S-MAX

mi2_303

ソフトバンク、Android開発者もパーソナルロボット「Pepper」の開発ができる「Pepper meets Android」を7月より販売開始!発表会を写真で紹介【レポート】

スターウォーズのようだけど!?AndroidアプリがPepperでも動くようになる

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクは19日、都内にて「Pepperの新たな展開に関する記者発表会」を開催し、人型ロボット「Pepper」がGoogleのAndroidに対応したことを発表した。

Androidに対応したPepperは、2016年7月より開発者向けモデルが先行販売され、Androidのプラットフォーム上でロボアプリが可能になる「Pepper SDK for Android Studio」のβ版も同日に提供開始となった。

今回はこのAndroidに対応したPepperはどのようなものとなるのかを発表会のプレゼンテーションを中心に紹介していく。

続きを読む

2万9900円ながらアルミ製フルメタルボディーで質感高い指紋認証対応のSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を写真と動画でチェック【レポート】

佐々木希さんがイメージキャラクターを務めるSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を写真と動画で紹介!

既報通り、プラスワン・マーケティングは17日、都内にて発表会「FREETEL 新スマートフォン・新TVCM発表会」を開催し、同社のSIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」において新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を2016年5月27日(金)より順次発売すると発表した。

カラーは全5色ですでに予約ははじまっており、まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、その後1ヶ月前後で「メタルブラック」および「シャンパンゴールド」、「ピンクゴールド」、「スカイブルー」が発売される予定だ。

価格は29,900円(以下、すべて税別)ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶搭載を搭載したアルミ製のフルメタルボディーで質感も高く、ディスプレイの下に新たに搭載された「FREETEL ボタン」には指紋センサーが内蔵され、ホームボタンや戻るボタン、タスクボタン、検索ボタン、指紋認証といった5つの機能が備わっている。

また、SAMURAI REI向けのプレミアムバリュープランを提供し、本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用でき、さらに他社から乗り換え(MNP)の場合にはのりかえ割適用で1年間800円引きになるという。

前回は佐々木希さんもゲストとして登場した発表会のプレゼンテーションの模様を紹介したが、今回は発表会のタッチ&トライコーナーで実際にSAMURAI REIの実機を触ることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

フリーテルが開催した新スマホ「SAMURAI REI」と佐々木希さんが出演する新CMの発表会を写真で紹介!月額299円と本体価格29900円で"ニクキュー"をアピール【レポート】

Android 6.0搭載のフルメタルボディスマホ「SAMURAI REI」を発表!

既報通り、プラスワン・マーケティングは17日、都内にて発表会「FREETEL 新スマートフォン・新TVCM発表会」を開催し、同社のSIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」において新しい約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶搭載Androidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を2016年5月27日(金)より順次発売すると発表した。

カラーは全5色、価格は29,900円(以下、すべて税別)。予約はすでに始まっており、まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、その後1ヶ月前後で「メタルブラック」および「シャンパンゴールド」、「ピンクゴールド」、「スカイブルー」が発売される予定だ。

発表会ではその他にも新しいコマーシャル(CM)をテレビ(TV)放映することも発表し、CMキャラクターとして佐々木希さんを起用することが明らかにされ、ゲストとして登場した。今回は、同社代表取締役の増田薫氏によるSAMURAI REIや新TV CMなどについてのプレゼンテーションを写真を交えて紹介していく。

続きを読む

ポイントを貯めると月額0円になる格安SIMサービス「ロケットモバイル」が発表会を開催!6ヶ月利用料無料キャンペーンやWJ2016で初期費用無料クーポン配布なども実施【レポート】

格安SIM「ロケットモバイル」サービス提供開始

既報通り、エコノミカルは16日、都内にて「ロケットモバイル商品発表会」を開催し、MVNO業界初の試みとなる「ポイント貯めると月々の通信費が最大0円で使える」を実現する携帯電話サービス「ロケットモバイル」の提供を開始した。

ロケットモバイルはNTTドコモの回線を借り入れるソネットをMVNEとするMVNOで、いわゆる"格安SIM"サービスだ。料金プランは、月額298円で通信速度上下最大200Kbpsながら月間データ無制限の「神プラン」、そして、下り最大225Mbpsおよび上り最大50Mbpsでは月額590円で月間データ容量1GB、840円で3GB、1,200円で5GB、1,850円で7GBの5つ。それぞれ初期事務手数料が3,000円、SMSオプションは月額150円となる(価格はすべて税抜)。

また、サービス開始に合わせ、2016年5月末までに申し込んだ場合に毎月の利用料を6ヶ月間最大500円割り引く「ロケットスタートキャンペーン」を実施している。なお、神プランでの割引は298円。さらに展示会「WIRELESS JAPAN 2016」に出展し、初期契約事務手数料が無料になるクーポンも配布するということだ。

今回は、同社代表取締役社長の金野太一氏によるロケットモバイルサービスのプレゼンテーションを紹介していく。

続きを読む

富士通、NTTドコモ向け2016年夏モデルのスマホ「arrows SV F-03H」とタブレット「arrows Tab F-04H」の説明会を開催!昨冬スマホ「arrows NX F-02H」は販売継続に【レポート】

arrows最新モデルの特徴とは?

