S-MAX

shimajiro_mobiler

約6500円で買えるソフトバンクのプリペイドケータイ「Simply」を海外で現地携帯電話会社のSIMカードを挿して使ってみた!SIMロック解除はオンラインなら無料ですぐに可能【レポート】


shimajiro@mobiler

通話とSMS、Webブラウザーなどの基本機能を備えたシンプルなストレート型Androidケータイ「Simply(シンプリー)」(セイコーソリューションズ製)。昨年8月に携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」から発売され、新たに昨年12月からは携帯電話サービス「SoftBank」のプリペイドサービス「シンプルスタイル」としても販売されている。

ワイモバイルの店頭では割り引かれてで販売されている場合もあるが、シンプルスタイルなら公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」でも6,458円(税込)で販売されており、低価格で購入可能だ。

特にシンプルスタイルのSimplyは販売価格に無料チャージ4,000円分が付いており、実質2,500円相当で手軽に手に入られる(ただし、初期チャージ4,000円のうち3,240円は事務手数料として引落される)。

さらに昨年12月1日以降に購入(ワイモバイルの場合は一括払いで)した場合にはすぐに「SIMロック解除」ができるようになっており、これまでにSIMロック解除をしてみたことを紹介してきた。

そこで今回は、SIMロック解除したSimplyを海外の通信事業者のSIMカードを入れて使えるか検証してみたので紹介する。

続きを読む

NTTドコモのタブレット「dtab Compact d-01J」に付属したeSIM対応SIMカードは他の機種に差し替えて利用可能!SIMフリースマホなどでも使え、対応機種ならVoLTEもOK【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモが昨年5月25日に発売したAndroidタブレット「dtab Compact d-01J」を購入した。発売当初からいわゆる“潜る”価格で販売されており、端末価格を含めても月々810円の月々サポートが利用料から割り引かれるようになっている。

このdtab Compact d-01Jは、同社初の組み込み型SIMカード「eSIM」を採用しているのも特徴で、NTTドコモでは公式にはdtab Compact d-01Jに付属するSIMカード(eSIMではあるものの、実際にはnanoSIMカードが装着されている)を他のeSIM非対応機種に差し換えて使用することはできないと案内している。

しかしながら、発売後の情報ではこのeSIMに対応したdtab Compact d-01JのSIMカードがdtab Compact d-01J以外でも使えるといった情報もあり、今回は実際に購入してdtab Compact d-01J以外でも使えるのかといった点を検証してみた。

結論から言えば、NTTドコモのeSIMは従来のSIMカードとまったく同様にNTTドコモのeSIM対応機種以外でも利用できるほか、SIMフリー製品でも問題なく利用できたので、少なくともdtab Compact d-01Jのように他の製品と同じくSIMカードが簡単に取り出せるようなものであれば、利用者側で“eSIMかどうか”を意識する必要はないようだ。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 9」などで緊急地震速報を受信したら注意したい点を紹介!大抵はすぐに確認するだろうけど……【レポート】


shimajiro@mobiler(写真はHUAWEI Mate9には緊急地震速報受信を知らせるメッセージ)

茨城県沖を震源とする地震が2018年1月5日(金)11時2分頃に発生し、東京都内にも緊急地震速報が配信された。結果的に複数の震源を同一と誤認識し、緊急地震速報が配信されるほどの大きな揺れではなかったのが幸いだった。

一方で地震発生からしばらくして帰宅すると、家に置きっぱなしにしていたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 9」の画面が点灯しており、緊急地震速報を受信したことを知らせるメッセージが表示されていた。

もちろん、ファーウェイのSIMフリースマホが緊急地震速報などの「緊急速報メール」に対応している件については同社の公式Webサイトにも明記されており、このこと自体は問題がないどころかきちんと受信していたということになる。

ところが、ふと「HUAWEI Mate 9もきとんと緊急地震速報を受信するんだなぁ」と思いながら、そのHUAWEI Mate 9のバッテリー残量を見てみると、家を出る前には(ほぼ)100%だったはずの電池残量が20%になっており、家を出る前に比べて大幅にバッテリーが減っているのに気付いた。

続きを読む

ファーウェイの最新プレミアムSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」が30%ポイント還元で約6.5万円相当に!dポイント関連キャンペーンを活用して購入【レポート】


shimajiro@mobiler

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が12月1日に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro(以下、Mate 10 Pro)」をNTTぷららが運営するWebストア「ひかりTVショッピング」にて購入した。

ひかりTVショッピングでは、Mate 10 Proに対する特別なキャンペーンなどなどは行われていないものの、NTTドコモの「dポイントクラブ」が提供中の「dポイント 冬のスーパァ~チャンス!」キャンペーンをフル活用すると、dポイント(期間・用途限定)が最大30倍還元される。

そのため、12月17日時点でのMate 10 Proの販売価格92,800円(税込)を購入すると、最大で27,840円ポイントがdポイントとして還元される。ポイントを差し引きして考えると、実質価格は64,960円相当となる。

Mate 10 ProはHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズにおいてより最新のトレンドを取り入れたカスタマイズモデルで、日本市場でニーズの高い防水・防塵やほぼ全画面デザインの縦長ディスプレイなどを採用している。

またファーウェイ傘下のHiSilicon Technologies製のAI(人工知能)処理に特化した専用プロセッサーを内蔵した最新ハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 970」を搭載し、世界シェア3位まで上り詰め、さらに上のSamsung ElectronicsやAppleの上位機種にも引けを取らない製品に仕上がっている。

筆者は昨年発売された前機種「HUAWEI Mate 9」を気に入って使っていたので特に買い換えなくても満足はしていたものの、やはりその後継機種ということもあって気になっていた上にライバルの2社の上位機種と比べれば価格的にかなり安い半額程度相当で買えることもあったので購入してみた次第だ。

続きを読む

大特価セール「サイバーマンデー」も対象!アマゾンの支払いをNTTドコモのキャリア決済「ドコモ ケータイ払い」にすると最大15%還元キャンペーン実施中


shimajiro@mobiler

NTTドコモが同社の携帯電話サービスを契約している人向けに提供する決済サービス「ドコモ ケータイ払い」(いわゆる「キャリア決済」)を大手Webストア「Amazon.co.jp」で使うと「dポイント」が最大15%還元されるキャンペーンを開催している。

キャンペーン期間は2016年12月6日(水)〜2018年1月8日(月)までで、最大15%のdポイント還元を受けるにはエントリーが必要。キャンペーンの詳細確認およびエントリーは公式Webページ「ご利用いただけるサイト - Amazon|ドコモのケータイ払い」にて行える。

キャンペーン期間中には、本日12月8日18時より開催されるAmazon.co.jpの大規模セール「サイバーマンデー」もあり、セール期間中の買い物にドコモ ケータイ払いを選べば、dポイントが通常の5倍付与されるのでお得になるので是非チェックしてみて欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。