S-MAX

setsu_may

発表直後の新スマホ「Galaxy Note8」に沸く韓国各地の店舗を訪問!史上最大級の体験ゾーンなど、現地から熱狂をお伝え――信頼回復に全力を注ぐサムスン電子に明日はあるか【レポート】


起死回生図るサムスン電子の最新スマホ「Galaxy Note 8」で盛り上がる韓国を訪問!

既報通り、Galaxyブランドでスマートフォン(スマホ)などの製品を展開するサムスン電子が2017年8月23日に米国・ニューヨークで新製品発表会「Unpacked 2017」を開催し、本体に内蔵可能なスタイラスペン「S Pen」が売りとなっている大型スマホ(いわゆる「ファブレット」)シリーズ「Galaxy Note」シリーズの最新作「Galaxy Note8」を発表しました。

Galaxy Note 8は日本国内でも今年5月に発売された「Galaxy S8+」の6.2インチをも上回る6.3インチのQuad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。また、Galaxy S8+と同様に画面のアスペクト比が18.5対9と、一般的な16対9と比べて縦長な狭額縁ディスプレイ「Infinity Display」も継承されています。

発表前夜から約1週間の期間、偶然にも筆者はサムスン電子にとっての本国である韓国に滞在し、同社としても史上最大規模となるタッチ&トライイベントなど、Galaxyシリーズが強いお膝元ならではの盛り上がりを目の当たりにしてきました。

そこで今回は、発表会後のタッチ&トライによる写真レポートがすでに掲載されていますが、日本での発売も是非期待したい!そんなGalaxy Note8を韓国でひと足先に思う存分体験してきたので、盛り上がるイベント会場の様子も含めてご紹介します。

続きを読む

MacBookやNintendo Switchなども充電可能な大容量26800mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800 PD」が発売!実際に使ってみたので紹介【レビュー】


AnkerからもUSB PDに対応した大容量バッテリーが遂に発売!

モバイル周辺製品などを手がけるAnker(アンカー)が2017年8月14日(月)より最新の給電規格であるUSB PowerDelivery(以下、USB PD)に対応したモバイルバッテリー「[http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B06Y54R76L/kmax-22[Anker PowerCore+ 26800 PD]]」の販売を開始しました。

同製品はUSB PDを用いて最大30Wでの給電が可能となっており、バッテリー容量も26800mAhと非常に大容量となっています。希望小売価格は9,999円(税込)となっており、すでにAmazon.co.jpや一部の家電量販店などで購入が可能です。筆者もさっそく、同製品を入手しましたのでご紹介していきます。

続きを読む

倍速120HzのIGZO液晶で初の高解像度WQHDディスプレイや音声アシスタントを搭載したシャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」を紹介!無難でかつ長く使える1台に【レビュー】


シャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」をレビュー!

日本のNTTドコモおよびau、SoftBankの主要3キャリアから「2017年夏モデル」として一斉に7月7日に発売されたシャープ製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」。倍速120Hz駆動の約5.3インチWQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶ディスプレイや、付属する動いて話しかける充電スタンド「ロボクル」を活用した機能を搭載していることが特長のハイエンドモデルとなっています。

シャープのスマホと言えば、これまでの製品では販売するキャリアごとに若干異なった仕様や商品名となっていましたが、今回のAQUOS Rでは各キャリアともにほぼ共通した仕様となっており、総品名もAQUOS Rに統一。また独自の人工知能(AI)によるアシスタント機能「エモパー」も引き続き搭載します。

今回はau版の「AQUOS R(型番:SHV39)」をお借りして試用する機会に恵まれましたので、シャープ渾身のフラッグシップスマホの魅力をご紹介できればと思います。なお、au版AQUOS R SHV39でのカラーバリエーションは「マーキュリーブラック」および「ジルコニアホワイト」、「ライトゴールド」の3色展開ですが、紹介するカラーはau版のみの「ライトゴールド」となります。

続きを読む

ZTEジャパンがSIMフリースマホ「BLADE V8」やグルメ券をプレゼントするフォトコンテストを実施!応募は一眼レフカメラなども含めた他社製品でも可能


ZTEジャパンが夏休みに合わせてユニークなフォトコンテストを開催!

ZTEジャパンは8日、夏休みの期間に合わせる形でテーマに沿った自慢の「ボケ写真」を公募するキャンペーン「ZTE(ぜってえイイ)BLADE V8でボケ写真を撮りたい!」フォトコンテストを開催すると発表しています。

期間は9月4日(月)9時59分までとなり、1週間ごとに4つの応募期間が設けられています。具体的な期間は以下の通りです。各期間にてZTEジャパンの公式Facebookページ( https://www.facebook.com/ZTEJapanTerminal/ )において異なるテーマが出題され、参加者は該当投稿にコメントで写真を投稿することで参加できます。

1週目:2017年8月 8日(火)~ 8月14日(月)9時59分まで
2週目:2017年8月15日(火)~ 8月21日(月)9時59分まで
3週目:2017年8月22日(火)~ 8月28日(月)9時59分まで
4週目:2017年8月29日(火)~ 9月 4日(月)9時59分まで

なお、撮影するカメラはZTEジャパンが販売するスマートフォン(スマホ)のみではなく、他社製品や一眼レフカメラなどを用いた写真でも参加可能となっているため、ZTEジャパンの製品を持っていない人でも気軽に参加できます。

続きを読む

5.5インチ2Kディスプレイや第2世代のライカダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をじっくり紹介!個性的な化粧箱や付属品もチェック【レビュー】


第2世代のダブルカメラを搭載したSIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」をレビュー!

