Y!mobileがXperia 8やLibero S10、Android One S6、Android One S7のスマホ4機種を発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」としてAndroidスマートフォン(スマホ)「Xperia 8」および「Libero S10」、「Android One S6」、「Android One S7」の4機種を発表しました。

発売時期はXperia 8が2019年10月下旬以降、Libero S10が2019年11月上旬以降、Android One S6およびAndroid One S7が2019年12月中旬以降を予定し、発売に先立って10月9日(水)より順次事前予約受付を実施し、販売はワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて行われます。

なお、本体価格(税抜)はワイモバイルオンラインストアではXperia 8が54,000円、Libero S10が28,800円を予定し、Android One S6およびAndroid One S7は後日案内する予定となっています。また2020年2月29日(土)までに各製品を購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を各メーカーが実施します。

さらにワイモバイルで購入したXperia 8を使ってキャンペーンWEbページ( https://www.sonymobile.co.jp/campaign/ym_xperia8/ )にて応募した人の中から抽選で8888人にソニー製のヘッドホンやイヤホンが当たる「ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン」を発売日から2020年1月31日(金)までソニーモバイルコミュニケーションズが実施します。

その他、すでに案内されているように2020年7月末に個人向けサービスを終了する「PHS」について漫画・アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(略称「こち亀」)とコラボレーションした企画「ありがとうPHS×こちら葛飾区亀有公園前派出所」( https://www.ymobile.jp/sp/goodbyephs/ )が実施されることも紹介されました。なお、PHSはその後もテレメタリング向けにサービスが継続され、2023年3月末に停波をする予定となっています。

続きを読む