S-MAX

iPhoneアプリ を含む記事

iPhoneでシャッター音を鳴らさずに撮影できるカメラアプリ「Microsoft Pix」がバージョンアップ!フラッシュ機能が追加され、タイマーなどと一緒に簡単に設定できるように


マイクロソフトのiPhoneなど向け無音カメラアプリ「Pix」がバージョンアップ!

Microsoftは6日(現地時間)、iPhoneなどのiOS搭載機種向けカメラアプリ「Microsoft Pix」の最新バージョン(1.0.28)を配信開始し、新たにフラッシュ機能を追加するなどしたとお知らせしています。

合わせてフラッシュはグリッド表示のオン・オフおよびタイマー設定と一緒にワンボタンで簡単に設定を変更でき、フラッシュがオンになっているときにはフラッシュアイコンが表示されるようになっています。

すでに提供されている「iPhone 7 Plus」のデュアルレンスをサポートによる望遠(光学2倍)切り替えボタンとともに簡単で便利に使えるようになっています。

なお、Microsoft Pixは以前からシャッター音を鳴らさずに無音でカメラ撮影ができるとして日本では一部で話題となっていましたが、引き続き、バージョンアップ後も無音で撮影できるようになっています。

続きを読む

写真共有サービス「Instagram」のiPhoneアプリがピンチ操作による画像・動画の拡大に対応!最新バージョン9.2で利用可能――Androidでも数週間で導入へ


InstagramのiPhoneアプリがピンチズームに対応!

Facebook傘下のInstagramは31日(現地時間)、人気の写真共有サービス「Instagram」のAndroidおよびiOS向けアプリをバージョンアップし、iPhoneアプリの最新バージョン9.2ではピンチ操作によるズームに対応したとお知らせしています。

すでにアプリ配信マーケット「App Store」にて配信されており、今後数週間程度でAndroidでも利用できるようになるとしています。利用料は無料。

続きを読む

リクルートライフスタイル、男性の妊活・不妊治療に役立てる精子の濃度と運動率が測れるスマホ向けサービス「Seem」をテスト販売!iPhoneに顕微鏡レンズを付けてアプリで観察・解析


精子の濃度と運動率が測れるスマホ向けサービスが登場!

リクルートライフスタイルは12日、スマートフォン(スマホ)で自分の精子の濃度と運動率が簡単に測れるサービス「Seem(シーム)」を提供開始すると発表しています。

スマートフォン(スマホ)に装着する顕微鏡レンズが入った「Seemキット」を2016年4月末より東京都内・近郊の一部クリニックおよび薬局にて期間限定で500個限定のテスト販売します。価格は5,000円(税別)。

なお、利用には無料の専用iPhoneアプリが必要で、アプリ利用時に個人情報などの登録は不要だということです。

続きを読む

フードデリバリーサービス「LINE WOW」が11月13日にサービス終了に!iPhoneアプリしかリリースされず、約1年で早々に撤退


LINE WOWが約1年でサービス終了に!

LINE Corp.は2日、フードデリバリーサービス「LINE WOW」( http://wow.line.me )を2015年11月13日(金)に終了すると発表しています。

サービス開始以降、多くの利用者に使われてきたとしながらもさらなるLINEの事業拡大のために既存サービスや新サービスの開発・運営に力を注いでいくとしています。なお、最終受付は2015年11月13日(金)16:00となっています。

続きを読む

過去・現在・未来の情報配信!雑誌感覚で読めるiOS向けアプリ「Rivista(リヴィスタ)-時間概念を持った女性向けキュレーションマガジン」を紹介【レビュー】


女性に特化した新感覚キュレーションマガジン!

今回紹介するiPhoneやiPadなどで使えるiOS向けアプリ「Rivista(リヴィスタ)-時間概念を持った女性向けキュレーションマガジン」は、一般的なニュースアプリとしてではなく、エンタメや時事ネタをはじめ、ファッションや美容、フード、カルチャーなどの最新情報を雑誌感覚でスキマ時間に読むことができます。

大きな特徴としては「過去」および「現在」、「未来」のカテゴリーに分かれた幅広い情報を必要なときに読むことができる楽しさがあります。

さらに、ママやファミリー、マタニティー、ウェディングなどなどの情報も選択することで、いま必要な情報をチェックできますよ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。