スマートフォン(スマホ)などをはじめとした通信機器を手がけている華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が2017年6月9日にフラグシップ「P」シリーズを冠する最新モデル「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」、「HUAWEI P10 lite」を発売しました。

価格はオープンながら希望小売価格はHUAWEI P10が65,800円(すべて税別)、HUAWEI P10 Plusが72,800円、HUAWEI P10 liteが34,800円で、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」などのECサイトや家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社から販売されています。

日本では昨年発売した前機種の「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」から特に人気が高まり、中でも上位モデルのHUAWEI P9から続く、世界的レンズメーカー「LEICA」と協業して開発したダブルレンズカメラが好評で、今年もHUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusにはそれらを進化させた第2世代のダブルレンズを搭載しているのが特長です。

さらに最大2.4GHz駆動の傘下のHiSillicon製チップセット「Kirin 960」プロセッサーや4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージなどとハイスペックとなっており、HUAWEI P10とHUAWEI P10 Plusを足すと、昨年のHUAWEI P9より1.6倍、HUAWEI P10 liteはHUAWEI P9 liteの1.8倍の売れ行きとなっているとのこと(ともにBCNの集計による発売後2週間の比較)。

さらに上位モデルの2機種ではより価格の高いHUAWEI P10 Plusのほうが販売台数が多く、PANTONEと協業したカラーバリエーション「グリーナリー」が人気となっているということです。今回はそんなHUAWEI P10 Plusをお借りしましたので、開封の儀の様子と製品のファーストインプレッションをお届けします。

なお、HUAWEI P10 Plusのカラーバリエーションは日本ではグリーナリーのほか、ダズリングゴールドの2色展開となっていますが、紹介するカラーはダズリングゴールドとなります。

続きを読む

飛行機の手荷物でもOK!USB PD対応でスマホだけでなくMacBookなどの製品も充電可能なモバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058」を試す【レビュー】


MacBook Proも充電可能なモバイルバッテリーを紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットの普及に伴って充電にモバイルバッテリーを使っているという人も多いかと思います。黎明期は5000mAh程度の容量のバッテリーが主流でしたが、今となっては20000mAhをも超えるほどの大容量バッテリーも多数販売されています。

この度、バッテリーをはじめとしたサプライ品を販売するRAVPowerより最大30WのUSB PDに対応した26,800mAhの大容量バッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058(以下、RP-PB058)」を提供いただきましたのでさっそく使用感をレビューして行きたいと思います。

続きを読む

モトローラが発売直後の新製品「Moto Z2 Play」などを試せるタッチアンドトライイベントを秋葉原駅構内で開催!拡張機器「Moto Mods」の体験も可能【レポート】


駅ナカでモトローラ製品を体験できるイベントを秋葉原で開催!

Lenovo傘下で「Moto」シリーズのスマートフォン(スマホ)などを展開するモトローラ・モビリティ・ジャパンが2017年7月15日(土)から16日(日)にかけて東京・秋葉原駅構内にて同社の製品を体験できるイベント「Motto Moto Touch and Try Event in Tokyo」を開催しています。

イベントは駅構内のイベント区画にて開催され、週末という人通りが多い環境の中、多くの人がイベントに参加していました。開催は両日ともに11時から19時まで。筆者も同イベントに参加して来たので会場の様子をレポートします。

続きを読む

ZTEジャパンが「AXON 7」や「BLADE V8」などを試せるイベントを東京ソラマチで開催!イベントの様子を写真多めで紹介【レポート】


ZTEスマホを試せるイベントをソラマチで開催!

ZTEジャパンは8日、東京・墨田区にある「東京ソラマチ」にて同社製品であるSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」や「BLADE V8」を体験できるイベントを開催しました。

イベントではタッチ&トライ以外にも製品を体験し、SNSにその模様をシェアするとZTEロゴが印字されたオリジナル自撮り棒やスマホリングがプレゼントされる特典もありました。

今回はイベントに足を運んでみたのでその様子を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

初心者にもおすすめな低価格ながら満足度の高いSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を紹介!質感はもちろんコスパも良好【レビュー】


お求めやすい価格帯のSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットなどといった情報通信機器を手がける華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月日にフラグシップ「Pシリーズ」の廉価モデルの最新機種「HUAWEI P10 lite」を日本でも発売しました。

希望小売価格は29,980円(税別、以下すべて税別)となっており、Amazon.co.jpなどのECサイトや家電量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)などを介して販売されています。

廉価版ながらも約5.2インチの高精細なフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶ディスプレイを採用。本体にはメタルフレーム素材を使用し、さらにパワーアップしたオクタコアCPUを搭載するなど、前機種「HUAWEI P9 lite」と同様にコストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。

今回、HUAWEI P10 liteをお借りする機会に恵まれましたので、ファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

台湾製品を気軽に試せるイベントが東京KITTEで開催中!近日発売予定のAR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」やGTX 1080を2基搭載した本気仕様のゲーミングノートPCの展示も【レポート】


台湾製品を気軽に試せるイベントを東京駅チカで開催!

台湾貿易センター(TAITRA)が2017年6月16日(金)から18日(日)までの3日間の日程で、台湾を代表するブランド製品をアピールするイベント「2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo」を東京駅丸の内口から徒歩1分の場所に所在する商業施設「KITTE」にて開催しています。

具体的な開催概要は以下の通りです。イベントでは、パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などといった情報通信機器のみではなく、交通分野やヘルスケアなど、台湾が強みを持った数多くの分野の製品を展示しており、筆者も同イベントに足を運んだみたので、特に気になった製品を中心にご紹介します。

時期:2017年6月16日から2017年6月18日まで
場所:東京 KITTE 1F アトリウム
主催:経済部国際貿易局
実行:台湾貿易センター


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。