富士通コネクテッドテクノロジーズおよび富士通クライアントコンピューティングは13日、都内にて「最新パソコン・タブレット・スマートフォンの内覧会」を開催し、NTTドコモから発売されるAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載ミドルレンジスマートフォン「arrows SV F-03H」とAndroid 6.0 Marshmallow搭載ハイエンドタブレット「arrows Tab F-04H」の特徴を紹介した。

arrows SV F-03Hは6月下旬発売予定、arrows Tab F-04Hは7月下旬の発売を予定しており、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで予約が開始されている。

発表会では、arrows SV F-03Hに込めた意味とデザイン、タブレットの利用シーンを考慮したというarrows Tab F-04Hについて語られた。今回は発表会の模様を紹介していく。

続きを読む

3辺狭額縁「EDGEST」から卒業!メタルボディーと薄型化で洗練されたドコモスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOS ZETAが思いっきりイメチェン!ドコモスマホのSH-04Hを写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を発表した。

発売時期は2016年6月上旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を開始しており、価格は実質負担額で新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で5万円台後半の見込み。

今回はタッチ&トライコーナーに展示されていた試作機を写真と動画で紹介していく。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を発表!5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 820、3GB RAM、下り最大337.5Mbpsなど - S-MAX」も参照して欲しい。

続きを読む

デジタルカメラ「α」の技術を取り入れてカメラを強化!ドコモスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を写真と動画でチェック【レポート】

生まれ変わったXperia登場!NTTドコモ向け「Xperia X Performance SO-02H」を写真と動画で紹介

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SO-04H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表した。

発売時期は2016年6月中旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約を開始している。価格は実質負担額で新規契約・機種変更で4万円台後半、他社から乗り換え(MNP)で3万円台前半の見込み。

今回はタッチ&トライコーナーに展示されていた試作機を写真と動画で紹介していく。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を発表!5インチフルHD液晶やSnapdragon 820、3GB RAMなど――下り最大375MbpsやHD+対応VoLTEも - S-MAX」も参照して欲しい。

続きを読む

ヨドバシAkibaに国内最大級の「Windowsエリア」が誕生!最新パソコンを体験できる店内を写真と動画で紹介【レポート】

01
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店に最新のWindowsを体験できる「Windows エリア」がオープン!

日本マイクロソフトは10日、東京・秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(以下、ヨドバシAkiba)にて国内最大級の「Windows エリア」オープニングセレモニーを開催した。

同店のWindows エリアの拡大については、既報の通り4月29日よりプレオープンしており、ゴールデンウィーク期間中は、プロカメラマンによるフォトレタッチワークショップやSurfaceペンを使った似顔絵師によるデジタルペイントなどのイベントが開催された。

新しいパソコン(PC)売り場は「楽しめる」、そして、「ユーザーが体験できる空間」をめざし、接客を重点に置いたものとしている。また、Windows エリアは通路を挟んでAppleのコーナーと面した場所にあり、双方を比較することも可能だ。今回はこの新しくなったヨドバシAkibaの店内を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

恋愛や悩みの相談は人工知能にする時代!?NTTレゾナントがAIを使ってユーザーの相談にピッタリのアンサーを表示する「教えて!goo AIサービス」を8月から開始【レポート】

人工知能があなたの恋愛相談相手に?!

NTTレゾナントは25日、都内にて「NTT レゾナント メディアカンファレンス」を開催し、AI(人工知能)を活用した「教えて!goo AIサービス」を2016年8月に提供開始することを発表した。

また、NTTドコモの「dメニュー」のショッピング検索や画像検索などで培ったログ分析ノウハウによるECサイト(オンラインショップ)事業者向けの「goo Search Solution」の提供も開始する。

このサービスは、ECサイト内検索時のキーワードサジェストやカテゴリーサジェスト機能、ユーザー入力の表記ゆれ補正検索など、ユーザーの検索支援と商品表示の最適化をはかるというもの。

今回は、教えて!goo AIサービスとはどんなものなのかをレポートしていきたいと思う。

続きを読む

今年は超野球も開催!ネット界隈の"おもしろ"が満載のイベント「ニコニコ超会議2016」を写真で紹介【レポート】

ニコニコ超会議2016が幕張メッセで開催!おもしろ展示を写真でレポート

千葉県・幕張メッセで4月29日~30日の2日間に渡って開催されている「ニコニコ超会議2016」( http://www.chokaigi.jp )。ニコニコ超会議は、企業や団体が斬新な企画で来場者が楽しめるような参加型の展示を行っているユニークなイベントだ。また、会場に来場するだけではなくドワンゴが運営する「ニコニコ生放送」で見たいイベントを視聴できるのも魅力のひとつ。

昨年は幕張メッセに土俵を作り、力士の熱い戦いを間近で見ることができた「大相撲超会議場所」が開催されたが、今回は歌舞伎の世界を堪能できる「超歌舞伎」と、幕張メッセに近い「QVC マリンフィールド」(千葉マリンスタジアム)で千葉ロッテマリーンズ×北海道日本ハムファイターズ公式戦を「超野球」として開催した。

1日では回りきれないほどの多くの展示やイベントが開催されたニコニコ超会議の中から、今回は企業ブースの展示で気になったものを写真で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。