shimajiro@mobiler

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が12月1日に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro(以下、Mate 10 Pro)」をNTTぷららが運営するWebストア「ひかりTVショッピング」にて購入した。

ひかりTVショッピングでは、Mate 10 Proに対する特別なキャンペーンなどなどは行われていないものの、NTTドコモの「dポイントクラブ」が提供中の「dポイント 冬のスーパァ~チャンス!」キャンペーンをフル活用すると、dポイント(期間・用途限定)が最大30倍還元される。

そのため、12月17日時点でのMate 10 Proの販売価格92,800円(税込)を購入すると、最大で27,840円ポイントがdポイントとして還元される。ポイントを差し引きして考えると、実質価格は64,960円相当となる。

Mate 10 ProはHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10」シリーズにおいてより最新のトレンドを取り入れたカスタマイズモデルで、日本市場でニーズの高い防水・防塵やほぼ全画面デザインの縦長ディスプレイなどを採用している。

またファーウェイ傘下のHiSilicon Technologies製のAI(人工知能)処理に特化した専用プロセッサーを内蔵した最新ハイエンド向けチップセット(SoC)「Kirin 970」を搭載し、世界シェア3位まで上り詰め、さらに上のSamsung ElectronicsやAppleの上位機種にも引けを取らない製品に仕上がっている。

筆者は昨年発売された前機種「HUAWEI Mate 9」を気に入って使っていたので特に買い換えなくても満足はしていたものの、やはりその後継機種ということもあって気になっていた上にライバルの2社の上位機種と比べれば価格的にかなり安い半額程度相当で買えることもあったので購入してみた次第だ。

続きを読む