S-MAX

ニコニコ生放送 を含む記事

iPhoneやiPadでPlayStation 4のリモート操作ができる公式iOS向けアプリ「PS4 Remote Play」が公開!最新システムソフトウェア6.50の提供開始に合わせて


iPhoneやiPad向けPS4 Remote Playアプリが提供開始!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は7日、ゲーム機「PlayStation 4(以下、PS4)」のシステムソフトウェア バージョン6.50を2019年3月7日(木)18時より提供開始したと発表しています。合わせて新たにiOS向けリモートプレイアプリ「PS4 Remote Play」を公開しています。

PS4 Remote Playは無線LAN(Wi-Fi)経由でPS4をリモート操作できるアプリで、これまでスマートフォン(スマホ)およびタブレットでは「Xperia」シリーズので利用できていましたが、新たにiPhoneやiPadでも利用可能となりました。

対応機種はiPhone 7シリーズ以降およびiPad(第6世代)以降、iPad Pro(第2世代)以降でiOS 12.1以降を搭載していること。なお、Androidについても同日にPS4 Remote Playアプリが最新のバージョン2.8.0が公開されていますが、現時点では従来通りにXperia以外は利用できない模様。

続きを読む

NTTドコモ、2017夏モデルを発表!スマホ7機種やタブレット1機種の合計8機種+新色1機種――新料金プラン「docomo with」や4K・HDR、みえる留守電、進化版スグ電、下り最大788Mbpsなど


NTTドコモが8機種・新色1機種の2017夏モデルを発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催し、発表会の模様は「YouTube」や「ニコニコ生放送」といった各動画配信サイトにてライブ配信およびオンデマンド配信が行われ、また公式Twitterアカウント「@docomo」や公式Facebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しています。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ Premium SO-04J」および「Xperia XZ SO-03J」、「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy S8 SC-02J」、「Galaxy Feel SC-04J」、「AQUOS R SH-03J」、「arrows Be F-05J」の7機種、タブレットが「dtab Compact d-01J」の1機種と合計8機種を投入します。また今年2月に発売されたディズニースマホ「Disney mobile on docomo DM-01J」の新色ホワイトも発売されることが発表されました。

すでにこれらの機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。さらに、旗艦店「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋では順次展示も実施しています。

さらに以前に発表していた家族間のみの通話定額が利用できる月額980円(税別)の新料金プラン「シンプルプラン」の申込が本日5月24日に開始されたほか、新たに月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」も発表され、対象機種はGalaxy Feel SC-04Jとarrows Be F-05Jの2機種でそれぞれ価格(税込)は36,288円(1,512円/月×24回)および28,512円(1,188円/月×24回)と購入しやすくなっています。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」が変調方式「256QAM」やマルチアンテナ「4x4 MIMO」に加えて、新たに伝送モードを変更して制御チャンネルの情報量を減らすことによって国内最速の下り最大788Mbpsを2017年8月以降に対応するXperia XZ Premium SO-04JやGalaxy S8+ SC-03J、AQUOS R SH-03J、すでに販売しているモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」にて利用可能となるとのこと。

また昨年夏に導入された「スグ電」がさらに進化し、話した「バイバイ」や「じゃーね」、「ほな、さいなら」などといった内容で終話することでできるようになります。その他、新サービスとしても「dジョブ」や「dエンジョイパス」も導入され、ホームコミュニケーションデバイス「petoco(ペトコ)」も共同開発で提供されます。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む

NTTドコモが「2017夏モデル」の新商品・新サービス発表会を5月24日12時から開催!告知Webページが公開され、ライブ中継も実施予定


docomoが5月24日に2017夏モデル新商品・新サービス発表会を開催!

NTTドコモは16日、2017年5月以降に発売予定の新商品や新しく提供する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を2017年5月24日(水)12:00から開催するとお知らせしています。

また、発表会の様子は動画配信サービス「YouTube」や「ニコニコ生放送」にてインターネット配信でライブ中継されるほか、発表会会場隣のメディア向け展示エリアからニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏が同社の公式Twitterアカウント( @docomo )で生レポートするとのこと。

生レポートでは発表会の中では伝えきれなかった新商品情報などを紹介し、発表会当日14時頃からスタート。さらに、新機種は発表される5月24日15時から「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」の1カ所にて展示されるということです。

続きを読む

動画配信ユーザー必見!ロケットモバイルから上り無制限の新料金プラン「アゲアゲプラン」発表ーー最初の6ヶ月はキャンペーン価格で基本料金980円から


先着500名限定!ロケットモバイルから上り無制限の新料金プランが登場!


