S-MAX

shimajiro_mobiler

SIMフリースマホ「Wiko Tommy」はau VoLTEに正式対応!発表会翌日に試験完了とWiko Japan社長の前田氏がラジオで語る


shimajiro@mobiler

ウイコウ・ジャパン(以下、Wiko Japan)から2月25日に日本で発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Wiko Tommy(ウィコ・トミー)」(型番:P4903JP)が同社代表取締役社長の前田浩史氏によって正式に「au VoLTE」に対応と言える状況であることが明らかにされた。

au VoLTE正式対応については2017年3月16日(木)に放送されたラジオNIKKEIのラジオ番組「石川温のスマホNo.1メディア」の番組(第129回)に前田氏が出演して自ら紹介している。

続きを読む

ハイエンドスマホ「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ版とau版がAndroid 7.0 NougatへOSバージョンアップ!Always On Display機能拡張や解像度変更などの気になる点をチェック【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが2016年夏モデルのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」に最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年3月16日より配信開始した。

またauでも3月15日より「Galaxy S7 edge SCV33」に同様のソフトウェア更新を提供しており、開発・製造メーカーのサムスン電子ジャパンではこれらの2機種のソフトウェア更新についての更新内容について案内している。

更新すると、Android 7.0 Nougatになるだけでなく、HDR動画再生対応やAlways on Display機能拡張、設定メニューがシンプルでより使いやすくなるなどの多くの変更が実施されている。今回は、更新後に特に気になった点について簡単に紹介しておく。

続きを読む

ドコモオンラインショップなら「Tomoru」もプレゼント!下り最大682Mbpsに対応した国内最速モバイルルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を購入したので外観や同梱品を紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから昨日3月9日に発売された国内最速の下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)を公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて機種変更で購入した。

ドコモオンラインショップでは本体価格26,568円(すべて税込)に対して月々サポート総額が7,128円となっており、いわゆる実質負担額は19,440円と、月々サポートによる割引は控えめだ。

筆者が事前に予想していたよりも月々サポートによる割引が控えめだったので、直近で解約予定(更新月を迎える予定)の回線で発売前に予約して機種変更手続きを行なっていた。なお、この回線は更新月を迎えるタイミングにて解約の予定だ。

今回、ドコモオンラインショップにて機種変更を行った理由は、ドコモオンラインショップでは機種変更に伴う手数料(通常2,160円)が無料になるほか、頭金も設定されていないため、特別な割引が設定されていなければ、ドコモショップや家電量販店などの店頭で購入するよりも割安に購入できるからだ。

さらに、ドコモショップなどの店頭で購入する場合には待ち時間や店舗の営業時間を気にしなければならないが、ドコモオンラインショップなら好きな時に手続ができるという点でも利便性が高い。

さっそく発売日にWi-Fi STATION N-01Jが届いたので開封して本体の外観や同梱品をサクっと紹介する。

続きを読む

プラスワン・マーケティングのめざす「日本品質」でDesigned by Tokyo!?プレオープンしたSIMフリーブランド「FREETEL」の直営店「フリーテルショップ」を訪問【レポート】


shimajiro@mobiler

プラスワン・マーケティングは28日、同社の携帯電話サービス・SIMフリー製品のブランド「FREETEL」における直営店「フリーテルショップ」を2017年3月1日(水)より東京都内および埼玉に合計6店舗プレオープンすると発表した。フリーテルショップは、もともと2016年に「年内オープン予定」とされていたもので、予定より2カ月以上遅れてプレオープンとなった。

もともと、2016年内にオープン予定となっていたショップのオープンが遅れた上に「正式オープンではなく"プレオープン"扱いとなっている理由は何だろう?」と思って都内のフリーテルショップを訪問してみると、一目で「プレオープン」の意味は理解できた。今回はそんなプレオープンした都内のフリーテルショップを紹介する。

続きを読む

下り最大440Mbps対応のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」と「Speed Wi-Fi NEXT W04」が発売!量販店で一括1円+商品券5千円還元、オンラインでは3万円以上還元――機種変更も可能


shimajiro@mobiler

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)などから2017年2月17日(金)に発売となった下り最大440Mbpsに対応したホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」およびモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」(ともにHuawei Technologies製)の2機種。

