S-MAX

yukito_kato

Synapticsが世界初のディスプレイ一体型指紋認証センサー「Clear ID」を製品化!メーカーへのOEM提供を開始し、ほぼ全画面スマホに搭載へ


Synapticsが世界初のディスプレイ一体型の指紋認証センサーをOEM提供開始!

タッチパッドや指紋認証センサーなどの入力機器ベンダーとして有名なSynapticsは12日(現地時間)、世界初のディスプレイ一体型の指紋認証センサー「Clear ID FS9500」のOEM提供を開始したと発表しました。

あくまでスマートフォン(スマホ)などの製造元であるメーカーに量産品をOEM提供開始しただけですので、すぐに一般消費者向けの完成したスマホなどの製品が発売されるというわけではありませんが、量産開始ということなのでそう遠くない時期に内蔵した製品が出てきそうです。

また発表では5大OEMへ出荷したとのことで、残念ながら具体的なメーカー名は挙げられていませんが、過去には「Galaxy S5」がSynapticsの指紋センサー「Nature ID」シリーズを搭載していたりします。

なお、同社は来年1月にアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大級の家電見本市「CES 2018」に出展するということで、これに合わせてどこかのメーカーが搭載製品を発表するかもしれません。

続きを読む

iPhoneなどの最新プラットフォーム「iOS 11.2」にスマートホームサービス「Homekit」においてゼロデイ脆弱性が存在!すでにAppleが修正済みで一部を除くユーザーは何をしなくてOK


iOS 11.2におけるHomekitにゼロデイ脆弱性が見つかる!

2017年12月7日(現地時間)にApple系海外Webメディアの9to5Macは7日(現地時間)、iPhoneやiPadなどにおいて最新プラットフォーム「iOS 11.2」に「Homekit」におけるフレームワークにゼロデイ攻撃を受け得る脆弱性が存在していたと報じています。

なお、同メディアではこの脆弱性はサーバー側の問題であり、Appleがすでに修正済みのため、利用者が影響を受けることはなくなったとしています。一部利用者はHomekitの一部機能が制限されており、今週中にリリースされる予定のiOSのOSバージョンアップが必要になるとしています。

続きを読む

Google、スマホなど向けOS「Android」の2017年12月度のセキュリティーパッチを提供開始!署名済みアプリに悪意のコードを埋め込めてしまう脆弱性「Janus」などが修正


Androidのバグを悪用することで署名済みアプリに悪意のコードを埋め込めてしまう脆弱性が修正!

Googleは4日(現地時間)、同社が開発するスマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」における2017年12月度のセキュリティーパッチを提供開始したとお知らせしています。

すでにAndroidのオープンソース版「AOSP(Android Open Source Project)」のほか、Googleブランドの「Nexus 6P」や「Nexus 5X」、「Nexus Player」、「Pixel」シリーズ向けには順次OTAも配信開始されおり、ファクトリーイメージも公開されています。

これにより、40件の脆弱性が修正され、その中には署名済みの信頼できるアプリに悪意のあるコードを埋め込める脆弱性、通称「Janus」が含まれていました。Janusは、今回修正された脆弱性の中でも一番タチが悪く、非常に大きなセキュリティーインシデントを発生させる原因となるものでした。

続きを読む

次の10億ユーザーの獲得をめざす軽量版Android「Oreo Go edition」の対応にMediaTekとQualcommが動き出した!正式サポートで、iPhoneを買えないユーザーを狙い撃ち


新興国など向け低性能版「Android Go」の8.1 Oreo対応へMediaTekとQuallcommが動き出す!

既報通り、Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」における正式版をリリースしました。

このAndroid 8.1 Oreoの主な変更点にあるのが内蔵メモリー(RAM)が1GB未満の性能が低い機種でも動作する軽量版「Android Go」への最適化で、Googleではこれを「Android Oreo Go edition」と呼び、主に新興国など向けの“次の10億ユーザー”獲得の切り札として投入します。

それに合わせて少し紹介していましたが、大手チップセット(SoC)メーカーであるQualcommとMediaTekがそれぞれAndroid Oreo Go editionをサポートすることを発表しました。

続きを読む

キーボードアプリ「ai.type」のAndroid向けにて3100万ユーザーの個人情報を誤って外部に公開していたことが判明!MongoDBの設定ミス


キーボードアプリ「ai.type」のAndroid版が3100万件ものユーザーの個人情報を誤って外部公開!

MacKeeper傘下のKromtech Security Centerは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けのキーボードアプリ「ai.type」のAndroid版にて約3100万件もの個人情報が誤ってインターネット上に公開されていることが明らかになったと発表しています。

ai.typeはAndroid向けおよびiPhoneなどのiOS向けアプリがあり、今回問題があったAndroid版についてもアプリ配信マーケット「Google Playストア」にて約4000万ダウンロードされている人気アプリです。

Kromtechによると原因はデータベース「MongoDB」の設定ミスとのこと。幸いにも日本語には対応していないのですが、Google Playストアのレビューにはちらほらと日本のユーザーのものが掲載されていることから日本人にはまったく関係無いという訳でもなさそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。