S-MAX

2106bpm(つとむびーぴーえむ)

ファーウェイの最新ノートPC「MateBook X Pro NEW」「MateBook 13 NEW」、「MateBook D 15」を写真で紹介!13のRyzenモデルも追加【レポート】


ファーウェイの最新ノートPC3機種を写真でチェック!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインで新製品発表会を開催し、日本市場に投入する最新のハイエンドノートパソコン(PC)「HUAWEI MateBook X Pro NEW」(Huawei Technologies製)を6月5日(金)から発売すると発表した。

MateBook X Pro NEWは「HUAWEI MateBook X Pro (Core i5 model)(型番:MAHCAHH55CNCNNUA)」と「HUAWEI MateBook X Pro (Core i7 model)(型番:MAHCAEH75DNCNBUA)」の2モデルをラインナップしており、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格はCore i5 modelが197,780円、Core i7 modelが263,780円(金額はすべて税込)で販売中だ。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。これまで紹介してきた社のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様に、本記事では体験会にて最新のノートPCに触れることができたので、写真を交えながら外観や特徴をレポートする。

なお、体験会では今年の4月24日に発売した「HUAWEI MateBook 13 NEW」と、同じく4月10日から順次発売した「HUAWEI MateBook D 15」にも触れることができたので、その2機種もまとめてレポートする。また同社は16日、HUAWEI MateBook 13 NEWに新たにAMDプロセッサー「Ryzen」を搭載したモデルを6月19日(金)に発売すると発表した。市場想定売価は87,780円となっている。

続きを読む

ファーウェイの最新タブレット「MatePad Pro」と「MatePad」、「MatePad T 8」を写真で紹介!10.8から8インチまで3モデル【レポート】


ファーウェイの最新タブレット3機種を写真でチェック!

華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンラインで新製品発表会を開催し、日本市場向けのタブレット製品として「HUAWEI MatePad Pro(型番:MRX-W09)」「HUAWEI MatePad(型番:BAH3-W09)」「HUAWEI MatePad T 8(型番:KOB2-W09)」(いずれもHuawei Technologies製)の3モデルを発表した。

このうちMatePad ProとMatePadは2020年6月12日(金)から販売を開始しており、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格はMatePad Proが65,780円、MatePadのLTEモデルが39,800円、Wi-Fiモデルが32,780円(金額はすべて税込)となっている。

また、MatePad Pro専用のアクセサリー製品として、Bluetoothに対応したワイヤレスキーボード「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」が16,280円、MatePad ProとMatePadに対応したデジタルペン「HUAWEI M-Pencil」が10,890円で販売されている。

HUAWEI MatePad T 8は7月上旬発売予定で、ファーウェイ公式の楽天市場およびPayPayモール店における価格は15,290円となっており、現在は予約販売中だ。発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。

同時に発表されたSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」「HUAWEI P40 lite E(型番:ART-L29N)」のレポートと同様に、本記事では体験会にて最新のタブレットに触れることができたので、写真を交えながら3製品をまとめて外観や特徴をレポートする。

続きを読む

ファーウェイの最新SIMフリースマホ「HUAWEI P40 lite E」を写真で紹介!5G非対応で2万円台の超低価格スタンダードモデル【レポート】


ファーウェイの「HUAWEI P40 lite E」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンライン新製品発表会を開催し日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 lite E(型番:ART-L29N)」(Huawei Technologies製)を2020年6月19日(金)に発売すると発表した。

すでに予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜24,800円(税込27,280円)と、かなり低価格な製品になっている。販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、量販店では10%ポイント還元の実質2万5千円程度となっている。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。先の記事で紹介したフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」やミドルレンジモデル「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」同様、本記事では体験会にてHUAWEI P40 lite Eに触れることができたので、写真を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む

ファーウェイの最新SIMフリースマホ「HUAWEI P40 lite 5G」を写真で紹介!約4万円の低価格で5Gに対応【レポート】


ファーウェイの「HUAWEI P40 lite 5G」を写真でチェック!

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンライン新製品発表会を開催し日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)として次世代通信規格「5G」に対応した低価格帯モデル「HUAWEI P40 lite 5G(型番:CDY-NX9A)」(Huawei Technologies製)を2020年6月19日(金)に発売すると発表した。

すでに予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜39,800円(税込43,780円)で、5G対応ながら税込でも4万台前半と低価格な製品になっている。販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、量販店やそのECサイトでは10%ポイント還元で実質4万円を切っている。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。先の記事で紹介したフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」同様、本記事では体験会にてHUAWEI P40 lite 5Gに触れることができたので、写真を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む

ファーウェイの最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40 Pro 5G」を写真と動画で紹介!進化した50倍ズームペリスコープカメラなど【レポート】


ファーウェイの「HUAWEI P40 Pro 5G」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2日、オンライン新製品発表会を開催し日本市場向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)として次世代通信規格「5G」に対応したフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」(Huawei Technologies製)を2020年6月12日(金)に発売すると発表した。

すでに予約販売を開始しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜108,800円(税込119,680円)となっている。販売拠点はファーウェイ 楽天市場店やファーウェイ PayPayモール店のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)で、今年4月に発売した「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」と比べるとかなり取扱店が増えている。

発表会はオンラインで開催されたが後日、報道陣向けに今回発表された新製品のタッチアンドトライができる製品体験会を都内で開催した。本記事では、その体験会にてHUAWEI P40 Pro 5Gに触れることができたので、写真や動画を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。