S-MAX

2106bpm(つとむびーぴーえむ)

LINE:ディズニー ツムツムにリトル・マーメイドの新ツム「曲付き ロマンスアリエル」と「トリトン王」が登場!さっそく試してみた【レビュー】


ロマンスアリエルとトリトン王が登場!

LINE Corp.が無料通話・無料メールとして展開する「LINE(ライン)」と連携したゲームサービス「LINE GAME(LINEゲーム)」の、カジュアルパズルゲームアプリ「LINE:ディズニー ツムツム」において、リトル・マーメイドシリーズの新ツム「ロマンスアリエル」と「トリトン王」が1日に追加された。

新しい2種類のツムはいずれも、30,000コインと交換できる「プレミアムBOX」のツムとして追加され、アプリ内の「ツムツム ストア」から購入できるプレミアムBOXから引き当てることになる。また、ロマンスアリエルはプレイ中のBGMが変わる「曲付き」ツムとなっている。

今回はこの2つの新しいツムをプレイ動画も含めて紹介する。

続きを読む

ちょっぴりセクシーなiPhone 6用のオリジナルケースを作ってみた!ケースをデザインして通販で購入できるサービス「プリスマ」【レビュー】

iPhone 6用のケースをセクシーな画像で作ってみた!

スマートフォン(スマホ)など向けアクセサリーを販売するジービーエス(GBS)が展開するiPhone向けのケースを簡単に作れる「プリスマ」は、オリジナルのiPhoneケースが1個から作ることができるサービスだ。

価格も1個当たり1,980円(税込)と非常に手軽で、お気に入りデザインのiPhoneケースの作成はもちろん、プレゼント用にオリジナルのiPhoneケースを作るといった使い方もできるサービスだ。

これまでにもiPhoneのホーム画面のケースや、コスプレイヤーさんの写真を使ったケース、さらにベースとなる4種類すべてのケースを比較するなどしてきたが、iPhone 5/5s用のケースでの紹介も多かったので、今回は、iPhone 6用の2種類のケースを筆者が、撮影したちょっぴりセクシーな写真で作ってみたので紹介する。

加えて、リニューアル後のプリスマアプリで便利だと感じた点も紹介していく。

続きを読む

オリジナルのiPhoneケースが手軽に1個から作れて通販で購入できるサービス「プリスマ」が大幅リニューアル!新機能が追加されたプリスマアプリの使い勝手を試してみた【レビュー】

プリスマが大幅リニューアル!

スマートフォン(スマホ)など向けアクセサリーを販売するジービーエス(GBS)が展開するiPhone用ケースを簡単に作れる「プリスマ」は、オリジナルのiPhoneケースが1個から作ることができるサービスだ。

あらかじめ用意されたベースのケースから、好みの素材や色のケースを選び、そのケースに自分で作成したイラストや写真をプリントして「自分だけのiPhoneケース」を作ることができる。

iPhone向けのアプリ「プリスマ」でケースの選択からデザインまで可能で、デザインを決めればネット経由の通販で購入することができるというものだ。

価格も1個当たり1,980円(税込)と非常に手軽で、お気に入りデザインのiPhoneケースの作成はもちろん、プレゼント用にオリジナルのiPhoneケースを作るといった使い方もできる。

これまでにも「S-MAX(エスマックス)」では、「LINE:ディズニーツムツム」のケースや、iPhoneのホーム画面のケースコスプレイヤーさんの写真を使ったケースなどを作り紹介してきたが、今回このプリスマが、22日に大幅リニューアルをしたので、プリスマのサービスとあわせて紹介していこうと思う。

続きを読む

コスプレイヤーさんを撮影した写真でオリジナルiPhoneケースを作ってみた!ケースをデザインして通販で購入できるサービス「プリスマ」【レビュー】

コスプレ画像でiPhoneケースを作ってみた!