3月21日、「ロケットモバイル」のブランド名でMVNO(仮想移動体通信事業者)通信・携帯電話サービス展開しているエコノミカルは、上りのデータ通信に特化した新しい料金プラン、アゲアゲプラン」を2017年4月1日から開始すると発表し、同時に加入の事前受付を先着500人限定で開始すると発表しました。

既にロケットモバイルのホームページにて受付を開始しており、定員になり次第、新規での受付が終了となります。

アゲアゲプランは上り特化のコンセプト通り、「アップロード」(上りの通信)に関しては際限なくパケット量を使い放題で利用できる料金プラン(下りについては1GBにつき500円の上限なしの従量課金制)で、基本料金は1480円(税抜)に下りにで発生したデータ容量分が従量で発生します。(例:下りでのデータ利用料が1GB以上、2GBだった場合は、1480円+1000円=2480円となります。)

また、基本料金は、最初の6か月間は基本料金が980円(税抜)となるキャンペーンが適用されるということです。

続きを読む

NTTドコモ、2016-2017冬春モデルを発表!スマホ8機種やケータイ4機種、モバルー1機種の合計13機種――PREMIUM 4Gは256QAMと4×4 MIMOで下り最大682Mbpsまで高速化


NTTドコモが総勢13機種の2016-2017冬春モデルを発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表しています。また、本日12:00から都内でこれらの新商品および新サービスを披露する発表会を開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2016-2017冬春 新サービス・新商品発表会 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

ライブ配信サイトは「YouTube」や「ニコニコ生放送」、「LINE LIVE」でも閲覧可能。さらに、公式Twitterアカウント「@docomo」や公式Facebookページ「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿するかもしれませんので合わせてチェックしてみてください。

発表されたのは、スマートフォン(スマホ)が「Xperia XZ SO-01J」および「Xperia X Compact SO-02J」、「arrows NX F-01J」、「AQUOS EVER SH-02J」、「V20 RRO L-01J」、「MONO MO-01J」、「Disney Mobile on docomo DM-01J」、「らくらくスマートフォン4 F-04J」の8機種、ケータイが「らくらくホン F-02J」および「キッズケータイ F-03J」、「AQUOS ケータイ SH-01J」、「P-smart ケータイ P-01J」の4機種、モバイルWi-Fiルーターが「Wi-Fi STATION N-01J」の1機種と合計13機種を投入します。残念ながら爆発問題がある「Galaxy Note 7 SC-01J」の発表は見送られました。

すでにこれらの機種のうちのXperia XZ SO-01JおよびXperia X Compact SO-02J、AQUOS EVER SH-02J、MONO MO-01J、arrows NX F-01J、AQUOS ケータイ SH-01J、P-smart ケータイ P-01J、らくらくホン F-02Jの2016年内に発売予定の8機種については全国ドコモショップおよび公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などのオンライン予約にて事前予約受付が開始されています。さらに、旗艦店の「ドコモショップ丸の内店」および「ドコモショップグランフロント大阪店」、「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」の3カ所では12時より順次展示も実施予定。

一方、サービス面ではLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速データ通信サービス「PREMIUM 4G」に変調方式「256QAM」を導入して下り最大500Mbpsに高速化し、2017年3月には全国125都市で500Mbps超のエリア展開を予定。対応機種はXperia XZ SO-01JおよびV20 PRO L-01Jの2機種。さらに3.5GHz帯(Band 48)のTD-LTE方式では256QAMに加え、2017年3月に4×4 MIMOも導入して下り最大682Mbpsまで高速化します。対応機種はWi-Fi STATION N-01Jのみ。

さらに昨年のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へのOSバージョンアップと同様に今年も2016-2017冬春モデルのAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップを早期実施する予定で、今冬以降順次提供予定とのこと。なお、V20 PRO L-01Jはすでに発売時よりAndroid 7.0 Nougatを搭載済み。

また、スグ電の使い勝手向上や対応機種拡大(2016-2017冬春モデルではスマホ全機種対応)のほか、機能面では音響に力を入れてハイレゾ音源対応機種の拡大やフロントスピーカー&DSEE HX対応(Xperia XZ SO-01JおよびXperia X Compact SO-02J)、arrows NX F-01JではONKYOと共同設計、V20 PRO L-01JはBang & Olufsenが監修かつスマホでは世界初の32bitのQuad-DAC搭載などとなっています。

その他、みまもり機能を充実させ、キッズケータイやルーターと周辺機器を連携させ、専用の通知デバイス「Tomoru」を公式アクセサリーブランド「docomo select」などから販売し、子どもや自宅の安全を確認しやすくするサービスを強化しています。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。