今回は、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機といった家電量販店が行っているキャンペーンをまとめて紹介したい。なお、キャンペーン情報は2017年2月17日(金)時点の東京都内における店舗での調査となっている。

その他、UQではこれらの2機種についてすでにWiMAX 2+を契約している契約者向けに機種変更価格を発表しているのでそちらも合わせて紹介する。

続きを読む

mineoショップ 秋葉原がオープン!au版の中古「iPhone 5s」(16GB)が9,980円のセール販売も実施【レポート】


shimajiro@mobiler

ケイ・オプティコムが提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )は2017年2月14日(火)に「mineoショップ 秋葉原」および「mineoショップ 神戸」をオープンした。

mineoショップ 神戸ではオープニングセレモニーが実施されたが、関西電力子会社のケイ・オプティコムでは知名度の高い関西から関東への進出にも力を入れている。

それもあってか、mineoでは2月1日より東日本初の旗艦店となる「mineo 渋谷」をオープンしたばかりだが、相次いで、秋葉原エリアにmineoブランドショップをオープン。今回はオープンしたばかりのmineoショップ 秋葉原を訪れてみたのでその模様を紹介する。

続きを読む

UQ WiMAX 2+で変更になった夜間(18〜26時)の「直近3日間10GB」を超えた際の速度制限を回避する方法を紹介【ハウツー】


shimajiro@mobiler

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が高速通信サービス「WiMAX 2+」における通信速度制限を従来の「3日3GB越えで終日制限」から「3日10GB越えで夜だけ制限」へと2月2日に変更した。

速度制限対象となる条件(容量・時間帯)は制限が緩和される一方で、制限時の速度は従来の「YouTubeのHD動画が見られる程度」とする4〜6Mbps(実測)から「1Mbps程度」へと制限時の速度は大幅に低速化する。

そこで今回は「通信量を減らす」以外の回避として「ノーリミットモード」対応機種で使う方法を紹介する。

続きを読む

ワイモバイルが「下取りプログラム」でフィーチャーフォンの9600円で買い取りを3月末まで継続!ただし、PHSは対象外に


shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供している携帯電話サービス「Y!mobile」でも昨年11月から手持ちのスマートフォン(スマホ)やフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)などを買い取る「下取りプログラム」を提供している。

このワイモバイルの下取りプログラムではフィーチャーフォンの下取り価格が9,600円となっているのを2017年3月31日(金)まで継続することを案内している。一方で、契約変更時に下取り対象となっていたPHSの下取りは2017年1月末を以て終了となっている(今後再開されるのかは不明)。

続きを読む

一部のドコモショップでiPhoneに頭金を導入して値上げ!鳩のマークの「あんしんショップ」でも店舗独自に――購入はオンラインショップがオススメ


shimajiro@mobiler

ドコモショップで販売される「iPhone」シリーズに本体代金とは別に「頭金」(=店舗独自に設定される代金)が設定されていた。そのため、頭金が設定されていなかった従前と比べて本体代金そのものは同一ながらも、頭金が新設された分だけ支払い総額が値上がりしていることが確認できた。

なお、ここで言う「本体代金」は公式Webサイト「価格・料金 | iPhone | NTTドコモ」や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」での販売価格の意味で、ドコモショップなどの店頭では頭金を含めて「本体代金」と表記・説明することがある。

続きを読む

ワイモバイル、量販店や公式オンラインショップでのSIMフリースマホなどの割引施策は「お役所のガイドラインの範囲内」と説明!格安スマホの勢いに乗る


shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向けの春商戦施策や新商品などを発表した。

発表会の囲み取材では、登壇したソフトバンク執行役員 プロダクト&マーケティング統括 Y!mobile事業推進本部 本部長の寺尾 洋幸氏への囲み取材も行われた。

その中で家電量販店などでは、Y!mobileの新規契約(MNP含む)時にSIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品を同時購入すると、SIMフリー機の本体代金が割引されており、実質的なキャッシュバックが行われていることについて「お役所のガイドラインの範囲内」であるとコメントしている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。