31,104円)となっています。

なお、同じく3月25日に発売となった「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」(レッド)や「iPhone SE」の新容量32GBおよび128GBモデルについては既存の色・容量と同じAppleCare+および保証外修理価格です。

続きを読む

KDDI、au向け最新ミドルレンジスマホ「AQUOS U SHV37」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auのAQUOS U SHV37がAndroid 7.0 Nougatに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、au向け「2016年冬モデル」のうちの約5.0インチのHD(720×1280ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS U SHV37」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年3月21日(水)14時より提供開始するとお知らせしています。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約60分。ただし、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があるとのこと。

アップデートファイルは約1GBとサイズが大きいため、Wi-Fiの利用を推奨しており、4G通信を利用する場合は通信容量に注意するように案内されています。主な更新内容は以下の通り。

◯主な改善内容
1)マルチウィンドウ対応
2)絵文字の追加・変更
3)お知らせパネル:通知画⾯の表⽰変更および実⾏できる機能の追加
4)「設定」アプリ:「データ使⽤」に「データセーバー」機能の追加
5)「設定」アプリ:壁紙設定

◯主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
6)「体験しよう!」アプリの画面上部の機能紹介アニメーションが静止画になります。また、「その他の便利な機能」→「便利な文字変換」/「カナ英字変換」の体験ができなくなります。
7)マナーモードを「サイレント」に設定した場合、一切のバイブ動作をしなくなります。
など

※その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(PDF:5.2MB)


続きを読む

NTTドコモ、小型4インチスマホ「iPhone SE」の32GB・128GBモデルを3月31日に発売!価格も案内し、3月25日10時より事前予約開始ーー既存の16GBモデルはそろそろ販売終了へ


NTTドコモではiPhone SEの32・128GBモデルを3月31日に発売!

NTTドコモは24日、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の32GBモデルと128GBモデルを2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立って本日3月25日(土)10時よりNTTドコモ取扱店の店頭で事前予約受付および「ドコモホームページ(ドコモオンラインショップ)」におけるオンライン予約を開始するとお知らせしています。

合わせて価格も案内されているので紹介したいと思います。なお、既存の16GBモデルと64GBモデルについては在庫限りで販売を終了するようで、すでにドコモオンラインショップでは16GBモデルのゴールドについては販売を終了しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。