スマートフォン(スマホ)など向けアクセサリーを販売するジービーエス(GBS)が展開するiPhone向けのケースを簡単に作れる「プリスマ」は、オリジナルのiPhoneケースが1個から作ることができるサービスだ。

価格も1個当たり1,980円(税込)と非常に手軽で、お気に入りデザインのiPhoneケースの作成はもちろん、プレゼント用にオリジナルのiPhoneケースを作るといった使い方もできるサービスだ。

これまでにも「LINE:ディズニーツムツム」のケースや、iPhoneのホーム画面のケースなどを作ってみたが、今回は筆者が撮影したコスプレイヤーさんの写真でiPhoneケースを作ってみたので紹介する。

続きを読む

大人気アプリ「ねこあつめ」のオリジナルiPhoneケースを作ってみた!ケースをデザインして通販で購入できるサービス「プリスマ」【レビュー】

記事の内容的に問題があるとの指摘を受け、内容を再度精査中です。続きを読む

LINE:ディズニー ツムツムでプレイヤーレベル150を達成!スコアボーナスがプラス25%に【ハウツー】


祝!レベル150達成!

LINE Corp.が無料通話・無料メールとして展開する「LINE(ライン)」と連携したゲームサービス「LINE GAME(LINEゲーム)」の、カジュアルパズルゲームアプリ「LINE:ディズニー ツムツム」が昨年の1月29日にサービスを開始してからおよそ1年4ヶ月が経過した。

これまで筆者は、ツムツムを無課金でサービスインから毎日のようにプレイしてきたが、およそ9ヶ月でプレイヤーレベルが100を達成し、さらに7ヶ月を経て、プレイヤーレベル150を達成することができた。今回はレベル150を達成するとどのような効果があるのか、レベル150になる瞬間のプレイ動画も含めて紹介する。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2015:Salom Japan、ドロイド君チャージャーの新色や急速充電QC2.0対応製品を展示【レポート】


ドロイド君チャージャーに新製品!?

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2015(ワイヤレス ジャパン 2015)」が、27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催している。

展示会場では、さまざまなモバイル・通信関連の出展がされているが、Salom Japan(サロム・ジャパン)のブースではスマートフォンやタブレット端末の周辺機器の展示やデモを行っている。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2015:KDDI研究所が「60GHz帯ミリ波無線プロトタイプ」の展示とデモ!先回りしてコンテンツをダウンロードするスポットネットワークの活用技術【レポート】


DLするコンテンツが先回りしてスタンバイ!?

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2015(ワイヤレス ジャパン 2015)」が、本日27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催している。

展示会場では、さまざまなモバイル・通信関連の出展がされているが、KDDI研究所のブースでは「第5世代のスポットネットワークの活用技術」として、CCN (Content Centric Networking)を用いた「60GHz帯ミリ波無線プロトタイプ」の展示・デモを実施している。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2015:NTTドコモが次世代移動通信システム「5G」を展示!協力ベンダーに「三菱電機」と「ファーウェイ」の2社を追加し合計8社へ【レポート】


ドコモが次世代通信規格5Gの取り組みを昨年に引き続き紹介!

ワイヤレス産業のイベント「WIRELESS JAPAN 2015(ワイヤレス ジャパン 2015)」が、本日27日(水)から29日(金)までの3日間、東京ビッグサイトの西3・4ホールおよび会議棟で開催している。

展示会場では、さまざまなモバイル・通信関連の出展がされているが、NTTドコモのブースでは、昨年に引き続いて次世代移動通信システム「5G(5th Generation:第5世代)」の取り組みについての展示・紹介をしている。

続きを読む

新しいディズニースマホは「ミッキーウィンドウカバー」が超カワイイ!5.2インチフルHD液晶搭載スマホ「Disney Mobile on docomo DM-01G」を写真と動画でチェック【レポート】

今回はシンデレラ推し!?今度のディズニースマホも買いだ!

既報の通り、NTTドコモは13日、今夏に発売・提供する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を開催し、Android 5.0(開発コード名:Lollipop)を搭載したLGエレクトロニクス製のスマートフォン「Disney Mobile on docomo DM-01G」(以下、DM-01G)を、2015年5月下旬に発売する予定だと発表した。

Disney Mobile on docomoとしては、初めてLGエレクトロニクス製のモデルとなり、今回から新たに製品型番もメーカー名ではなくDisney Mobileを意味する「DM」型番に変更している。一方これまで通り、担当する製造メーカーが変わっても、ディズニーの世界観はしっかりと保たれており、今回のDM-01Gにおいてもそれは例外はでない。

そんなDM-01Gを発表会のタッチ&トライコーナーで試すことができたので、写真と動画でレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。