S-MAX

mi2_303

PUBG MOBILEとのコラボで最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」のゲーミングスマホとしてのパフォーマンスを実感!ゲーム大会「Galaxy Championship」を写真と動画で紹介【レポート】


大画面とハイパフォーマンスはゲーミングスマホのトレンドに?!

サムスン電子ジャパンが都内にて「Galaxy Championship発表会」を10月24日に開催し、同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズとPUBG Corporationが開発するバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)」とのコラボレーション(コラボ)を発表した。

今回のコラボの1つが「Galaxy Note9×PUBG MOBILE 特別キャンペーン」と題して2018年12月31日(月)までにSペンが使える最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」を購入し、応募した全員にPUBGのスマホなど向け「PUBG MOBILE」内で使用できるGalaxy オリジナルスキンをプレゼントするというもの。応募期間は2019年1月15日(火)まで。

そしてPUBG MOBILEの大会「Galaxy Championship」を開催する。六本木、名古屋、西宮、福岡の「Galaxy Studio」で予選を開催し、決勝大会が12月8日(土)に実施される。ゲームのルールとしては2人で協力プレイを行う「Duo」モードを使い、4会場で10チームが決勝に進出し、40チームの中から「#1ドン勝チーム」を選出する。優勝商品は、Galaxy Note9(本体)とオリジナル限定フィギュア、ドン勝メダル、ドン勝Tシャツが贈られる。

ここ最近はスマホでゲームを本格的にプレイするために“ゲーミングスマートフォン”というカテゴリーができつつあり、日本でもASUS JAPANから「ROG Phone」が発売されたが、今回はGalaxy Note9の“ゲーミングスマートフォン”としての特徴を発表会のプレゼンテーションの内容とともに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

片手ポケット族のためのプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」を写真と動画で紹介!Wノッチデザインで縦長5.2インチFHD+ハイスピードIGZO液晶でも操作しやすく【レポート】


AQUOS R2の小型モデルが登場!シャープがプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 Compact」を発表

既報通り、シャープは15日、都内にて『スマートフォン「AQUOS R2」コンパクトモデル新製品発表会』を開催し、片手操作をする人をターゲットにしたプレミアムコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 Compact」を発表した。

発売時期は2019年春を予定し、すでに同日にソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年春モデル」として2019年1月中旬以降に発売すると発表している。現時点ではその他の販路については明らかにされていないが、SIMフリー版も検討しているとのことだ。

同機は今夏に発売されたフラッグシップスマホ「AQUOS R2」の小型モデルという位置付けで、基本スペックとしてAQUOS R2と同じQualcomm製ハイエンド向けチップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845))や4GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)、microSDXCカードスロット(最大512GB)を搭載。

またポケットに収まる小型サイズということで、縦長な約5.2インチFHD+(1080×2280ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載し、電池は2500mAhバッテリー(取外不可)、無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5GHz)、BluetoothがVersion 5.0、外部・充電端子がUSB Type-Cとなっており、防水(IPX5・IPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)などに対応する。

そんな「AQUOS」シリーズの小型モデルとしては初の高性能機種となったAQUOS R2 compactの開発機に発表会終了後の展示コーナーにてタッチ&トライすることができたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ドン勝したいなら選ぶしかない?!ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone ZS600KL」とゲームをより快適にプレイできるようにする周辺機器を写真と動画で紹介【レポート】



”ホンキのゲーミング“スマートフォンが登場!エイスースのSIMフリースマホ「ROG Phone」を写真と動画でチェック

既報通り、ASUS JAPAN(以下、エイスース)は16日、都内にて「『GAME CHANGER~スマホゲームの体験を一新する』ゲーミングスマートフォン新製品発表会」を開催し、ゲームをより快適にプレイするなどのための独自の拡張機能を搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ROG Phone(型番:ZS600KL)」を日本で発売すると発表した。

すでに11月23日よりエイスースの直営店「ASUS Store Akasaka」および公式Webショップ「ASUS Store」や家電量販店、ECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱いを開始している。メーカー希望小売価格は119,500円(税抜)だ。

基本スペックとしてカスタマイズで最大周波数2.95GHzにクロックアップされたQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」および8GB(LPDDR4X)内蔵メモリー(RAM)、4000mAhバッテリー、Bluetooth 5.0、生活防水(IPX4準拠)などだ。

またmicroSDカードスロットは非搭載だが、UFS 2.1の512GB内蔵ストレージを搭載しているので、容量の大きいゲームも余裕でインストール可能である。OSはAndroid 8.1(開発コード:Oreo)をベースにした独自ユーザーインターフェース「ROG Gaming X mode UI(ROG UI)」となる。

その他、ゲーミングを掲げるだけあってディスプレイもフレッシュレートの高い有機ELを採用していたり、無線LAN(Wi-Fi)も通常のIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4・5GHzデュアルバンド対応)に加え、60GHz幅に対応したIEEE802.11adに対応する。

今回は発表会で展示コーナーにてROG Phoneの実機に触れることができたので、同時に発売されたさまざまな拡張ができる周辺機器を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Galaxy Note9のカメラやゲーム性能を無料で体験できる期間限定イベント「Galaxy Studio Roppongi Hills」を写真と動画で紹介!ドリンクや東京五輪ピンバッジももらえる【レポート】


六本木ヒルズでGalaxy Note9が体験できるイベントを開催!

サムスン電子ジャパンが2018年11月15日(木)から12月25日(火)まで東京・六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペースにて「Galaxy Studio Roppongi Hills」を期間限定オープンしている。

施設内には最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」やVRゴーグル「Gear VR」などの体験スペースが設けられており、スタンプラリー形式でGalaxyブランドの製品体験ができるというもの。今年9月まで開催されていた「Galaxy Studio Tokyo」(東京・原宿)とコンセプトは同じである。

携帯ショップや家電量販電では体験できないGalaxy Note9の魅力に触れられるということで、さっそくGalaxy Studio Roppongi Hillsへ行ってみたので展示内容を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

UQ mobile版はSIMロックなし!シャープの高コスパスマホ「AQUOS sense2」を写真と動画で紹介。価格は本体代3万6396円の実質2万6028円【レポート】


ちょうど良いスマホ「AQUOS sense2」がUQ mobileから11月下旬発売!写真と動画でチェック

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が都内にて「2018年冬モデル」を発表し、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けの新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2(型番:SHV43)」(シャープ製)を11月下旬に発売する。

AQUOS sense2は、UQ mobileの他にauおよびNTTドコモも取り扱い、各製品ともに低価格で購入しやすい価格帯のコストパフォーマンスの高いモデルである。なお、au版「AQUOS sense2 SHV43」はすでに11月9日に発売となっており、UQ mobile版は11月下旬、NTTドコモ版「AQUOS sense2 SH-01L」は今冬発売予定である。

また各社ベースモデルは共通だが、UQ mobile版のみSIMロックが掛かっていないSIMフリーモデルとして発売される。同時に発表された日本ではUQ mobile独占販売となる画面内指紋センサー搭載スマホ「OPPO R17 Neo」(オッポジャパン製)もSIMフリーとして発売され、UQ mobile以外の通信事業者のnanoSIM(4FF)カードが利用可能だ。

UQ mobileの両機種はともにUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」にて順次取り扱われる予定で、UQ mobile版のAQUOS sense2の価格は本体代36,396円の実質負担額では26,028円となっている。

今回は、そんなSIMフリー製品となるUQ mobile版のAQUOS sense2の実機に発表同日に行われた新商品タッチ&トライ会にて触れることができたので、外観や特徴を写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。