勢いに乗るソニーのミラーレスカメラ α7 IIIだ!

カメラ映像機器工業会(CIPA)は3月1〜4日に渡ってパシフィコ横浜などにてカメラと写真映像のプレミアムショー「CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018(CP+2018)」を開催した。今年の登録来場者数は目標の7万人に一歩及ばずの6万8111人だったが、昨年よりも1446人増加している。

今回もワールドプレミア(世界初公開)製品の中から投票により「ワールドプレミアアワード」の3製品が決定した。レンズ交換式カメラ部門ではソニーの「α7 III」、交換レンズ部門ではシグマの「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art」、フォトアクセサリー部門では「SPEEDLITE 470EX-AI」が選ばれた。それぞれ、高い技術力と独自の創造性のある製品ばかりである。

次回の「CP+2019」は2019年2月28日(木)から3日(日)を予定している。今回はそんなワールドプレミアアワードを受賞したソニーのα7 IIIを中心に紹介していく。

続きを読む